【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【86-エイティシックス-】ダイヤ戦死時の”最後の言葉”・アンジュとの関係性も紹介

86-エイティシックス-
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「86-エイティシックス-」は、2021年春の新作アニメとして、4月から第1期が放送された人気テレビアニメ作品です。
そして第2期も、2021年10月からの放送開始が決定しました!

本記事では、主人公シンの仲間として共に戦ってきた「ダイヤ・イルマ」のキャラクター性や「ダイヤの戦死」・戦死時に発したも”最後の言葉”を紹介。記事の後半では、アンジュとの関係性について迫ります。

 

本作品「86の人物相関図」に関しては、こちらの記事をご覧ください。

86-エイティシックス-人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【エイティシックス】
...
動画配信サービスで見逃し視聴できます

\この作品を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
見放題 31日間無料
今すぐ視聴

※ 本ページの配信情報は2022年時点のものです。

動画配信サービスU-NEXTなら86の1期と2期が見放題で視聴できます今なら31日間の無料トライアル期間もあるので無料で一気見も可能!
 

86の原作ラノベをお得に読無ならebook!

ebookjapanなら会員登録すると50%OFFクーポンを利用すれば、86の最新巻を半額で読むことができます。

86の原作を試し読みするPayPay購入するとさらにお得です

スポンサーリンク

ダイヤ・イルマとは?

まずは、ダイヤ・イルマ(以下は「ダイヤ」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

ダイヤ・イルマのプロフィール

まずはダイヤ・イルマの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

通称 ダイヤ
パーソナルネーム ブラックドック
人種 青玉種(サフィール)
階級 少尉
年齢 17歳

青玉種(サフィール)という人種として生まれてきたダイヤは“明るい金髪”“碧眼”、さらに高い身長が大きな特徴となっています。

金髪の心優しい隊長

スピアヘッド戦隊の中で“第五小隊の隊長“として登場した、金髪の青年です。

ダイヤ自身はスピアヘッド戦隊に入隊してから、既に”4年目”となりますが、自分よりも後に入ってきた隊員に対しても気さくに優しく接してくれる“優しさ”も持っています。

隊舎の”黒猫”を拾った張本人

シンたちスピアヘッド戦隊の隊員たちが生活の場として過ごしている隊舎にいる“黒猫”は、実はダイヤが拾ってきたことが判明します。

ダイヤ「ちなみに拾ったのはっす!」

「知覚同調(パラレイド)」の通信で話すレーナに対して、ダイヤの方から親切に教えてあげます。

この猫は彼はまだ配属されたばかりの頃、レギオンとの市街地戦で壊されてしまった民家の前で座りながら鳴いていたとのこと。
兄弟たちは瓦礫に埋もれて死亡していたものの、この猫だけが無事だったそうです。
そんな状況を見かねたダイヤが拾ってからは、全隊員がエサをあげながら面倒を見ています。

しかし彼からの話では、シンに最も懐いており、懐かれている本人もさりげなく自覚しているようです。

アメリア
アメリア

ネコを助けてきちんと育てる優しい心を持っているんだね。

仲間への”気遣い”や”厳しさ”を忘れない

優しさとはまた別に、“仲間への気遣い”も忘れません。

レーナがスピアヘッド戦隊の”ハンドラー”となってからは、毎晩のように「知覚同調(パラレイド)」を使って隊舎で過ごすシンたちに話しかけてきます。

そんな彼女の行為に嫌気がさしてしまったクレナが飛び出していってしまいますが、真っ先に追いかけてきたのがダイヤでした。

ダイヤ「今だけだって!そのうち、お姫さん(レーナ)の方から繋いでこなくなるさ」

これまでにあったハンドラー達のケースをあげながらフォローしてくれますが、それでもクレナからは憎しみに溢れた”本心”を聞かされます。

クレナ「シンもさ…あんなの、とっとと壊しちゃえばいいのに!
ダイヤ「お前それ、シンに言える?気にくわないから、お前の”それ”で壊してくれって言える?

クレナも白銀種の者たちの残酷な仕打ちによって、両親を奪われた辛い過去を背負わされていることをダイヤも知っています。
それによりダイヤもまた彼女の”辛さ”を理解した上で優しさだけでなく、時には“厳しさ”も込めながら問いかける形で悟らせることもあります。

“貧乏クジ”を引くことが多い!

優しさ上に”真面目な性格”が災いして、何かと「貧乏クジ」を引いてしまうことが多いのも、ダイヤの大きな特徴でしょう。

第3話で、クレナやアンジュたち女性隊員たちが川へ洗濯に出かけている中、覗きにいこうとしたセオトとハルトを必死に止めようとしますが、結局は止めきれずにつき合わされてしまうのです。

それだけでなく、水浴びを楽しんでいる女性隊員たちから真っ先に見つかってしまったのがダイヤであり、アンジュからも厳しく絞られてしまうのでした…。

ちなみにコミック版の方では、ダイヤだけが1人きりで「伝令のアルバイト」などと言いながら、堂々と現れた内容に変更されています。

この「伝令のアルバイト」に関する詳細までは触れられていませんが、それでも女性隊員たちから厳しく叱られたことに変わりないないため、やはり”貧乏クジ”であることに変わりないですよね…。

隊長なのにアンジュには頭が上がらない

スピアヘッド戦隊の中ではダイヤの方が先輩であるものの、同じ第五小隊の隊員であるアンジュには頭が上がりません…。

この日もまた、新たな戦闘任務のためにスピアヘッド戦隊総員で出撃した中、ダイヤからアンジュをリラックスさせようと声をかけますが…

アンジュ「戦闘前よー、ダイヤ君!」
ダイヤ「はい…」

ダイヤが少し可哀想であり、少なからず同情してあげたくなるものの、戦闘開始前ということもあり、ちょっと要領やタイミングが悪すぎましたね。

スポンサーリンク

ダイヤが戦死時に発した”最後の言葉”とは?

ここからは、「ダイヤの“戦死”」や「戦死時に発した“最後の言葉”について迫っていきます。

原作では”ダイヤの戦死した場面”が描かれていない

原作ラノベ版では、「ダイヤが“戦死”した場面」がハッキリと執筆されないまま、ストーリーが展開していました。

ストーリー開始の時には大勢いた隊員たちも、第1巻の終盤で展開された「レイ(ショーレイ・ノウゼン)」との兄弟決戦の時点では、シンも含めて5人しか残っていない状況でした。(その生き残った5人とは、シン・ライデン・セオト・アンジュ・クレナです)

そのため、アニメ化やコミカライズされる以前の時期までは「ダイヤはいつの間にか”戦死”していた」という、かなり不遇な扱いだったのです。

しかし、アニメ版の方では第6話の戦闘中で「ダイヤの”戦死”」がハッキリと描かれました!

シンの兄(レイ)に関する詳細は以下の記事をご覧ください。

【86】ショーレイ・ノウゼンの過去や死亡経緯 | シンやレーナとの関係性も紹介【エイティシックス】
...
アメリア
アメリア

ダイヤ自身、原作の中では第1巻の中だけ存在しているよ。

レッカの危機を救うために”戦死”した…

優しいと同時に仲間思いなダイヤは、そうした性格が災いする形で”自身の戦死”という結末を迎えてしまいます。

戦場で“戦車型(レーヴェ)”からの攻撃を受けたレッカは、ジャガーノートが動けなくなってしまいます!
そんな彼女の救援に単独で向かおうとするダイヤですが、そんな彼もまた同じ“戦車型(レーヴェ)”が発砲してきた砲弾を喰らって吹き飛ばされてしまいます。そして態勢を整え直す余裕もないまま、大勢の”自走地雷”に囲まれてしまいます。

その”自走地雷”たちがダイヤのジャガーノートに一気に飛び乗ってくると同時に自爆したことで大爆発が起きてしまい、搭乗者(ダイヤ)爆発に巻き込まれた形“戦死”を遂げてしまいました…。

この場面が描かれた第6話が放送された後、多くのファンたちから、ダイヤに対する「可哀想…」という意見が飛び交っていたそうです。

確かにシンたちと同じように最後まで生き残れることが1番良いことなのではありますが…それでも原作では見事に省かれてしまった「戦死の場面」が追加されたことにより、ダイヤというキャラクターの存在感が増したこともまた、紛れもない事実です!

コミック版では”戦死後の場面”だけが描かれた!

アニメ版で「ダイヤの戦死(第6話)」が放送された後には、コミック版の最新巻(第3巻)でも「ダイヤの戦死」が描かれました。
しかしアニメ版の方とは違って、戦死した時の場面は省かれており、あくまでも「戦死した直後の状態」だけが描かれています。

ライデン「左半身がぶっ飛んでる!“即死”だったのが救いだな」

この時の戦闘終了後、シンとライデンの2人だけで“ダイヤの死体”を確認しますが、かなり無残な状態でした。
そのため、ライデンはアンジュには、とても見せられないとまで語っています。

あまりにも無残な姿だったため、誌面上でのダイヤの”死体”そのものは、シルエットのような表現で伏せられるように描かれておりました。

アメリア
アメリア

アニメ版とは一味違った「ダイヤの戦死」は、コミック版の第3巻で描かれているよ!

スポンサーリンク

ダイヤが発した「最後の言葉」はアンジュへの想い?

ダイヤの戦死でファンたちの間で最も大きな物議として交わされていたのは、やはり彼が発した「最後の言葉」でしょう。

“自走地雷”たちの自爆による大爆発が発生した時、ダイヤは確かに「何らかの台詞を発してから戦死しました。
しかし、これが台詞というよりは”うめき声”のように聞こえた視聴者の方が圧倒的に多く、しっかり聞き取れずに終わってしまった人の方が多かったのではないでしょうか?

ダイヤ戦死の直前まで、レーナからの指示による”叫び声”や自走地雷たちが起こした”大爆発”の音量が大きすぎたため、尚更だったと思います。

しかし複数回にわたって、その場面だけを再生して視聴してみれば、気づけるはずです。

ダイヤ「…アンジュ

極限的に小さな声量ではあったものの、ダイヤは死に際で確かに「アンジュ」の名前を口に出していました!
個人的には、ダイヤが戦死する時に発した「最後の台詞」の内容の以下の3つかなと思っています。

  • 「逃げろ、アンジュ」
  • 「死ぬなよ、アンジュ」
  • 「好きだよ、アンジュ」

ダイヤの「最後の言葉」は小さな声量ながらも、アンジュだけにはしっかり届いていたように、彼女もまた強く反応しましたね!

スポンサーリンク

ダイヤが戦死後も”レギオン”にならなかった理由とは?

アニメ版では第6話の戦闘で”不遇な戦死”を迎えてしまったダイヤですが、カイエレイ(シンの兄)とは違い、戦死後も”レギオン”に変わり果てて現れることはありませんでした。

そこで、ここからは戦死したダイヤが「レギオンにならなかった理由」に迫ります。

カイエの詳細は以下の記事をご覧ください。

【86】カイエの強さと能力|戦死後の変化や展開も紹介【エイティシックス】
...

シンからの銃撃で”脳”を破壊されたから

レギオンたちは、自身が殺した人間の“脳”を回収しプログラミングスクールによって本体に組み込んでいます。
あまりにも恐ろしい実態であり、第5話でそのことをシンから聞かされたレーナも驚愕させられてしまいます。

しかし、その人間の”脳”もあくまでも「無傷な状態」でなければ使い物にならないのです。
これまでの戦闘後に、戦死者やその直前に瀕している隊員に対して、シンから銃撃することで葬ってきたのも、まさにそのためでした!

第1話で戦死したクジョーを始め、ダイヤに対しても”脳”に銃弾を撃ちこむことで使えなくすることにより「レギオンたちから回収されないようにしてきた」というわけです。

ダイヤよりも先の戦闘で戦死したカイエ(第3話)の場合、彼女自身が殺された時、シン達とはかなり離れた位置にいました。
そのため、仲間たちのジャガーノートで駆けつけても間に合わず、到着した時には既にレギオンによって“頭部”を回収されてしまった後だったというわけですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
86-エイティシックス-
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク