【2020】AmazonプライムビデオPCにダウンロードする方法

【2020】AmazonプライムビデオPCにダウンロードする方法 Amazonプライムビデオ
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

※AmazonプライムビデオをPCにダウンロードするのは規約違反になってしまうので自己判断でお願いします。

 

「どうにかしてAmazonプライムビデオをPC上にダウンロードしたい」
「今までダウンロードできたツールが使えなくなった」
「エミュレーターじゃあ録画できない」

そういった悩みを解決するために2020年最新版のPC上でのダウンロード方法をお伝えします。もちろん無料でできます!

 

まず、AmazonプライムビデオをPC上にダウンロードする方法は3つあります。

  • ダウンロードツールを使う
  • Androidエミュレーターを使う
  • PC上で動画を再生し画面自体を録画する

しかし、2020年現在、PC上にダウンロードする方法は「PC上で動画を再生し画面を録画する」しかできません。

 

「ダウンロードツール」「Androidエミュレーター」で動画をダウンロードすることができなくなった理由を解説しながらAmazonプライムビデオをPC上にダウンロードする方法をご紹介したいと思います。

動画ダウンロードツールは2019年まで利用できた

2019年ごろまでは動画ダウンロードツール「WinX YouTube Downloader」「5KPlayer」やchrome・firefoxの拡張機能を使ってAmazonプライムビデオをPC上にダウンロードすることができました。

しかし、「このツールを使えば動画をPC上にダウンロードすることができる」などとSNSやYouTubeや海外のフォーラムサイトでネット上で拡散された結果、運営がアップデートをし、PC上からのダウンロードが不可能に。

①新しくダウンロードできるツールが出てくる
②ネット上で誰かが拡散
③運営がそれを見つけ、対策

①~③を繰り返しているだけなので、今ダウンロードできるツールやソフトがあってもいつか対策されるでしょう。

アメリア
アメリア

誰かがネットに広めた時点でそのツールで動画のダウンロードはできなくなるってことね

AndroidエミュレーターではそもそもPC上にダウンロードできない

PC上で仮想Androidスマホを起動する『BlueStacks』『NoxPlayer』『MEmu』といった『Androidエミュレーター』を使うことでAmazonプライムビデオをダウンロードできると様々なサイトで紹介されています。

Androidエミュレーターを使ってAmazonプライムビデオをダウンロードする方法は2つ。

①スマホ・タブレットと同じようにダウンロードし、それをPC上に保存

【手順】
Androidエミュレーターを起動
⇒Amazonプライムビデオのアプリをインストール
⇒スマホ・タブレットと同じ手順でダウンロード
⇒ダウンロードしたものをPC上に保存

②エミュレーターの画面録画機能を使う

【手順】
Androidエミュレーターを起動
⇒Amazonプライムビデオのアプリをインストール
⇒エミュレーター内でAmazonプライムビデオの動画を再生
⇒エミュレーター内の画面録画機能を使ってPC上に保存する

この①と②の方法を試してみたのですが、PC上にダウンロードすることができませんでした。

①の方法がダメだった理由:アプリ内ダウンロードしただけ

Amazonプライムビデオ内の設定にスマホ・タブレットでは「SDカードにビデオをダウンロードする」の表示があります。

エミュレーターを使うことで「SDカードにビデオをダウンロードする」=「PC上にダウンロード」となるからPC上に動画を保存できると書いてあったのですが・・・

「SDカードにビデオをダウンロードする」といった項目がそもそもなかったです。結局、Amazonプライムビデオ内のアプリに動画をダウンロードできるだけで、スマホ・タブレットでの保存と同じことをやっているだけでした。

②の方法がダメだった理由:音ズレがひどい

『BlueStacks』の右タブには画面録画機能のボタンがあります。

Amazonプライムビデオで録画したい動画を再生し、この画面録画機能を使えばダウンロードできると書いてあったので、試してみたところ・・・・結果は音ズレがひどすぎてダメでした。

動画がカクついて音ズレがひどかったです。

 

Androidエミュレーターを起動するとPCがかなり重くなり、Amazonプライムビデオを再生しただけでも音ズレがひどい。

結局のところAndroidはスマホ・タブレット専用のOSなので、互換性などからPC上で起動すると動作が遅くなってしまうのは仕方ないのでしょうね。

アメリア
アメリア

Androidエミュレーターを使えばダウンロードできるって記事はどうやら嘘みたい!

AmazonプライムビデオをPC上にダウンロードする前に規約を確認

AmazonプライムビデオをPC上にダウンロードする行為は「複製」にあたります。ダウンロードした動画をYouTube上にアップロードしたり、販売したら著作権侵害に当たるのですが、ダウンロードしただけで著作権侵害になるのかは分かりません。

一応、規約違反にはなりますが、法律的にはグレーゾーンといったところ。

アメリア
アメリア

PC上でのダウンロードはアカウント停止のリスクもあるので気を付けてね!

AmazonプライムビデオをPC上にダウンロードする方法:画面をキャプチャする(無料)

規約違反にはなりますが、2020年現在、この方法だけが唯一AmazonプライムビデオPC上にダウンロードすることができます。そして、今後も絶対に対策はされないと思います。

【手順】

①画面キャプチャソフトをダウンロード
②PC上で録画したい動画を再生
③画面キャプチャソフトを起動

シンプルで簡単なのですが、いくつかデメリットがあります。

デメリット

  • CMをカットできない
  • 「ダウンロード時間=動画の再生時間」となってしまう

Windowsなら「ロイロレコーダー」

ロイロレコーダーは無料で使えて初めて使う人でも分かりやすいのでおすすめです。唯一のデメリットがWindows Vista、Windows XP、Macは使えないことです。

まずはこちらからロイロレコーダーをダウンロードしてください。

⇒ロイロレコーダー公式サイト

ダウンロードが完了したら画面の赤枠で囲っている「歯車のマーク」をクリックしましょう。

クリックしたら「解像度」「フレームレート」「品質」「フレームレート表示」「録画モード」「互換性」を上記と同じように設定してください。設定が出来たら下の閉じるボタンを押しましょう。

 

次にAmazonプライムビデオで録画したい動画を表示してください。

表示したらロイロレコーダーの「…」をクリック。

クリックすると以下の画面が表示されます。Amazonプライムビデオを選択しましょう。

選択をしたらAmazonプライムビデオを全画面表示をし、動画再生。再生を確認したらキーボードにあるファンクションキー「F6」を押しましょう。それで録画が開始しました。

アメリア
アメリア

注意!録画中はパソコンをいじらないように!

録画が完了したら「F6」をまた押せば録画中断・保存完了となります。

上記のような画面が表示された録画完了となります。クリックすると録画した動画が再生します。

 

もし、動画を録画しても音ズレやカクつきがあった場合、「フレームレート」「品質」の数字を下げたり、「互換性」のチェックを外したりするなどで調整してください。

Macなら標準搭載されている「QuickTime Player」

Macには元からデスクトップキャプチャがついているのでそれを使うことで録画ができます。

「Finder」を開き「アプリケーション」をクリック。フォルダから「QuickTime Player」を見つけ起動しましょう。

左上にある「ファイル」にカーソルを合わせ「新規画面収録」をクリック。

すると「画面収録」が表示されるのでクリック。

クリックすると全画面で録画となるので、クリックしましょう。そして、録画が開始されたらAmazonプライムビデオで動画を再生。

 

録画を停止するときは右上の「停止ボタン」をクリックすれば録画停止&保存完了となります。

AmazonプライムビデオをPC上に速くダウンロードする裏技

クリス
クリス

キングダムのシーズン1全部録画したいけど38話もあって作業が大変

アメリア
アメリア

・PCの容量を開けておく
・Amazonプライムビデオの設定でオートプレイをオンにする
これで2日ぐらいで全話ダウンロードできるわ

Amazonプライムビデオの自動再生機能を使うことでたくさんの動画を一気にダウンロードすることが可能。

まず右上にある「設定」をクリック。

「アカウントと設定」の画面が表示されるので、「再生」をクリック。

オートプレイをオンにクリックをすれば保存が完了。

アメリア
アメリア

この自動再生機能を上手く使えば、寝ている時でも動画をダウンロードできるわ

AmazonプライムビデオをPC上にダウンロードできたら動画編集ソフトを使おう

動画をダウンロードしたら動画編集ソフトでオープニング曲やエンディング曲をカットしたり、1話~10話までつながっているものを1話ずつ分割するなどのことをすれば、快適に動画を見ることができます。

Windowsを使っているなら「iMovie」、Macを使っているなら「Final Cut Pro」が標準搭載されているので、時間がある方は編集作業もやってみてはいかがでしょうか。

コメント