アニメ放題のメリット・デメリットを解説|他社との料金比較も

アニメ放題のメリット・デメリットを解説|他社との料金比較も アニメ放題
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

クリス
クリス

アニメ放題のメリット・デメリットを確認して自分に合ったサービスか見極めたいな!

アメリア
アメリア

メリットが多い「アニメ放題」は、アニメ好きの方には特におすすめのサービスです!

 

 

 

今回は、ソフトバンクが提供する動画配信サービス「アニメ放題」について、メリット・デメリットをご紹介していきます。

 

気になる他社サービスとの比較も行っていきますので、動画配信サービスの契約を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

 

アニメ放題のメリット

2015年にソフトバンクによって提供が開始されたアニメ放題は今年で6年目を迎えたアニメ専門配信サービスです。

 

長年続いている本サービスは、ソフトバンクの契約者をはじめ多くのユーザーから人気です。

 

まずはそんなアニメ放題のメリットから、いくつかご紹介していきます。

 

3,000作品以上のアニメが見放題

アニメ放題はその名の通り、豊富な作品数がすべて見放題なのが魅力。

その数は3,000タイトルと言われています

 

動画本数でいうならおそらく50,000本程度にのぼると思われ、圧倒的な動画数は観る人を飽きさせることがありません。

 

例えば、ディズニープラス(旧ディズニーデラックス)では、ディズニー作品に限定された動画配信サービスです。そのためディズニーだけ観たいという人は一通り観尽くしてしまうとそこで終わりです。

 

その点、アニメ放題では日本の歴代名作アニメから最新作品までどの数はとても消化しきれないほどたくさんあります。

飽きが来ない、いつまで経っても楽しむことができるのがアニメ放題のメリットです。

 

放送中の最新アニメも見逃し配信あり

先ほど少しふれたように、アニメ放題ではテレビ放送されている最新作アニメも見放題。

現在テレビ放送中のアニメの見逃し配信が毎週随時更新されています。

 

そのため、もしテレビの放送を見逃してしまった後でも、アニメ放題でいつでも最新話がチェック可能。「TVオンエア」カテゴリを観れば、曜日ごとに現在放送中のアニメが一覧で確認することもできます。

 

もちろん、1話から配信され続けているため、配信期間内であればいつでも観返すことが可能。1話から一気見することもできるのも重要なメリットの一つです。

 

月額400円の驚異的な安さ

アニメ放題は他社動画配信サービスと比べた時にその安さが目立ちます。後述しますが、他社サービスよりも数百円以上も安い価格設定となっています。

 

業界最安級の価格は、それだけでも敷居が低く、誰もが視聴しやすいのが魅力的です。

 

アニメ放題 料金・支払い方法・機能
月額料金 400円

(税込440円)

年間費用 5,280円(税込)
1日あたり 約14.5円

 

年間費用で計算しても5,000円程度。1日当たりの料金に換算すると14.5円というのは圧倒的な安さとしか言いようがありません。

 

この安さだけ見ても、アニメ放題を選ぶ一つの理由になります。

 

マルチデバイス対応でどんな場所でも楽しめる

アニメ放題ではマルチデバイスでの再生に対応。スマートフォン・タブレット・PC・テレビとあらゆるデバイスでの視聴が可能です。

 

移動中の電車で見るもよし、家でテレビに接続し大画面でアニメを堪能するのもよし。

 

自分の生活スタイルに合わせたデバイスを選択することができます。

ダウンロード機能対応でモバイル通信量を節約

アニメ放題の視聴動画は、ダウンロード機能に対応しています。

 

ストリーミング再生では通信量を消費するため、スマホのモバイル通信では通信量が上限に達して速度制限がかかるリスクがあります。

 

自宅などWi-Fi環境が整っているところで予め作品をダウンロードしておけば、あとで視聴する際にモバイル通信量を浪費せずに楽しむことが可能。

 

ギガ不足や通信環境による再生フリーズなどの心配から解放され、ノンストレスでの視聴が実現します。

 

最高HDの高画質で楽しめる快適さ

アニメ放題で再生される動画の画質は、最大でHD(フルハイビジョン)に対応しています。

 

HD画質はテレビサイズの画面でも粗さが目立たない視聴環境。

家のテレビで視聴する際も快適に楽しむことができます。

 

また、再生画質は手動で変更も可能。

 

自動・標準画質固定・高画質固定から選択できるため、モバイル通信量を抑えたいスマホユーザーにとっては非常に便利な機能となっているのも大きなメリットの一つです。

 

ソフトバンクユーザー以外の人でも契約可能

ソフトバンクが提供するアニメ放題ですが、ソフトバンク携帯ユーザーだけに限定されたサービスではなく、誰でも契約が可能なサービスです。

 

ソフトバンク会員じゃないからといって月額料金が高くなるわけでもなく、月400円で全ての作品が見放題となっています。

 

アニメ放題のデメリット

続いてはアニメ放題のデメリットについても触れていきます。

 

メリットがたくさん見つかったアニメ放題ではありますが、「ここはちょっと….」というデメリットもいくつか見つかりました。

 

公式サイトでは触れられない良くない点もご紹介することで、自身にあうサービスかを判断する材料にしてもらえればと思います。

 

実写映画やドラマはなく、アニメだけ

アニメ放題という名前の通り、配信される作品はアニメ作品やアニメに関連する動画が全てです。

 

実写の映画やドラマなどは残念ながら配信されていないため、間違っても実写ドラマを観たくて登録しないようにしましょう。

 

配信期間が過ぎると視聴できなくなる

3,000タイトルが見放題で、毎週最新アニメが随時追加されていく仕様となっているアニメ放題。

 

追加されるアニメがあると、その分配信が終了する作品もあります。

 

配信期間が過ぎると、いくつかの作品はアニメ放題のラインナップから外されて視聴できなくなります。

 

いつか観ようとそのままにしていた作品がいざというときに配信終了していた、ということもよく起こってきてしまいます。

 

メニューの「お知らせ」から配信終了予定の作品が事前に告知されるため、観たかったアニメが終わってしまう前に、お知らせはチェックしておかなければないのも少々面倒です。

 

複数デバイスで同時視聴はできない

アニメ放題では、複数のデバイスを使った同時視聴ができない仕様となっています。

 

例えば家族数人が各デバイスで同時刻に視聴しようとしても、エラー表示となり視聴できません。

 

基本は1契約で1人のユーザーが楽しむというスタンスのアニメ放題。

 

家族やカップルが一緒になって観るという使い方は問題ないものの、それぞれのデバイスで分け合うことはできないのはデメリットです。

 

レンタル作品がなく、劇場最新作が少ない

アニメ放題では全作品が見放題となっていますが、逆に都度課金によるレンタル作品というものがありません。

 

見放題なこと自体は良いことですが、映画公開が終わり、レンタルが始まったばかりの劇場アニメ作品はほとんどアニメ放題では配信されません。

 

テレビで視聴する環境に弱い

アニメ放題はスマホ・タブレット・PCでの視聴は問題なく可能ですが、テレビでの視聴に関しては対応デバイスが限られます。

アニメ放題のテレビ視聴可能デバイス

・HDMI接続
・Chromecast

 

一方、ライバル企業ドコモが提供するdアニメストアではテレビでの視聴にも最適なセットトップボックス(STB)にも対応しています。

 

dアニメストアのテレビ視聴可能デバイス

・dTVターミナル
・ドコモテレビターミナル
・Fire TV/Fire TV Stick.
・Apple TV
・Chromecast

 

テレビ接続の環境が弱い点は、dアニメストアに劣る点となっていて、アニメ放題の弱点の一つと言えるでしょう。

 

アニメ放題|他社との比較

次に、アニメ放題の料金や作品本数について他社との比較をすることで、その違いを明確にしていきます。

 

ライバルサービスであるdアニメストアや、最大級の動画サービスU-NEXT、人気のHuluなど、同業他社との比較表をご覧ください。

 

サービス名 月額料金 年間費用(税込) 作品本数
アニメ放題 400円(税込440円) 5,280円 3,000タイトル以上

推定50,000本

dアニメストア 400円(税込440円) 5,280円 約4,000タイトル

約60,000本

U-NEXT 1,990円(税込2,189円) 26,268円 140,000本
hulu 933円(税込1,026円) 12,312円 60,000本
FODプレミアム 888円(税込976円) 11,712円 40,000本
Amazon

プライムビデオ

年間プラン

税込 月408円

4,900円~

6,000円

25,000~30,000本
dTV 500円(税込550円) 6,600円 120,000本

 

注目すべきところはやはり料金。最も高いU-NEXTでは2,000円を超えるのに対し、アニメ放題はdアニメストアと並び5分の1の価格で楽しめます。

 

作品数でもアニメだけで3,000タイトル50,000本と驚異的な数字。アニメ放題が「アニメ専門」の名にふさわしい豊富な作品数が魅力であることは間違いありません。

アニメ放題のメリット・デメリットまとめ

今回は、ソフトバンクが展開するアニメ専門の動画配信サービス「アニメ放題」について、メリット・デメリットを解説していきました。

 

最後に内容をまとめると以下の通りとなります。

 

・3,000タイトルが見放題で飽きない豊富な作品数
・業界最安級の月額400円はユーザーのお財布に優しい価格
・マルチデバイス・ダウンロード機能・HD画質に対応で便利さも追求
・当然ながらアニメ作品のみ。実写作品は他のサービスで
・都度課金レンタルはないため、劇場最新作アニメの配信は少ない
・複数デバイスでの同時視聴は未対応なため、一人向けのサービス
・テレビ接続の対応デバイスが少ない

 

アニメ放題を契約しようか迷っている方は、ぜひ本記事を参考に自身に適したサービスかを見極めて頂ければと思います。

 

 

クリス
クリス

アニメをとにかく堪能したいという人には持ってこいのサービスだね!

 

アメリア
アメリア

そうね!月額400円とコスパが優れているうえに、1ヶ月の無料トライアル期間もついてくるから、とりあえず登録して試してみるのもアリよ!

 

 

この記事を書いた人
マツザカユウタ

88年生まれ アニメ好きおじさん。年間300本以上のアニメを消化するガチ。現在はフリーランスとしてライター業中心に活動。お仕事随時募集中。Twitter・ブログもやってますのでぜひ。

Follow Me!
アニメ放題
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント