【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【暗殺貴族】ルーグは最終的に勇者を暗殺する?原作の結末を考察

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)』は、2021年秋アニメとして1巻分が放送されました。

しかし、原作は6巻まで発行されているため、続きはまだまだあります。原作も魔族討伐が順調に行われていますが、原作小説の結末はどうなるのでしょうか…?

ルーグが転生するきっかけとなった勇者エポナを暗殺するのかどうか、結末を予想していきます。

※原作小説6巻までのネタバレを含みます。

スポンサーリンク

暗殺貴族の原作の結末は世界の救済と予想

暗殺貴族の原作の結末は世界の救済と予想

出典:Twitter

ハッピーエンドが多い『暗殺貴族』の結末は、世界の救済で大団円エンドと予想します。

その必須条件として、世界を滅ぼされるわけにはいかないため、ルーグは世界を救済すると予想します。世界の救済とは、即ち復活した魔王をエポナが倒したあと、エポナが世界を滅ぼす未来を変えることです。

エポナの暴走を止めることが、世界の救済といってもいいでしょう。

まず、「なぜエポナが暴走してしまうのか」については、ルーグが手に入れた【生命の実】がカギを握るでしょう。

【生命の実】とは、大きな街一つ分の人間の魂を凝縮させたもので、実自体が生きています。魔族たちは最低3つ以上【生命の実】をささげないと魔王は復活しないため、人間が多くいる街を狙って【生命の実】を作り出そうとしています。

ルーグは6巻で【生命の実】の解析を終わらせており、「どうしてエポナが暴走してしまうのかわかった」と言っています。

【生命の実】自体がエポナを暴走させてしまうのか。それとも、【生命の実】を食べた者が起こす行動でエポナを暴走させてしまうのかは定かではありませんが、原作で【生命の実】に操られかけたルーグが【生命の実】が何をやりたいのかが分かったと告げています。

予想ですが、【生命の実】で構築された魔王がエポナを暴走に導く行動をとってします…そのため、世界が崩壊するのではないでしょうか?

回避するために、「魔王は勇者にしか倒せない」前提を崩してルーグが魔王を倒すのでは?と予想します。もしくは、魔王ごと救ってしまう…など。

いずれにしろ、ルーグはエポナを救い、世界も救済すると予想します。

スポンサーリンク

暗殺貴族の原作の結末に至るまでの3つの伏線・謎

暗殺貴族の原作の結末に至るまでの3つの伏線・謎

出典:Twitter

『暗殺貴族』が結末に至るまでにルーグが乗り越えなくてはならない状況が、大きく3つ存在しています。

3つの伏線が何なのかを紹介していきます。

エポナの暴走の理由解明と解決|勇者の正体とは?

エポナの暴走の理由解明と解決|勇者の正体とは?

出典:Twitter

まずは、『暗殺貴族』が始まった当初から問題提起されている「勇者の暴走」を止めなくては『暗殺貴族』は終わらないでしょう。

物語の結末には、「エポナの暴走の理由解明と解決」が必要不可欠です。

エポナの暴走の理由は【生命の実】が関係していると現在判明していますが、詳しい内容は分かっていません。しかし、ルーグが暴走の理由が分かったのであれば、あとは解決するのみですので、7・8巻で詳細が登場すると考えます。

勇者関連で残ってい謎は、「勇者の正体」です。

規格外の強さを誇る勇者は、魔族にとっても「人ではない。バケモノのカテゴリ」にされています。

魔族は世界にとどまる器が壊れるだけで何度も生き返る魔族がですら「バケモノ」と称しており、ルーグは勇者を「人間の複数の魂を凝縮した存在が勇者」とも言っています。

魔王と勇者は根本的に同じ存在と言えるでしょう。

未だ、何故勇者が存在しているのかは不明です。本来循環するはずの魂がたった一人の命に凝縮されている存在を何故世界が作ったのか、わかっていません。

女神が管理する世界の仕組みを理解しなければ、勇者が何故生まれてくるのか?その意味が不明のままです。特に、魔族が何度も復活しているのであれば、何度でも世界は崩壊してしまう可能性があるため、解決されなければならない謎と言えるでしょう。

魔族ミーナとの決着|魔王の謎

ルーグは現在蛇の魔族であるミーナと契約を結んでいます。「情報提供を受ける代わりに最後の魔族になるまで殺さない。最後の一人になれば【生命の実】を譲渡する」と関係性を明確にしています。ミーナは「死にたくないから最後の魔族となり魔王になる」と言っています。

ミーナの討伐を先延ばしにする決断ではありますが、いずれは倒さなくてはならないため、結末をむかえる上での決定路線と言えるでしょう。

ルーグが倒す前にミーナが先に魔王となる可能性もありますが、1つしかなくともルーグですら自我を失いかける【生命の実】を、3つも使用して蘇った魔王がミーナであるとは言えないでしょう。ミ―ナ自身も危惧していますが、【生命の実】と己の身をささげて魔王になった自分は、果たして本当に自分なのか…。

【生命の実】についてミーナはルーグに警告をしています。ミーナが魔王になったとしても自我が保たれているかは疑問です。ミーナはルーグに「死にたくない」と語ってはいますが、真実をすべて伝えていません。

ミーナの本来の目的の把握と妨害が今後結末を迎えるための条件となってきそうです。

魔王についても分からないことだらけ

さらに、そもそも魔王とは何なのか?こちらも勇者の正体がわかっていないのと同様に不明のままです。まだ生まれていないため、魔王は姿さえも分かっていません。

ただ、考えられる正体として

  • ①魔王の正体は【生命の実】の操り人形説。
  • ②ミーナの意思が引き継がれる説。
  • ③魔王はすでに世界が想定した人格が備わっている説

が考えられます。

様々な可能性が考えられますが、魔王討伐はエポナが暴走した契機でもあるため、ミーナの意思が引き継がれる…という説は薄いと考えられます。

エポナに精神的な打撃が与えられるのは、①か③ではないでしょうか?

女神の立ち位置の解明|女神は人間と魔族の中立?

女神の立ち位置の解明|女神は人間と魔族の中立?

出典:Twitter

作中に何度も登場する女神ですが、女神の立ち位置は不明です。

世界のシステムを管理する役割を担っているのは明白ですが、魔族からみると女神は中立であると作中に明言されています。つまり、世界を管理する女神にとって、魔族・魔王はいなくてはならない存在といえるでしょう。

ミーナは、「魔族は今まで魔王を復活させたことないが、負けたことはない。むしろ、魔族の活躍で世界が保たれている」と言っています。転生を繰り返し続ける魔族の役割の意義が分かっていません。

そのため、何をもって女神を中立といているのかが分かっておらず、女神の立場は不安定です。

もしかすると、ルーグにリソースを与えてくれる女神も、いずれ「なにか」のバランスを整えるためにルーグに害を与える可能性があるでしょう。

「魔王・魔族」の侵攻を「勇者と人間」が食い止め、討伐する流れがどうして世界にとって必要なのか…その謎の解明が最大の謎となってくると思われます。

スポンサーリンク

【最終対決】ラスボスは誰?女神・セタンタ・エポナのだれか?

【最終対決】ラスボスは誰?女神・セタンタ・エポナのだれか?

出典:Twitter

『暗殺貴族』で、ルーグは最終的に誰と戦うこととなるのでしょうか?

女神の言葉通り、ルーグがエポナをしぶしぶ暗殺するのか、それともルーグの敵となってしまった女神やシステム自体が敵に回ってしまうのか、はたまた勇者候補とされていたセタンタがラスボスとなるのか…まだわかっていません。

ラスボスはエポナ説

ルーグがエポナを暗殺することは、ルーグが避けたいと願っているため、おそらく暗殺はしないでしょう。

しかし、エポナがなんらかの事情でルーグの敵に回ってしまう可能性はあります。

登場当初から最強であり続けたエポナを、人類最強であるルーグが倒して再び友達に戻る展開はありえそうです。

エポナの強さはラスボスを飾るに相応しいといえるでしょう。

ラスボスが女神説

ラスボスが女神説

出典:Twitter

女神がラスボスになる説ですが、女神自体は意志あるシステムであるため「世界を構築するシステム自体がラスボス」になることはあり得そうです。

【生命の実】・【魔王の正体】・【勇者の正体】が解明された時、世界のシステム自体が敵であるとルーグが認めれば、ルーグ世界のシステムを破壊するよう動くでしょう。

ラスボスがセタンタ説

ここまで勇者はエポナであり、エポナが魔王を倒す未来を前提に話を進めてきましたが、勇者候補は実は他にもいます。

1巻で登場したセタンタはルーグに勇者並みと称されており、1巻で登場して以降6巻まで生存すら判明していませんでした。

エポナが魔族を倒していたことことから、間違いなく勇者でしょう。しかし、そんなエポナ並みの力を持つセタンタ勇者も候補のままです。

そもそも魔王は1人ですが、勇者は1人は明言されていないため、勇者が2人いる可能性はあります。ルーグとの戦いに熱意を持っていたセタンタが、最後の最後にルーグに再戦を申し込んでくる可能性はあるでしょう。

また、セタンタが魔族サイドである場合、ルーグとの戦えるようになるため【生命の実】を食べた状態で襲い掛かってくる可能性もあります。

セタンタがラスボスになるほどの過去や背景があるかは今のところ不明ですが、ラスボスになりえる力を持っていると考えられます。

スポンサーリンク

 最後は大団円?ルーグの結婚式が最後と予想

そもそもルーグが転生した理由は、人生をやり直すためです。『暗殺貴族』は、かつて道具としていきたルーグが、転生した先で人間らしく暗殺者として生きるための物語です。

そのため、最後のエピソードはラスボスを倒して終わるような血なまぐさいものではなく、ルーグが幸せを実感できる結婚式ではと予想します。

では、結婚相手は誰なのかを予想していきます。

ルーグは最後誰と結婚する?ディア・タルト・マーハはほぼ確定

ルーグは最後誰と結婚する?ディア・タルト・マーハはほぼ確定

出典:Twitter

ルーグは原作6巻でディア・タルト・マーハと婚約しています。

婚約パーティまでして婚約指輪を送ったにもかかわらず結婚しない…そんな展開はルーグらしくないです。

ルーグはすでの3人を幸せにすると決めており、何があっても守り抜くでしょう。

ルーグは、騎士学園を卒業して1年後に結婚するといっているため、3人は間違いなく結婚すると思われます。

3人が婚約する際の気持ちや、ルーグが婚約を決めた思いに関しては、『【世界最高の暗殺者】ルーグは誰と結婚する?ディア・タルト・マーハのルーグ争奪戦の行方を解説』で紹介しています。あわせてご覧ください。

【世界最高の暗殺者】ルーグは誰と結婚する?ディア・タルト・マーハのルーグ争奪戦の行方を解説
...

エポナ・ネヴァンとルーグは結婚するかを予想

現在、ルーグを欲しがっている女性の数は多いです。
特に、ノイシュの初恋の相手であり現在も思い続けているネヴァンはルーグに猛アタックをしています。

あくまでもルーグの能力・知識を気に入っての行動ですが、ルーグの人間性に惹かれてルーグもネヴァンを好きになれば、結婚までする可能性は高いです。

しかし、貴族の中でも大きな権力を持つネヴァンの家系を相手取ってしまった場合、ルーグの本命であるディアが側室になってしまうため、結婚までするかは微妙です。

ただ、『暗殺貴族』の貴族は、より優秀な子供を作る意識が高いです。能力が高い者同士が結婚し、優秀な子供を作ることを当たり前のようにしています。

そのため、優秀な子供を作れるのならば、たとえその相手と結婚していなくて問題はないようです。子供だけを作る…そんな展開ならばありえそうですね。

続いて、エポナと結婚する可能性もあるでしょう。

現在2人は信頼しあう友人同士で、エポナに至っては自身の性別を隠しています。エポナが性別を隠す理由が分かり、性別を偽らずに済むようになれば、結婚はありえそうです。

むしろ、エポナがルーグ以外の誰かと結婚する未来が見えない状態です。ルーグと友人同士のままでいるのか、結婚するのかは今後の展開次第でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

『暗殺貴族』の結末を予想してきました。

まだまだ謎が多い『暗殺貴族』ですが、【生命の実】・【魔王の正体】・【勇者の正体】や世界を構築するシステムの謎が解明されれば、結末が見えてくるでしょう。

7巻の発売も来年発売予定と発表が出ているため、今後どうなるか楽しみにまちましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク