【決定版】おすすめアニメ120選

Audible(オーディブル)とは?【特徴やメリット、評判を徹底解説】

Audible(オーディブル)とは?【特徴やメリット、評判を徹底解説】 ネットに関する知識
スポンサーリンク
クリス
クリス

アメリアって、「Audible(オーディブル)」っていうサービスのこと知ってる?

どんなサービスなのか知っておきたくて…。

アメリア
アメリア

「Audible(オーディブル)」なら、私も使っているから知っているわよ♪

それじゃあ今回は、Audible(オーディブル)について色々教えてあげるわね!

☑ 本記事の内容

  • 「Audible(オーディブル)」とは?
  • 「Audible(オーディブル)」の特徴
  • 「Audible(オーディブル)」を使うメリットとデメリット
  • 「Audible(オーディブル)」の評判について

Audible(オーディブル)の利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 「Audible(オーディブル)」とは?
    1. 「Audible(オーディブル)」の基本情報
    2. 「Audible(オーディブル)」をおすすめできる人
  2. 「Audible(オーディブル)」の特徴
    1. Audible(オーディブル)の特徴① 約40万冊もの書籍を配信している
    2. Audible(オーディブル)の特徴② 好きなタイミングで読書できる
    3. Audible(オーディブル)の特徴③ 「スリープタイマー」を利用できる
    4. Audible(オーディブル)の特徴④ 音読スピードを調節できる
    5. Audible(オーディブル)の特徴⑤ 返品制度がある
    6. Audible(オーディブル)の特徴⑥ 購入した本は解約後も聴ける
  3. 「Audible(オーディブル)」を利用するメリット
    1. Audible(オーディブル)のメリット① 配信されているカテゴリー数が多い
    2. Audible(オーディブル)のメリット② 音読の声が聞き取りやすい
    3. Audible(オーディブル)のメリット③ 「ブックマーク」が便利
    4. Audible(オーディブル)のメリット④ 追加購入時は全て30%OFFになる
    5. Audible(オーディブル)のメリット⑤ アプリの操作が簡単
  4. 「Audible(オーディブル)」を利用するデメリット
    1. Audible(オーディブル)のデメリット① 聴きたい部分を探しにくい
    2. Audible(オーディブル)のデメリット② 再生までに手間がかかる
    3. Audible(オーディブル)のデメリット③ 支払い方法が1つしかない
    4. Audible(オーディブル)のデメリット④ 聴き終わるまでに時間がかかる
    5. Audible(オーディブル)のデメリット⑤ 無料で聴ける本が少ない
    6. Audible(オーディブル)のデメリット⑥ ナレーターや声優を選べない
  5. 「Audible(オーディブル)」の評判は?
    1. Audible(オーディブル)の良い評判
    2. Audible(オーディブル)の悪い評判
  6. 「Audible(オーディブル)」を無料トライアルで体験しよう
    1. 「Audible(オーディブル)」を登録する方法
  7. まとめ

「Audible(オーディブル)」とは?

 

【Audible(オーディブル)とは】

2015年7月にリリースされた書籍を読み上げてくれるサービスのこと。

 

本を読むのではなく、本を「聴く」という新感覚の体験をすることができます。

 

そんなAudible(オーディブル)は、リリース当初からたくさんの人から愛用されています。

クリス
クリス

Audible(オーディブル)って、本当に新しいサービスだよね!

CMとかSNSの広告とかで見たときは、驚きしかなかったよ!

アメリア
アメリア

そうね!

「本を聴く」という新しい感覚が、本当に楽しくてお手軽なのよ♪

「Audible(オーディブル)」の基本情報

Audible(オーディブル)の基本情報
形式 聴き放題 + 1冊購入無料
月額料金(税込) 1,500円
配信書籍数 約40万冊
対応デバイス
  • iOS(iPhone、iPad、Mac)
  • Android
  • Windows
同時利用 各デバイスごとに最大3台
ダウンロード機能 あり
支払い方法

クレジットカード

無料トライアル 30日間

「Audible(オーディブル)」の基本情報は、上記の通りです。

 

そこそこの月額料金で、Audible(オーディブル)を楽しむことができます。

無料トライアルもあるので、まずは1度利用してみましょう。

「Audible(オーディブル)」をおすすめできる人

  • 読書好きで忙しい人
  • いつでも本を読みたい人
  • 物語が好きで読書が苦手な人
  • 声優などの良い声が好きな人
  • リスニングの勉強をしたい人

「Audible(オーディブル)」は、上記のような人におすすめできます。

 

Audible(オーディブル)は、声で情報を伝えてくれる新しいサービス。

なので、読書嫌いな人でも楽しく利用することができます。

 

洋書などを購入すれば、リスニングの勉強にもなりますよ。

「Audible(オーディブル)」の特徴

「Audible(オーディブル)」には、主に上記6つの特徴があります。

クリス
クリス

Audible(オーディブル)の特徴は、どれも嬉しいものばかりだね!

見ている限りでは、かなり便利そうなイメージだよ。

アメリア
アメリア

Audible(オーディブル)は、実際かなり便利よ!

使ってみて分かる機能もあるから、ぜひ1度使ってほしいわ。

それでは、Audible(オーディブル)の特徴について、1つずつ説明していきます。

Audible(オーディブル)の特徴① 約40万冊もの書籍を配信している

Audible(オーディブル)では、約40万冊もの本が配信されていています。

その全てを音読で聴くことができます。

 

これだけあれば、「音読してほしい本がない」と困ることもありません。

あなたの好きな本を、Audible(オーディブル)で聴きましょう。

Audible(オーディブル)の特徴② 好きなタイミングで読書できる

  • 「ランニングしながら読書がしたい」
  • 「飛行機の中で睡眠しながら読書がしたい」
  • 「持っていないあの本を今読書したい」

通常は、上記のようなタイミングでは読書することは不可能です。

しかし、Audible(オーディブル)では好きなタイミングで読書することができます。

 

別の作業をしながら読書がしたい人にとっては、かなり嬉しい特徴でしょう。

Audible(オーディブル)の特徴③ 「スリープタイマー」を利用できる

Audible(オーディブル)には、「スリープタイマー」という機能が備わっています。

 

「スリープタイマー」とは、好きな時間に読み聞かせを止められる機能のこと。

いわば「寝落ち対策のもの」みたいな感じです。

 

スリープタイマーは、以下のようなことに利用できます。

スリープタイマーで利用できること

  • 寝落ち対策
  • 癒やされながらの睡眠
  • 睡眠学習

Audible(オーディブル)は、起床中でも睡眠中でも読書することができるのです。

Audible(オーディブル)の特徴④ 音読スピードを調節できる

Audible(オーディブル)では、自分の好きな音読スピードに調節することができます。

 

調節できる音読スピードは、全部で「0.5~3.5」の3段階。

ただ、スマホとパソコンで調整できる段階が変わります。

  • スマホ:「0.1ずつ」
  • パソコン:「0.25 or 0.5ずつ」

より細かく調整したい場合は、スマホでAudible(オーディブル)を使えばOK。

 

ビジネス本では分かりにくいところを遅く、洋書では速読のために早くしたりと、色々な用途で利用できますよ。

Audible(オーディブル)の特徴⑤ 返品制度がある

  • 「間違えて本を購入してしまった…。」
  • 「本選びに失敗してしまった…。」

一般的な電気書籍を購入するとき、上記のようなことで損をする可能性があります。

 

しかし、Audible(オーディブル)には、本の購入をしても返品できる「返品制度」が設けられています。

この制度のおかげで、こちら側は安心して本を購入することができます。

 

また、返品制度を利用して「1コインで色々な本を購入する」という裏ワザもあります。

Audible(オーディブル)の特徴⑥ 購入した本は解約後も聴ける

Audible(オーディブル)で購入した本は、解約した後でも聴くことができます。

 

ちなみに、無料トライアル期間で購入した本も対象です。

購入して損することはないので、あなたの好きな本を購入しましょう。

「Audible(オーディブル)」を利用するメリット

「Audible(オーディブル)」を利用するメリットは、主に上記の5つあります。

クリス
クリス

特徴に続いて、Audible(オーディブル)を利用するメリットもかなり多いね。

「これだけメリットと特徴があって月額料金1,500円」って、かなりお得じゃ…。

アメリア
アメリア

そうなのよ!

Audible(オーディブル)は、本当に便利なサービスなんだから!

それでは、「Audible(オーディブル)」を利用するメリットについて、1つずつ紹介していきます。

Audible(オーディブル)のメリット① 配信されているカテゴリー数が多い

Audible(オーディブル)では、約20種類ほどのカテゴリーが配信されています。

 

Audible(オーディブル)で配信されている本は、具体的には以下のようなカテゴリーが多いです。

 Audible(オーディブル)に多いカテゴリー

  • 小説
  • 洋書
  • ビジネス本
  • 自己啓発本

特に多く配信されているのは、洋書系の本。

洋書好きや英語の勉強をしたい人にとっては、最高のメリットでしょう。

Audible(オーディブル)のメリット② 音読の声が聞き取りやすい

Audible(オーディブル)は、どの本の音読を聴いても聞き取りやすいです。

なぜなら、プロのナレーターや声優が本を読み上げているから。

 

具体的な良かったポイントを紹介すると、以下のようになります。

 具体的な良かったポイント

  • 小説:感情を込めているところ
  • 洋書:発音の勉強にもなるところ
  • ビジネス本:分かりやすくハキハキと話しているところ

Audible(オーディブル)の音読クオリティの高さは、「さすがプロ」といった感じです。

Audible(オーディブル)のメリット③ 「ブックマーク」が便利

  • 「後からこのページを見返したい」
  • 「泣けるシーンをもう一度読みたい」
  • 「分からないところを復習したい」

読書をしていると、このような感情になることが多いです。

 

Audible(オーディブル)では、「ブックマーク」という機能があります。

この機能を使うことで、同じところを何度でも聴き直すことができます。

 

ブックマークのおかげで、Audible(オーディブル)の使い勝手がかなり良いのです。

Audible(オーディブル)のメリット④ 追加購入時は全て30%OFFになる

Audible(オーディブル)は、月に1冊だけ無料で本を購入できます。

しかし、2冊目以降は有料になってしまいます。

 

ただ、2冊目以降の追加購入は全て30%OFF。

非会員の人よりも、かなりお得に購入することができます。

Audible(オーディブル)のメリット⑤ アプリの操作が簡単

スマホでAudible(オーディブル)を使うときは、基本的にアプリで利用します。

 

このアプリが、かなり操作な簡単で使いやすいのです。

個人的に使いやすいと思ったところは、下記の3つあります。

アプリの使いやすいと思ったところ

  • 押すボタンが少ない
  • それぞれのボタンが大きい
  • 目で見て操作が分かる

要するに、「初めての利用でも直感的に操作ができる」ということ。

 

あまり機械に自信がない人でも、Audible(オーディブル)であれば簡単に操作することができますよ。

「Audible(オーディブル)」を利用するデメリット

「Audible(オーディブル)」を利用するデメリットは、主に上記の5つです。

クリス
クリス

Audible(オーディブル)のデメリットは、メリットより数が多いんだね。

あれだけメリットがあったから、ちょっと意外かも。

アメリア
アメリア

そうなの。

Audible(オーディブル)を利用するなら、このデメリットもしっかり見ていた方がいいわ。

それでは、「Audible(オーディブル)」を利用するデメリットについて、1つずつ紹介していきます。

Audible(オーディブル)のデメリット① 聴きたい部分を探しにくい

  • 「昨日の続きから聴きたい」
  • 「さっきのところをもう一度聴きたい」

Audible(オーディブル)は、このような聴きたい部分があっても探しにくいデメリットがあります。

 

Audible(オーディブル)には「早送り/巻き戻し」の機能があるものの、聴きたい部分に素早く戻ることはできません。

 

聴きたい部分が見つからないときは、少しストレスがかかってしまいます。

Audible(オーディブル)のデメリット② 再生までに手間がかかる

  1. webサイトで本を購入する
  2. アプリで本をダウンロードする
  3. 再生する

Audible(オーディブル)の本は、上記の手順で再生することができます。

 

この再生手順がかなり面倒。

要は、Audible(オーディブル)のwebサイトを経由しないと本をダウンロードできないのです。

 

アプリでは本をダウンロードできないので、再生まで手間がかかってしまいます。

Audible(オーディブル)のデメリット③ 支払い方法が1つしかない

Audible(オーディブル)の支払い方法はクレジットカードのみ。

キャリア決済などの支払い方法は使えません。

 

つまり、クレジットカードを持っていない人や高校生はAudible(オーディブル)を利用できないということ。

 

Audible(オーディブル)を利用したい人は、必ずクレジットカードを用意しましょう。

Audible(オーディブル)のデメリット④ 聴き終わるまでに時間がかかる

Audible(オーディブル)は、音読スタイルなので聴き終わるまでにかなりの時間がかかります。

 

Audible(オーディブル)と普通の読書にかかる時間は、こんな感じです。

読書にかかる時間
Audible(オーディブル) 普通の読書
『超雑談力』 約3時間 約2時間
『究極のマインドフルネス』 約6時間 約3時間
『転生したらスライムだった件』 約11時間 約4時間

Audible(オーディブル)を利用すると、読み終わるまでにかかる時間は約2倍。

 

Audible(オーディブル)だけに頼って読書していると、かえって効率が悪くなります。

Audible(オーディブル)のデメリット⑤ 無料で聴ける本が少ない

Audible(オーディブル)には、有料の本以外にも無料で聴ける本も配信されています。

 

ただ、その無料で聴ける本の配信数がかなり少ないです。

Audible(オーディブル)で配信されている無料の本は、以下の2種類のみ。

  • ポッドキャスト:「ラジオのような本(月30冊程度)」
  • ボーナスタイトル「有料の本(月1冊)」

コインを合わせても、30冊程度の本しか聴くことができません。

 

「動画配信サービスみたいに色々な本が聴ける」ということはないので、十分注意しましょう。

Audible(オーディブル)のデメリット⑥ ナレーターや声優を選べない

Audible(オーディブル)は、プロのナレーターや声優の声で音読を聴けるメリットがあります。

 

しかし、音読で聴けるナレーターや声優の声は購入する本によって全て固定されています。

つまり、「こちら側が好きなナレーターや声優を選べない」ということ。

 

ナレーターや声優の声を目的に利用する人は、大きなデメリットだと言えるでしょう。

「Audible(オーディブル)」の評判は?

ここでは、Audible(オーディブル)の評判について、まとめて紹介しています。

 

実際にAudible(オーディブル)を使った人の評判は、どのようになっているのでしょうか?

クリス
クリス

評判はすごく気になるな。

でも、Audible(オーディブル)のメリットも多いし、評判は良さそう

アメリア
アメリア

まぁ、何とも言えないわね。

評判を参考にして、Audible(オーディブル)を利用するか決めてもいいわね!

Audible(オーディブル)の良い評判

Audible(オーディブル)の良い評判は、上記の通り。

 

やはり、サービス内容の質の高さに関する評価がかなり多いです。

 

Audible(オーディブル)は、「使い道が決まっている人にとっては最高のサービス」ということが分かります。

Audible(オーディブル)の悪い評判

Audible(オーディブル)の悪い評判は、上記の通り。

 

こちらに関しては、再生まで手間がかかるところや月額料金に対する評価が多いです。

 

悪い評価自体は少ないものの、「使う人によっては微妙なサービス」ということが分かります。

「Audible(オーディブル)」を無料トライアルで体験しよう

Audible(オーディブル)では、現在30日間の無料トライアルを行っています。

 

この期間中であれば、Audible(オーディブル)を無料で利用することができます。

 

無料トライアル期間に解約すればお金も発生しないので、ぜひ1度体験してみてください。

クリス
クリス

Audible(オーディブル)って、無料トライアルも実施しているんだね!

体験してみたかったし、ちょうど良いかも!

アメリア
アメリア

そうなのよ♪

ただ、無料トライアルは基本的に1人1回までだから、そこだけ注意しましょうね!

「Audible(オーディブル)」を登録する方法

  1. Audible(オーディブル)公式サイト」にアクセスする
  2. 「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう」をタップする
  3. Amazonアカウントでログインする
  4. 支払い方法を選択する
  5. 「30日間の無料体験を試す」をタップする

上記の手順を踏めば、Audible(オーディブル)を登録することができます。

 

詳しい説明は下記の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、「Audible(オーディブル)の内容」について紹介しました。

本記事で紹介した内容を簡単にまとめると、こんな感じになります。

  • 「Audible(オーディブル)」は月額制の聴き放題サービスのこと
  • 40万冊以上の本が揃っていてプロのナレーターや声優が音読する
  • 「Audible(オーディブル)」の特徴は6つある
  • 「Audible(オーディブル)」のメリットは5つある
  • 「Audible(オーディブル)」のデメリットは5つある
  • 「Audible(オーディブル)」の評判は比較的良い
  • 「Audible(オーディブル)」は30日間の無料トライアルがある
クリス
クリス

アメリカのおかげで、「Audible(オーディブル)」について色々知ることができたよ!

とりあえず、無料トライアルでAudible(オーディブル)を利用してみるね!

アメリア
アメリア

どういたしまして♪

あとは、Audible(オーディブル)がクリスに合っていれば最高ね!

本記事を参考にして、あなたも1度「Audible(オーディブル)」を利用してみましょう。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓ アニメが配信されてる動画配信サービスについては、以下のページにアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介しています。
アニメ見るなら!おすすめ動画配信サービス
動画配信サービスによっては、アニメの過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。 この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。是非トライしてみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ見放題
この記事を書いた人
ゆりかご

あらゆるジャンルをこなすフリーランスwebライター。
今まで書いてきたジャンルは20以上。
得意なジャンルは動画配信サービスとファッション。
徹底的に調べた情報を分かりやすく読者にお届けします。

Follow Me!
ネットに関する知識
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました