【アニメ】文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~の11話あらすじ・ネタバレ感想 | 芥川龍之介は苦悩に苦しみもう一人の自分を生み出した!

【アニメ】文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~の11話あらすじ・ネタバレ感想 | 芥川龍之介は苦悩に苦しみもう一人の自分を生み出した! 文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜
出典:「文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~」の11話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~」の11話を振り返ってみましょう。

これまでの芥川龍之介が偽物であることがわかり、本物の芥川龍之介が現れましたね。

図書館の中では武器を具現化することができないはずなのに、具現化できてしまうのはなにか特別な理由がありそうですね。

アメリア
アメリア

偽物の芥川龍之介はできないはずのことを実行してしまうただの侵食者ではないようです

 

 

『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』前回の第10話のあらすじと振り返り

芥川龍之介はアルケミストによって転生されました。そして、最初に潜書して助けたのは太宰治でした。この時点で芥川龍之介は偽物だったことになります。

しかし、偽物とはいえ芥川龍之介は本を守ろうと尽力していました。

そんな彼の姿を見ていた文豪たちは、実際に助けられた人たちもいることからどのように処分するか決めかねてしまいます。

 

 

前回の話 ⇒   【アニメ】文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~の第10話あらすじ・ネタバレ感想

 

『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』の第11話ネタバレ・あらすじ・感想

その男はさまよう。異形の侵蝕者により、空虚な狭間の空間に囚われてしまう。ここから出てもう一度彼に会えば、彼が何者かがわかるかもしれない。そして男は彼に再会し、彼の目的に気付いてしまう…。その時、図書館全体が揺れ、衝撃が辺りを包む…。

出典:「文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜」公式ページ

いよいよ怪しかった芥川龍之介の正体を暴いていくことになりますね。

偽物と本物の戦いのあと、文豪たちが次々と斬られてしまうのは切なかったです。

そして、やっぱり最後に立ちはだかるのは太宰治なのですね。

太宰で始まり、太宰で終わる感じがとても良かったです。

アメリア
アメリア

太宰治が大活躍します

 

 

 

それでも菊池は納得しない

偽物の芥川龍之介は文豪たちを斬り暴れていましたが、太宰治のおかげで正気を取り戻し、おとなしくなったところで拘束されました。

織田作之助が、偽物の芥川龍之介は侵食者かもしれないが、文豪たちの中には偽物の芥川龍之介に助けられたのも事実であるから、一概には言えないと主張するも、菊池は納得しませんでした。

芥川龍之介と仲が良かった菊池は、芥川龍之介を救えなかったことを後悔していました。

アメリア
アメリア
菊池の芥川龍之介への想いは人一倍強いものでした

 

偽物の芥川龍之介の処分について

菊池が納得しない中で拘束している偽物の芥川龍之介をどうするかをなかなか決めれずにいました。

芥川龍之介と仲の良かった菊池の作品である「恩讐の彼方に」に潜書させて、菊池が直接手をくだすことで合意しました。

そこまで決めたにもかかわらず太宰治たちが、これまで一緒に戦ってきた仲間だと主張して守る姿を見せ、その姿に感動する偽物の芥川龍之介でした。

偽物の芥川龍之介も生粋の悪者というわけではなく、太宰治の純粋な行動に心を打たれるような人間味のある人でだんだんと愛着が湧いてきました。

アメリア
アメリア

偽物の芥川龍之介もそんなに悪いやつじゃないのかもしれませんね

 

芥川龍之介にも苦悩があった

偽物の芥川龍之介を処分にあたり太宰治たちがかばったりして一悶着ありましたが、ここで芥川龍之介の苦悩について語られます。

芥川龍之介は自分が小説家だった頃の回想が始まります。

ここで、芥川龍之介は世間から求められている芥川龍之介らしい作品を書かなければいけないというプレッシャーを知らないところで感じていたことがわかります。

その結果、プレッシャーに追い詰められている自分の気持ちを理解してくれるもう一人の自分を生み出していたことがわかりました。

これは、人間の弱い部分を他者に認めてもらうなどの承認欲求が満たされていない状況になっていたのでしょう。

アメリア
アメリア

芥川龍之介は人知れずプレッシャーに追われていました

 

『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』第11話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

 

#文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

 

『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』第11話を見た感想まとめ

いよいよ終わりが近づいてきましたね。

芥川龍之介の本性がわかってきました。世間から求められる芥川龍之介らしい作品を書くことにプレッシャーがあったのですね。よって、晩年になるとこれまでの作風とは一味違う作品が出ていたのですね。

そんなもう一人の芥川龍之介は最後どうなるのか気になります。

アメリア
アメリア

偽物あるいはもう一人の芥川龍之介がどうなるのか気になります。

 

 

→ 次の話 【アニメ】文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~の第12話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~の第10話あらすじ・ネタバレ感想

コメント