【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【文スト】芥川龍之介の名言・名セリフ集 | やつがれの台詞回しがかっこいい

文豪ストレイドッグス

『文スト』の芥川龍之介は「僕」とかいて「やつがれ」とい一人称を使ったり、言い回しが妙に長くかっこよかったり、独特なしゃべり方をします。

その言葉のチョイスがかっこいいと話題のキャラクターでもあるので、芥川の名言・名セリフを集めてみました。

アメリア
アメリア

単行本21巻分のネタバレを含んでいるから、アニメ派の方は気を付けてね。

スポンサーリンク

芥川龍之介の名言・名セリフ

芥川龍之介の名言・名セリフ

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

芥川は最初に登場してから最新の21巻まで、全くブレていないキャラクターです。

太宰に執着し、太宰に認められるために日々を生きています。

その過程で出会った敦との関係性や感情は徐々に変化しているようですが、基本的に太宰に認められるために敦とどう向き合っていくのか?という点で変わっているだけのようにも見えます。

芥川の名言は、ほとんどが太宰への感情が起点となっているようです。

そんな芥川の名言・名セリフの一部を紹介していきます。

『どん底』をしっているか?

『どん底』をしっているか?

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

かなりの長文でコンコンと問い続ける芥川は実体験がこもっているようです。

強敵のためを思って言っているようですが、脅しにしかなっていない現実と不器用さが芥川らしい言葉ですね。

芥川「『どん底』をしっているか?其処は光の差さぬ無間の深淵だ」

芥川「有るのは汚泥 腐臭 自己憐憫 遥か上方の穴から時折人が覗き込むが誰もお前に気が付かない」

芥川「ひと呼吸毎に惨めさが肺を焼く 外でお前を待つのはそれ鏡花」

芥川「夜叉白雪は殺戮の権化 そんなお前がマフィアの外で普通に生きると?」

芥川「人虎 おしえてやるがいい 誰にも貢献せず 誰にも頼られず 泥虫のように怯え 隠れて生きるのがどういう事か」

敦「……っ」

芥川「殺し続けろ鏡花 マフィアの一員として」

芥川「でなければ呼吸するな 無価値な人間に呼吸する権利は無い」

あの人にあのような言葉二度と云わせぬ!!

芥川が太宰に並々ならぬ感情を抱いているのだと、敦にバレてしまうシーンです。

5分もしないせずに沈んでしまう船の上で、芥川の本音が明らかになるため、人気のシーンですね。

芥川「何故だ なぜ貴様なのだ」

敦「……!?」

芥川「貴様の異能はしょせん身に付けて幾許も無い付け焼刃 欠缺ばかりで戦術の見通しも甘い」

芥川「だのに 何故貴様なのだ」

敦「(赤だ… この憎悪は一体…)」

回想の太宰「はぁーいそこまでー 私の新しい部下は君なんかよりよっぽど優秀だよ」

芥川「――云わせぬ あの人にあのような言葉二度と云わせぬ!!」

敗北を知らぬだと?

敗北を知らぬだと?

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

ミッチェルは、芥川の攻撃で何度も胸を貫かれていますが、芥川は敦に敗北をしたばかりということもあり、すべてピンチを乗り切っています。

中二心くすぐる名言ですね。

ミッチェル「マフィアが何よ… 戦争が何だっていうのよ……!」

芥川「風化能力か……!」

ミッチェル「アタシは一族の名誉を取り戻すの!あんたいたいな敗北も屈辱も知らないような奴に…負ける訳にはいかないのよ…!」

芥川「僕が……敗北を知らぬだと?」

芥川「敗北も屈辱も僕と共にある 僕は闇を往く敗残兵」

芥川「ゆえにこの程度の絶望に 僕は枯らせぬ」

貴様がすべてを持ってい乍らそのことに気づきもせず己の古傷に甘え続ける愚か者だからだ!

貴様がすべてを持ってい乍らそのことに気づきもせず己の古傷に甘え続ける愚か者だからだ!

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

芥川と敦がお互いのことをようやく理解した瞬間ですね。

言葉で話さない限りわからなかったお互いの行動・考えが明らかになる瞬間のセリフです。

敦「確かに僕は愚かで下らない でもお前みたいな力を誇示したいだけの殺人鬼より百倍ましだ!」

芥川「…何だと?」

敦「違うか?力も地位も十分あるのに そのうえ さらに怖がられたいから闘うなんてその方が余程下らない」

芥川「取り消せ 僕が”力も地位もある”だと? 貴様を「不快」だと云った理由を教えて遣る」

芥川「貴様がすべてを持ってい乍らそのことに気づきもせず 己の古傷に甘え続ける愚か者だからだ!」

敦「(何?僕が――何だって?)」

芥川「異能に恵まれ出会いに恵まれ努力もせず ただ運だけで太宰さんに認め讃えら乍ら!貴様はその幸福にも気づかず己の悲劇ばかりに浸る愚物だからだ!」

敦「「あの人」って…真逆お前…ずっと」

六ヶ月後貴様を殺す

六ヶ月後貴様を殺す

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

わざわざ期限を明言して敦を殺そうとする芥川と、逆に殺すなという敦の関係性は複雑ですが、区切りがついたようですね。

13巻もの期間を経て変化した、芥川の心情がわかる貴重な会話です。

回想芥川「六ヶ月待つ 六ヶ月後貴様を殺す 十全に備えよ」

回想芥川「戦場の戦いのとき… 僕は恵まれし貴様が憎かった だが今は少し違う」

回想芥川「貴様を否めぬ限り僕は一歩も前には進めぬ 故に殺す」

太宰「それで 敦君は何て答えたんだい?」

敦「それは…その…太宰さんなら察しが付くのでは?」

太宰「まァね」

回想敦「解ったでも条件がある 六ヶ月間お前は一人も殺すな そうすれば単純な事実に気づく筈だ 太宰さんに認められる為に真に必要な物 弱さと強さは見た目通りの関係じゃない事」

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
文豪ストレイドッグス
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント