【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【文スト】中島敦の名言・名セリフ集 | 正義感の強い頼れる主人公

文豪ストレイドッグス

『文スト』に登場する中島敦は弱いながらも、強い異能と仲間に恵まれ、どんどん成長していきます。

巻を経るごとに成長する敦の心情は名セリフ・名言となって表れています。

今回は、文豪ストレイドッグスに登場する中島敦の名言・名セリフを集めてみました。

アメリア
アメリア

単行本21巻までのセリフから切り抜いているから、アニメ派の方はネタバレ注意だよ!

スポンサーリンク

中島敦の名言・名セリフ

中島敦の名言・名セリフ

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

敦のセリフは、当初はツッコミや弱気なセリフが目立ちますが、だんだんと成長し発言に自信を持っているような気がします。

人々の力になるような言葉を伝えられる主人公らしいセリフも多いので、まさに名言といえるセリフ量はかなり豊富です。

「探偵社のほうがぶっちぎりで物騒じゃん」

「探偵社のほうがぶっちぎりで物騒じゃん」

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

2巻のセリフです。

70億の賞金首として指名手配を受けていると知った敦は武装探偵社から離れようとしますが、武装探偵社から銃声が聞こえたことですぐさま戻ります。

一般的にマフィアに襲撃されればひとたまりもありませんが、襲撃が日常化している武装探偵社の手慣れた様子を見た敦が思わず心の中でつぶやいたセリフです。

この作品の心理ともいえるでしょう。

国木田「これだから襲撃は厭なのだ。備品の始末に再購入、どうせ階下からは苦情も来る。業務予定はまた狂う。しかしまあこの程度いつものことだがな」

敦「(…マ、マフィアより探偵社のほうがぶっちぎりで物騒じゃん)」

生きていても良いって事にならないだろうか?

生きていても良いって事にならないだろうか?

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

マフィアである強敵「泉鏡花」との戦闘で、敦はボロボロになりながらも必死に戦います。

鏡花を倒さなければ、地下鉄で爆弾が起きてしまい乗客もろとも死んでしまうためです。

自分のせいで様々な人が傷つき、自分が生きているべきではないのだと思っていた敦が前を向くシーンです。

敦「(唐突にある発想が浮かんだ。莫迦げた発想だ。でも頭から離れない。)」

敦「(もし万が――、僕が乗客を――、彼らを無事に家に帰せたなら――。)」

敦「(そうしたら僕は生きていても良いって事にならないだろうか?)」

探偵社は僕を見捨てなかった!

芥川にさらわれてしまった敦が、船の中で芥川にいたぶられます。助けに入った鏡花が船にしかけた爆弾を起爆させ、敦を死に物狂いで助けました。

敦は生きようと思えば生きられましたが、探偵社から助けに来てくれた国木田の静止を振り払い、鏡花を助けに向かう敦は、作中でも屈指の男気溢れるシーンではないでしょうか?

国木田も、最終的に応援してくれるのですから、優しいですね。

国木田「あの娘はあきらめろ!善良な者が何時も助かるわけではない!俺も何度失敗してきた!そういう町でそういう仕事だ!」

敦「彼女は…助からない?」

国木田「そうだ!俺たちは超人ではない!そうなら善いと何度思ったかしれんが違うんだ!」

敦「彼女は――『おいしかった』と」

敦「無価値な人間には呼吸をする権利も無いと云われて―― 彼女は『そうかもしれない』と」

敦「僕は…違うと思う!だって太宰さんは――」

敦「探偵社は僕を見捨てなかった! 僕――行ってきます!」

国木田「おい!  走れ敦!!」

ひとつだけ長所がある お前を倒せる

ひとつだけ長所がある お前を倒せる

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

芥川に辛酸を舐めさせられ続けている敦は、芥川を倒せない敵だと思っていてもおかしくないでしょう。

しかし、敦は炎上中の船という過酷な状況下で鏡花を助け、さらに芥川に挑発までしています。

敦は今まで意思が弱く、戦闘で強気な態度を取った試しはありませんが、鏡花を助けるために勇気を振り絞って戦っているシーンのセリフです。

敦「今日は随分よく喋るな」

芥川「…無口だと申告した覚えはないが」

敦「お前の言う通りだ 僕は弱い」

敦「けど ひとつだけ長所がある」

芥川「なんだ」

敦「お前を倒せる」

人は誰かに「生きていいよ」と云われなくちゃいきていけないんだ!

敦が人生の中で「生きていいよ」と言われた経験は少ないのかもしれませんが、探偵社の存在によって敦は救われていいたのでしょう。

鏡花に自分を投影しているようなセリフは迫真ですね。

敦「お前はそんなに強いのにどうして…彼女を利用したんだ」

芥川「… 夜叉白雪は殺戮の異能 他者を殺すときのみ鏡花は強者だ 人を殺さねば無価値」

芥川「利用ではない 僕は鏡花に価値を与えただけだ 生きる価値を」

敦「それだ」

敦「誰かに生きる価値が有るか無いかをお前が判断するな」

敦「どうして彼女にもっと違う言葉をかけてやれなかったんだ」

敦「人は誰かに「生きていいよ」と云われなくちゃ生きていけないんだ! そんな簡単なことがどうして判らないんだ!」

アメリア
アメリア

芥川が一番生きる価値を求めているはずなのに、それを人に云われるのってどういう気持ちだったんだろうか…。敦のセリフはカッコいいけど、そのあたりも気になるね。

お前を認めていると思うぞ

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

ギルドの首領であるフィッツジェラルドとの戦いで、芥川と敦がいよいよ共闘を始めます。

まったく理解できなかったお互いが言葉を交わし、お互いを救う言葉を投げかけるセリフはまさに名言と言えるでしょう。

敦「僕は…愚かか? あの記憶から逃げたいと思う事は下らないか?」

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
文豪ストレイドッグス
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント