【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】ブラッククローバーの133話あらすじ・ネタバレ感想 | 灼熱のダンジョン!

ブラッククローバー 133話 ブラッククローバー
出典:「ブラッククローバー」公式ページ
スポンサーリンク

アニメ「ブラッククローバー」の133話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて133話を振り返ってみましょう。

放送が延期され、新しい話が見れる日を待ち望んでいた視聴者も多かったのではないでしょうか。

ユルティム火山に半ば無理やり連れて行かされたアスタたち。

気を抜けばすぐに蒸発してしまうという過酷な環境の中で、特訓は始まっていきます。

ですが、知らない所で他の思惑も動いていそうで……。

『ブラッククローバー』前回の第132話のあらすじと振り返り

ブラッククローバー 132話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

メレオレオナに連れられ、ユルティム火山に連れてこられたアスタたち。

特訓だという彼女でしたが、実は逃げ回っている厄介な存在を倒すという目的もありました。

火山を進んでくと、何やら怪しい隠し扉がり、その中にはダンジョンが。

その奥には一体なにが待ち受けているのでしょうか。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】ブラッククローバーの第132話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』の第133話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

ユルティム火山の地底洞窟に巣食うバケモノを追っていたアスタたちの前に“魔宮”が現れた。
王都からの指示もあり、早速いくつかのグループに分かれて調査を始めるアスタたち。
レオポルドも副団長・ランドールとともに奥へと進んで行くが、その途中ふたりは地底洞窟のバケモノと遭遇。
協力して戦うも苦戦し、倒すことができない。
自分の不甲斐なさを思うレオポルド。
そのとき、いつかのエルフ族との戦いの中でつかみかけた不思議な感覚がよみがえり……!?

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

メレオレオナの元へと集まる紅蓮の獅子王の団員たち。

彼らを見て、メレオレレオナは遅いと叱責します。

ダンジョンの出現はすでに王都に通告済みで、指示があるまで団員たちは待機する事になります。

ダンジョンには魔道具が眠っている?

王都からの支持を待つ一同。

レオポルドは、メレオレレオナにダンジョンの捜索に行きたいとかって出ますが、一度敵を取り逃がした彼に対しては辛辣な態度をとります。

そんな中、王都からダンジョンの中に強力な魔道具が眠っているという情報が。

そして、ダンジョンの調査を命じられるのでした。

ダンジョンの中へ!

アスタたちを先行組として、宝物庫の在り処を探しに行き、他の団員は魔力が回復次第合流するという作戦でダンジョンの探索が始まります。

我先へとダンジョンへ進んでいくアスタたちでしたが、待ち構えていたのは様々な罠たち、そしてはぐれてしまったレオポルドとランドールの前には蜘蛛のような巨大なモンスターが現れます。

先の戦いでアスタに後れを取ったと感じていたレオポルドは、敵を倒すために立ち向かっていくのでした。

突っ込んでいくレオ

多すぎる敵に圧倒されるレオポルドとランドール。

突っ込んでいくレオポルドをフォローしようとしたランドールでしたが、蜘蛛の攻撃によって捕まってしまい、逃げるように指示します。

仲間のピンチに駆け付けたアスタたちでしたが、それでも劣勢は変わりません。

ですが、レオポルドはそこで以前の戦いから掴みかけていた、周囲のマナを味方につけて一時的に魔力を爆発的に増やすという技を繰り出すことに成功します。

敵を倒すことが出来たレオポルドたちは、魔道具を手に入れてダンジョンを抜け出せるのでした。

『ブラッククローバー』第133話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

#ブラッククローバー

 

『ブラッククローバー』第133話を見た感想まとめ

アスタたちの成長が分かる、重要な回となっていましたね。

そして、黒の暴牛の団員だけではなく、レオポルドの成長も見られました。

今回の敵よりも圧倒的な強さを持つであろう悪魔に対し、特訓はまだまだ続いていくと思われます。

これからのアスタたちの成長も楽しみですね。

 

→ 次の話 【アニメ】ブラッククローバーの第134話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】ブラッククローバーの第132話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』各回のネタバレ感想記事の一覧

129話 130話 131話 132話
133話 134話 135話 136話
137話 138話 139話 140話

コメント

タイトルとURLをコピーしました