【アニメ】ブラッククローバーの141話あらすじ・ネタバレ感想 | ユノにとっての金色の夜明けとは?

ブラッククローバー 141話 ブラッククローバー
出典:「ブラッククローバー」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「ブラッククローバー」の141話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて141話を振り返ってみましょう。

また新しく、今話からOPとEDが新しくなるそうですね。

アニメの魅力の一つでもあり、どんな楽曲が流れるのでしょうか、そちらも要チェックです。

前回スポットを当てられたのはサリー、そしてフエゴレオンとノゼルとう面子。

騎士団としての成長が見える回でした。

今回はアスタのライバルであるユノの所属する金色の夜明けとのことで、期待が高まりますね。

『ブラッククローバー』前回の第140話のあらすじと振り返り

ブラッククローバー 140話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

外を出歩くユリウスを見たマルクスは、大事があってはいけないと彼に静かにしていてほしいと言いますが、ユリウスも本来であれば民のために動き回っている身。

そんな彼の代わりとして、マルクスに2つの頼みごとをします。

1つは魔道具の開発の手伝いであり、サリーと共にアスタたちの元に向かい協力を得ます。

サリーは以前のアスタとの関りから、人を傷つけないという事を学んだようで成長しているようでした。

そして2つ目は、盗賊団の調査。

派遣されたのはマルクス、そしてフエゴレオンとノゼルでした。

3人が村へ向かった先で知ったのは、盗賊団の正体は実は村人たちだったということ。

しかし、村人たちも困窮しきった村を救うために仕方なくやっていたことであり現状を知った3人は罪には問わず、援助する事を決めたのでした。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】ブラッククローバーの第140話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』の第141話ネタバレ・あらすじ・感想

ブラッククローバー 141話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

国の復興のために魔法騎士団員たちが忙しく働く中、

悪魔が仕組んだ戦いで大きな失態をしてしまった“金色の夜明け”団は、

今まで以上に力を尽くし、復興作業と日々の任務に励んでいた。

そんな中、ヴァンジャンス団長から新たな任務を言い渡されたアレクドラ・サンドラーは、

一緒に任務を行うメンバーの中に、日ごろから敵視するユノがいることが気に入らず、

ユノよりも功績を上げようと躍起になる。

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

任務が続いているユノを気遣って周りの団員たちが声をかけますが、ユノはそれでも団員として働き続けようとします。

そんな姿を見てか、アレクドラは彼に不快な感情を抱き、以前の戦いでもエルフに体を乗っ取られさえしなければ団長の役に立てたという自負があるようです。

そんな彼は、ユノがただ幸運だったに過ぎないと彼の実力を認められないようです。

ソッシ村へ!

ヴァンジャンスに命じられ、ソッシ村へ向かう金色の夜明けの団員たち。

指揮を託されたアレクドラは、ユノよりも功績を残して見せると意気込みます。

着いて早々、ユノはアスタたち黒の暴牛の団員たちがソッシ村を助け、村人たちから感謝されている事を知りますが、一度討伐したはずのイノシシが炎を纏い更に狂暴になっているという情報も得るのでした。

その姿を見たユノは、狂暴化の原因を突き止めて解決しない限りは同じことが起きてしまうとアレクドラに言いますが、彼は聞く耳を持とうとしません。

アレクドラはユノに行動度示せと言い、別行動を取り始めるのでした。

狂暴化の原因は木の実に有り!

ユノは狂暴化の原因は木の実に有ることに気が付きます。

イノシシを討伐するアレクドラでしたが、結果的に感謝されたのは原因を突き止めたユノでした。

村人たちの声を聞いたアレクドラは、ユノに対し更に不快感を示し負けないと意固地を張っている様子。

アジトに戻った金色の夜明けの団員たちでしたが、新たな任務もアレクドラが指揮をとることに。

ヴァンジャンスはアレクドラに変わってほしいと考えているからこそ、彼に指揮を任せているようでした。

夜盗退治へ!

魔道具を奪還するため、夜盗のボスの元へ向かった金色の夜明け。

ですが、敵の魔法はアレクドラの攻撃をはじき返して戦闘不能に。

他の団員たちの総攻撃を夜盗のボスにぶつけますが、彼は元騎士団であり魔道具を用いて魔力を増強することが出来るうえに攻撃を吸収してしまいます。

倒せないかと思われた戦いでしたが、金色の夜明けのコンビネーション、そしてアレクドラとユノのタッグによって敵の魔道具を奪取する事に成功します。

アジトに戻ったアレクドラとユノは互いに認め合い、団員たちみんなはユノを食事に誘い絆を深め合うのでした。

『ブラッククローバー』第140話のTwitterでの評判・口コミ

 

#ブラッククローバー

 

『ブラッククローバー』第140話を見た感想まとめ

アスタの古くからの友人であり、ライバルであるユノに焦点が当てられましたね。

久しぶりに登場した金色の夜明けの団員たちの活躍も見れて楽しめる回となっていました。

前回と同様、修行と言うわけではなさそうですが団員たちの絆が深まったのはこれからの展開をさらに熱くしてくれそうです。

そして、アスタとユノもまた互いに成長し、同じ目的をもって戦う日も近づいてきています。

これからの強大な敵に立ち向かっていく彼らの姿が楽しみですね。

 

→ 次の話 【アニメ】ブラッククローバーの第142話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】ブラッククローバーの第140話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』各回のネタバレ感想記事の一覧

129話 130話 131話 132話
133話 134話 135話 136話
137話 138話 139話 140話
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓ アニメが配信されてる動画配信サービスについては、以下のページにアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介しています。
アニメ見るなら!おすすめ動画配信サービス
動画配信サービスによっては、アニメの過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。 この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。是非トライしてみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ見放題
この記事を書いた人
takumi.h

アニメ、漫画を愛する新潟県民。
音楽も好きでバンドマン。
熱い作品が好きですが、分け隔てなく作品に触れていきたいと思っています。
一番影響を受けたのは天元突破グレンラガン。
日々、精進していきます。

Follow Me!
ブラッククローバー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント