【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】ブラッククローバーの149話あらすじ・ネタバレ感想 | ハート王国の精鋭!

ブラッククローバー 149話 ブラッククローバー
出典:「ブラッククローバー」公式ページ
スポンサーリンク

アニメ「ブラッククローバー」の149話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて149話を振り返ってみましょう。

長かったデビルビリーバーとの戦いも終わりを迎えましたね。

スペード王国での戦いに向けて強くなっていくのは心も同じようです。

沢山のキャラクターの内面に問いかけるような話が続く本作。

勿論、主人公はアスタですがそれ以外のキャラにも注目です。

『ブラッククローバー』前回の第148話のあらすじと振り返り

ブラッククローバー 148話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

スペード王国へと向かう山中にデビルビリーバーの姿を発見したアスタたち。

ネロを助けるため、自分が人質となったアスタとノエルでしたが、そこに騎士団長たちが助太刀に入ります。

たとえ国に反旗を翻す集団だとしても、国民である彼らを攻撃はしませんが、魔力に呼び寄せられた魔獣に対しては全力攻撃。

簡単に撃退するその姿を見たこと、加えて信じてほしいという言葉をかけられたデビルビリーバーは、クローバー王国へと戻ることに。

ですが、首謀者であるダズーたちは殺人に誘拐と重い罪を背負います。

彼女たちは処刑されることはありませんでしたが、国外追放と言う罰を受けるのでした。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】ブラッククローバーの第148話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』の第149話ネタバレ・あらすじ・感想

ブラッククローバー 149話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

アスタやネロたちが巻き込まれたデビル・ビリーバーの事件は、首謀者たちの追放で幕を閉じた。
だがネロは、今回の事件の一因が、個人が持つ“魔力”の格差にあったことに心を痛め、
かつて仕えていた初代魔法帝・ルミエルが熱心に開発していたある魔導具のことを思い出す。
そんなネロがユリウスから頼まれたこととは?
一方、悪魔に対抗する力をつけるため協力しあう約束をしたハート王国から、ハート王国の精鋭、
“精霊守(せいれいのかみ)”との特訓の準備が整ったとの連絡をもらったアスタたちは……!?

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

デビル・ビリーバーの件について、ユリウスから聞きたいことがあると招集されたアスタたち。

ユリウスは、ダズーが言っていたことに興味を持ち、差別は無くさないといけないと言います。

そんな話の最中、ハート王国の女王であるロロペチカから通信が。

ロロペチカから告げられたのは、ハート王国の精鋭が特訓のための用意をしてくれたとのこと。

目の前で話を始めた彼女でしたが、王座から倒れてしまいます。

呪いが進行してしまったのではないかと考え、ハート王国へと向かうのでした。

女王の元へ

クローバー王国からの入国申請があり、無事に入国できたアスタたち。

城の中に入ると、ぬいぐるみの上に倒れているロロペチカの姿が。

実は呪いではなく、食あたりのせいでお腹を下していただけのようす。

せっかくアスタたちがハート王国に来たのだし、早速訓練を始めようという彼女でしたが、いつもかけている眼鏡を無くしてしまったことに気が付きます。

探しに行こうとするアスタでしたが、国全体を見守ることが出来るロロペチカはムギという動物が眼鏡を持ち出してしまった事を知ります。

アスタたちは眼鏡を取り返すために走り出すのでした。

動物たちの巣へ

何かを言いたげなロロペチカ。

ですがそんな事も知らずにアスタたちはムギたちの巣へ。

フィンラルの魔法によってムギを手元に引っ張ってくることに成功しますが、顔を噛まれてしまい取り逃がしてしまいます。

ノエルも水魔法を駆使する事によって追いかけますが、ムギが可愛く見えるノエルすらも取り逃がしてしまうことに。

アスタが次に取った作戦は釣りをすることによって、取った魚たちを餌にムギを誘き寄せます。

眼鏡を返そうとしないムギでしたが、魚たちと交換する事によって事なきを得るのでした。

眼鏡を壊してしまうロロペチカ

眼鏡を取り返し、ロロペチカへと届けるアスタたち。

ですが、彼女は目の前で足を滑らせてしまい壊してしまうという失態。

特注品の眼鏡ですが、何度も壊したり無くしたりしてしまう彼女は定期的に眼鏡を大量に発注しているようで、アスタたちがムギから取り返したのも水の泡に……。

一方、クローバー王国ではアスタたちとは別行動をしていたネロがユリウスに連れられて書庫へと向かいます。

彼女はユリウスから何を見せられるのかと緊張していましたが、そこにはネロが慕っていたクローバー王国の昔の王子の書いた書物が。

差別を無くすための魔道具の設計図がかかれており、当時の技術では成しえなかったことだが、今の技術であれば完成させることができるかもしれないとユリウスは言います。

アスタたちと合流したネロ。

ハート王国で修業が出来ると聞いたネロは、更なる高みを目指すことを誓うのでした。

『ブラッククローバー』第149話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

 

#ブラッククローバー

 

『ブラッククローバー』第149話を見た感想まとめ

今回の話は、ゆったりとした流れで繰り広げられましたね。

デビル・ビリーバーが発足してしまった理由である、差別への解消。

そして始まっていく国を超えての特訓。

アスタたちは次に進むため、一歩ずつ準備を進めているようです。

 

→ 次の話 【アニメ】ブラッククローバーの第150話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】ブラッククローバーの第148話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ブラッククローバー』各回のネタバレ感想記事の一覧

129話 130話 131話 132話
133話 134話 135話 136話
137話 138話 139話 140話
141話 142話 143話 144話
145話 146話 147話 148話

コメント

タイトルとURLをコピーしました