dアニメストアの通信料金・通信速度・通信量を徹底的に調査

dアニメストアの通信料金・通信速度・通信量を徹底的に調査 dアニメストア
この記事は約11分で読めます。

 

 

クリス
クリス

動画見てたら速度遅くてフリーズしちゃうよ、、、。
dアニメストアの見過ぎかな?

アメリア
アメリア

そうね、使い方次第ではモバイル通信量が超過してしまうこともよくあるわよね。

 

 

今回は、人気の動画配信サービス「dアニメストア」での通信料金・データ通信量・通信速度について解説していきます。

 

好きなアニメがたくさんあると、通勤・通学中でもアニメを見ないと全部消化しきれないという方も多くいらしゃるでしょう。

 

本記事は、アニメを見る際に消費するデータ通信量や料金、速度を知ることで、自分がどのくらいの通信を利用しているかを把握できる内容となっています。

 

「通信料や料金を節約したい」という方にオススメの内容ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

dアニメストア視聴で使うデータ通信量

はじめに、dアニメストアでのアニメ視聴に使うデータ通信量について解説していきます。

 

データ通信量の単位をおさらいやストリーミング・ダウンロード再生の違い、そして、各画質ごとに消費するデータ通信量の目安などを分かりやすく表でご紹介します。

 

また、通信量を節約する方法までご紹介しますので、dアニメストアでよく速度制限が掛かってしまって困っている方などはぜひ本項をチェックしてみてください。

 

データ通信量の単位をおさらい

通信に関わる解説をするうえで知っておきたいデータ通信の単位について、念のためご紹介していきます。

 

通信に使われる単位はバイトで表現されます。

 

B(バイト)
KB(キロバイト)
MB(メガバイト)
GB(ギガバイト)
TB(テラバイト)

 

最も小さい単位がBite(バイト)で、位が1,000を超えると上の単位になります。

 

1,000B=1KB
1,000KB=1MB
1,000MB=1GB
1,000GB=1TB

 

この後の解説で頻繁に表示されるため、一応把握しておいてくたさい。

 

ストリーミング再生とダウンロードとは

dアニメストアはストリーミング再生とダウンロード再生に対応した動画配信サービス。

 

ストリーミング再生は、インターネット通信によって、サーバー上の動画データを再生する方法。端末にデータを保存する必要なく視聴できるのがメリットで、ほとんどの動画配信サービスがストリーミングに対応しています。

 

対してダウンロード再生は、サーバー上に上がっているファイルを一旦、操作している機器に保存(ダウンロード)してから再生するという仕組み。

 

dアニメストアでは、一度ダウンロードすれば数日間オフラインで視聴することができ、その間は通信量を消費せずに再生できます。

 

デメリットは、使用する機器の保存容量を圧迫してしまうこと。あまりたくさんのファイルをダウンロードし過ぎると、デバイスの容量がいっぱいになり、動作不良を起こす原因にもなります。

 

自身の環境や使い方に応じてストリーミング再生とダウンロード再生を使い分けることができるのが、dアニメストアの優秀なところと言えるでしょう。

 

画質ごとに異なる使用データ通信量

dアニメストアの作品をストリーミング再生もしくはダウンロードする際は、インターネット通信が行われます。

 

また、テレビアニメ1本ごとに、再生・ダウンロードするのに画質を4種類から選択することができ、それぞれの画質によって消費するデータ通信量も異なってきます。

 

続いては、テレビアニメ1本分で消費するデータ通信量について、画質ごとに表でまとめてみましたのでご覧ください。

 

【テレビアニメ1本(24分)あたりに消費するデータ通信量】

画質 データ通信量
ふつう 約70MB
きれい 約110MB
すごくきれい 約300MB
HD画質 約400MB

引用:画質・データ量について|dアニメストア

 

通学・通勤時は必須!通信量を抑える節約方法

上記の表を参考にすると、自身が1日にどの程度の通信量を消費しているかが分かります。

 

HD画質のアニメを1日3本見るなら、約1.2GBのデータ通信量を消費することになります。

 

1日3本のペースを30日間続けると約36GBの通信量が発生することに。

 

こう考えると、普段スマートフォンのモバイル通信を使ってdアニメストアを視聴している場合は、あっという間に契約プランの通信量を消費して、速度制限がかかってしまうことでしょう。

 

こうして通信制限による速度低下を防ぐためには、通信量をできるだけ節約することが重要です。その場合は以下のような方法で通信量を節約するのがオススメ。

 

  • 外出前に自宅Wi-Fiでダウンロードしておく
  • ストリーミング再生時は低画質を選択

 

この2点を守ってさえいれば、かなりの通信量を節約することができます。

 

「ふつう」と「HD画質」では5倍~6倍もの容量の節約になりますし、自宅にWi-Fi環境がある方なら、Wi-Fiを使ったダウンロード再生も心がければ、そこまでデータ通信量を使わずにdアニメストアを長く利用することができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

dアニメストア視聴の通信料金

dアニメストア視聴の通信料金

出典:NTTドコモ

続いてはdアニメストアの作品を視聴していくなかで掛かってくる通信料金について解説していきます。

 

アニメ視聴にでかかる通信料金は?

今回は代表的な通信キャリアであるドコモの月額定額プランを例に、使用する通信量に応じてどのくらいの料金がかかるかを確認していきます。

 

【動画再生の通信量(例)】

  • HD画質のアニメを1日3本視聴
  • HD画質400MB×3本×30日=1ヶ月で36GB消費

ドコモの定額プラン「ギガホ」「ギガライト」の2種類での料金を例にして見てみましょう。

 

【ギガライト】

  • 月額料金:1,980~3,980円
  • 通信量:7GB
  • アニメ再生による消費通信量:36GB
  • 超過:29GB

 

【ギガホ】

  • 月額料金:6,980円
  • 通信量:30GB
  • アニメ再生による消費通信量:36GB
  • 超過:6GB

 

大容量の通信に対応した定額プランギガホでも、HD画質で1日3本の動画を見続けると、1ヶ月持ちません。

 

ギガライトでは、残念ながら1週間持たずに通信量は超過してしまう上に、段階的に料金があがるプランの最大料金が掛かってしまいます。

 

こうして考えると、やはりdアニメストアの動画をモバイル通信で使用する際は注意が必要で、前述したような通信量の節約を実施しないと、満足のいく利用ができなくなってきます。

 

「パケ死」の危険があるのはどんな場合?

2000年代の半ば頃まではよく使われていた「パケ死」という言葉。インターネットでデータ通信量を使い過ぎて数万円~数十万円もの請求が来てしまうことを指す当時の流行語。

 

ですが、現在ではほぼ全てのケータイキャリアで通信量の定額プランが登場しているため、法外な請求をされる心配はなくなりました。

 

ただ、オプションプランによっては、思いもよらぬ請求が来て後悔する心配もあります。

 

例えば、ドコモでいうとオプションプランで提供されている「スピードモード」。

 

これは契約プランである通信量が超過した際に、自動で追加料金1,000円を課金し、速度制限を勝手に解除してくれるというオプションサービスです。

 

便利な機能ではありますが、このプランに加入していることを知らずにいると、通信量が既に超過していることに気づかず、翌月の請求で思いがけない金額を見て驚愕することに。

 

auやソフトバンクでも、こうした自動で速度制限を課金して解除するオプションが存在するため、念のため現在の契約プランを確認しておくのがよいでしょう。

 

dアニメストア視聴で必要な通信速度

続いては、dアニメストアでの視聴に必要な通信速度について見ていきましょう。

 

画質ごとの動画視聴ができる通信速度を一覧で確認するほか、通信量超過による速度制限中での再生ができるかについても言及していきます。

 

画質ごとに必要な通信速度

ネット回線の通信速度には、bpsという単位が使用されます。

 

ここではdアニメストアで配信されている4種類の画質ごとに、必要な通信速度を一覧で表示してみました。

 

【テレビアニメ1本(24分)で必要な画質ごとの通信速度】

画質 データ通信量 通信速度(ビットレート)
ふつう 約70MB 398Kbps
きれい 約110MB 596Kbps
すごくきれい 約300MB 1.2~1.7Mbps
HD画質 約400MB 2.7Mbps

引用:画質・データ量について|dアニメストア

 

快適な再生のためにほしい通信速度

一覧で見る限り、最高でも3Mbps程度の通信速度があれば、HD画質でも十分な動画再生ができることが分かります。

 

これまで世界に飛躍的に普及した4G回線での通信速度は非常に優秀で、回線が混雑していない時だと、30Mbps程度の通信速度(下り)を計測することもあります。

 

そのため、dアニメストアのHD画質であっても十分に事足りるでしょう。

 

ただし、朝の通勤ラッシュ時間での電車内や、花火大会などの人が多く集まる場所、昼のランチ時間帯などでは、多くの人がモバイル通信を利用するため、通信速度は遅くなりがち。

 

通信回線の混雑の具合によっては、速度制限がかかっていないにも関わらず、1Mbpsを切ってしまうことも。

 

そうした場合には再生画質を落としての再生に切り替えるなど臨機応変に対応するのがよいでしょう。

 

速度制限中でも再生できる?

また、通信量の超過による速度制限が掛かった時に、十分な動画再生ができるのか?というい点も気になるところです。

 

速度制限時の通信速度は契約する通信キャリアによって違いがありますが、一般的に128Kbpsまで速度が下がる場合と、1Mbps程度までしか下がらないキャリアが存在します。

 

通信速度制限時の再生の難しさは以下の通り。

 

 

【速度制限時128Kbpsになるケータイの場合】

「ふつう」画質であっても快適な再生は難しい

 

【速度制限時1Mbpsになるケータイの場合】

「きれい」画質であれば問題なく再生できるレベル

 

 

1Mbpsの速度制限で済むキャリアを使っているユーザーの場合は「きれい」画質程度なら十分な動画再生が可能です。ですが、128Kbpsまで速度が低下してしまった場合は、最低画質であっても快適な再生は望めません。

 

そのため、速度制限が掛からないよう、Wi-Fiでのダウンロード再生や低画質での再生などを駆使して節約していくように心がけるのを優先させるのが良いでしょう。

 

dアニメストアの通信量・速度のまとめ

今回は動画配信サービスdアニメストアでかかる通信料金・データ通信量・通信速度についての詳細をご紹介していきました。

 

最後に記事の内容をまとめると以下の通りとなります。

 

  • HD画質でかかるデータ通信量は400MB
  • 1日3本のTVアニメを1ヶ月続けると36GBにもなる
  • ドコモの定額プラン「ギガホ」6,980円でも足りないくらい
  • Wi-Fi環境でのダウンロードや低画質再生などで節約するのが賢い
  • 通信速度は4G回線ならHD画質でも問題なく再生可能
  • ただし、128Kbps速度制限が掛かると、低画質での再生も難しくなる

 

今回ご紹介した内容を改めて参考にして、dアニメストアをより快適に利用できるように工夫して頂ければと思います。

 

 

 

クリス
クリス

通信料の目安がよく分かったよ!ありがとう!

アメリア
アメリア

それは良かった!
Wi-Fi環境や低画質再生などで工夫してギガの使い過ぎを抑えるのがコツね!

 

 

コメント