【決定版】おすすめアニメ120選

動画配信サービスとは?初心者にオススメ!わかりやすく大解説!

動画配信サービスとは?初心者にオススメ!わかりやすく大解説! 動画配信サービスの知識
この記事は約7分で読めます。

動画配信サービスについて、「名前は聞いたことあるけど、よく知らない!」という人や、「使ってみたいと思ってたけど、よく知らないし高いお金を請求されるのでは?」と思っている人も少なくないのでは?

ここでは、そんな知っているようで知らない動画配信サービスの基本的な知識について学びましょう。

次項からは、動画配信サービス(動画配信サービス)とはどんなサービスかさらに詳しく、簡単に説明していきます。

この記事を読めば、動画配信サービスについて詳しくなれること間違いナシですよ。

 

動画配信サービスで何ができるの?

動画配信サービス(動画配信サービス)とは、ビデオ・オンデマンド・サービスとも言い換えられる、時間・場所問わず、動画コンテンツを楽しめるサービスの通称です。

① 動画コンテンツが視聴できる

動画配信サービスといえば、やはり動画コンテンツの視聴がメインの目的となっています。

洋画・邦画、海外・国外ドラマ、新作アニメ、懐かしのアニメ、時代劇、ネット番組などなど、老若男女問わず何かしら観られるようカバーされてあり、どんな世代でも楽しめるのが動画配信サービスの大きな魅力です。

動画配信サービスを利用すればDVDを店舗に行って借りたりする手間もありません。

また、巻き戻しや一時停止といった操作も簡単で、動画コンテンツ好きには非常に便利で嬉しいサービスばかり。

しかも、いつでもどこでも観られるというのが最大の魅力といえるでしょう。

このメインコンテンツに関しては、各社サービスに力を入れ始めることによって、他社との差別化に取り組んでいる模様です。

その一部として、最近では動画配信サービスでのオリジナル作品が続々と配信されています。

もう完結したと思われていた名作ドラマの続きが作られたり、好きなお笑い芸人の新番組が作られたり、非常に見所たっぷりです。

前者は、昔からシリーズを見ていたファンからは感慨深い内容となっていますし、後者は、地上波では放送できないようなゆるい内容や過激な内容まで放送されるため、昔のバラエティー好きにはたまらない内容となっています。

このように、動画配信サービスのメインコンテンツは、非常にボリュームがあり、どの層への訴求力も高い、魅力的なサービスとなっているのです。

② 雑誌の無料購読が可能

動画コンテンツの視聴しか出来ないと思われがちな動画配信サービスでしたが、最近では、様々なサービスが展開されています。

そのうちの一つが、雑誌の無料購読です。

特に国内の動画配信サービスにおいては、いまでは、雑誌購読が付属していることが珍しくなくなってきました。

マンガや雑誌、新聞に至るまで電子書籍として読むことができます。

かさばりがちな書籍関係を、スマートフォンやタブレットでまとめて読むことが出来ることによるメリットは意外に多いもの。

例えば、出張や旅行先でも本やマンガを読めるのはありがたいサービスですよね。

また、電子書籍では雑誌を棄てる必要がなく、さらに本棚のスペースを開ける必要もなくなるので、非常に便利なサービスといえるでしょう。

特に、本は電子書籍派という人にはとてもありがたいサービスなのではないでしょうか。

③ 舞台映像も配信されている

さらに動画配信サービスでは、上記に挙げた動画コンテンツだけでなく、イベントのライブ配信や、落語や舞台も配信されています。

ライブDVDはレンタル出来ることは少ないし、落語や舞台は地方在住なら滅多に楽しめません。

また、あまり興味がなかったりで、これまで舞台観劇をしたことがなかったという人も多いのではないでしょうか。

そういった、今まで断念していた人でも、動画配信サービスで視聴することが出来ます。

まるで観客席で観覧しているかのように、臨場感たっぷりに観ることが出来るのです。

④ お試し無料期間が用意されている

ほぼ全ての動画配信サービスでは、サービスのお試し無料期間が用意されています。

期間は、動画配信サービスにもよりますが、およそ15~30日間といったところです。

お試し期間では、普通に契約したときと、なんら遜色なく動画配信サービスを利用することができます。

そのため、自分に合ったサービスを探すのに、このお試し期間は非常に役に立つことでしょう。

ただし、お試し期間に実際に使ってみて合わないと感じたときは、解約するのを忘れずに。

そのままでいると、本契約に移行し、いつのまにか料金を支払われなければならなくなっていた…ということになりかねないので、ご注意を。

 

動画投稿サイトやネットTV局との違い

動画配信サービスとYouTubeなどといった動画投稿サイト、あるいはネットTV局との違いは、コンテンツの配信がいつでもどこでも、自由に観られることです。

例えば大手動画投稿サイトのYouTubeは、自分で映像を制作したコンテンツを、ネット上に配信できることが最大の特徴となっています。

つまり、基本的には投稿主は一般の方であり、映像制作会社が配信する映画やドラマといったものは観られません。

また、abemaTVといったネットのテレビ局は、映画やアニメ、ドラマを決まった時間帯に放送されるようになっています。

映像制作会社が制作した映像コンテンツが配信されるいう意味では動画配信サービスと似ていますが、時間帯ごとに放送されるものが決まっているので、動画配信サービスほど自由が利くものでもありません。

このように、動画配信サービスも動画投稿コンテンツもネットTV局も、同じく動画を扱っているサイトですが、サービスの根本的な違いがあることに注意しましょう。

 

動画配信サービスの利用料について

次に、動画配信サービスの利用料について説明します。

動画配信サービスは完全無料で、スマートフォンアプリにありがちな、完全無料を謳っているけど楽しむためには課金が必要といったことは基本的にはありません。

月額利用料さえ払えば、配信しているコンテンツを無制限に、いつでもどこでも観られるのが動画配信サービスの基本となっており、非常に良心的なサービスといえるでしょう。

しかし、一つだけ注意したいのは、新作コンテンツの視聴です。

動画配信サービスによっては、新作コンテンツをレンタル開始と同時にすぐ視聴できるといったサービスもありますが、基本的には基本料金プラスα、新作分課金しなければ観られないといったことがあります。

モチロン、利用料発生の都度アナウンスがあるため、勝手に引き落とされた!ということはありませんが、新作をすぐ観たい!という人は、動画配信サービスで観ることは基本的に難しく、観るとすればレンタルショップ同様のお金がかかることも覚えておきましょう。

 

動画配信サービスはどんな会社がある?

動画配信サービスのなかで、現状もっとも勢いがあるのはHuluとNetflixでしょうか。

両者はメインコンテンツである動画に力を入れており、配信本数は50,000本をゆうに超えています。

フジテレビや日本テレビといった日本のお馴染みのTV局も、この二つの会社と続々と資本提携し、動画配信サービス業に本腰を入れているところです。

さらに携帯会社系列のdtvやdアニメ、auビデオパスなど、日本でもお馴染みの会社によるサービスもあり、こちらも動画配信サービスユーザーに支持を得ています。

日本で急速に普及したamazonプライムも、その利便性と安さでユーザーを増加されているなど、現在の動画配信サービスの戦国時代といってもいい状況になっています。

 

まとめ

動画配信サービスとは何か、動画配信サービス初心者にもわかりやすいように説明しました。

動画配信サービスは非常に便利なサービスですが、ネットに慣れない人にとっては、本当に大丈夫なのか心配になる人も多いはずです。

しかし実際に動画配信サービスを一度使ってみると、その便利さに驚き、不安は払しょくされてしまうでしょう。

人によっては、休日は動画配信サービスを観ているだけでいい!と思うほどやみつきになってしまうこと間違いありません。

ぜひこの便利なサービスを体感してみてくださいね。

 

>> 次の記事

動画配信サービスのコンテンツ内容

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました