【映画ドラゴンボール】見る順番と時系列 | 全20作品を一覧紹介

【映画ドラゴンボール】見る順番と時系列 | 全20作品を一覧紹介

この記事では幅広い世代に長く愛されている映画「ドラゴンボール」シリーズの時系列・観る順番・歴代全20作品を一覧してまとめました。

孫悟空

最後までぜってぇ見てくれよな!


 

映画とアニメとの時間軸・時系列について

映画とアニメとの時間軸・時系列について

映画のドラゴンボールは基本的にアニメ(原作漫画)と別物(パラレルワールド)と考えて視聴して下さい。

アニメの進行状況と映画の時間軸や設定が合わない矛盾する箇所が多々ある為、映画は別物と考える事が前提でパラレルワールドと思っておくことが必要です。

ただし、18作品目の『ドラゴンボールZ 神と神』以降の作品からは鳥山明が原作・監修となっているので原作後の世界として公式で話が展開されています。

 

映画ドラゴンボールの見る順番(放映順) | 全20作品を一覧

映画ドラゴンボールの見る順番(放映順) | 全20作品を一覧

劇場版で公開されたドラゴンボールの映画作品は2021年時点で、全20作品あります。

映画ドラゴンボールの時系列を知りたい方はこちら↓

 

孫悟空
んじゃ、さっそく1作目『から見てみっか!

 

1作目『ドラゴンボール 神龍の伝説』

ドラゴンボール 神龍の伝説

公開年月日 1986年12月20日
監督 西尾 大介
興行収入 8.0億円
配信サービス

七つのドラゴンボールを集めると、神龍が現れてどんな願いでもひとつだけ叶えてくれるという伝説がある。ブルマは素敵な恋人とめぐり合う願いをかけて旅に出る。一方、四星球(ドラゴンボール)を持つ孫悟空は、贅沢の限りを尽くすグルメス王の手下、パスタとボンゴに四星球を奪われてしまう。悟空とブルマは共にドラゴンボールを探す旅にでかけるが、道中、荒廃したグルメス王国を憂う少女パンジと出会う。悟空にブルマ、ウーロンそしてパンジの四人はグルメス王国に乗り込む!果たして、神龍へ願いをかけるのはだれなのか!?

出典:Amazon

登場キャラクター

グルメス大王

グルメス大王

パスタ

パスタ

ボンゴ

ボンゴ

映画「ドラゴンボール 神龍の伝説」は劇場版ドラゴンボールの第1作品目として公開されました。

本作品は、ドラゴンボールを巡る悟空達とグルメス大王との争奪戦を描いたもので、悟空とブルマ達の出会い等、原作の内容を踏襲しつつも、劇場版オリジナルのストーリー展開が見所となっています。

口コミ・感想を見る

最古ながら素晴らしい出来

原作見ていた世代でしたが、初期の劇場版は見たことがありませんでした。
初めて見ましたが、原作の最初の場面から劇場版オリジナルキャラを絡めながらも原作と同じ場面を含みつつ進む作りでなかなか上手い構成だなと感じました。
古い作品ではありますが、丁寧に作られていて、テンポ良くストーリーが進むため時間の割にボリュームがあるように感じました。
Z頃からのガチバトル物も好きですが、少年編のドラゴンボールを巡る冒険感もすごい好きで、ぜひ少年編を知らない世代の方にも見ていただきたい作品です。

出典:Amazon

『ドラゴンボール 神龍の伝説』を無料視聴する

 

 

2作目『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』

ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

公開年月日 1987年7月18日
監督 西尾 大介
興行収入 8.5億円
配信サービス

悟空は修業すべく亀仙人のもとへ駆けつけるが、そこには多林寺出身の拳法の使い手、クリリンもいた。亀仙人は「魔界城に閉じ込められているねむり姫を連れて帰った者を弟子にする」と、悟空とクリリンに条件を出す。闘志むき出しに魔界城へ向かう悟空とクリリン。一方、夏休みをむかえたブルマ、ヤムチャ、ウーロン、それにプーアルたち一行も悟空たちの後を追い魔界城へ向う。折りしも、魔界城では魔王ルシフェルのもとへ妖怪たちが集まり、数千年に一度満月の夜に目覚めるというねむり姫を囲んで儀式がとりおこなわれようとしていた!

出典:Amazon

登場キャラクター

ルシフェル

ルシフェル

ガステル

ガステル

ドラゴンボールでルシフェルが出た作品名は「ドラゴンボール 魔神城のねむり姫」です。

ねむり姫というと、魔女によって、100年の眠りにつく呪いをかけられたお姫様のお話として有名です。今回ご紹介する「ドラゴンボール 魔神城のねむり姫」では悟空とクリリンが亀仙人の修行を受けるために、魔神城へと乗り込みます。そこに眠るねむり姫とは…!

口コミ・感想を見る

ビチビチギャグ

原作中、一番最初にスーパーサイヤ人に目覚めたといわれているランチさん登場。
ちび悟空&クリリンコンビが可愛い。
眠り姫をあれする装置的なあれのデザインがえらい秀逸で驚きました。
ブルマの顔芸も相変わらず秀逸。
本編でじっちゃんが着てるTシャツ欲しいなー。

出典:Amazon

『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』を無料視聴する

 

 

3作目『ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険』

ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険

公開年月日 1988年7月9日
監督 竹之内 和久
興行収入 6.3億円
配信サービス

悟空とクリリンはミーファン帝国で開かれる大武道大会に参加することになった。ミーファン帝国の大臣、鶴仙人は神龍の力を借リて、弟の桃白白、弟子の天津飯とともに世界征服することを企んでいる。悟空たちはドラゴンボールを持つ故郷思いのボラとウパの親子と出会うが、ボラは桃白白に殺されてしまう。怒った悟空が桃白白に飛びかかるが、空の彼方へ飛ぼされてしまう。カリン様の教えを受け再び試合場に向かう途中、アラレちゃんたちにからかわれている桃白白を発見!アラレちゃんとガッちゃんズの協力を得て悟空は再び桃白白に挑む!

出典:Amazon

登場キャラクター

鶴仙人

鶴仙人

桃白白

桃白白

天津飯

天津飯

餃子(チャオズ)

餃子(チャオズ)

ブルー将軍

ブルー将軍 

メタリック軍曹

メタリック軍曹

アラレちゃん

アラレちゃん

映画「ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険」は劇場版ドラゴンボールの第3作品目として公開されました。

本作品はミーファン帝国を舞台に、武道大会に腕試しに来た悟空達が鶴仙人の野望に巻き込まれて行くと言った内容で、原作に登場するキャラクターのみで描かれてはいますが、その役設定が変わっていると言う特徴があります。

口コミ・感想を見る

チャオズのくせに!w

少年編最後の劇場版ということですが、これまでとはまた違った作りになっており
劇場版オリジナルなキャラなどはいなく、原作のキャラを違う形で登場させるという意欲作となっていました。
特にチャオズが皇帝という設定には笑撃を受けました
OP曲中に修行編が流れていき修行が完了したところからスタートする流れがまず上手いなと感じました。
今までの2作同様原作にもあるシーンを上手く盛り込んで短時間ながらも盛りだくさんな内容となっていて
楽しんで観れました。少年編は3作しかないですが、どれも原作のシーンを上手く使っていて面白かったです。

出典:Amazon

『ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険』を無料視聴する

 

4作目『ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!』

ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!

公開年月日 1989年7月15日
監督 西尾 大介
興行収入 7.2億円
配信サービス

天下一武道会で悟空がピッコロに勝利してから5年。悟空はチチとの間に悟飯という息子ができ、幸せな日々を送っていた。そんなある日、ガーリックJr.の手下、ジンジャーら三人組が現れ、悟飯共々ドラゴンボールを奪っていく。七つのドラゴンボールを揃えたガーリックJr.は神龍から永遠の命を手に入れる。その背景には父、ガーリックと神様の間の知られざる関係があるのだが・・・ガーリックJr.を相手に苦戦する悟空。ピッコロの助太刀もあるが、危機一髪!その時、「おとうさ~ん」父の危機に悟飯の潜在的Zパワーが大爆発!

出典:Amazon

登場キャラクター

ガーリックJr.(ジュニア)

ガーリックJr.(ジュニア)

サンショ

サンショ

ニッキー

ニッキー

ジンジャー

ジンジャー

映画「ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!」は劇場版ドラゴンボールの第4作品目として公開されました。

本作品は、ドラゴンボールと共にさらわれた悟飯を助ける為に、悟空がガーリックJr.とその手下達を相手に激闘を繰り広げ、更にはピッコロとの共闘や、悟飯のかわいらしい姿などが見所となっております。

口コミ・感想を見る

もう一人のジュニア

普段は非戦闘員のキャラが戦ったり、舞空術も会得してない頃なので陸では基本的に走るしかなかったりしますが、キャラごとに特徴があって面白かったです。
内容的には神様がかつて神になるためにやって来たことがガーリックjr.との因縁に繋がってて、とても業の深い話だと思いました。
序盤からシリアスでどことなくダークな空気が漂う中、悟飯が縦横無尽にやんちゃして楽しませてくれます。この時点ではまだ怪力乱神を秘めた子供みたいな扱いだったようで、Z中盤以降と比べたらスティーブン・キング的な不思議な感じがします。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!』を無料視聴する

 

5作目『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

公開年月日 1990年3月10日
監督 西尾 大介
興行収入 9.5億円
配信サービス

万年雪に覆われるツルマイツブリ山で、悪の天才Dr.コーチンは世界を征服するために50年間眠っていた脳だけで生きるDr.ウィローを目覚めさせた。「この世で一番強いヤツの肉体にDr.ウィローが乗り移るのだ」とDr.コーシンは最強の格闘家、亀仙人を連れ去る。悟空は助けを求めにきたウーロンと悟飯から事情を聞き、急いで山頂へ向う。そこに待ち受けていたのは強固なバリアーに高圧電流そして、悪の心をコントロールされたピッコロだった。Dr.ウィローとDr.コーチンからこの世界を守ってくれ、悟空!悟飯!

出典:Amazon

 

登場キャラクター

Dr.(ドクター)ウィロー

Dr.(ドクター)ウィロー

Dr.(ドクター)コーチン

Dr.(ドクター)コーチン

Dr.(ドクター)コーチン

ミソカッツン

Dr.(ドクター)コーチン

エビフリャー

キシーメ

キシーメ

映画「ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」は劇場版ドラゴンボールの第5作品目として公開されました。

本作では50年の時を経て蘇ったDr.ウィローの野望を食い止めるべく、悟空達が極寒の地永久凍土で激闘を繰り広げ、洗脳されたピッコロとの戦いや亀仙人の活躍、ピッコロを尊敬している悟飯の歌などが見所となっております。

口コミ・感想を見る

玄人好み

他作品が違うというわけではないのですが、この作品は気合の入り方が群を抜いてるように思います
当時見た時はストーリー的に地味な印象でしたが、
今見直すととにかく作画の量がすごい
ヌルヌル動いての戦闘シーンは劇場版一だと思いますし、所々挿入されるギャグもアクセントになっています

セリフは少なめですが(コーチン以外…)
だからこそ最後のピッコロさんのセリフが活きますね

ど派手な超サイヤ人が活躍する映画もいいですが、
綺麗に纏まっているこの映画もお勧めです

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』を無料視聴する

 

6作目『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

公開年月日 1990年7月7日
監督 西尾 大介
興行収入 8.0億円
配信サービス

宇宙の壊し屋ターレスの探査ロケットが落ちて山火事が起きる。悟飯たちはハイヤー・ドラゴンをはじめとする動物達の命を救い、神龍の力で森を元に戻す。さらにターレスは死の星にしてしまうという、恐ろしい植物神精樹の種を地球に植える。界王から危機を知らされた悟空たち究極戦士はターレス軍団に立ち向う。ターレスはハイヤー・ドラゴンを倒し、人口満月を作り悟飯を大猿へと変身させてしまう。ピッコロはターレスと対決するが、必殺技・魔貫光殺砲も通用せず倒されてしまう。ついに悟空とターレスの対決の時がやってきた!

出典:Amazon

 

登場キャラクター

ターレス

ターレス

アモンド

アモンド

ダイーズ

ダイーズ

カカオ

カカオ

レズン&ラカセイ

レズン&ラカセイ

映画「ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」は劇場版ドラゴンボールの第6作品目として公開されました。

本作品は、敵役に主人公・孫悟空に瓜二つのサイヤ人・ターレスが登場し、滅び行く地球を舞台に悟空達とターレス達の激闘を描いた作品です。

口コミ・感想を見る

黒髪の悟空が好きなら必見です

まず個人的な評価として、スーパーサイヤ人登場以前の作品のため、ずっと黒髪の悟空で戦います。
界王拳が持つ映像としてのパワーが短い時間の中で見事に表現されており、それだけでも観る価値がありますが、
界王拳が強ければ強いほどに、それすら圧倒するターレスの恐ろしさに説得力を持たせる事にも成功しています。
ボスキャラであるターレスは暴力的でありながらも妖艶さを兼ね備えたセリフや仕草の節々から、
視聴者目線では彼もまたある種の仲間意識や哀しみを持ったサイヤ人であると感じ取る事が出来るが、悟空達にとってはあくまでも地球を脅かす悪いヤツ…という絶妙な塩梅のキャラクター。
悟空と悟飯の親子の絆、自然や動物との描写もあり、その後に訪れる文字通り地球まるごとのピンチへの危機感を引き立たせ、更にはその地球を食い物にするターレスと、地球から力を借りる悟空という対比にもつながっていきます。
総評して、カッコイイ悪役とスケールの大きな危機、原作・アニメにおけるサイヤ人襲来~フリーザ編中盤の悟空が好きな人にはたまらない作品と言えるでしょう。。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』を無料視聴する

 

7作目『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

公開年月日 1991年3月9日
監督 橋本 光夫
興行収入 13.0億円
配信サービス

ある日、天空の一角に現れた謎の怪星が地球に近づく。悟空はかめはめ波で軌道を外そうとするが、はじき返され瀕死の重傷を負う。地球に降り立った超ナメック星人のスラッグは、「この星はたった今から大宇宙の王、スラッグ様のものとなる!」と宣言。悟飯はスラッグ兵に挑みますが取り押さえられてしまう。スラッグは神龍を呼び出し永遠の若さとパワーを取り戻し、地球を氷地獄にするが、その寒さで悟空は目覚め、悟飯のもとへと向かう。ついに地球の生命を賭けて、悟空とスラッグの凄まじい戦闘の火ぶたが切って落とされる!

出典:Amazon

登場キャラクター

スラッグ

スラッグ

アンギラ

アンギラ

ドロダボ

ドロダボ

メダマッチャ

メダマッチャ

映画「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」は劇場版ドラゴンボールの第7作品目として公開されました。

本作品は、銀河を手当たり次第に侵略しているナメック星人・スラッグが地球に侵攻してきます。それを食い止める為に悟空達はスラッグに立ち向かい激闘を繰り広げる中、悟空は超サイヤ人になるのか、と言った内容が見所となっております。

口コミ・感想を見る

街中で喧嘩するクライマックス

TVアニメ側で最強の存在になったつもりのピッコロがフリーザ第3形態にボコられる直前、
つまり舞台がナメック星なのでオリジナルエピソードを挿入できず、
苦心して引き延ばし続けている時期に公開されたDB7作目の映画。
前作と同じくナメック星にいる本編とは整合性の取れない舞台設定です。
(ただし6作目と設定はつながっています)
6作目で下がった作画クオリティはいったん回復しています。

タイトルには「超サイヤ人」と出ていますが、作品内では出てきません。
原作漫画でこの映画公開の2週間ほど後に初めてスーパーサイヤ人になっているので仕方がない事ではあります。
なので超サイヤ人という今や特別な領域を割と安易に踏み込んだ超ナメック星人という存在が出てきます。
ピッコロが同化でフリーザ第2形態を圧倒し、かつてのライバルが少しだけ復権した流れを汲んだ形なのでしょう。

公開時はまさにジャンプ最大部数の時期。
そして1か月後には新学期がスーパーサイヤ人の話題で持ち切りになります。
それに押されて敵の印象も、語られる機会もそんなにない地味な立ち位置になった映画とも言えます。
ですが
唐突な口笛、余りにも安易に部下を殺しすぎるスラッグ、便利すぎる超能力、簡単に使われる神龍、
ワンパターンな悟飯→ピッコロの流れと何で俺だけ、と酷い部分が目立つ映画でもあります。
「情けねえ奴ら」と言いつつ「後は任せろ」と兵士を下がらせるドロダボ(その後はやたら小者ムーブ)
エネルギー吸収系のメダマッチャともしかしたら珍しいタイプの敵だったのかもしれません。
が、とくに面白味も無く退場して残念。

クライマックスも、界王拳使わずちょっと強い地球人レベルの喧嘩、服ごと巨大化するスラッグ、
怪獣みたいな巨大スラッグと都市破壊描写がしたくてたまらなかったのはわかるけど
この時点のDBでやる規模の戦闘じゃない。
ピッコロ大魔王の時期の戦いですよねこれ。倒し方もですけど。
正直、作画の良さが全く活かせない結果になってしまった感あります。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』を無料視聴する

 

 

8作目『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強

公開年月日 1991年7月20日
監督 橋本 光夫
興行収入 14.0億円
配信サービス

悟空は悟飯たちと渓谷でキャンプを楽しんでいたが、サイヤ人を滅亡させるために地球に攻め込んできたフリーザの兄、クウラらに襲われる。悟空は必死に応戦するが、クウラの巨大なパワーに圧倒され、千尋の谷に落下してしまう。容赦ないクウラは止めを刺そうとエネルギー弾を放ち、地球はみるみるうちに破壊されていった。悟飯たちは悟空を救うために仙豆をとりにカリン塔へ向うが、クウラ達にみつかりハイヤードラゴンは殺されてしまう。悟空と悟飯はこのまま息絶えてしまうのか、クウラに地球をめちゃくちゃにされてしまうのだろうか?!

出典:Amazon

登場キャラクター

クウラ

クウラ

サウザー

サウザー

ドーレ

ドーレ

ネイズ

ネイズ

映画「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」は劇場版ドラゴンボールの第8作品目として公開されました。

この作品はナメック星でフリーザが倒された事を知ったフリーザの兄・クウラが、一族のプライドに泥を塗った悟空を倒す為、クウラ機甲戦隊と共に地球に襲来。悟空も超サイヤ人となり宇宙最強を名乗るクウラとの激闘が見所となっております。

口コミ・感想を見る

シンプルに楽しめる傑作!

フリーザ戦後の、登場人物やパワーがインフレしていない時期ならではの傑作ですね!
以下、ネタバレあります。

今作は戦うメンバーが悟空、悟飯、クリリン、ピッコロ、相手は特戦隊3人とクウラのみ。
しかも自由に超サイヤ人になれない時期です。
それだけに各キャラクター同士のパワーバランスが上手く描かれていて、
「このキャラがこんなにあっさりやられるわけないだろう」という疑問はまったく浮かびません。
助けに来たピッコロの強さが光り、それすらを圧倒するクウラの力がいかに強大かがよく描かれています。

設定も上手く、クウラが超サイヤ人を見たことがないため変身前の悟空を超サイヤ人だと思っている描写が良い。
そして怒りが頂点に達し超サイヤ人になり、その強さが本領発揮されるのがこの時期のドラゴンボールならではの良さですね。
サイヤ人は瀕死(フリーザ戦)を乗り越えてより強くなり、フリーザより強いクウラをも圧倒!
決める時は決める、だらだらしない展開も見ていて気持ちいいですね。
「動物たちを助けるんだ!」と、動物や地球のことを気にしている描写も好きです。
ある時期からはなんでもドラゴンボールで元通りなのでこういう描写はかなり減ってしまった感があります。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』を無料視聴する

 

9作目『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

公開年月日 1992年3月7日
監督 西尾 大介
興行収入 16.0億円
配信サービス

新ナメック星が正体不明の星に突如襲われる。地球の神デンデから頼まれた悟空は、悟飯、クリリン、亀仙人、ピッコロ、ヤジロベーたちと新ナメック星に向かう。そこに現れたのはあの激戦で悟空に敗れたはずのクウラだった。一度は死んだクウラはサイボーグ化されて甦ったのだ。悟空はスーパーサイヤ人となり、自己修復機能を備えたサイボーグ・クウラと死闘を続けるがいつまでも決着がつかない。そんな中、悟空がしかけた技が裏目に出てクウラからの放電に感電、再起不能に。悟空、危機一髪!そして、そこに現れたのは?!

出典:Amazon

登場キャラクター

メタルクウラ

メタルクウラ

メタルクウラ・コア

メタルクウラ・コア

映画「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」は劇場版ドラゴンボールの第9作品目として公開されました。

本作では、以前、悟空が倒したと思われたクウラがビッグゲテスターの科学力で、メタルクウラとして蘇り新たなナメック星を舞台に、悟空とベジータ、2人のスーパーサイヤ人との激闘が見所となっております。

また、本シリーズの劇場版ではベジータが初登場する点もこの映画の特徴だと言えるでしょう。

口コミ・感想を見る

懐かしい名作。つい最後まで見てしまった。

ドラゴンボールの映画の中でも好きな作品の一つ。
ドラゴンボールのファンでなかったら、つけて☆4くらいでしょうが、やっぱりドラゴンボールは青春だった。

今となっては亡くなられた声優の方の演技が聞ける、貴重な作品。
悟空の声も変わっていますから、懐かしいですね。
とにかくメタルクウラが反則過ぎて、アニメのフリーザの絶望感には及ばないものの「こんなの、どうやって勝つん?」と思っちゃいます。

スーパーサイヤ人の底知れぬパワーが強調されていて、個人的にはベスト5からベスト10に入る映画です。
クリリンの抜けっぷりもいいですね。

出典:Amazon

 

期待だけはさせてくれる広告でした

TVアニメ側で17・18号が目覚める前の時期に公開されたDB9作目の映画。
時系列としてはセルゲーム宣言後ぐらいで、内容は映画8作目の続きになります。
作画クオリティはかなり激しく下降。
1枚絵をスクロールさせたり、顔アップで喋らせたり、回想シーンを入れたりで尺を稼ぐ
TVでお馴染みのアレが目立ちます。

メタルクウラの量産もさることながら、雑魚ロボット兵もこの時点でのピッコロとある程度やりあえるというのも
やりすぎというか、やっぱりこの宇宙の科学力はヤバイというか。
『超』まで含めても単純な一兵士的立場としてはこのロボット兵は宇宙一強いのでは?
(雑魚としてはセルJr.より下だけれども)
そしてメタルクウラの瞬間移動も謎。メカでも体得できるんだ…
劇中の扱いだとただの超スピード移動みたいになってるのでその独自解釈のせいなのかもしれませんが。

劇場版にベジータが初登場、がすでにちょっと即ボコなのが残念。
それ以上に残念なのは展開の適当さ。子供向けでもこれは正直ヒドイ。
風呂敷広げる勢いが良かっただけの駄作と言ってもいいかもしれません。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』を無料視聴する

 

10作目『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人

公開年月日 1992年7月11日
監督 菊池 一仁
興行収入 15.0億円
配信サービス

ドクター・ゲロの執念で完成した最強の人造人間13、14、15号が銀座のデパートで食事を楽しんでいた悟空たちを襲う。場所を氷河地帯に移して悟空、トランクス、ベジータの三大超サイヤ人が勢ぞろい。13号は14号、15号と合体し3メートルを超える超人造人間になる。一方、黄金のオーラを発する超サイヤ人、悟空との戦いはこれ以上はない世紀の対決!互角の戦いの中、一瞬の隙に悟空は超エネルギー弾に倒れ、クレバスの奥深くに沈んでしまう。あわや悟空!!このままでは人造人間に地球はのっとられてしまうが・・・・

出典:Amazon

登場キャラクター

人造人間13号

人造人間13号

人造人間14号

人造人間14号

人造人間15号

人造人間15号

映画「ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人」は劇場版ドラゴンボールの第10作品目として公開されました。

この作品では、劇場版オリジナルの人造人間3体と悟空、ベジータ、トランクスの3人の超サイヤ人との激闘が繰り広げられ、それぞれ三者三様の激しいバトルが見所となっております。

口コミ・感想を見る

前田実さんが作画監督をしているのはこれが最後だったはず。

これまで映画版のメイン作画監督を務めた前田実さん、劇画タッチで細部が少し雑なタイプ。
でも迫力は随一であり、幼少期の映画といえば前田実であった!
この時期の東映アニメフェアは春、夏の二回作品が公開され、スケジュールはかなりタイトであり、ストーリーが練り込めず一本調子になるのは仕方のない状況だった。それでも、原作やテレビアニメを壊さない様に原作では描かれなかったキャラクターを創出。
セルの原型と言える13号を産み出した。
声の出演もこの後亡くなってしまう曽我部和恭さんが担当し、厚みを出している。
3本立ての1作なので上映時間もコンパクト。見やすく起承転結が素晴らしい。

次作から現在も活躍する超美麗な作画をする山室直樹さんに交代。彼はどんな角度も細部も秀逸で素晴らしいので必見。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』を無料視聴する

 

11作目『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

公開年月日 1993年3月6日
監督 山内 重保
興行収入 13.7億円
配信サービス

悟飯、亀仙人やベジータ達がお花見を楽しんでいると、サイヤ人パラガスがやってきた。ベジータを新惑星ベジータの王として迎え入れるためだ。一方、悟空は界王の依頼で宇宙空間で暴れ狂う伝説の超サイヤ人を倒すべく気を頼りに宇宙を模索していたが、なぜか新惑星ベジータへ行き着く。実はパラガスの息子、ブロリーが伝説の超サイヤ人で、悟空の気に刺激されて荒れ狂う。ブロリーには重く暗い過去があるのだが・・・ブロリーに立ち向う悟空、悟飯、トランクス・・・果たして伝説の超サイヤ人に打ち勝つことはできるのか?!

出典:Amazon

登場キャラクター

ブロリー

ブロリー

パラガス

パラガス

映画「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」は劇場版ドラゴンボールの第11作品目として公開されました。

本作では、伝説の超サイヤ人そのものであるブロリーが登場。その圧倒的な強さとビジュアルのインパクトが印象に残る敵となっており、最初から最後まで悟空達を苦しめ続けたブロリーの凶悪さが見所と言えるでしょう。

口コミ・感想を見る

都合良すぎ

超強いブロリー悟空達が束になっても全く歯が立ちませんし勝てる気がちっともしません
それが皆から(特にベジータから)パワーをもらった瞬間にワンパンチで倒してしまします
興覚めもいいとこです

出典:Amazon

 

やっぱこの時代の作品はいいですね

ドラゴンボール超のブロリーを観た直後に、こちらもまた観たくなり観ました。

最初からフルスロットルでいいですね!笑
保護者面接からの
「ただのスケベおやじじゃないのねぇ~」
「本当に、、うまいのだろうか、、」
「クリリンの野郎、、ゆるさん!!」(なぜ怒ってる笑)
「なにが新惑星ベジータの王よ、バカじゃないの!?」

短時間で密度が濃い!

その他にも
・「伝説のスーパーサイヤ人は俺が見つけ次第ぶっ殺してやる!!」
からの「殺される。。みんな殺されるぅ。。奴は伝説のスーパーサイヤ人なんだぁ。。」
「やめろ!勝てるわけがない!!あいつは伝説のスーパーサイヤ人なんだぞぉ。。」
・「シャモ星....(テテーン)」
・超キザな感じでピッコロさん登場も
「また一匹虫けらが死にに来たか」と、この時期のピッコロさんの立ち位置的に妙にごもっとも過ぎる発言のブロリー
・「もたもたしてるんじゃないぞ!サイヤ人の王子ベジータが相手だ!!」←笑
・終始ヘタレのベジータに「所詮クズはクズなんだ」と視聴者の気持ちを代弁してくれるブロリー
と、挙げだしたらキリがないほどの名場面のオンパレード

ブロリーの演出も
・御飯にも全く容赦ない。御飯に一切都合の良い演出なし
・悟空とピッコロの攻撃を華麗にスルーするブロリー
・「手加減ってなんだぁ?」
・「俺がバケモノ...?違う、俺は悪魔だ!!フハハ」の珍発言
・御飯トランクスをラリアット→ゲシゲシピッコロキッーック!
・「(悟空のかめはめ波を受けて)なんなんだぁ今のは?」
・「もう終わりか?(頭グイグイ)」
など圧倒的すぎる

最後は他のレビュー者様のおっしゃる通りポカーンですが、
少年マンガ/アニメらしいといえばらしいので終わり方なので...(笑)

見方によって
王道の少年向けアニメ、ご都合主義を排除した(最後以外)圧倒的強さの悪役をめでる映画、ギャグ映画
と色々と楽しめる傑作です。

p.s.
当時はブロリーサクッとやられて残念..。としか思えなかったですが、、散り方、いいですね風船みたい

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』を無料視聴する

 

12作目『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

公開年月日 1993年7月10日
監督 上田 芳裕
興行収入 13.1億円
配信サービス

セルゲームの末、地球を守るために死んでしまった悟空。その息子、悟飯やトランクス、ピッコロ、クリリン達は、マネー一家が開催する天下一武道大会に出場することになった。その大会にはミスター・サタンの弟子、4人の銀河戦士も出場していたが、界王様の死により封印が解かれたボージャックらにすりかわり暴れはじめる。悟飯は圧倒的な強さをみせるボージャックに立ち向うが、追い詰められ立ち上がれなくなる。しかし、悟飯は力づけようとする悟空の声を聞く。悟空がいない今、悟飯は地球を守ることができるのか?!

出典:Amazon

登場キャラクター

ボージャック

ボージャック

ゴクア

ゴクア

ザンギャ

ザンギャ

ビドー

ビドー

ブージン

ブージン

映画「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」は劇場版ドラゴンボールの第12作品目として公開されました。

セルとの戦いで悟空が死んでしまった後、残された悟飯たちは懸命に悟空の意思を継いで、迫り来る魔の手から地球を守ります。今回ご紹介する「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」では、4人の界王が封印したというボージャックと悟飯たちが地球存亡をかけた激戦を繰り広げます。

口コミ・感想を見る

悟空が父親をしている映画

悟飯が主役です。

少年悟飯のスーパーサイヤ人2がセル戦以来の大活躍してくれるので、印象に残っています。

敵がスーパーサイヤ人でも苦戦するほど、全員強いですがラストの爽快感が印象的です。

注目すべき点は、育児放棄気味な悟空がしっかりと父親をしている映画だということです。悟飯と悟空の絆は印象深いです。野沢さんの一人二役とは思えないですw

作画も劇場版だけあってセル画最高レベルなので、ぜひご覧ください。余談ですが、劇場版作品としては、珍しくパラレルワールドになっていない(正史と矛盾しない)作品となっています。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』を無料視聴する

 

13作目『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

公開年月日 1994年3月12日
監督 山内 重保
興行収入 14.5億円
配信サービス

悟天、トランクスとミスター・サタンの娘、ビーデルは6つのドラゴンボールを集め、あと残り一個を探しに大氷河が広がるナタデ村に向かう。一方、7年前惑星ベジータで悟空との戦いに敗れた伝説の超サイヤ人ブロリーが大氷河の万年雪から復活していた。悟天とトランクスの気がブロリーの眠りを目覚めさせたのだ!怖いもの知らずの悟天とトランクスはブロリーに戦いを挑むが全く歯が立たない。そこに悟飯が登場するがブロリーのパワーに圧倒されていると、ドラゴンボールが不思議な輝きを発し、光の中から何とあの悟空が!?

出典:Amazon

登場キャラクター

ブロリー(2作品目)

ブロリー(2作品目)

映画「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」は劇場版ドラゴンボールの第13作品目として公開されました。

本作の見所は、伝説の超サイヤ人ブロリーが再び登場し、地球を舞台に悟飯達と激闘を繰り広げます。また、悟天、トランクス、ビーデルが劇場版に初登場の一方で、ベジータやピッコロ達は登場しないと言った特徴があります。

口コミ・感想を見る

ブロリー2作目

なぜだか生きてたブロリーと対決する、というスケールが小さくなったお話。
前回のブロリーでは背景がしっかり描かれましたし絶望感も強い強敵でしたが、今作のブロリーは不死身さが際立つだけのキャラになってしまいました。カカロットとひたすらつぶやくだけです。
戦闘シーンも長いだけで目新しいものがありませんでした。
最後の親子三人かめはめ波だけが見どころです。

出典:Amazon

 

場違い

TVアニメ側ではバビディが登場した頃に公開されたDB13作目の映画。
時系列としてはビーデルが髪を切る直前といったところ?
劇場11作目から話がつながっており、よりパワーアップしたブロリーという触れ込み。
ただし描写的にはそんな風には全く見えず、格を落としてる感あります。
作画が良く、ブロリーが出る3作では一番きれいなブロリーが見れます。
ただしテンポが猛烈に悪い。
本当に悪い。

ノリは完全に子供向けなんだけど、そこにマジでヤバイ殺人鬼みたいなのが出てくるという話。
けれどそれが上手く昇華できてなくてただ支離滅裂に見え、
10歳未満ぐらいにしか通用しない悪い意味での子供だましな感じになっています。
あとDBの世界観はかなりアバウトですが、それでもこの村の閉鎖性は変としか言いようがない気がする。
それとビーデルを真下から見るアングル多用しすぎなのも気になる。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』を無料視聴する

 

14作目『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

公開年月日 1994年7月9日
監督 上田 芳裕
興行収入 11.2億円
配信サービス

ある日、ミスター・サタンの幼馴染、ジャガー・バッタ男爵が、サタンに挑戦状を突きつけてきた。ジャガーはバイオ戦士を造り、幼い頃サタンに敗れた屈辱を晴らそうとしていたのだ。悟天、トランクスと人造人間18号はサタンについてジャガーのところへ行き、カプセルの中のバイオ戦士を観察していたが、その中にブロリーの姿が!動きだしたブロリーに、超サイヤ人に変身した悟天とトランクスは連携プレーで攻撃をかけ、なんとか互角の戦いを繰り広げるが、カプセルの培養液が溢れ出し、ナタデ村を飲み込んでいく・・・

出典:Amazon

登場キャラクター

バイオブロリー

バイオブロリー

映画「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」は劇場版ドラゴンボールの第14作品目として公開されました。

本作では、ブロリーのクローンであるバイオブロリーを相手に、悟天、トランクス、人造人間18号(以下、18号)、クリリンが活躍する一方、悟飯やピッコロ、ベジータは参戦せず、悟空も戦闘に絡まないと言う、劇場版ならではの要素が特徴となっております。

口コミ・感想を見る

DB映画の隠れた傑作!

TVアニメ側で魔人ブウが初めて出てきた頃に公開されたDB14作目の映画。
時系列的にはTVとほぼ連動してるんですが、状況はつながっていません。
また、劇場13作目の続きになっています。
今作はブロリー出演作で最もテンポの良い作品です。

全体的に、恐らくは悟空子供時代と対比させつつ世代交代したDB世界を描きたかったのだと思います。
そしてそれは成功していると感じました。

バビディ洗脳目のジャガーとか、ブロリーの名前をなぜか知ってる祈祷師とか明らかに
巨神兵なバイオブロリーとか微妙に気になる点はありますが、
全体的に戦闘シーンの動きが良く、バイオブロリーも偽物とはいえシンプルに強敵として描写できてるように感じます。
悟天とトランクスのコンビ戦闘はなかなか良く、子供時代の悟空が強敵に立ち向かっていく姿を思い起こします。
コンビネーションや頭脳担当・優しさ担当と、2人がセットである意義を明確にした描かれ方がとても良いですね。
最後にクリリンも入ってる所がさらに良い。

上記のように子供時代悟空の頃を考えると(ビッグゲテスターの納得いかない終わり方と違って)
バイオブロリーはこの倒し方で良かったんじゃないかって思えました。
劇場版の決着はほとんど原作の特定の流れをなぞる感じでしたが今作は綺麗に締めていると思います。
劇場版の中では屈指の「良く出来た」映画です。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』を無料視聴する

 

 

 

 

15作目『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

公開年月日 1995年3月4日
監督 山内 重保
興行収入 12.7億円
配信サービス

あの世の閻魔宮で邪悪な魂を洗浄する装置が爆発し、装置の見張り番をしていた赤鬼は怪物ジャネンバに変身してしまう。それを機にこの世ではドラキュラや戦国武将などが現れて大パニック。悟飯、悟天、トランクスたちは片っ端から倒していく。一方、大界王星の、「あの世一武闘会」に出場していた悟空は急いで閻魔宮へ向かいジャネンバと死闘を繰り広げるが、あまりの強さに絶対絶命の危機に。そのピンチを救ったのはベジータだった!悟空はジャネンバを倒すにはフュージョンしかないと思い、ベジータに呼びかけるのだが・・・

出典:Amazon

登場キャラクター

ジャネンバ

ジャネンバ

パイクーハン

パイクーハン

映画「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」は劇場版ドラゴンボールの15作品目として公開されました。

本作品は、邪悪な魂の塊で誕生したジャネンバを相手に、悟空とベジータのフュージョンによって誕生したゴジータとの対決が大きな見所となっております。また、全体的にコミカルな点が多いところも本作品の特徴と言えるでしょう。

口コミ・感想を見る

テンポが良くて観やすい

最後ら辺はあっさりとしていますが、変に戦闘を引き延ばしたりしていないので見どころも多い作品だと思います。
(悟空が地獄で戦っているガチ場面と地球でトランクスと悟天、悟飯が戦っているコミカルな場面との対比が魅力)

フリーザを代表とし、地獄から過去映画の敵たちも登場しています。まさに集大成という感じです。(実際は新ドラゴンゴールもあり、作品の終わりとしての集大成ではなかったですが、自分の中の旧ドラゴンボールの集大成はこの映画だと思ってます。)

ベジータと悟空がイチャイチャしてる映画という声もあったのですが、概ね間違いではないですね。最後はあっさりしていますが、ベジータと悟空のあの短いやり取りの寂しさでなんとも言えなくなります。思い出の作品です。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』を無料視聴する

 

16作目『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

公開年月日 1995年7月15日
監督 橋本 光夫
興行収入 8.5億円
配信サービス

魔導師・ホイの持つオルゴールの中に勇者タピオンが封じ込められていると聞き、悟空たちは神龍を呼び出しタピオンを復活させる。トランクスや悟天は勇者に会えて大喜び。しかし、タピオンは怒りをあらわにする。なぜならタピオンの体の中には幻魔人・ヒルデガーンの上半身が封印されていたからだ。同じ頃、下半身が実態で上半身は幽霊という奇妙のモンスターが出現。そして上半身と下半身が合体しヒルデガーンが復活する!悟空たちは立ち向うが、防御時は幽霊になるので攻撃が決まらない。そこでタピオンがとった行動とは?!

出典:Amazon

登場キャラクター

ヒルデガーン

ヒルデガーン

ヒルデガーン

タピオン

映画「ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」は劇場版ドラゴンボールの16作品目として公開されました。

本作品は、1000年の時を超えて復活した幻魔人・ヒルデガーンと悟空達の戦いを描いた作品で、悟空オリジナルの必殺技・龍拳や、勇者・タピオンとトランクスの兄弟の様な友情等が見所となっております。

口コミ・感想を見る

ドラゴンボール映画で一番すきです

ドラゴンボールの映画を何作か見ていますが一番すきです
今までのドラゴンボール映画ってバトル漫画らしく
強いやつが出て闘って勝つという
まぁバトル漫画らしいといえばらしいのですが
ストーリーなんてあってないようなもんだったのですが
今回のはストーリーがかなりよく出来てます

勇者タピオンというキャラクターと
それにトランクスの絆を結びつけたところがより深くストーリーを作っている気がします

勇者のデザインとかは鳥山明先生の作品らしくドラクエ6の主人公に近いです。

今まではみんなで協力して戦っておいしいところは悟空が持ってくみたいな感じでしたけど
今回は悟空含めみんなボロボロにされる敵の強さも魅力の1つだと思います

敵がなまじしゃべらないので、相手にたいして余裕をかますこともなく
化け物ぜんとしており、常に全力で向かってくる感じもよかったです

最後はいつものかめはめ波や元気玉などの定番でなく、
あの技が出たのも作品のクオリティを高めていると思います

ドラゴンボール最高!!

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』を無料視聴する

 

17作目『ドラゴンボール 最強への道』

ドラゴンボール 最強への道

公開年月日 1996年3月2日
監督 山内 重保
興行収入 6.0億円
配信サービス

パオズ山に住む孫悟空は七つそろうと願いごとが叶うという伝説のドラゴンボールを求めて少女ブルマと大冒険に出る。途中、エッチな豚ウーロンを仲間に加え、盗賊ヤムチャとプーアルコンビの襲撃を切り抜け、悪の組織レッドリボン軍の基地であるマッスルタワーにたどり着く。敵を倒した悟空は人造人間8号を味方につけ旅を続けるが、奇妙な老人亀仙人に筋斗雲と三星球をもらう。しかしレッドリボン軍が襲撃!ブルマを人質にドラゴンボールを奪い去る。かめはめ波を会得した悟空は、ブルマたちを救うために筋斗雲で空を駆ける!

出典:Amazon

登場キャラクター

レッド総帥

レッド総帥

ブラック参謀

ブラック参謀

人造人間8号

人造人間8号

ブルー大佐

ブルー大佐

映画「ドラゴンボール 最強への道」は劇場版ドラゴンボールの17作品目として公開されました。

本作品の特徴は、ドラゴンボールを巡る悟空とブルマ達の出会いから、レッドリボン軍を壊滅させるまでの原作のストーリーが新たに劇場版として描かれており、懐かしさの中にも新鮮さを感じさせるものとなっております。

口コミ・感想を見る

素敵な作品でした

昔のドラゴンボールにしか出来ない要素が要所要所に含まれていてとても良かったです。
今は引退や、亡くなられてしまった声優さんが出演していて、凄く懐かしい気持ちになりました。

今は、作品の粗探しをしては批判する風潮が強くなってしまいましたが、純粋な気持ちで楽しむ気持ちを忘れると、段々物事を見る目や社会全体が荒んでしまうと思います。

この作品は、もっと純粋だった頃を思い出させてくれる、素晴らしい作品です。
今現在のドラゴンボール作品も素敵ですが、綺麗な絵と感動的なストーリーが心に残る作品です。

従来放送されていたアニメや原作とは幼少期の設定が少し違いますが、この作品だけで充分、悟空の幼少期の雰囲気が味わえます。

出典:Amazon

 

原作乖離の気持ち悪さが若干…

テレビアニメ版がGTに入ってた頃の作品なので仕方ないとはいえ、感動の押し売り感も相まって、少々の気持ち悪さを感じてしまいます。
14歳であるブルマのお色気ギャグシーンも危なげな印象を感じてしまうのは、現実のニュースでの少女ポルノや裸の自撮りを見知らぬ大人へ送ってしまうニュースが多い昨今ならではでしょうか。
原作のコミカル調と違い、絵柄が艶っぽいので余計に強調されてしまうからかもしれませんね。

亀仙人の声は「ん?」となりましたが、愛川欽也さんですね。
俳優でありクイズ番組の司会で有名な方ですが、1970年から2年放送した「いなかっぺ大将」という柔道ギャグアニメで、野沢雅子さん演じる主役少年の柔道師匠の、猫のニャンコ先生を演じてました。
野沢さんとは20年30年ぶりの共演でしょうか。

摩訶不思議アドヴェンチャーというよりは、普通の気弾撃ちまくる大人編からの再構成という感じで違和感がありますが、その分画面のクオリティは高いですね。
この作品辺りを最初に見た人ならそういう違和感は無いのではないでしょうか。

出典:Amazon

『ドラゴンボール 最強への道』を無料視聴する

 

18作目『ドラゴンボールZ 神と神』

ドラゴンボールZ 神と神

公開年月日 2013年3月30日
監督 細田雅弘
興行収入 29.9億円
配信サービス

全宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後-全宇宙のバランスを保つ破壊の神、ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!フリーザを倒したサイヤ人の噂を聞きつけて、界王星にいる悟空の元へやってきたビルスとウィス。悟空は界王の忠告を無視してビルスに戦いを挑むが手も足も出ず敗れてしまった!「地球にはもっと破壊しがいのあるヤツがいるといい・・・」と言い残しビルスはその場を去っていった。ベジータ、悟飯ら地球の戦士たちにも忍び寄るビルスの脅威。はたして悟空たちはビルスの破壊を止めることができるのか!?

出典:Amazon

登場キャラクター

破壊神ビルス

破壊神ビルス

ウイス

ウイス

映画「ドラゴンボールZ 神と神」は劇場版ドラゴンボールの18作品目として公開されました。

本作品の見所は、破壊神ビルス超サイヤ人ゴッドとなった悟空の激しい戦闘は勿論、ビルスの機嫌を取るベジータの言動や、懐かしのピラフ一味の登場などもあり、全体的に明るく楽しい作品となっています。

口コミ・感想を見る

 映画DBZとしては素晴らしい

この映画がもし、ビルスが歴代最強最悪の敵として破壊と殺戮を繰り返し、それを悟空や仲間たちでまた都合最終的にパワーアップして撃破!とかだったらボロカス叩いているところでした
今の時代に合わせた敵にも心ある「優しい世界」と「余裕のある笑い」と「圧倒される映像技術」とで十分なのです
あくまで子供の為の映画ですからね
批判している人は、リアルタイムを見ていた40代~でありそれでいてニワカでしょう
もう「Z」の時点で別物・子供たちのDBと認識できない時点で幼稚さが映画館に観に来る子供以下です
…かく言う私も40代です
初期から知る人もこれ以上インフレが起こるのはウンザリでしょうから、そういう視点でもなかなかうまいまとめかたをしていると感じました
それでいて付き人のウイスはもっと強いという含みだけを残してるのもすごく適切なベタさだったと思います
そして何より、主題であるドラゴンボールをここでもしっかり重要なポジションにはさんで来るところに、作者以上の気配りを感じました(笑)

あと、エンドロールの最後に「か め は め は」と入るのなんて、最後まで劇場に残った子どもたちがつい声を上げたくなる部分でしょう。ああいう演出は今後もずっと続けていってほしいものです

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 神と神』を無料視聴する

 

19作目『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

ドラゴンボールZ 復活の「F」

公開年月日 2015年4月18日
監督 山室 直儀
興行収入 37.4億円
配信サービス

宿命の激突!! 神を超える戦いが始まる――!!!!
破壊神ビルスとの闘い後、再び平和が訪れた地球にフリーザ軍の生き残りであるソルベとタゴマが、ドラゴンボールを求めて近づいていた。その目的は、軍の再起のためにフリーザを復活させること。宇宙史上最悪のその願いは遂に叶えられ、蘇ったフリーザは悟空たちサイヤ人への復讐を目論む…。そして、地球に新フリーザ軍が押し寄せ、悟飯、ピッコロ、クリリンらは1000人の兵士と激突。悟空とベジータは、フリーザとの宿命の対決へと挑むが、フリーザは圧倒的なパワーアップを果たしていた!
「お見せしましょう…わたしの更なる進化を!!!!」
今、限界を遥かに超えた戦士たちの空前絶後の戦いが幕を開けようとしていた――。

出典:Amazon

登場キャラクター

ゴールデンフリーザ

ゴールデンフリーザ

ソルベ

ソルベ

映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」は劇場版ドラゴンボールの19作品目として公開されました。

本作品は、ドラゴンボールにより復活をし、パワーアップを遂げたゴールデンフリーザと、破壊神ビルスの師匠のウイスとの修行により、更に強くなった悟空との対決や、悟飯達とフリーザ軍1000人の兵士との激闘が見所となっております。

口コミ・感想を見る

昔のアニメ版が脳に焼き付いてる人は苦戦しそう

良かった点
・作者らしいギャグ要素、ゆるさ
・絵が綺麗
・強さインフレについていけなかったキャラがちょいちょい顔出す
・原作の名言や展開をちょいちょい入れてくる

悪い点
・戦闘中なのにギャグを挟むので緊張感に欠ける。メリハリ、迫力を無くしているとも言える
・悟飯、ピッコロ、天津飯、亀仙人等の戦い方に大差が無く、長く感じる
・絵は確実に綺麗で躍動感もあるのだが、それらが様々な意味で軽さを生んでしまっている。悟空とフリーザの戦闘シーンはPS4をやっているかの様だった。かつてはナッパのオーラを放つ様と「さて、どいつから片付けてやるかな」の一言だけで、たかがアニメと片付けられない程の重厚感、恐怖感があったが…
・全体的にBGMが変。特に、わざわざあんなハードロック調の曲を使う必要があるだろうか?大人の事情なのかもしれないが、フリーザに曲調のイメージがあるだろうか?

他にも色々気になることはありますが、書き出したら今以上にまとまりがつかなくなることと、多くのレビューが詳細に語ってくださっていることから、ここでは割愛致します。

私はドラゴンボール無印、Z、GTにドップリです。今でもDVD視聴を楽しみ、MP3プレーヤーでZやGTのBGMを聴き「ここでこれが流れたな」と当てられる位には好きです。そんな懐古厨の私ですから、本作は楽しめる点よりも受け入れ難い点が多く星2つですが、ドラゴンボール改や超を楽しく視聴している方にはもっと違った見方ができるのだと思います。

多くの人が楽しめるというバランス感覚は中々困難なものと思いますが、かなりの時間が経った今でも原作者が関わりながら新たな作品が作られているという点はとても有り難く、今後良い作品が生まれることを期待しています。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を無料視聴する

 

20作目『ドラゴンボール超 ブロリー』

ドラゴンボール超 ブロリー

公開年月日 2018年12月14日
監督 長峯 達也
興行収入 40.0億円
配信サービス

「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たこともないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ――。

出典:Amazon

登場キャラクター

ブロリー:BR

ブロリー:BR

パラガス:BR

パラガス:BR

チライ

チライ

レモ

レモ

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」は劇場版ドラゴンボールの20作品目として公開されました(「ドラゴンボール超」としては第1弾)

『ドラゴンボール超』名義の劇場版アニメとしては初めての作品。本作では悟空、ベジータ、ブロリーの3人の出会いから戦いまでが新たに描かれ11作目、13作目、14作目で登場した過去のブロリーとは関連のない別個のリブート作品として描かれています。

かつて見たことのない度肝を抜かれる怒涛の圧巻のバトルシーンは必見!

口コミ・感想を見る

一貫したサイヤ人のストーリー性を究極のダイナミズムとカタルシスで表現した傑作

近年のDBの劇場版は良くも悪くも子供向けの傾向が強く、ギャグ要素が挟まれるため、原作のフリーザ編やセル編などのシリアスなバトルを望む自分としては、正直、楽しめないでいた。

そして、記念すべき劇場版20作目にして新生ブロリーの登場も、どうせギャグ要素な子供向け作品だろうとナメて劇場へ足を運んだ。 見事に鳥山先生は予想を裏切ってくれた、そして見事にシリアスなバトルの期待に応えてくれた。 その、あまりにもテンポが良くド迫力でスピード感のある鳥山イズムな作画とバトルは、少年の頃、毎週読んでた少年ジャンプのDBのバトルそのもので、夢中にページをめくった感覚を呼び起こしてくれる。

そこに無駄なギャグや回想は挟まれず、飛び込んで来るのはジェットコースター級のバトル展開と、父親の抑制コントロールから自我が開放されたブロリーの暴走だけである。

この拳で語るソリッド感と爆発力のあるバトルこそ往年のファンが求めてたDBであり、このバトルばかりは百聞は一見にしかずで、実際に観てもらう他ない。

これだけバトルに集中できるのは、あくまで焦点が悟空⋅ベジータ⋅ブロリーの3人に絞られてるためで、キャラクター数の引き算の美学に成功しており、また序盤において3人の生い立ちが描かれるため、キャラクターの存在意義的に41年ぶりの邂逅と言うドラマチック性がありストーリーも淡白になっていない。 更に、ブロリーの人間本来の感情や優しさを取り戻して行くようなラストに向けてレモとチライと言う新キャラクターは大きな意味を果たしている。

そこに、鳥山先生らしいブロリーとの友情が描かれていて、個人的に胸が熱くなった。 DBは原作主義で、「超」ましてや劇場版は小難しいパラレルワールドと思ってる方にこそ観てほしい。 一貫したサイヤ人のストーリー性を究極のダイナミズムとカタルシスで表現した傑作である。

出典:Amazon

 

これぞドラゴンボール!

まず初めに言いますが、
過去の映画であったブロリーは無かった事になっています。
もちろんバイオブロリーも。
新しく気持ちを入れ替えて見ましょう。

その為か、過去作を知らなくても楽しめるように、
きちんと冒頭でブロリーの生い立ちや、
サイヤ人の歴史について丁寧に描かれております。
また、過去の本筋は変えず、細かいところ変えている為、
もちろん過去作を見て歴史を知っている人も楽しめます。

さて、本編ですが、
ベジータがスーパーサイヤ人ゴッドになったり、
懐かしい技を披露したりと、ファンには嬉しい展開があります。
それに加え、迫力のバトルシーンを高いクオリティので再現しており、
大変満足のいける内容でした。

ストーリーも、ブロリーを悪役として終わらせるのではなく、
鳥山明さんらしい、後味の良い結末でした。

これぞドラゴンボール、孫悟空!
まだまだ続きがみたいぞ!

出典:Amazon

『ドラゴンボール超 ブロリー』を無料視聴する

 

 

映画ドラゴンボールの時系列

基本的には映画ドラゴンボールの時系列は映画が公開された通りではありますが、17作品目の『ドラゴンボール 最強への道』だけ時系列が異なります。

リアルタイムでは「ドラゴンボールZ」の放送が終了し、「ドラゴンボールGT」が放送されていました。その時に公開されたのが『ドラゴンボール 最強への道』で内容としては初期のドラゴンボールをリメイクした作品となっています。

 

ドラゴンボール

  • ドラゴンボール 神龍の伝説(1作品目)
  • ドラゴンボール 魔界城のねむり姫(2作品目)
  • ドラゴンボール 最強への道(17作品目)
  • ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険(3作品目)

ドラゴンボール無印(少年編)の映画はブルマと出会う所から始まり、話もキャラクターも原作とは異なるオリジナルストーリーとなっているので、原作・アニメとは別物として見て下さい。

『 最強への道』はドラゴンボールGT放送時期に劇場で公開されていて、悟空の少年編〜レッドリボン軍編までをリメイクした総集編となっている作品です。時系列でいえば『摩訶不思議大冒険』より前の話になります(第22回天下一武道会より前)

 

ドラゴンボールZ

ドラゴンボールZの時系列・時間軸・設定がかなり原作・アニメと異なってくるので、パラレルワールドの作品として見ると混乱しません。

 

サイヤ人編

  • ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせ!(4作品目)

時系列的としてはラディッツが襲来した時期になります。

本作で登場したガーリックJr.はその後のアニメのオリジナルエピソードとして再登場。

 

サイヤ人編~ナメック星編

  • ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(5作品目)
  • ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(6作品目)
  • ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(7作品目)

時系列としてはベジータ・ナッパ襲来〜ナメック星の期間かと思われます。

原作ではベジータ・ナッパとの戦いで命を落としたキャラ(餃子、天津飯、ヤムチャ)達が生きていたり、ナメック星にいるはずの皆が地球にいたりなど矛盾する点をあげるとキリがないので原作との時系列・設定は無視して楽しみましょう。

「超サイヤ人だ孫悟空」では原作でもまだ超サイヤ人と言うワードが出て来たあたりの時期に公開された映画である為、完全な超サイヤ人の容姿である金髪・緑の瞳ではありませんでした。身勝手の極意”兆”ならぬ超サイヤ人"兆"に近い状態ではないでしょうか。

 

フリーザ編~セル編

  • ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(8作品目)
  • ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(9作品目)
  • ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(10作品目)
  • ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(11作品目)

時系列としてはフリーザ編からセル編までの期間になります。

フリーザの兄・クウラが登場する「とびっきりの最強対最強」はフリーザ撃破からトランクス登場の間になります。しかし、トランクスが登場していない期間なら悟空は地球に戻ってきていないはずなのでここでも時間軸のズレが生じてます。

次作「激突!!100億パワーの戦士たち」ではベジータが映画初登場。悟空とベジータどちらも超サイヤ人化している為、人造人間が登場した辺りの話になります。

「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」ではZ時代のブロリーが初登場。悟飯が超サイヤ人化、悟空が生存してる事から時系列としてはセルゲーム前の時期が濃厚です。

 

セル編~魔人ブウ編

  • ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴(12作品目)

時系列としては孫悟空がこの世にいない為、セルとの戦いが終わった後の話になります。

 

魔人ブウ編

  • ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(13作品目)
  • ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(14作品目)
  • ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(15作品目)

悟天と子供トランクス、短髪ビーデルが登場している事から推測すると「危険なふたり!超戦士はねむれない」は第25回天下一武道会前が濃厚。次作の「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」は第25回天下一武道会終了後が時系列として確定しています。悟空の天使の輪があって生き返っていない状態なので、魔人ブウが復活した最中の話になります。

「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」ではベジータがまだあの世にいて、悟空がジャネンバに対し「おめぇが魔人ブゥに続いて2人目だ。」と発言している事から、状況的にかなり無理がありますがゴテンクスと魔人ブウが対峙した辺りの時系列になります。

 

魔人ブウ編〜原作最終回

  • ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(16作品目)
  • ドラゴンボールZ 神と神(18作品目)
  • ドラゴンボールZ 復活の「F」(19作品目)

時系列としては魔人ブウを倒した後から原作最終回の間に起きた話。「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」から「神と神」は数年の期間が空いています。

 

ドラゴンボール超

  • ドラゴンボール超ブロリー(20作品目)

時系列はドラゴンボール超(神と神、復活のFを含む)の最終回→『ドラゴンボール超ブロリー』となっています。

ドラゴンボール超はドラゴンボールZのアニメオリジナル設定・要素を省いた続編となっており、ブロリーもZ時代とは関係のない設定になっています。

 

映画ブロリーの時系列

1993年:燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(11作品目)

ブロリーが初登場する映画。

1000年に一度誕生すると言われる伝説のスーパーサイヤ人として驚愕の強さを見せつけるが、仲間からエネルギーを貰った悟空に敗北。

最後は星の爆発に巻き込まれる。

1994年:危険なふたり!超戦士はねむれない(13作品目)

前作で死んだかと思われたブロリーが復活。

悟天&チビトランクスや高校生になった悟飯達と激戦を繰り広げる。最後は、悟空を含めた親子かめはめ破が炸裂しブロリーを撃破。

1994年:超戦士撃破!!勝つのはオレだ(14作品目)

クローンとして生まれ変わったバイオブロリー。

悟天&チビトランクス、18号達と対戦。あらゆるものを溶かす培養液をブロリーに浴びせて勝利。

この作品でブロリーは完全に死亡しました。

2018年:ドラゴンボール超 ブロリー(20作品目)

時系列はアニメ「ドラゴンボール超」の続き、力の大会の後の話。フリーザがブロリーを引き連れて悟空・ベジータ達と戦わせる。最後はフュージョンしたゴジータに追い詰められるも、また戦いたいという理由で生かされる。Zブロリーとは違い悪役ではない。

 

過去作品では

  1. ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
  2. ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
  3. ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

上記3作品に旧ブロリーが登場しており、時系列はセル編〜魔人ブウ編の間の話になります。ただ、「ドラゴンボールZブロリー」と「ドラゴンボール超ブロリー」に繋がりは関係は全くありません。

 

以下、原作者の鳥山明さんのコメント。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

出典:http://www.dbmovie-20th.com/

「ドラゴンボールZブロリー」は3作品目で死んでいます(バイオブロリー)

そもそも、ドラゴンボールの映画自体が原作と時系列や設定が矛盾だらけなのでパラレルワールドの位置付けとなっております。しかし、「ドラゴンボール超ブロリー」は原作者の鳥山明さんも関わっている為、原作の正式キャラとして「ブロリー」が認定されています。

結論をいえば、「ドラゴンボール超ブロリー」は「ブロリー」というキャラクターの語り直しという位置づけだということがわかりました。

 

時系列をおさらい

  1. 『神龍の伝説』(少年時代)
  2. 『最強への道』(少年編〜レッドリボン軍編)
  3. 『魔神城のねむり姫』(少年時代)
  4. 『摩訶不思議大冒険』(レッドリボン軍編〜)
  5. 『オラの悟飯をかえせッ!!』(サイヤ人編)
  6. 『この世で一番強いヤツ』(サイヤ人編~ナメック星編)
  7. 『地球まるごと超決戦』(サイヤ人編~ナメック星編)
  8. 『超サイヤ人だ孫悟空』(サイヤ人編~ナメック星編)
  9. 『とびっきりの最強対最強』(フリーザ編~人造人間編)
  10. 『激突!!100億パワーの戦士たち』(人造人間編)
  11. 『極限バトル!!三大超サイヤ人』(人造人間編~セル編)
  12. 『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』(セル編)
  13. 『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』(セル編~魔人ブウ編)
  14. 『危険なふたり!超戦士はねむれない』(魔人ブウ編)
  15. 『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』(魔人ブウ編)
  16. 『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』(魔人ブウ編)
  17. 『龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』(魔人ブウ編〜原作最終回)
  18. 『神と神』(魔人ブウ編〜原作最終回)
  19. 『復活の「F」』(魔人ブウ編〜原作最終回)
  20. 『ブロリー』(ドラゴンボール超〜)

なのでドラゴンボールの世界の時系列でいえば、1作品目『ドラゴンボール 神龍の伝説』と2作目『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』の間になります

とはいえ『ドラゴンボール最強への道』は原作ストーリーを新たに劇場版リメイクした作品なので、1作品目『ドラゴンボール 神龍の伝説』の次に見る必要性はありません。

 

まとめ

映画「ドラゴンボール」シリーズは最新作の『ドラゴンボール超 ブロリー』を含めて全20作品。

その中で細分化すると

ドラゴンボールが4作品

  • 1作目『ドラゴンボール 神龍の伝説』
  • 2作目『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』
  • 3作目『ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険』
  • 17作目『ドラゴンボール 最強への道』

その中で細分化すると

ドラゴンボールZが15作品

  • 4作目『ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!』
  • 5作目『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』
  • 6作目『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』
  • 7作目『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』
  • 8作目『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』
  • 9作目『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』
  • 10作目『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』
  • 11作目『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』
  • 12作目『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』
  • 13作目『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』
  • 14作目『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』
  • 15作目『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』
  • 16作目『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』
  • 18作目『ドラゴンボールZ 神と神』
  • 19作目『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

その中で細分化すると

ドラゴンボール超が1作品

  • 20作目『ドラゴンボール超 ブロリー』

これまで沢山の映画が公開され、ストーリー・キャラクター・構成・音響・作画など楽しめる要素があり、漫画やアニメとはまた違った感覚で作品を楽しめるのも映画ドラゴンボールの魅力です。

また、時系列や設定の矛盾に関して考えたり調べたり口論するのも映画ならではの楽しみ方ですよね(笑)

映画が公開されて20周年が経った今なお愛され続ける劇場版「ドラゴンボール」シリーズの作品達。ドラゴンボール超がまだ終わっていない為、数年後には21作品目の映画が公開される可能性もあって妄想するだけでワクワクがとまりません。

映画を見る順番としては基本的に公開された順に見ていけば問題ありません。

 

これを機会にまた映画ドラゴンボールを見直して見ませんか?この記事で紹介したドラゴンボールの映画は全てU-NEXTで見放題配信されています。

>> 配信されてるドラゴンボール作品を見る

無料お試しトライアルなら31日間ドラゴンボールの映画が全て無料で見放題なので、ぜひ登録して映画ドラゴンボールを一気見しましょう(配信はいつ終了するか分かりません)

孫悟空
映画だけじゃなくアニメのドラゴンボール(Z・超・GT)も全て見放題配信されてっぞ!

↓無料お試しトライアルはこちら ↓

※ 31日以内に解約すれば料金は一切発生しません

>> U-NEXTの公式サイトはこちら <<

 

 

この記事の目次

メモ

2021年時点の情報になります。動画配信の最新情報に関しては各サービスの公式サイトでご確認下さい。

-映画に関する情報・知識

© 2021 ドラゴンボール映画.jp