ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空のネタバレ感想・考察・あらすじ | スーパーナメック星人スラッグが登場

ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空

映画「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」は劇場版ドラゴンボールの第7作品目として公開されました。

本作品は、銀河を手当たり次第に侵略しているナメック星人・スラッグが地球に侵攻してきます。それを食い止める為に悟空達はスラッグに立ち向かい激闘を繰り広げる中、悟空は超サイヤ人になるのか、と言った内容が見所となっております。

 

 

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の映画情報

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

公開年月日 1991年3月9日
監督 橋本 光夫
興行収入 13.0億円
配信サービス

ある日、天空の一角に現れた謎の怪星が地球に近づく。悟空はかめはめ波で軌道を外そうとするが、はじき返され瀕死の重傷を負う。地球に降り立った超ナメック星人のスラッグは、「この星はたった今から大宇宙の王、スラッグ様のものとなる!」と宣言。悟飯はスラッグ兵に挑みますが取り押さえられてしまう。スラッグは神龍を呼び出し永遠の若さとパワーを取り戻し、地球を氷地獄にするが、その寒さで悟空は目覚め、悟飯のもとへと向かう。ついに地球の生命を賭けて、悟空とスラッグの凄まじい戦闘の火ぶたが切って落とされる!

出典:Amazon

映画「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」は劇場版ドラゴンボールの第7作品目として公開されました。

本作品は、銀河を手当たり次第に侵略しているナメック星人・スラッグが地球に侵攻してきます。それを食い止める為に悟空達はスラッグに立ち向かい激闘を繰り広げる中、悟空は超サイヤ人になるのか、と言った内容が見所となっております。

口コミ・感想を見る

街中で喧嘩するクライマックス

TVアニメ側で最強の存在になったつもりのピッコロがフリーザ第3形態にボコられる直前、
つまり舞台がナメック星なのでオリジナルエピソードを挿入できず、
苦心して引き延ばし続けている時期に公開されたDB7作目の映画。
前作と同じくナメック星にいる本編とは整合性の取れない舞台設定です。
(ただし6作目と設定はつながっています)
6作目で下がった作画クオリティはいったん回復しています。

タイトルには「超サイヤ人」と出ていますが、作品内では出てきません。
原作漫画でこの映画公開の2週間ほど後に初めてスーパーサイヤ人になっているので仕方がない事ではあります。
なので超サイヤ人という今や特別な領域を割と安易に踏み込んだ超ナメック星人という存在が出てきます。
ピッコロが同化でフリーザ第2形態を圧倒し、かつてのライバルが少しだけ復権した流れを汲んだ形なのでしょう。

公開時はまさにジャンプ最大部数の時期。
そして1か月後には新学期がスーパーサイヤ人の話題で持ち切りになります。
それに押されて敵の印象も、語られる機会もそんなにない地味な立ち位置になった映画とも言えます。
ですが
唐突な口笛、余りにも安易に部下を殺しすぎるスラッグ、便利すぎる超能力、簡単に使われる神龍、
ワンパターンな悟飯→ピッコロの流れと何で俺だけ、と酷い部分が目立つ映画でもあります。
「情けねえ奴ら」と言いつつ「後は任せろ」と兵士を下がらせるドロダボ(その後はやたら小者ムーブ)
エネルギー吸収系のメダマッチャともしかしたら珍しいタイプの敵だったのかもしれません。
が、とくに面白味も無く退場して残念。

クライマックスも、界王拳使わずちょっと強い地球人レベルの喧嘩、服ごと巨大化するスラッグ、
怪獣みたいな巨大スラッグと都市破壊描写がしたくてたまらなかったのはわかるけど
この時点のDBでやる規模の戦闘じゃない。
ピッコロ大魔王の時期の戦いですよねこれ。倒し方もですけど。
正直、作画の良さが全く活かせない結果になってしまった感あります。

出典:Amazon

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』を無料視聴する

 

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空のあらすじ

孫悟空
あらすじはこっちだぞ!

 

ある日、地球に巨大な隕石が接近していました。

 

その隕石の軌道を変えて地球との衝突を防ぐ為、悟空とクリリンは隕石に向けカメハメ波を放ちますが、失敗し悟空達は吹き飛ばされてしまいます。

 

しかし、その隕石は悪の心を持つナメック星人・スラッグと、その手下達が乗る宇宙船で、スラッグは地球を自分のクルーザーとして改造をするべく地球にやってきたのでした。

 

スラッグ達を食い止めようとする悟飯とピッコロはスラッグの手下に立ち向かいますが、悟飯が窮地に陥り悟飯を庇ったピッコロも重傷を負ってしまいます。

 

悟飯とピッコロの危機に駆け付けた悟空はスラッグの手下を撃破し、スラッグとの一騎打ちとなりますが、地球のドラゴンボールで永遠の若さを手に入れたスラッグの強さは悟空以上で、一方的に悟空を叩きのめします

 

立っているのがやっとの状態の悟空にスラッグは止めの一撃を加えた時、怒りによって覚醒した悟空は強大な力を発揮し、一気に形勢は逆転します。

 

しかし、スラッグは巨大化し、真の姿となって悟空に襲い掛かります。

 

悟空も覚醒状態から元の姿に戻ってしまい再び窮地に追い込まれる中、ピッコロは自分の耳をちぎり、悟飯にナメック星人の弱点である口笛を吹くように促し、悟飯は朦朧とした意識のまま口笛を吹き始めます。

 

そしてピッコロから気を貰い立ち上がった悟空は、口笛の音色で弱ったスラッグの体を貫く一撃を与えるも、執拗に悟空に襲い掛かるスラッグに対し、太陽の気で作り上げた元気玉をスラッグに向けて放ったのでした。

 

 

 

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の感想・考察

ベジータ
感想・考察も見やがれ!

押さえておきたいポイントは冒頭のピッコロのシーンです。悟飯がハイヤードラゴンに仕込んだ芸を披露すると、何故か激怒してやめさせてしまうという、ピッコロらしからぬ行動が描かれています。

この行動がのちに重要な意味を持ってくるというのが、ミソなんですよね。

 

地球を侵略しに来たスラッグ軍団に立ち向かうのは、正義感あふれる悟飯です。父親の血をしっかりと受け継いでいますね。でもまだ実力は気持ちに追いついておらず、一人では敵を蹴散らすことはままなりません。ピッコロが手助けしますが、瀕死になってしまいます。

 

そこへやっと駆けつけた悟空たち。以前までなら傷ついた仲間に駆け寄る描写が入るのですが、今回は慌てる様子も無く、堂々と敵に忠告を始めるあたり、悟空に変化があったことが伺えます。

 

悟飯やピッコロでも歯が立たなかったスラッグの部下を、いともたやすく倒してしまう悟空の姿は、次元が違う感じがします。

 

しかし若さを手に入れたスラッグは、そんな悟空の実力を明らかに上回っており、さっきとは打って変わって苦戦する悟空。普通の人間ならここで戦意を失ったり、死を覚悟したり、諦めてしまう状況ですが、悟空は違います

 

元はサイヤ人でありながら、人間離れした善人の心を持っている悟空。そうでもないと地球と地球上の命を背負って立つことなど不可能ですよね。良い意味で諦めが悪いのかもしれませんが、その心が一つ上の領域へと自分を押し上げるのでしょう。

 

新たな力が目覚めようとして、急激に戦闘能力が上昇します。スラッグもさっきまでサンドバック状態だった相手が、急に自分より強くなるなんて考えもしないでしょう。しかしその起こり得ない状況を起こすのが孫悟空という男なのです

 

余裕をかましていたスラッグもたじろぐほど!

 

伝説の「超サイヤ人」が悟空なのでは…!という盛り上がったところで、真実をこの映画では明らかにしない、という製作者側の意図がみえかくれするこの感じ(笑)

 

立場が逆転したスラッグが正体を明かすと、なんとびっくり!彼はナメック星人だったのです。実はナメック星が滅亡する際、スラッグ星へと脱出させられた赤ん坊がいたのです。それがこのスラッグだったんですね。

 

しかも悪の心100%というピッコロ大魔王以上の極悪さ

 

ここで活躍するのがナメック星人であるピッコロです。自分の弱点が相手の弱点という突破口が見えました!

巨大化したスラッグの触覚を掴むなどして、握りつぶされそうになる悟空を逃し、自らが捕まり注意を引きます

すると突如、自分の耳を引きちぎった上で、瀕死の悟飯に口笛を吹くように訴えます

これは衝撃的です。突然耳を引きちぎる、という奇怪な行動。スラッグもその行動に驚いています

 

でもここは策士のピッコロ。

悟飯の奏でる口笛の音を聴いてスラッグが苦しみだすのです!

 

口笛はナメック星人にとって人間でいうガラスを引っ掻く音のように鼓膜に響き、不快に感じる音だそうです。

 

ここで冒頭のピッコロの行動が生きてきます。あの時、ピッコロは悟飯が陽気に吹いていた口笛でものすごく不快な思いをしていたのですね(笑)

その不快さに耐えきれず、ハイヤードラゴンの芸をやめさせた、というわけです。

 

 

スラッグを倒したあと、耳の無くなったピッコロを心配する悟飯に、ぴょこんと再生して見せ、安心させる行動に地球は平和になったんだなと感じさせられます。

 

しかしコミカルに描かれているピッコロの耳を生やすシーンですが、改めてナメック星人は自己再生能力に長けていて、神様になれる神聖な種族なんだな、と再認識させられます。

 

また、敵の大宇宙王スラッグですが、お気付きの方もいらっしゃるでしょう。

 

スラッグ」は英語で「ナメクジ」という意味です。

まさか最初から敵の正体を暗示しているとは…一本取られました。

 

 

 

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の登場キャラクター

登場キャラクター

スラッグ

スラッグ

アンギラ

アンギラ

ドロダボ

ドロダボ

メダマッチャ

メダマッチャ

映画ドラゴンボールで1番つえー奴だ誰だ?

 

 

 

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空のフル動画を無料視聴する方法

劇場版アニメ「ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空」のフル動画はU-NEXTで視聴する事ができます!

今すぐ簡単登録して見る!

 

\31日間無料お試しキャンペーン中/

※無料期間中に解約すると料金は一切発生しません。

劇場版アニメ「ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空」を無料で見るには動画配信サービスのU-NEXTに簡単登録するのが一番オススメです。

 

オススメする理由を箇条書きにします。

  • 31日間無料お試しキャンペーン中
  • 無料期間中に解約しても料金は発生しない
  • 初回登録時に600ポイント(600円相当)もらえる
  • 動画配信本数は12万本以上と国内最大級(見放題作品も多数)
  • 劇場版アニメ「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」は追加料金不要の見放題作品
  • 初代ドラゴンボールから超(スーパー)までも見放題作品(詳細後述)

 

孫悟空
すっげぇな

そして尚且つ登録方法も解約方法も簡単なので安心して登録できます。

今すぐ簡単登録して見る!

 

U-NEXTだと他のドラゴンボール作品も見放題

映画ドラゴンボール20作品全てが見放題

劇場版一覧

 

現時点で20作品全てが見放題ですよ。

 

 

歴代のドラゴンボール作品も見放題

ドラゴンボールシリーズ

 

初代ドラゴンボールに、「Z」、「GT」や「改」、そして最新の「超」まで全てが見放題という大盤振る舞いぶりです。

 

コアな作品も

コアな作品

 

更にはバーダックがたった一人でフリーザに挑む作品や、悟飯が人造人間にやられてしまうもう1つの未来を描いたコアな作品たちも観れちゃいます!

 

ドラゴンボール作品の一覧を見てみる!

 

\31日間無料お試しキャンペーン中/

※無料期間中に解約すると料金は一切発生しません。

 

Dailymotion/Pandora/MioMio/YouTubeで無料フル動画は見れる?

とは言え、以下のようなサイトに違法アップロードされたフル動画でも良いから『ドラゴンボール最強への道』を無料でみたいという方も少なからずいるはずです。

  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • YouTube(ユーチューブ)
  • Pandora TV(パンドラティーヴィー)
  • MioMio(ミオミオ)
  • 9TSU(ナインティーエスユー)

 

自分は大丈夫とお思いかもしれませんが、このような動画投稿サイトにアップロードされた著作権を侵害するような動画は、視聴するだけでも処罰の対象になります。

しかも、これらの違法動画アップロードサイトは本物のウイルス感染の可能性もあるのですが、偽物ウイルスから本物のウイルスが入ったり、架空請求されたりなどの可能性もあります。

 

実際に被害を受けた人のツイートがこちら。

本人だけではなく家族にまで迷惑(影響)を与える事もあります。

 

また、それ以外にも

  • 画質や音質が悪い
  • リンク切れが多い
  • 日本語じゃない場合もある
  • 広告ばかりでうっとうしい
  • パソコンやスマホを勝手に利用され重くなる

という具合に快適に見る事ができないのです。

 

このように快適ではなく、ウイルスに感染したり、サイト運営側に勝手にパソコンやスマホを内部的に使われたりするので全くおすすめできません・・・

孫悟空
わりぃ事はいわねぇ!やめといた方がいいぞぉ!

 

劇場版アニメ「ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空」のフル動画を見るならU-NEXTがおすすめです。

なぜなら追加料金不要で見放題はU-NEXTだけだから!

31日間無料お試し登録はこちら
※無料期間中に解約すると料金は一切発生しません。

 

※ 2021年9月時点の情報です。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。

公式サイトで確認する

 

なお、YouTubeやDailymotion等の違法動画投稿サイトなどで銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴のフル動画が無料で見れる可能性はありますが、ウイルス感染や架空請求などのリスクが大きすぎるのであまりオススメしません。

 

ベジータ
最後まで読んでくれたからって、礼なんていわんぞ!

\31日間無料お試しキャンペーン中/

※無料期間中に解約すると料金は一切発生しません。

 

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

-あらすじ・感想
-

© 2021 ドラゴンボール映画.jp