【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シン・エヴァンゲリオン劇場版:llは面白い?つまらない?人気の理由や魅力を解説

エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が終了してから約9年の時をえて公開された映画です。
今回、最後のエヴァンゲリオンの作品という説明がされていましたが、2020年6月27日、2021年1月23日、2021年3月8日と3度目の正直で公開されました。
驚いたのは、2021年1月23日に公開未定となりつつも、2021年3月8日に公開されると発表されたのが2021年2月26日です。

まるでサプライズのように公開日が発表されたときは、ファンの間で発狂する人もいるくらいでした。

 

そして、2021年3月7日には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が、LIVE放送されるなど盛り上がりを見せました。

特に注目したいのはチャッチコピーの「さらば、全てのエヴァンゲリオン。」です。

何を意味するのか気になってみたいと思った人が多いのではないでしょうか?

 

本記事では、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』が面白いの?つまらない?人気の理由や魅力を紹介します。

 

※ネタバレ含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

シン・エヴァンゲリオン劇場版:llの面白いところは?

シン・エヴァンゲリオン劇場版:llの面白いところは?

出典:BiBi

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』は、今までのエヴァンゲリオンシリーズとヱヴァンゲリヲンシリーズの完結型。

全ての平行線が1つになり、描いた結末が語られます。

そんな『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』の面白いところは、主に4つにあります。

 

  • ゲンドウとシンジの真の分かり合い
  • 大人になったシンジとマリのカップリング
  • ケンスケとトウジとヒカリの大人の姿、そして加持リョウジ
  • レイと分かち合った時に流れるタイトルコール

それでは、各内容について1つずつ紹介します。

アメリア
アメリア

今回は最後のエヴァンゲリオンだけに見どころが多いよね

ゲンドウとシンジの真の分かり合い

劇中の後半ではシンジとゲンドウの親子の対決がメインになります。

注目したいのはシンジの目で、今までの弱さは無くなり、前を見る力強い目といった感じです。

そして、シンジは「ニアサード・インパクト」後の世界で生きている、ケンスケやトウジやヒカリと触れあう内に自信を取り戻します。

また、全ての決着を付けようと考えたのは、初期ロットと呼ばれる漆黒のプラグスーツを着る綾波レイがLCL化したことがきっかけでした。

 

昔の弱さは一切なくなり、ファンから見ると大人そのものでした。

 

アメリア
アメリア

ゲンドウとシンジが分かりあえてよかった!

エヴァンゲリオン初号機VSエヴァンゲリオン第13号機

まずは希望の槍カシウスを持つエヴァンゲリオン初号機と絶望の槍ロンギヌスを持つエヴァンゲリオン第13号機が互いに槍で攻撃しながらいいたいことをいいます。

この時は、ゲンドウが「アディショナル・インパクト」を引き起こすためにシンジを屈服させたかったかったようです。

ただ、ファンから見ると長年話をしなかった父親と息子が、本音を出すために殴り合いをしているように見えました。

そう考えると親子喧嘩にエヴァンゲリオンを持ち出しているわけなので、すごいですよね。

 

さらにすごかったのがバトルステージがCG化されていて、シンジたちがいた学校やミサトのマンションの中など、大〇闘スマッシ〇ブラ〇ーズを思わせるシーンがあったのは笑えました。

おそらく、今回最後なので、今までのシーンをバトルステージにしたんだと思います。

 

以下でエヴァシリーズの強さをランキング化していますので、ぜひあわせてお読みください。

 

エヴァシリーズの強さランキングTOP20!最強エヴァンゲリオンはどの機体?
この記事ではエヴァシリーズに登場するエヴァンゲリオンの強さについてランキング形式で紹介します!エヴァンゲリオンの能力や強さの理由を解説した最強エヴァンゲリオンランキング。

ゲンドウが起こしたアディショナル・インパクト

ゲンドウが起こそうとしたアディショナル・インパクト

出典:GigaZiNE

「フォース・インパクト」は、シンジが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の最後でエヴァンゲリオン第13号機を元に起こそうとしますが失敗します。

そして、ゲンドウが起こそうとした「フォース・インパクト」は「アディショナル・インパクト」で、ユイがいる世界を作ろうとしますがそこにいたのはレイでした。

 

シンジはそんなゲンドウの前に現れ、父さんのことを知りたいといい寄ります。

ここでやっと父と息子が本音を出して話すシーンになるのですが、驚いたのはゲンドウにATフィールドが発生したことです。

ATフィールドはいわば心の壁。

シンジはそれを見て、父も自分と同じように音楽の世界に自分を閉じ込めることで外界とのかかわりを遮断していたことに気づきます。

そして、ここで「S-DAT」をゲンドウに渡すのですが、これは実はシンジの物ではなくゲンドウの物だということがわかります。

だから、世界線が変わっても「S-DAT」が存在したんだという事がわかりました。

 

また、「アディショナル・インパクト」は、ミサトが乗っている「AAAヴンダー」の脊髄を使った3本目のガイウスの槍により失敗に終わります。

ゲンドウは、人の力で阻止されたこともあり、抵抗を諦めます。

そして、ゲンドウはシンジに謝りながらもやっとユイに会います。

 

大人になったシンジとマリのカップリング

全てのエヴァンゲリオンがいなくなって、最後のシーンになるのですが、登場したのは社会人になった「碇シンジ」。

そして、話しかけてくるのは大人になった「真希波・マリ・イラストリアス」。

最初見た時はびっくりしたのですが、2人が交わしたセリフで心に残ったのが以下のセリフ。

 

マリ「相変わらずいい匂い、大人の香りってやつ」

シンジ「君こそあいかわらず、かわいいよ」

 

正直シンジの声が別人のようでした。

低い声で、完全に大人になったというイメージだったのですが、実はこの最後のシーンだけ声優さんが「神木隆之介」に変更されていたとか。

 

場所は、数年後の宇部新川駅

大人になったシンジとマリのカップリング

出典:Twitter

こちらをアニメ絵にして使用しているみたいですが、驚いたのは場所です。

 

山口県宇部市上町一丁目

 

今までのエヴァンゲリオンシリーズとヱヴァンゲリヲンシリーズ(ニアサード・インパクトが起こる前)の舞台は「第3新東京市」だけに何故山口と思ってしまいました。

 

もしかしたら、「第3新東京市」で使徒と戦うという呪縛から逃れ、日本のどこでも行けるということを証明したかったのでしょうか。

 

レイとカヲルのカップルは何を意味する?

面白いシーンのメインとしては、声が当てられていたシンジとマリの大人カップリングですが、さらに気になったのはレイとカヲルのカップリングです。

もしかしたら同姓同名なのかもしれませんが反対側のレーンで2人で仲良く話していました。

できたら声を付けて欲しかった気がします…。

 

ただ、シンジが見えないわけないのですが、どうして無視して進んでしまうんだろうという疑問も出ました。

シンジの性格上カヲルとレイを見たら話しかけないわけないと思いますので。

やはり全くの別人なのでしょうか。

 

ケンスケとトウジとヒカリの大人の姿、そして加持リョウジ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』の面白いシーンで欠かせないのが、大人になったケンスケとトウジとヒカリと、加持リョウジと呼ばれるミサトとリョウジの子供です。

「ニアサード・インパクト」が起こったことで、人が住めない状態でしたが、ミサトがアンチL結界を設置したことにより小さい領域ですが人が住めるようになっていました。

 

シンジとアスカとレイ(初期ロット)は、小さい集落で過ごすのですが、そこで出会ったのはかつての学校の同級生でした。

 

トウジとヒカリは結婚して子供がいた

トウジとヒカリは結婚して子供がいた

出典:Twitter

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』は、14年後の世界を舞台にしているので、エヴァンゲリオンのパイロット以外はどうしているんだろうと気になる方多いと思います。

 

まず、「鈴原トウジ」と「洞木ヒカリ」は結婚して子供がいました。

さらにトウジは医者として村に住んでいる人の健康を守っていました。

トウジいわく、自分なりのけじめをつけたいから医師になったとか。

 

そして、シンジのおかげで俺らは生きていると感謝していました。

やっぱり大人になったという印象を受けました。

昔の喧嘩腰は全くなく、気回しができる大人として立派に成長していたことに感動しました。

ちなみに、ヒカリもいい奥さんで、トウジと生活していて幸せそうでした。

 

ケンスケは村の何でも屋

ケンスケは村の何でも屋

出典:アメブロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク