【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの13話あらすじ・ネタバレ感想 | 新学期がスタート!

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの13話あらすじ・ネタバレ感想 | 新学期がスタート! フルーツバスケット2nd season
出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「フルーツバスケット2nd season」の13話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「フルーツバスケット2nd season」の13話を振り返ってみましょう。

新学期が始まって久しぶりに魚ちゃんとはなちゃんが出てきて楽しくなってきました。ただ、今回は由希と翔の生徒会の話がメインでした。

アメリア
アメリア

新学期になって学校での話が展開されていくのが楽しみです

 

『フルーツバスケット2nd season』前回の第12話のあらすじと振り返り

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの12話あらすじ・ネタバレ感想 | 繭子先生とはとりが付き合うまで時間がかかる

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

繭子先生がはとりに恋をしているお話でした。以前、紫呉とも付き合っていましたが、なぜつきあっていたのかも明らかになりました。それは、はとりがかなと付き合っていて、繭子先生は自分の気持ちを押し殺していました。そんなときに紫呉が冗談交じりで付き合ってみると言われ、繭子先生は寂しさを埋めるために紫呉とつきあってみます。しかし、付き合ってみても寂しさは埋まるどころか余計に募るだけでした。

そして、かなが記憶をなくしてから2年経ち、やっと前に進めるようになった繭子先生がはとりと話をして大泣きする気持ちが晴れる展開でした。

 

前回の話 ⇒   【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第12話あらすじ・ネタバレ感想

 

『フルーツバスケット2nd season』の第13話ネタバレ・あらすじ・感想

『フルーツバスケット2nd season』の第13話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

新学期が始まり、由希の率いる新生徒会が本格始動。しかし魔性の女と呼ばれている藤堂公と、いつもピリピリしている桜木直人が加わり圧倒される由希。伏し目がちで口数の少ない倉伎真知と、自由すぎる問題児の真鍋翔だけでも大変なのに、この上に立つことが出来るのかと愕然とする。だが、あの日の誓いが頭をよぎり……。

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

新学期がはじまり久しぶりに魚ちゃんと花ちゃんが出てきました。そして、由希の生徒会の仕事も本格的にスタートします。生徒会のメンバーは5人でそれぞれ個性的な性格で一苦労する由希でした。

そんな生徒会のメンバーである翔がどうも夾と似ている部分があり、自分にないところを他人と比較してしまう由希はそんな自分に憤りを覚えています。

そして、生徒会のリーダーとして自分が上に立つことができるのか不安にも思っています。

アメリア
アメリア

新学期がスタートして仕事の多い由希はこれから大変になりそうです

真知の感情はよくわからない

真知の感情はよくわからない

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

生徒会の会計係の真知ですが、生徒会のイメージカラーを決める際に由希に声をかけられるのですが、ぽかんとした顔で由希を見上げます。翔や公は真知も名前で呼んでほしかったといいますが、真知の口からはそのようには言っていないので、実際には何を考えているのかわかりません。

表情も照れるとかではなく、無表情なので名前で呼んでほしかったのか、それとも由希に呼ばれたから驚いているのかどちらでしょうか。

アメリア
アメリア

真知が驚いた理由はなんだったのでしょうか

 

徹と夾が楽しそうに下校しているのを翔にみられる

徹と夾が楽しそうに下校しているのを翔にみられる

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

由希は翔が夾に似ていると思い苦手意識を持つようになります。そんな翔は、徹と夾が仲良く下校している姿を見かけます。由希と徹が仲良いことは知っていたので、ふたりが一緒に帰っていたことをわざわざ由希に伝えます。由希は実は夾と比べて自分のほうが劣っていると感じ劣等感に苛まれていました。しかし、そんな誰かと比較すること自体が間違いで、ありのままの自分でいいと自分に言い聞かせています。

そんな思いもしらずに翔に煽られたのでつい怒りが表に出てきてしまいました。

アメリア
アメリア

翔はわかっていて由希を煽っていましたね

 

劣等感を感じている自分に幻滅

劣等感を感じている自分に幻滅

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

由希は生徒会の仕事が終わった後にボランティアでお花を植えることを手伝います。そこに翔がやってきて、夾のことを伝え煽られます。そして、それを翔にぶつけますが、実はそれは自分に対しての不満を言っているのでした。学校中で女の子にちやほやされる由希ですが、由希なりの不満はあるのですね。イケメンも大変ですね。翔は情緒不安定で好きになれないキャラですね。由希のことをかき乱して、本音を出させる、紫呉のキャラとかぶるような気がします。

アメリア
アメリア

由希は夾に劣等感を感じていたんですね

 

『フルーツバスケット2nd season』第13話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

#フルーツバスケット2nd season

 

『フルーツバスケット2nd season』第13話を見た感想まとめ

新学期が始まってこれから草摩家以外の生徒達もたくさん出てくると考えると楽しみです。生徒会のメンバーは単発で終わるので、次回の出演は遠そうですね。

個人的に公のキャラは好きなのでこれからも出てほしいですが、公式サイトに名前ものっていないので、単発キャラでしょうかね。残念です。

次回以降の由希の成長にも期待です。

アメリア
アメリア

新学期がスタートしこれからの展開が楽しみです

 

 

→ 次の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第14話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第12話あらすじ・ネタバレ感想

コメント