【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの15話あらすじ・ネタバレ感想 | 三者面談がスタート!

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの15話あらすじ・ネタバレ感想 | 三者面談がスタート! フルーツバスケット2nd season
出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「フルーツバスケット2nd season」の15話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「フルーツバスケット2nd season」の15話を振り返ってみましょう。

あと1年と少しで卒業予定の透達は、新学期になって三者面談がスタートしました。透のおじいさんの代わりに紫呉が同席することになり、繭子先生とのかけあいが面白かったです。

アメリア
アメリア

冷たい風が吹いてくるくだりは面白かったです

 

『フルーツバスケット2nd season』前回の第14話のあらすじと振り返り

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの14話あらすじ・ネタバレ感想 | 潑春がイケメンすぎる件について!

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

潑春と鈴のキスシーンが観れる回でした。由希が部屋に閉じ込められていたのを紫呉の家に出れるようにお願いしたのは潑春ということがわかりました。由希の部屋に来て話す潑春を見守っていたのは鈴でした。

鈴は無愛想ですが、いつも潑春を守る行動をとっていました。潑春は鈴から振られてしまったのですが、それは潑春を守るためにとった行動であると予想されます。

それに気づいた潑春は鈴にかまかけて、もう死んでもいいと言うと鈴が動揺したのでやっぱり何か理由があって振ったことが伺えました。

 

前回の話 ⇒   【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第14話あらすじ・ネタバレ感想

 

『フルーツバスケット2nd season』の第15話ネタバレ・あらすじ・感想

『フルーツバスケット2nd season』の第15話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

三者面談がスタート。紫呉と繭子が嫌味を言いあう中、透は母親との約束である就職を希望する。続く夾は藉真と共に面談を開始。将来の展望を聞かれるも、限られた時間しかない夾の胸の内には透の姿が浮かぶ。由希も面談の日を迎えるが、受ける大学は選定済みだと母親が勝手に決めつけて話し出すので狼狽えてしまい……。

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

前半は、紫呉と繭子先生のコメディパートと、夾と先生の進路についてしんみりするシーン。後半は、由希とお母さんと綾女の三つ巴の展開でした。勝手に進路を決めるお母さんと自由に決めたい由希と自由奔放に生きる綾女のそれぞれの方向性の違いが浮き彫りになっていました。これまで由希は綾女のことを毛嫌いしていましたが、母親を目の前にして綾女のことを頼りになると言えるようになりい、由希の成長がみれました。

アメリア
アメリア

イケメンでも未熟だった由希が成長して嬉しいです

夾の展望は透のそばにいたい

夾の展望は透のそばにいたい

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

三者面談を終えた夾は将来の展望を聞かれて困惑します。それは、卒業したら草摩の家に幽閉されてしまうからです。そんな夾でしたが、透と出会ったことで、透のそばにいたいと素直に思えるようになってきました。

あとは、自分で決めて行動できるようになるまで時間の問題ですね。猫憑きという大きな課題が残っていますが、夾なら師匠さんの支えもあるからきっと乗り越えていけるでしょう。

アメリア
アメリア

夾ならきっと大丈夫

 

由希のお母さんに勝手に進路を決めらそうになり困惑

由希のお母さんに勝手に進路を決めらそうになり困惑

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

由希はお母さんに苦手意識をもっていました。その理由は小さいころ慊人に気に入られて草摩の家に由希がいたのですが、草摩の家は嫌だと母親に伝えるも母親から無視されてしまいました。そのことから由希は言葉に出して伝えても意味がないのだと思ってしまいました。それから母親と会うことは避けてきました。進路にあたって透と過ごすことによって由希も少しずつ成長していき、三者面談に紫呉ではなく母親を呼ぶことができました。しかし、いざ母親がきてみると、由希の意思はおかまいなしに進路を勝手に決めようとします。ただ、なかなか嫌だと自分の意思を伝えることができないところに綾女が登場し、なんとか母親の勝手な意思決定には従わなくて済むことになりそうです。

アメリア
アメリア

いつしか綾女は頼りになる存在になっていたのですね

 

成長した由希を見守る透

成長した由希を見守る透

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

母親の肩を持った由希は、母親が華奢であることに気づきます。実は由希の知らないところで苦労しているのかもしれないと思った由希でした。しかし、由希も道具として使われているという気持ちを抱かせてしまった母親にも落ち度はあります。

そんな母親とのやりとりを経て、由希は少しずつ成長しています。そこに透が現れて、温かい目で由希を見守っている姿がとても印象的でした。

アメリア
アメリア

透の存在は由希にとってもかけがえのないもののようですね

 

『フルーツバスケット2nd season』第15話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

#フルーツバスケット2nd season

 

『フルーツバスケット2nd season』第15話を見た感想まとめ

これから高校生のみんながどんな進路に向けて成長していくのかアニメながらけっこう楽しめます。

紫呉の本性とかが出てきて良いですね。

あとは、由希と夾が透の取り合いになるのかな、なんて予測できますね。どんな修羅場になるか少し期待している自分がいます。それよりは穏やかにそれぞれの道を選んでいくほうが濃厚ですね。

アメリア
アメリア

それぞれがどのような道を選ぶのか楽しみです

 

 

→ 次の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第16話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第14話あらすじ・ネタバレ感想

コメント