【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの18話あらすじ・ネタバレ感想 | 鈴の闇が深かった。

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの18話あらすじ・ネタバレ感想 | 鈴の闇が深かった。 フルーツバスケット2nd season
出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「フルーツバスケット2nd season」の18話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「フルーツバスケット2nd season」の18話を振り返ってみましょう。

鈴がなぜこうも心を閉ざしているのかがわかりました。これまで信頼していた両親から愛情を注いでもらえずにいて、さらには慊人からもぞんざいに扱われていたようです。そんな鈴を助けてくれたのが潑春だったのですね。

アメリア
アメリア

鈴のことを助けてくれたのは潑春だったようです

 

『フルーツバスケット2nd season』前回の第17話のあらすじと振り返り

【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの17話あらすじ・ネタバレ感想 | みんなで修学旅行!

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

修学旅行で京都に行っていました。恋愛イベントが起きやすい修学旅行ですが、夾に告白する女の子がいたくらいでした。そんなモテる夾とは裏腹に他の男子生徒はモテないので、夾のことを羨ましく思っていました。そんな夾に何が起きていたかを知らなかった透はお間には関係ないと一蹴されてしまいます。

冷たい夾に対して由希がチョップを決めていたのも面白かったです。

 

前回の話 ⇒   【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第17話あらすじ・ネタバレ感想

 

『フルーツバスケット2nd season』の第18話ネタバレ・あらすじ・感想

『フルーツバスケット2nd season』の第18話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

依鈴は具合が悪いにも拘わらず、ひとりで呪いの解き方を探し続けていた。しかし、手がかりはみつからない。仕方なく、また紫呉を訪ねるも吐き気に襲われる。そこへ透が帰宅。透の姿が母親と被り、依鈴は錯乱状態に……嫌な夢でも見ているのか……昔は私もパパもママも――まるでお芝居のように――倖せだったのに……。

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

鈴は子供の頃から体の調子があまり良くなかったみたいです。十二支の呪いを解く方法がないか色々と探っていました。紫呉に聞くも知らないと答えるばかりですが、どうも紫呉は何かを知っていそうと感づいています。鈴がどうして呪いを解きたいのか、潑春をなぜふってしまったのかがようやくわかりました。

鈴は小さい頃、両親からいらないとひどいことを言われてしまいました。そんなときに助けてくれたのが潑春でした。その後も潑春は鈴のことを気にかけてくれて、何度も訪れてくれました。いつしか鈴は潑春のことが好きになっていました。

アメリア
アメリア

鈴の過去は思ったよりも暗かったです

鈴と潑春の馴れ初め

鈴と潑春の馴れ初め

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

鈴が両親に捨てられてから潑春が気にかけるようになってよく家に遊びにくるようになりました。潑春のことを変な子といいながら好きになりそうと思っています。そして潑春の家で唐突に潑春から「鈴、キスしよっかと」とイケメンなセリフを言います。それに照れながらも戸惑う鈴でした。慊人に怒られることもあるし、潑春のことを好きになりすぎて潰していまわないかというのが一番の心配でした。なんでと聞くと、好きだからとまっすぐに言える潑春が素敵です。

アメリア
アメリア

潑春がいないとダメなのは鈴のほうですね

 

鈴がパニクっているところに来た透

鈴がパニクっているところに来た透

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

鈴は十二支の呪いを解くためにまた紫呉のことを探しにきていました。ちょうど紫呉は留守にしていて、一人で探していました。探していたところで鈴の吐き気が急に催してしまいました。そこに透が帰ってきてその姿が鈴の母親と重なってしまいパニクってしまいます。鈴は母親から怒られることにトラウマを抱えており、また怒られてしまうとも思っています。そんな鈴を見て優しく抱きしめてくれる透は本当に良い人です。

透の包容力もありなんとか落ち着いた鈴でした。そこに後から遅れてやってくる紫呉は、この光景を見ても特に驚いた様子もないのでこうなることも知っていたのでしょう。

アメリア
アメリア

透の包容力は偉大ですね

 

慊人に落とされて肩に傷がある

慊人に落とされて肩に傷がある

出典:「フルーツバスケット2nd season」公式ページ

鈴は慊人のところにきて潑春と付き合っていることを伝えます。そうすると、慊人に僕のものを取るなと怒られてしまいます。そしてとっつきあいになり、慊人に責められてしまいます。そこで慊人に昔の両親のことで鈴にトラウマがあることを思い出させてしまいます。

そして屋敷の上の階から鈴は落とされてしまいます。普通だったらあの高さから落ちたら即死な気がします。さらに石があってそこにぶつけたことで右肩から出血しています。その前に全身強打で無事ではないような気がします。鈴の背中にある傷はこのとき慊人から受けたものであることがわかりました。慊人はハトリといい鈴といい、十二支のメンバーに傷をつけてばかりですね。

アメリア
アメリア

鈴の肩の傷は慊人に落とされたからついたのですね

 

『フルーツバスケット2nd season』第18話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

#フルーツバスケット2nd season

 

『フルーツバスケット2nd season』第18話を見た感想まとめ

鈴が倒れて紫呉の家で休息をとっています。鈴の面倒をみている透にとばっちりがいきそうな気配がします。鈴は潑春を守るためだったらなんでもしそうな感じですね。それに気づいている紫呉はおそらく何もせずに見守るのではないでしょうか。

鈴に対して、由希と夾が優しく接してくれればいいのですが。鈴の態度次第ではあると思うのですがどうなるのか気になります。

アメリア
アメリア

鈴は目覚めた後、落ついているのかパニクったままなのか気になります

 

 

→ 次の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第19話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】フルーツバスケット2nd seasonの第17話あらすじ・ネタバレ感想

コメント