【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】GREAT PRETENDERの14話ネタバレ感想 | 本物の「ロンドンの雪」は一体誰の手に!?case3完結!

GREAT PRETENDER

アニメ「GREAT PRETENDER」の13話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて13話を振り返ってみましょう。

case3の最終話です。
人間模様がよく描かれていて素敵なお話でしたね!同時にローランの怖さを実感させられました。

 

アメリア
アメリア

14話でどうやってコールマンと決着をつけるのでしょうか…!?

スポンサーリンク

『GREAT PRETENDER』前回の第13話のあらすじと振り返り

過去、シンシアとトーマスはお互いに夢を持って追い続けていました。
シンシアは舞台俳優、トーマスは芸術家の道です。
ある日、トーマスの描いた絵を売っているとコールマンが絵を見て「贋作の才能がある」と言われます。
これがきっかけで、トーマスはコールマンから贋作を描くように頼まれるように…。
トーマスは贋作を描くようになってから、収入が安定し身なりや生活レベルが良くなっていきます。
しかし、シンシアはこの状況に違和感がありました。
今の彼の状況でいいのか伝えますが、トーマスから「邪魔しないでくれ」と自分の言葉を聞き入れてくれません。
仲が良かった二人はいつしか離れてしまいます。

 

前回の話 ⇒【アニメ】GREAT PRETENDERの第13話ネタバレ感想

 

『GREAT PRETENDER』の第14話ネタバレ・あらすじ・感想

贋作「ロンドンの雪」が完成する。その出来映えに驚くエダマメ。そして舞台は古城のオークション会場へ…。ローランの仕切りで始まった偽オークションは「ロンドンの雪」の登場でクライマックスを迎える。コールマンとシンシアの因縁の対決…!果たして、名画の行方はどちらの手に…!?

出典:「GREAT PRETENDER」公式ページ

ローラン主催の闇オークションが開かれます。
「ロンドンの雪」を落札するために、コールマンとファラも参加。
5000万円用意しますが、他の参加者の声を聞き、慌ててファラはあと2000万円用意するように執事に話します。しかし、執事は良い返事をしません。ファラはアビーからもらった録音機のコールマンの言葉を聞き、目が覚めます。

そんなことを知らないコールマンは、躍起になってファラに代わり落札開始。

シンシアとコールマンの一騎打ちです。

ローラン主催の闇オークション開催!

コールマンにローランが主催する闇オークションの招待状が届きます。
コールマンが欲しい「ロンドンの雪」を手に入れるためにお金を増やそうとするファラ。

いよいよ闇オークションが開催。
オークションの参加者がよく見る詐欺師たちですね。

 

「絵をトイレに飾る」と参加者の話し声がコールマンの耳に。
良い絵は大切にしたいと考えているコールマンにとって、不快な話ですよね。
きっと、自分の欲しい絵は絶対に購入するように仕向けるローランの作戦なのでしょう。

アメリア
アメリア

ローランがプロデュースしているのがよく分かりますね…

競り合いの行く末

出典:「GREAT PRETENDER」公式ページ

どの出品された芸術作品もコールマンの予想を超える落札価格です。

コールマンは「なんと悪趣味なマネーゲーム。芸術への冒涜だ」と顔をしかめます。

そんな彼にファラはロンドンの雪は手に入れると話しますが、他の参加者から「7000万で落札しよう」と話す声が聞こえてきました。この話に焦るファラ。

執事に2000万用意するように電話しますが、コールマンのためにお金を用意するのは控えたほうがいいと返ってきます。執事はアビーから―

 

オークションが再開された頃、ファラの席に座ったのはシンシア。

「ロンドンの雪」をコールマンは7000万円で落札します。

しかし、シンシアが7100万円と落札価格を塗り替え「ベッドルームに飾って、モントーヤの前でグッドルッキングガイたちと楽しみたいわ」とつぶやきます。その言葉を聞き、彼女に手が渡らないようにムキになるコールマン、ついに1億ポンドでコールマンが落札します。

コールマンの手に黒いケースに入ったロンドンの雪が渡ってきました。

アメリア
アメリア

シンシアが本当にロンドンの雪を落札するのではないかと見ていて引き込まれましたね…

 

ロンドンの雪

ファラにお金を払ってもらおうと、彼女の家の前に行くコールマン。

一方、ファラはアビーからもらった録音機のコールマンの言葉を再生していました。「あの年増女はベッドの相手をすれ…」とアビーに話すコールマンの声。

この言葉を聞き、彼との関係を止めることを決心したんですね。

 

エダマメの下宿先のロンドンの雪が再び返ってきました。

エダマメは今飾られているロンドンの雪は贋作だと打ち明けます。エダマメはずっとトーマスの側で贋作作りにどれだけ一生懸命になって描いていたのか見ていました。だから、トーマスが描いた贋作を渡したくなかったんですね。

 

トーマスに会いに行くシンシアのシーンがロマンチックでした!

アメリア
アメリア

どこまでローランの思惑通りなのでしょうか…

底知れなさが怖いです

『GREAT PRETENDER』第14話のTwitterでの評判・口コミ

 

#GREAT PRETENDER

 

『GREAT PRETENDER』第14話を見た感想まとめ

ローランの言う「ドロシー」が後から登場するのでしょうか。

彼の過去が知りたいですね…!

 

アメリア
アメリア

case4も楽しみです

→ 次の話 【アニメ】GREAT PRETENDERの第15話ネタバレ感想

→前の話  【アニメ】GREAT PRETENDERの第13話ネタバレ感想

 

『GREAT PRETENDER』各回のネタバレ感想記事の一覧

 

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
ちか

アニメやマンガが大好きなインドア人間。小学生の頃「ひぐらしのなく頃に」や「カードキャプターさくら」を知り、そこからアニメを見るように。特にアイドルアニメやオリジナルアニメ作品が好きですが、ジャンル問わず気になったアニメを見ています。

Follow Me!
GREAT PRETENDER
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました