【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】『はめふら』シリウスの正体とは?ラファエルとの関係についても考察

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
出典 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」公式HP
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…シリウスの正体とは?ラファエルとの関係についても考察

#はめふら

マリア失踪事件を引き起こしカタリナをピンチへと追い詰めた真の黒幕がシリウス・ディークであることが判明しましたが、シリウス・ディークは一体何者なのでしょうか?
シリウス・ディークの正体に迫りながら、カタリナのピンチを救ったソフィアの正体も合わせて迫っていきましょう。

シリウス・ディークは本名ラファエル

シリウス・ディークは本名をラファエルという青年で、実は苦い過去がありました。
普通の少年として生きたかったのに生きる事が出来なかった、様々な事情をご説明します。

幼少期に拉致され母親が惨殺される

ラファエルはディーク侯爵と侯爵家で働くメイドとの間に生まれたいわゆる妾の子でしたが、物心ついた頃には母親と二人暮らしで、平和な日々を過ごしていました。
元々メイドはディーク侯爵の気まぐれで手を出されてラファエルを妊娠したという敬意がありますので、侯爵のことを愛してはいなかったのかと思いますが、ラファエルを守る為に屋敷を飛び出したんでしょうね。

母子二人幸せな日々を送っていたラファエルでしたが、突如その生活が一変。
ラファエルが9歳の時に突如ディーク侯爵夫人の手の者に母子共々誘拐され、母親はラファエルの前で惨殺されることになりました。

闇の魔力に取り憑かれコントロール不能に

公爵夫人の目的は、自身の息子であるシリウス・ディークの魂をラファエルの体に移し替えること。
本物のシリウス・ディークは不治の病に犯され今にもその命が尽きるばかりだったこともあり、慌てて同い年で健康的な肉体を探した所、ラファエルがヒットしたのです。
闇の魔法の中には精神を入れ替える魔法があり、肉体はラファエルに、精神はシリウスになれる方法があると知った侯爵夫人が暴走。
闇の魔法を発動するための生け贄として、ラファエルのお母さんの命が犠牲になることになったのです。

ですが闇の魔法は失敗に終わり、シリウスの記憶と知識だけがラファエルの中に入ってきた状態で儀式が終わります。
ラファエルは侯爵夫人への復讐を誓い、儀式が上手くいったフリをしてシリウス・ディークとして生きていくことを決意するのです。

元々優秀だったこともあり全く怪しまれる事も無く、気が付けば魔法学園に入学をする年に。
闇の魔法はラファエルの精神を貪り、ラファエル自体の考え方もねじ曲げていきます。
その結果正しいことの判断が出来なくなってしまい、混乱状態の中、マリアを誘拐しカタリナに目覚めない魔法をかけることになりました。

カタリナの包容力で見事闇の魔力を払うことに成功!

闇の魔法はそれだけの精神汚染をする非常に危険な魔術でしたが、あっちゃんの力を借りて真のラファエルを取り戻すことに成功したカタリナ。
きれい事は言わずでも温かい言葉を投げかけるカタリナに、生きていた頃の母の暖かさを思い出したラファエルは、見事闇の魔法の呪縛から逃れる事に成功します。

ラファエルは元々FORTUNE LOVERの中では隠しキャラとして登場する予定だったキャラクターで、カタリナ自身は生きている時にプレイした事はありませんでした。
あっちゃんから何となくどんなキャラクターかを聞いた結果、シリウス・ディークの正体が闇の魔力を持った隠れキャラだという事に気が付きますが、正体に気が付いた上でもシリウスに誠意を持って話しかける姿に心を打たれます。
何事にも全力投球で臨むカタリナだったからこそ、シリウス、もといラファエルは救われたんですね。

シリウスがカタリナを襲った理由

そもそもどうしてシリウスかカタリナを襲い、目覚めさせない呪いをかけたのでしょうか?
理由はいくつかありますが、闇の魔法に取り憑かれていた事と合わせてこんなことがトリガーになったと言えます。

母親のことを思い出させるカタリナに動揺

生徒会室を訪れる度にお茶を入れてくれるシリウスに対して、優しい味のお茶を入れてくれるお礼を伝えるカタリナ。
実はラファエルは幼少期から母親にも自身が入れたお茶を振る舞っていましたが、その時にカタリナと同じように、自分が入れたお茶は優しい味がするという感想をもらっています。

カタリナにとっては何気ない一言でしたが、この一言をきっかけにシリウスは激しく動揺。
母親の事を思い出し優しい心を取り戻しかける自分と、復讐を決めた闇の魔力に取り憑かれている恐ろしい自分の板挟みとなりました。
何でもそつなくこなす生徒会長の仮面がカタリナの一言を受けて初めて少しだけ崩れる描写が印象的でしたね。

カタリナの優しさに触れ困惑

誰に対しても平等に接し、本人が狙っている訳でもなく、その人が欲しい時に欲しい言葉をくれるカタリナ。
とにかく思いやりがあり人徳があるカタリナの優しさに会長も当てられた結果、ここでも母親のことを思い出してしまい困惑してしまいます。

自分の中に芽生えている気持ちが一体何なのかわからないまま日々を過ごし苦しんだ結果、シリウスはどんどん精神内で暴走。
心の安寧を得るためにカタリナだけではなく、ゲームの中ではカタリナの友人達まで手にかけるエンドがある程、追い詰められた状態になりました。

最初は同級生をそそのかすも…

自分の気持ちをかき乱すカタリナを何とかして自分の前から消したいと考えたシリウス。
とは言え自身が直接手を下すとなると、万が一バレてしまったときが大変と、カタリナに対して少し嫌悪感を抱いているご令嬢何人かを闇の魔力で操ることで、カタリナを学園から追放しようとします。
カタリナ自身はゲームと同じ展開に困惑を隠せず慌てふためきますが、全く身に覚えのない罪を投げかけられ更に困惑。
ジオルドやキース、マリア達が相手の女生徒をコテンパンにまで言いくるめて言いがかりを全て論破し、カタリナの無実は証明されました。

その結果シリウスは次の手を考えますが、そこでマリアに自分の正体が見破られてしまいます。
光の魔力を持つ人間には闇の魔力が見えるということに初めて気が付き動揺した結果、マリアを監禁することになったのです。
その後マリア捜索を行う途中のカタリナと二人で話している際、またもやカタリナの優しさに触れて動揺してしまった結果、勢いでカタリナに目覚めることのない闇の魔法をかけることになりました。

 

カタリナを救ったソフィアの正体は?

シリウスに闇の魔法をかけられ目覚めることが出来なくなったカタリナを救ったのが、ソフィアでした。
実はあれはソフィアではなく、ソフィアの中に眠っていた意識だったのですが、その正体は誰だったのかについても合わせてご説明します。

カタリナの前世の親友・あっちゃんの生まれ変り?

ソフィアの意識の中にはカタリナの前世の親友であるあっちゃんの意識が眠っていました。
前世の記憶の中で夢から目覚めないカタリナを助けるべく、あっちゃんはソフィアを通じてカタリナの意識に入り込みましたが、ソフィアはあっちゃんの生まれ変りなのでしょうか?

完全に記憶が戻っている訳ではない

結論から言うとソフィアの場合はカタリナと違って、あっちゃんの前世の記憶が完全に戻っている訳ではありません。
あくまで部分的に思い出したことで、意識を失ったカタリナにあっちゃんの意識が語りかけ、目覚めないカタリナを救出する手助けをしてもらっただけです。
夢の中ではありましたが、アニメでは最終回前にもあっちゃんの存在をほのめかすシーンがチラホラと出てきていましたので、ソフィア自身も、彼女のことはよく分からないけれど、カタリナについて何だか大切な事を知っている人だと悟ります。

目覚めないカタリナを見て一度は部屋から飛び出してしまうも、あっちゃんの存在を知り彼女に助けを求めた結果、少しの時間ではありましたが意思疎通も図れていましたね。
あっちゃんの思いを受けてカタリナの元へと駆けつけたソフィアや皆の思いを受け、あっちゃんがカタリナの精神に入り込みカタリナを目覚めさせるシーンは号泣ものでした。

あっちゃんもカタリナも本当に良い友達だったからこそ、ソフィアを通じてお別れが出来たのは本当に良かったです。
これからまたソフィアの中のあっちゃんが目覚めて何かサポートをすることがあるのかどうかわかりませんが、趣味好きが高じて仲良くなったソフィアの境遇は、まさにあっちゃんの時ときっかけが同じで、伏線だったのかなぁと感じました。
生まれ変りかどうかはしっかりと名言はされていないですが、今後更なる進展があるかもしれませんね。

本来の姿を取り戻したラファエル

#はめふら

闇の呪縛から解き放たれたラファエルは学園を去ることになりましたが、その姿は晴れ晴れとしており、元のラファエルらしい好青年に戻る事が出来ました。
最終的にはカタリナへの好意を自覚する至ったものの、相変わらずキングオブ鈍感のカタリナは何も気づかずじまい。
ラファエルが無事だったことを喜び、それを見てラファエルも喜ぶという、何とも幸せなエンドとなって万々歳です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました