【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】半妖の夜叉姫の24話ネタバレ感想 | 殺生丸の娘であるということ

半妖の夜叉姫

アニメ「半妖の夜叉姫」の24話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて24話を振り返ってみましょう。

今回は、1期の最終回、しかもせつなが麒麟丸に…。

そして、静かな怒りを爆発させたとわともろはが麒麟丸に攻撃を仕掛けます。

夜叉姫最大の決戦の場がついに始まります。

アメリア
アメリア

とわがついに殺生丸を引き継いだね

 

半妖の夜叉姫をもう一度観たい方は動画配信サービスで全話一気見するのがおすすめ。半妖の夜叉姫のアニメを無料視聴する方法は以下から確認できます(見逃し配信)↓
半妖の夜叉姫 | 動画を無料全話(1話〜最終回)視聴できる配信サイトまとめ
【アニメ】半妖の夜叉姫の無料動画を全話見逃し・フル視聴できる動画配信サービスを紹介。各ネット動画サービスの配信状況を一覧表で比較。半妖の夜叉姫のあらすじ・放送時期・声優・制作・曲・感想もまとめています。

 

スポンサーリンク

『半妖の夜叉姫』前回の第23話のあらすじと振り返り

『半妖の夜叉姫』前回の第23話のあらすじと振り返り

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

前回は、是露の最終決戦が行われました。

3姫は協力して、最後はせつなの「血の刀」で是露を倒します。

しかし、是露が死ぬということは眠っているりんも死ぬということ。

そこで殺生丸は「天生牙」で是露を蘇らせてしまいます。

 

そして、殺生丸が「天生牙」で、つまり是露がかつて愛した犬の大将が亡くなった場所、そしてその人の牙で蘇らせたことに怒りをあらわにして、虹色真珠で自身の能力を取り戻そうとしました。

アメリア
アメリア

りんと是露は繋がっているんだね

 

 

 

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】半妖の夜叉姫の第23話あらすじ・ネタバレ感想

 

『半妖の夜叉姫』の第24話ネタバレ・あらすじ・感想

『半妖の夜叉姫』の第24話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

戦場に降臨した麒麟丸は、殺生丸の天生牙に姉が行った無礼を詫びると、七つの虹色真珠を彼方へ飛ばしてしまう。弟の態度が許せない是露は麒麟丸に絶縁を言い渡すと、その場を去ってしまう。麒麟丸の腹に剣を突き刺し、是露を追う理玖。殺生丸も是露を追う。同じ頃、天下の名刀「ゆかりのたちきり」が生み出されると言う刀々斎が邪見と共に戦場へ急ぐが…。麒麟丸と対決したとわ達は、圧倒的な力の前に大きな代償を払うことになる。

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

前回、是露が自身を「天生牙」で犬の大将が亡くなった場所にて蘇らせたことに激怒して、ついに虹色真珠で自身の力を取り戻そうとしますが、弟の麒麟丸が登場して再び虹色真珠をバラバラに飛ばしてしまいます。

そして、是露と理久は虹色真珠を探すためにその場を離れ、殺生丸もついていきます。

 

その場に残った3姫と麒麟丸。

いよいよ2つの大きな勢力がぶつかります。

しかし、麒麟丸はつよくせつなが致命傷を受けて亡くなってしまいます。

 

静かな怒りをあらわにしたとわはついに自身のうちに眠る力を開放します。

さらにもろは紅夜叉の力を制御して、2人で麒麟丸と本当のぶつかり合いをします。

それでも、3姫は麒麟丸に勝利することができず、麒麟丸はまだ自分と戦うには力が足りないとその場を去ります。

 

とわ達の前に残されたのは「せつなが亡くなった」という事実だけ。

どうしようもない状態にただ膝を落とすしかないとわのもとに現れた殺生丸。

 

「殺生丸の娘であるこということ」

 

アメリア
アメリア

今回で終わりなんだね

おのれーーー

おのれーーー

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

麒麟丸は、とわの力の源が妹のせつなにあると感じ、傷つけようとしますがせつなの「血の刃」が結界をすりぬけて殺生丸に傷をつけます。

また傷をつけられた麒麟丸は、逆上してついにせつなを手にかけます。

アメリア
アメリア

せつなが亡くなるなんて

たぶんこれが本当の紅夜叉の力なんだろう

たぶんこれが本当の紅夜叉の力なんだろう

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

もろはは紅夜叉の力を発動させ自我も保ちます。

そして、横たわっているせつなの姿を見たもろはは仇打ちと本気を出します。

真の力を纏った状態で紅龍破を打ち放ちます。

アメリア
アメリア

もろはが紅夜叉の力を制御できたのは良かったけど

まてよもろは、せつなの敵は私が打つ

まてよもろは、せつなの敵は私が打つ

出典:「半妖の夜叉姫」公式ページ

せつなを失ったことにより、とわは内なる力を発揮して麒麟丸に襲い掛かりますが相手が強すぎる。

そして、見逃すようにさっていく麒麟丸。

とわは、失った妹のせつなを見ながらただ泣いているだけでした。

そこに現れた殺生丸、折られた「天生牙」をとわに渡して「ためしてみるか」と問いかけます。

「殺生丸の娘であるということ」

アメリア
アメリア

とわから昔の優しさが消えているね

 

『半妖の夜叉姫』第24話のTwitterでの評判・口コミ

#半妖の夜叉姫

 

『半妖の夜叉姫』第24話を見た感想まとめ

今回で最終回ですが、ファンとしてはなんでここで?といったレベルです。

とわが真の力を発揮した、でもそのためにせつなを失うしかなかった。

これは悲しいですし、やりきれないです。

しかも「天生牙」も是露に折られて、せつなを復活させるのは現状難しいですし。

それでも父親である殺生丸が最後にとわの前に現れて「天生牙」を渡して、「ためしてみるか」といったのはなぜか気になります。

でも、救われたのはせつなが夢の胡蝶の呪いから解放されて「おやすみ」といったことです。

謎を残したまま1期が終了して、2期の製作決定の予告が。

次期が楽しみです!

 

← 前の話 【アニメ】半妖の夜叉姫の第23話あらすじ・ネタバレ感想

 

 

半妖の夜叉姫をもう一度観たい方は動画配信サービスで全話一気見するのがおすすめ。半妖の夜叉姫のアニメを無料視聴する方法は以下から確認できます(見逃し配信)↓
半妖の夜叉姫 | 動画を無料全話(1話〜最終回)視聴できる配信サイトまとめ
【アニメ】半妖の夜叉姫の無料動画を全話見逃し・フル視聴できる動画配信サービスを紹介。各ネット動画サービスの配信状況を一覧表で比較。半妖の夜叉姫のあらすじ・放送時期・声優・制作・曲・感想もまとめています。

 

『半妖の夜叉姫』各回のネタバレ感想記事の一覧

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓ アニメが配信されてる動画配信サービスについては、以下のページにアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介しています。
アニメ見るなら!おすすめ動画配信サービス
動画配信サービスによっては、アニメの過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。 この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。是非トライしてみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ見放題
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
半妖の夜叉姫
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. 匿名 より:

    感想はとわチートすぎかなと思います。犬夜叉の苦労は何だったかと思うぐらい、簡単に妖怪の血を制御している。

    双子の基礎スペックが犬夜叉よりも高いのはありだとは思っています。
    父親である殺生丸(犬の大将+殺生丸・母とさらに代を重ね)が、強いと言われた犬の大将以上に強くなったと公式で言われていますから、その可能性は十分にあると思えます。
    だから、犬夜叉以上に苦労するのかと考えていたらそんなことはなかった。 
    せつなが暴走した時は人間である弥勒・金烏が簡単?に封印できるみたいで、よくわからないし。

    親が強いからその血を継ぐ子供も強いというのも分かるが、やりすぎ感がある。
    殺生丸も犬夜叉も長年戦い続けた経験もあるから、今の彼らがあると思っていから複雑です。
    特にとわは現代で身体鍛えて、不良とケンカしてただけだから余計にそう思えます。

    • 星原 星原 より:

      貴重なコメントありがとうございます。
      仰る通りです。
      今回とわが蒼龍破ではなく、双龍破に変わるなど後半異常に強くなりましたよね。
      しかも、能力を開放してもせつなのように暴走しないのは疑問でした。

      やはり、現代の半妖ということで、昔父が苦労した分を軽々とこなしている感じがます。
      よくアニメでそんな設定を見ますし。

      設定上確かにやりすぎな部分がありますよね。
      ここら辺はストーリーに高橋留美子先生が関わっていないことが原因かもしれません。
      ただ個人的にどうしてこのタイミングで1期を終了させたかという点です。
      もしかして、2期からは高橋留美子先生の考えも加わるかもしれませんね。

      コメント本当にありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました