【アニメ】ド級編隊エグゼロス 第5話あらすじ・ネタバレ感想 | 新キャラ登場!突然変異のキセイ蟲、彼女は敵か味方か!

『ド級編隊エグゼロス』前回の第5話のあらすじと振り返り ド級編隊エグゼロス
出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「ド級編隊エグゼロス」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて5話を振り返ってみましょう。

全メンバーの紹介が終わり、雲母がほかの隊員たちと打ち解けて来た事を喜ぶ間も無く発生する雲母誘拐事件!

「一番無害そうなエグゼロスを捕縛しました」と報告していたキセイ蟲、一番ヤバいの連れて行っていますよ!

アメリア
アメリア

雲母一人で拠点壊滅待ったなし!

『ド級編隊エグゼロス』前回の第4話のあらすじと振り返り

『ド級編隊エグゼロス』前回の第4話のあらすじと振り返り

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

おっとりとした性格で運動が苦手な白雪舞姫は、胸に秘めたエロスに強さからエグゼホワイトに選ばれる。

しかし、完璧超人な幼馴染と比べ、エロス以外に主だった長所が無い事に悩んでいました。

そんなある日舞姫の通う女子高にキセイ蟲が出現してしまいます!

触れた相手を触手にしてしまうという能力を持ったキセイ蟲相手にどう戦うのか!

アメリア
アメリア

ミミズ型キセイ蟲の能力強すぎでは!?

前回の話 ⇒ 【アニメ】ド級編隊エグゼロスの第4話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ド級編隊エグゼロス』の第5話ネタバレ・あらすじ・感想

『ド級編隊エグゼロス』の第5話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

 

戦闘中に連れ去られた雲母を救うため、烈人たちはキセイ蟲の巣へ急ぐ。そのころ雲母は敵の拘束から逃れて、巣の中を彷徨っていた。そこでキセイ蟲の王女・チャチャと出会う。彼女は突然変異のせいで他のキセイ蟲とはことなる性質をもつため、巣の奥に閉じ込められていたのだ。同胞が人類を滅ぼすのを止めたいと言うチャチャは、雲母と一緒に脱出するための策を練る。そして巣に着いた烈人たちも、キセイ蟲を正面突破で打ち倒していくが……。

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

突入前のEネルギー補充!

突入前のEネルギー補充!

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

雲母を助け出す為、罠と分かっていても突入しようとする列人達。

しかし、先ほどの戦闘でEネルギーを消耗したため補給してから向かう事に!

百花が考えたEネルギー補給法はノーパン作戦!?

女子3人はスリルでEネルギーが溜まり、列人はそんな女子たちを観てEネルギーを溜まるというもの、、。

アメリア
アメリア

なんて完璧な作戦なんだ!天才か!

キセイ蟲の王女・チャチャ

キセイ蟲の王女・チャチャ

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

キセイ蟲の拘束を逃れた雲母が巣の中を彷徨っていると、キセイ蟲の王女・チャチャと出会います。

突然変異のせいで他のキセイ蟲とはことなる性質をもつ彼女は巣の奥に閉じ込められていました。

同胞が人類を滅ぼすのを止めたいと言うチャチャと雲母は一緒に脱出するための策を練る。

僕っ子のキセイ蟲!ケモミミ!めちゃくちゃ可愛いです!

アメリア
アメリア

メス君って言葉があるのか!

雲母覚醒・ライジング!

雲母覚醒・ライジング!

出典:「ド級編隊エグゼロス」公式ページ

列人達がバッタバッタとキセイ蟲を薙ぎ倒していく一方、チャチャと雲母は脱出の作戦を練ります。

しかし、チャチャの特殊能力「フェロモンを感じやすくさせる」能力が上手く発動せず、人質にされてしまう雲母。

ピンチに陥った雲母ですが、駆け付けた列人に対する素直な思いが爆発し、キセイ蟲をぶっ飛ばします!

雲母の攻撃はやはり一撃の重みが違いますね!ド級砲!

アメリア
アメリア

まさに一撃必殺!技名が気になります!

『ド級編隊エグゼロス』第5話のTwitterでの評判・口コミ

#ド級編隊エグゼロス

 

『ド級編隊エグゼロス』第5話を見た感想まとめ

 

 

チャチャの登場でますます魅力的になった列人のハーレム生活!

キセイ蟲の女王を倒さない限り、巣を破壊しても無駄とのことですが、

Eネルギーを増幅させるというチャチャの能力を上手く使えば勝利間違い無しなのでは!

6話先行カットの雲母の表情が気になる!

アメリア
アメリア

次回の第6話が楽しみです!

→ 次の話 【アニメ】ド級編隊エグゼロスの第6話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】ド級編隊エグゼロスの第4話あらすじ・ネタバレ感想

 

『ド級編隊エグゼロス』各回のネタバレ感想記事の一覧

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

コメント