【アニメ】かくしごとの3話あらすじ・ネタバレ感想 | 運動会の為に「漫筋」を鍛える!?娘の為に奔騰する父親は優しく……弱い?

出典:「かくしごと」公式ページ かくしごと
出典:「かくしごと」公式ページ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「かくしごと」の3話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「かくしごと」の3話を振り返ってみましょう。

今回も姫に仕事がバレないように可久士が奮闘します。

頭が良すぎるのか、様々な状況を想定して行動しすぎてしまう可久士は何だか可愛らしいです。

そんな父親の愛に包まれ成長する姫もまた、心優しい女の子として成長していっています。

 

アメリア
アメリア

姫ちゃんみたいな娘がいたら、仕事どころではなくなってしまいそうです

スポンサーリンク

『かくしごと』前回の第2話のあらすじと振り返り

出典:「かくしごと」公式ページ

出典:「かくしごと」公式ページ

臨海学校に行ってしまった姫の様子が気がかりでない可久士は、知り合いのアシスタントに別荘を借り、何と臨海学校の場所近くまで自らのアシスタントを引き連れてやって来てしまいました。

姫が臨海学校を楽しめるように、奔走する可久士と、可久士の周りで繰り広げられるアシスタント達のやり取りが非常に面白い話でした。

そして、2話の最後に出てきたのは、押し入れの中にあった「年齢の書かれた箱」

17歳の箱の中には言いたい何が入っているのか。気になる終わり方をした2話でした。

 

前回の話 ⇒   【アニメ】かくしごとの第2話あらすじ・ネタバレ感想

 

『かくしごと』の第3話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「かくしごと」公式ページ

出典:「かくしごと」公式ページ

ゴトープロのアシスタントたちがケガをしてしまい、可久士の原稿が危うい。十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介してくるが、可久士は「あの十丸院がマトモな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。一方、姫は小学校のクラスメイトであるシルビア、ひな、莉子を自宅に招き入れる。姫はみんなの反応から、とあることに気づく。「お父さん、うち……貧乏なんでしょ?」否定する可久士をよそに、姫は節約を始めようとする。

出典:「かくしごと」公式ページ

自分の家が貧乏である。と感じてしまった姫は、必死に節約をしようと頑張ります。

そんな姫の様子を見て、姫にそんな負担はかけられないと感じた可久士は、ゴトープロのIT化を進めました。

本当は貧乏ではないという誤解こそ解けませんでしたが、姫の手作り料理を堪能し、幸せを感じる可久士でした。

次の話では、運動会に出場する姫の為、必死に奮闘する可久士の姿が描かれます。

運動会で何が起きてもいいように、様々なことに取り組む可久士でしたが、全て杞憂に終わりました。

運動会が終わった姫の顔には、笑顔が溢れていたからです。

 

アメリア
アメリア

安定のハッピー回です!

ウチは貧乏?節約に奮闘する姫

出典:「かくしごと」公式ページ

出典:「かくしごと」公式ページ

骨折・やけど・ものもらい・抜歯、不調のオンパレードとなってしまった可久士のアシスタント達。

そんなゴトープロを助ける為に、十丸院が新アシスタントの阿藤勇馬を派遣してきました。

阿藤は中々の好青年であり、テキパキと作業をこなしていくのですが、完璧すぎる点に可久士は不振さを隠せません。

一方姫は、小学校の友達を家に招待しますが、友達の何気ない言葉で、姫は自分の家が貧乏なのではないかと感じてしまいます。

その夜から、姫は貧乏を気にして節約を始めます。クーラーを止め、家事代行も止め、カレーにはちくわを入れ……

「ウチって貧乏なんでしょ?」と話す姫に、本当は稼いでいるものの自分の仕事を伝えられず口ごもってしまう可久士なのでした。

姫のそんな様子を、墨田は「しっかりもののお母さん役を演じてみたかったのでは?」と推測します。可久士を貧乏にさせないため、ゴトープロのIT化を推し進めることを提案する墨田に可久士は頷き、見事ゴトープロにペンタブとモニタがやってきました。ゴトープロのグローバル化です!

家では、料理をしたいとお願いする姫に、家事代行のナディラと一緒なら。という条件で承諾します。

姫が持ってきたレシピ本は、10歳箱に入っていたもの。10歳が作れるレシピを見て、姫が作ったのはインドネシアにインスパイアされた肉じゃがだったのでした。

 

アメリア
アメリア

頑張る姫ちゃんかわいいぞ!

 

「漫筋」を鍛えて臨む運動会

出典:「かくしごと」公式ページ

出典:「かくしごと」公式ページ

運動会があるということで、姫と一緒に毎朝走り始めた可久士。

可久士は、万が一運動会で自分が走ることになり、足が遅かったりでもしたら漫画家だとバレてしまうを避ける為に全力で鍛えていたのです。

そんなに鍛えたいのなら、漫画で鍛えればいいと伝える筧。

漫画で鍛える筋肉、「漫筋」は鍛えられるのでしょうか…?

可久士が家に帰ると、謎の女子高生が鎮座していました。

「ファンなんです」と答える女子高生に、可久士はサインを差し出しますが、よくわからない様子。

どうやらそのアイドル志望の女子高生のファンである姫の為に家に来たとのこと。

丁度可久士は漫画でアイドル志望の女子高生の考えることを知りたいと考えていたので、利害は一致。女子高生の話を聞くことで、漫画の材料を可久士は手に入れることができました。

 

アメリア
アメリア

知らない人について行っちゃダメだよ姫ちゃん!

賑やかな運動会

出典:「かくしごと」公式ページ

出典:「かくしごと」公式ページ

運動会の前日、公園にいた可久士は「自分が行くことで姫がより母のいない悲しみを感じてしまうかもしれない」と考え、運動会が中止にならないかと考えてしまいます。

考える可久士の下を通ったのは六條先生。「やはり家族には母親が必要だと思うんです」と話す可久士に、プロポーズだと勘違いしてしまう六條先生はかわいらしいです。

そして、無事運動会当日。必死に応援する可久士と、お花の先生と、女子高生と、料理教室の先生(…ん?たくさんいるぞ…?)のおかげで、姫は心から運動会を楽しむことができました。

運動会の夜、「お父さんと二人もよかったなぁ…」と呟く姫に、そんなに頑張らなくてもよかったのかな。とほほ笑む可久士でした。

 

アメリア
アメリア

姫、尊いなあ。親バカになるのも分かります。

『かくしごと』第3話のTwitterでの評判・口コミ

 

#かくしごと

 

『かくしごと』第3話を見た感想まとめ

姫のひたむきさと真っ直ぐな心に、可久士が親バカを極めてしまうのも納得の回でした。

一方で、親バカな言動を続ける可久士に対しても、何だか微笑ましさすら感じてしまいます。

また、今回の記事では書きませんでしたが、可久士は知らず知らずの内に女性を虜にしてしまう傾向にあるみたいです。(イケメンだもんね…)

女性関係で無茶をしないか心配です。

 

アメリア
アメリア

もっと、もっと姫ちゃんを見させて下さい!

 

→ 次の話 【アニメ】かくしごとの第4話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】かくしごとの第2話あらすじ・ネタバレ感想

コメント