スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険の21話ネタバレ感想 | ついにマァムが特訓!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の21話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて21話を振り返ってみましょう。

今回は、フレイザードとの戦いに勝利したダイたちは、国民たちによって少しずつ復興をとげているパプニカで次の戦いへ挑むため、それぞれ準備にいそしんでいます。

その中で自分だけの武器がないことに気が付いたマァムはある決意をします。
その決意とは?一つの戦いが終わり様々な変化が起こる21話です。
 
 
   
  

 

ついにマァムが武道家に!

 

>> ドラゴンクエスト ダイの大冒険のネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』前回の第20話のあらすじと振り返り

ダイが空裂斬によってコアを破壊したことで真っ二つに分裂したフレイザードを見て、これで勝ったか!と思われましたが、ここでいきなりミストバーンが現れます。
魔影軍団最強の鎧をつけたフレイザードは最強の力を受けダイを狙います。

 

それでもダイは空裂斬によってアバン流刀殺法を完成させた自らを信じ、フレイザードと真向勝負を挑むのです。

空裂斬会得によって動じることのないダイの迫力。
今までよりもさらに頼りがいのある勇者に成長したダイは圧巻でした。
 
 
   
  

 

最後のアバンストラッシュはかっこよかったよね

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第20話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の第21話ネタバレ・あらすじ・感想

フレイザードを倒したダイたちは、少しずつ復興するパプニカで次なる戦いの準備をしていた。そんな中、魔弾銃を失い自身の立場に悩んでいたマァムは、マトリフの言葉をきっかけにある決意を固める。それは、一度ダイたちと別れ、ロモスの山奥にいるという「武術の神様」のもとで武闘家になるための修業を積むことだった。さらなる強敵の出現に備え、魔弾銃に代わる力を手に入れようというマァムの選択を、ダイたちは驚きつつも受け入れる。ポップはマァムをルーラでロモスまで送り届けると、彼女への想いを胸に秘めながら精一杯のエールを送るのだった。
一方そのころ、鬼岩城のハドラーの前には、「魔王軍の死神」の異名を取るバーン直属の殺し屋・キルバーンとその使い魔であるピロロがやってきていた。ダイとの戦いに負け続きのハドラーに、脅しをかけるキルバーン。そのとき、超竜軍団長の竜騎将バランが、ダイとの戦いに名乗りを上げる。バランはハドラーに、そしてダイと自分を会わせまいとするハドラーの企てを見抜いたと言い放つ。ダイが竜(ドラゴン)の騎士であることに気づいたのだ。ヒュンケルたちの追跡を逃れるために移動する鬼岩城の中で、魔王軍のさまざまな思惑がぶつかり合う――。

出典:「」公式ページ

フレイザードを倒し復興していくパプニカで、ダイもポップも修行を続けています。
その中で、魔弾銃を失ったことで落ち込んでいるマァム。
彼女はダイやポップの修業を見ていましたが、そこでマトリフの言葉を聞きある決意をします。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました