スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】Dr.STONE2期の8話ネタバレ感想 | 許された時間は、僅か20秒!奇跡の洞窟制圧戦、開始!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「Dr.STONE2期」の8話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて8話を振り返ってみましょう。

ついに幕を開ける、奇跡の洞窟奪取の戦い!わずか20秒という限られた時間で、千空たちは無事勝利を収めることが出来るのでしょうか……!通信機の存在に気付いた司の行動も気になります!
 
 
   
  

 

盛り上がりも最高潮です!

 

[Dr.STONE2期動画情報]

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE2期』前回の第7話のあらすじと振り返り

『Dr.STONE2期』前回の第7話のあらすじと振り返り

出典:「Dr.STONE」公式ページ

決戦の時に備え、偽リリアン作戦で着実に司帝国の人員を寝返らせる千空たち。しかし、作戦における唯一の懸念人物・羽京に行動を勘付かれてしまいました。世紀末なメンバーばかりじゃなくて安心しました……!何人ぐらい仲間に出来たんですかね。彼らがどういう風に活躍してくれるかも期待ですね!

ゲンの演技を見抜いた羽京でしたが、千空たちにある交渉を持ち掛けます。彼は千空が杠に託した任務を知っており、誰も死なせたくないという想いを打ち明けました。これは……杠しか出来ねえわ……!そして羽京……!素晴らしい考え方を持った人物です……!彼の過去の映像が一瞬映りましたが、想像が膨らみますね!

羽京の提示した犠牲者を出さないという条件を呑み、千空は彼も味方に引き入れます。そうして戦力の整った千空たちは、勝敗の趨勢を決める奇跡の洞窟へ出撃しました。司がとうとう通信機の存在を認知しましたが、どう対処するか楽しみですね!そしてたった二十秒の決戦の行方が気になります……!

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】Dr.STONE2期の第7話あらすじ・ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE2期』の第8話ネタバレ・あらすじ・感想

大樹・杠とも合流を果たし、ついに、VS司帝国の最終決戦に臨む千空達。火薬や復活液の材料、硝酸が取れる〝奇跡の洞窟〟を攻め落とす為に、与えられた時間はわずか、20秒!誰一人死なない無血開城をルールに、パワーアップしたスチームゴリラ号で一気に突撃!音響兵器・ショックキャノンも投入し、奇跡の洞窟・完全制圧に挑む!!

出典:「Dr.STONE」公式ページ

戦いの行方を左右する、奇跡の洞窟を奪取する戦いが幕を開けます。様々な化学道具を駆使し、限られた時間で千空たちは見事、誰一人犠牲者を出すことなく洞窟を制圧することに成功しました。なんて鮮やかな手際……!千空の頭脳が凄いのはもちろんですが、石神村の人たちの強さを再認識です!

喜ぶ間もなく火薬の作成に取り掛かろうとした千空でしたが、そこに司と氷月が現れます。二人は到着してすぐさま火薬の原料を破壊し、千空たちを絶望的な状況に追いやりました。羽京の耳をぶっちぎって現れるとか、二人ともどんな脚力なんだ……!超強いコハクと金狼、マグマでさえ戦力差を実感するとか、やはり恐ろしい強さなんですね……!

絶望的な状況に陥ってなお、希望の灯を消すことのない石神村の面々。彼らが司と氷月を食い止める間に、千空とクロムは奇跡の水のもとへ駆け出しました。大樹にとっては思い出したくない記憶でしょうね……。あの時は敗北してしまいましたが、今度こそは勝利を……!
 
 
  
  

 

やはり立ちはだかるのはこの二人ですか……!

奇跡の洞窟制圧戦

改めて状況と作戦を確認し、千空たちは作戦の要である砲弾を撃ち込みます。スチームゴリラ号が罠を破壊しつつ進撃し、僅か20秒の決戦が幕を開けました。様々な狩りや戦闘を経験しているはずのコハクでさえ汗を垂らしているなど、戦闘の緊張感がよく伝わってきます……!20秒は短すぎる……!

カーボンの盾を持つ大樹を先頭に、コハクたちは洞窟の護衛を次々と捕縛していきます。音爆弾を活用したショックキャノンにより、かなりの人数を削りました。大樹のメイン盾、似合いすぎてる……!こんな時でも大樹はいつも通りで、彼の心根の優しさをよく感じます!

大樹の機転を利かせた攻撃で、ついに最後の護衛たちが倒れます。ニッキーたち協力者の活躍もあって、千空たちは犠牲者を出さずに奇跡の洞窟を制圧することに成功しました。無事制圧完了!激戦でしたね……!勝負を決めた大樹の最後の攻撃、あれは彼にしか不可能でしょうね……!
 
 
   
  

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Dr.STONE
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
スポンサーリンク
アニメ感想部

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました