【アニメ】はたらく細胞BLACKの1話ネタバレ感想 | 喫煙で起こる体の中のはたらく細胞達の戦争!?

はたらく細胞BLACK

アニメ「はたらく細胞BLACK」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて1話を振り返ってみましょう。

「はたらく細胞」は健康的な生活を送っていても起こる身体の異常を細胞を擬人化してアニメ化していますが、「はたらく細胞BLACK」はいつ病気になってもおかしくない、身体に悪い生活を送っている人の細胞を擬人化したアニメになります。

 

今回は喫煙をしている人の体内で起こる身体の異常状態時の細胞の働きを見れるのですが、人間の世界でも当たり前に行われている新人の研修があまりにも残酷すぎてさすがBLACK。ある意味健康な生活を送っている人でも参考になるアニメスタートします!

アメリア
アメリア

健康的な身体より大変なんだね

>> はたらく細胞BLACKのネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想

『はたらく細胞BLACK』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

「僕たちは一体何のために働いているんですか!」
ここは人間の体の中。赤芽球から脱核した赤血球たち達は、明るい雰囲気の職場紹介映像を見た後に研修に向かうが、そこに待っていたのは、何も教わらないまま先輩から無茶振りされる仕事の数々。とまどいながらも体中へ酸素の配達に向かう赤血球(AA2153)だったが、職場紹介映像で見た細胞たちは、過酷な労働によりすっかり変わってしまっていた――

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

赤芽球から生まれた赤血球たちが、初めて仕事をするという流れで始まり、はたらく細胞BLACKの最初を語るにはふさわしいです。どういう風な働き方をするのかを映像で見せられるのも人間世界とそっくりですよね。

 

そして実際に現場で働く際は、先輩の指導も満足になくいきなり実践。これで新しくできた赤血球たちは次々に再起不能に。もうそこは戦場と化しています。酸素を運ぶという大事な役割を担っている赤血球だけに身体の状態が悪いと働くのも大変です。

アメリア
アメリア

いきなり過酷な現場を任せられるなんてかわいそう

これじゃ酸素を運べない

これじゃ酸素を運べない

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

喫煙者の身体の中なので、血管内は体に悪い物質があって赤血球たちが通る道が狭い。特に酸素を運ばないといけないとなると2つの赤血球たちが普段通れるのに、1人しか行けないなど、とにかく悪環境。そんな中次々に新しい赤血球たちは暴走して肺炎球菌の餌食に。

アメリア
アメリア

これはさすがにきついね

肺炎球菌を退治する白血球

肺炎球菌を退治する白血球

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

次々にやられる赤血球たちを救うために現れた白血球。赤血球は白血球の助けをかりて、なんとか酸素を身体中に運ぶために必死に行動します。

アメリア
アメリア

赤血球たちって凄く頑張っているだね

 

先輩!?

先輩!?

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

赤血球として酸素を運ぶ役割があるのですが、先輩は動脈の方に向かうといい、さらに悪環境の中突っ込んでいきます。新米の接血中は比較的安全な肺への酸素供給を命令します。

 

しかし、先輩の向かっている動脈はすでに一酸化炭素が充満していて、ヘモグロビンと結合することで動けなくなるのですが、それでも先輩は酸素を運ぶために必死に走っていきます。

アメリア
アメリア

先輩カッコいいけど、無謀すぎるよ

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』第1話のTwitterでの評判・口コミ

 

#はたらく細胞BLACK

 

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』第1話を見た感想まとめ

 

今回アニメを見て思ったのはブラック企業。まさに人間の世界でも問題になっている企業問題ですが、人間自身もストレスや健康に悪い生活(喫煙など)をしているとさいぼう達もブラック企業になるんですね。

 

正直ただ身体に悪いだけという考えでいたので、今回のアニメを見て健康的な生活を送ることは、自分だけじゃなくて、体の中のさいぼう達も救う事になるんだと感じて生活習慣見直すこと決めました!次回は飲酒で、これは結構皆に関することですよね。凄く楽しみです。

 

 

→ 次の話 【アニメ】はたらく細胞BLACKの第2話ネタバレ感想

 

 

>> はたらく細胞BLACKのネタバレ感想まとめ

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』各回のネタバレ感想記事の一覧

1話 2話 3話 4
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話

コメント

タイトルとURLをコピーしました