スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】はたらく細胞BLACKの7話ネタバレ感想 | エナジードリンクの反動ですごい

はたらく細胞BLACK
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「はたらく細胞BLACK」の7話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて7話を振り返ってみましょう。

今回は、主人公の赤血球(AA2153)が最優秀新人賞を受賞するという大きな転機。

しかし、同期の赤血球(AC1677)は逆に酸素を運んで、偶然とはいえ活性化酸素に変化させたことで、若い細胞を死なせてしまったという事態を引き起こします。

 

落ち込む中、先輩赤血球が元気になれる場所にということで案内されますが、それは私たちが疲れた時によく飲んでいるエナジードリンク。

しかし、体に元気にするドリンクが逆に体に負担をかけます。

 
   
  

 

エナジードリンクって体にいいと思ってた

 

 

 

 

>> はたらく細胞BLACKのネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』前回の第6話のあらすじと振り返り

『はたらく細胞BLACK』前回の第6話のあらすじと振り返り

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

前回は、酸素を運ぶ赤血球が血液内を歩ている時に付着した汚れを綺麗にしてくれる腎臓の中にある糸球体の話でした。

糸球体は、汚れた赤血球が頻繁に来るため休む暇がない状態。

 

そして汚れは尿を介して外に出されているわけですが・・

今回血管内部を破壊する大きな結晶である尿路結石が出現。

 

当然、血管内を破壊されて、赤血球は血尿として排出され体内は大変な状態です。

さらには、尿路結石を破壊するために器具が体内に入ったことにより、尿路から細菌がうじゃうじゃ入ってくる始末。

 

しかし、そんな大変な状態でも腎臓の糸球体は血液の汚れをろ過する作業を続けており、危険な状態です。

今回は、腎臓の大切を知ることができます。

 
   
  

 

腎臓って凄く大変なんだね

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】はたらく細胞BLACKの第6話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『はたらく細胞BLACK』の第7話ネタバレ・あらすじ・感想

『はたらく細胞BLACK』の第7話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

「そのうち来るさ、あいつは俺達と同じ匂いがする」

赤血球(AC1677)が運んだ酸素が、偶然「活性酸素」に変化し、若い一般細胞を老化させてしまう事故が発生する。事故とは言え、一つの細胞を老化させてしまったことに負い目を感じる中、新人赤血球たちの表彰式で赤血球(AA2153)が最優秀新人賞に選ばれる。同期との間についた大きな差を痛感していたところへ、お前の気持ちはよくわかるという先輩赤血球が現れる。先輩赤血球は「元気になれる所」へと、赤血球(AC1677)を誘い出す。

出典:「はたらく細胞BLACK」公式ページ

いつもの頑張りが認められて、赤血球(AA2153)は最優秀新人賞を受賞しますが、同期の赤血球(AC1677)は酸素を運ぶことで偶然とはいえ活性化酸素を発生させてしまい若い細胞を壊してしまいます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました