【アニメ】呪術廻戦の19話ネタバレ感想 | 虎杖と東堂は超親友(ブラザー)!

【アニメ】呪術廻戦の19話ネタバレ感想 | 虎杖と東堂は超親友(ブラザー)! 呪術廻戦

アニメ「呪術廻戦」の19話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて19話を振り返ってみましょう。

まるで映画のようなクオリティです!アクションの迫力がすごくて体感時間が5分でした。

伏黒や真希、狗巻の戦いや虎杖、東堂のバトルもありましたね。

アメリア
アメリア

すごかったです…!

いつの間にか虎杖と東堂があんなに息が合っていてびっくりしました

 

>> 呪術廻戦のネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』前回の第18話のあらすじと振り返り

京都姉妹校交流会で伏黒と対峙したのは加茂。
加茂は自分の血を操る術式「赤血操術」。
伏黒は「十種影法術」という影を媒介にして式神を召喚するものです。
一方、狗巻はある呪霊と対峙していました。

 

前回の話 ⇒【アニメ】呪術廻戦の第18話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』の第19話ネタバレ・あらすじ・感想

交流会に突如乱入し、襲い掛かる特級呪霊・花御。対峙する伏黒、狗巻、加茂は花御の攻撃を防ぎながら、帳の外に向かって走る。追い詰められる3人だったが、そこに真希が参戦し、伏黒との連携で攻め立てる。しかしそれでもなお、特級呪霊である花御の圧倒的な戦闘力を前に窮地に立たされてしまうが――。

出典:「呪術廻戦」公式ページ

伏黒、加茂、狗巻に襲いかかるのは特級呪霊・花卸。
先生や西宮など他の呪術師と合流しようと動きます。しかし、狗巻の喉が傷つき呪言を発することができません。徐々に追い詰められていく中、3人の前に真希が現れます。伏黒と連携をとりながら、花卸と攻撃を繰り出しますが…。

追い詰められる3人

特級呪霊・花卸と対峙したのは伏黒、加茂、狗巻の3人です。
他の呪術師と合流をしようと動く3人でしたが、狗巻の喉に限界が訪れ追い詰められていきます。
3人の前に現れたのは真希です!

アメリア
アメリア

どれだけ花卸が強いのかよく分かりますね

力の強い呪霊であるほど、呪言師も喉のダメージが大きいんですね…

黒閃!

真希は呪具遊雲を武器に、花卸に立ち向かいます。さらに伏黒と連携し攻撃。

しかし花卸の攻撃により、伏黒に種をつけられてしまいます。
呪力を使うたびに芽を伸ばす種のようで追い詰められていく伏黒。

一方、真希にも動揺が走り隙きができてしまいます。

 

ピンチの中、現れたのは虎杖と東堂です!

 

少年院の任務と比べて虎杖が頼もしくなったのがよく分かりますね。

東堂は虎杖に「黒閃」を繰り出すように指示します。

なかなか上手く黒閃を出せない虎杖にアドバイスし、素直に受け取る虎杖。

初めて黒閃を繰り出すことが出来ました!

アメリア
アメリア

虎杖の成長速度が凄いですね…!

黒閃のシーンがかっこよかったです

マイ・ブラザー!

花卸が本腰を入れて戦います。

花卸が繰り出す木の攻撃を交わす2人のシーンの動きが素早くかっこいいです。

虎杖と東堂は会ってそこまで時間が経っていないのに、まるで前から知り合いだったかのような息のピッタリ具合に驚きしますね…。まさに「ブラザー」です。

 

アメリア
アメリア

東堂の術式は一体なんなのでしょうか!気になりますね

スポンサーリンク

『呪術廻戦』第19話のTwitterでの評判・口コミ

#呪術廻戦

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』第19話を見た感想まとめ

 

 

黒閃のエフェクトがかっこよくド派手でしたね!

花卸の攻撃を避ける虎杖、東堂のシーンは本当に映画を見ているかのような動きですごかったです。

アメリア
アメリア

20話では東堂の術式が見れそうですね

術式を解禁しどんな戦いを見せるのか気になります

→ 次の話 【アニメ】呪術廻戦の第20話ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】呪術廻戦の第18話ネタバレ感想

 

 

>> 呪術廻戦のネタバレ感想まとめ
スポンサーリンク

『呪術廻戦』各回のネタバレ感想記事の一覧

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20
21話 22話 23話 24話

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました