スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】キミ戦の8話ネタバレ感想 | 超越の魔人が強すぎる!

【アニメ】キミ戦の8話あらすじ・ネタバレ感想 | 超越の魔人が強すぎる! キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「キミ戦」の8話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて8話を振り返ってみましょう。

使徒聖であるリシャさんが潜入して見事超越の魔人サリンジャーを牢獄から解放することができました。サリンジャーは先代の女王から星霊を奪おうとした罪によってつかまっていました。よって牢獄から出たあとはアリスが狙われる可能性が高くなります。またアリスは再び牢獄に閉じ込めるために戦う必要があります。帝国側の意図と皇庁側の意図で分断してきましたね。
 
 
  
  

 

星霊使いの中にも反乱分子がいるものですね

 

 

>> キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦のネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『キミ戦』前回の第7話のあらすじと振り返り

【アニメ】キミ戦の7話ネタバレ感想 | アリスの裸をまじまじと見れるイスカが羨ましい!

出典:「キミ戦」公式ページ

リンがイスカに眠り薬を飲ませたことで捕獲することに成功し、ネビュリス皇庁の領地にまで連行することに成功しました。リンはアリスがいない間を見計らってイスカを殺そうとしますが、アリスにみつかり失敗します。一方で連れされれたイスカを救出しようとN07部隊がネビュリス皇庁に潜入します。潜入を先導するのは使徒聖であるリシャさんでした。しかし、リシャさんはイスカを助けるつもりはなくて、超越の魔人サリンジャーを牢獄から解放する目的で潜入しています。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】キミ戦の第7話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『キミ戦』の第8話ネタバレ・あらすじ・感想

『キミ戦』の第8話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「キミ戦」公式ページ

璃洒の策によって、最悪の魔人サリンジャーが脱獄。 ミスミスたちは騒乱に乗じて監獄塔からの脱出を図るが、鎮圧部隊に包囲されつつあった。 状況を危険視したアリスは、サリンジャーを止めようと監獄塔へと急ぐ。 ただ一人、囚われの帝国兵イスカだけが取り残される。 状況に必死で抗うイスカが取った行動は……。

出典:「キミ戦」公式ページ

リシャが魔人サリンジャーと話をして牢獄から解放する代わりに皇庁に復讐をするように交換条件を提示します。サリンジャーはプライドが高くていけすかないやつですが、純血の星霊を所持しておりかなり強い星霊使いです。リシャは無事にサリンジャーを脱獄させたので囮として送り込んでいたミスミス隊長たちに撤退するように命令します。アリスはサリンジャーを押さえるためにイスカを置いて監獄に向かうのでした。イスカは手錠をはめられていましたがアリスの粋な計らいによって手錠を解除することができました。
 
 
  
  

 

ハンカチに鍵を隠すのはおしゃれですね

囮として使われたN07部隊

囮として使われたN07部隊

出典:「キミ戦」公式ページ

N07部隊はリシャさんにこの監獄にイスカがいると聞かされて侵入していましたが、実はイスカはホテルにいたので監獄には無駄足となりました。リシャさんの思惑では、自分の任務はサリンジャーを脱獄させることだったので、イスカを助けにいくとだましておいて、実は囮として使われていたのです。それを知ったミスミス隊長たちは監獄から撤退を余儀なくされます。この監獄には星霊使いがつかまっているので、脱獄した星霊使いのふりをして、ジンジンが撃退する囮作戦を実行して見事成功し脱出します。
 
 
   
  

 

ミスミス隊長の体をはった囮はしびれました

 

アリスが残したハンカチに鍵があることに気づくイスカ

アリスが残したハンカチに鍵があることに気づくイスカ

出典:「キミ戦」公式ページ

ミスミス隊長からイスカの携帯に連絡が入り状況確認をします。N07部隊はイスカを救出するためにまずネビュリス皇庁に侵入していたことに驚きます。さらに監獄にいることを聞き、イスカはホテルの最上階にいることを伝えます。ジンジンからそこから動けるかきかれますが、手錠をかけられていて動けないと伝えますが、さきほどアリスが残してくれたハンカチを確認するとなんとそこに手錠の鍵が隠されていたのでした。アリスは命をかけてサリンジャーを倒しにいったさいに、敵であるイスカに力を貸してとお願いしかけました。それほどアリスは切羽詰まった状態だったのでしょう。
 
 
  
  

 

アリスの粋な計らいはおしゃれですね

 

サリンジャーまじ強すぎ!

サリンジャーまじ強すぎ!

出典:「キミ戦」公式ページ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました