スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】憂国のモリアーティの8話ネタバレ感想 | モリアーティが仕掛けたシャーロックホームズへの罠

【アニメ】憂国のモリアーティの8話あらすじ・ネタバレ感想 | モリアーティが仕掛けたシャーロックホームズへの罠 憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「憂国のモリアーティ」の8話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて8話を振り返ってみましょう。

ノアティック号でシャーロックホームズが只者ではないと感じたモリアーティ教授はシャーロックホームズに罠を仕掛けていきます。うまくいけばそのまま始末ができるし、できなくてもシャーロックホームズが危険視するのに値するかどうかを見極めることができます。また今回はワトソン君とシャーロックホームズの出会いのシーンもあって楽しかったです。
 
 
  
  

 

モリアーティ教授の罠にはまるのかどうかですね

 

 

>> 憂国のモリアーティのネタバレ感想まとめ

 

スポンサーリンク

『憂国のモリアーティ』前回の第7話のあらすじと振り返り

【アニメ】憂国のモリアーティの7話ネタバレ感想 | エンダース伯爵が船上のバレエのステージで観客の前で殺人を演出される!

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

モリアーティ教授はノアティック号で貴族という階級制度をなくすための第一歩として貴族が平民を殺すシーンを多くの人に見せるのが目的でした。そのために舞台となったノアティック号で、ターゲットはエンダース伯爵です。エンダース伯爵は森の中で人狩りをするほど平民のことを見くだしています。その特徴を活かして女の子に飲み物をかけさせたり、別荘が燃えただのの情報を与えイライラさせてあとはステージまで導きます。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】憂国のモリアーティの第7話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『憂国のモリアーティ』の第8話ネタバレ・あらすじ・感想

『憂国のモリアーティ』の第8話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

ベーカー街221B。アフガン戦争帰りの元軍医のジョンは、大家であるハドソンのお眼鏡に適い、諮問探偵シャーロックの同居人となった。しかし出会って早々、なぜかシャーロックがドレッバー伯爵殺害容疑で逮捕されてしまう!現場には血文字でシャーロックの名前が残されていたほか、証拠品も多数見つかったというのだが…。

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

シャーロックホームズは大家さんに家賃の滞納をしていて家から追い出されようとしています。そこにスタンフォードがやってきて同居人を探してはどうかて提案されます。そこでやってきたのがアフガニスタンからのかえってきた元軍医のワトソンでした。大家さんは厳しいのですが、ワトソンと意気投合しなんとか同居することができそうになったのですが、ここで伯爵が殺人されダイイングメッセージでシャーロックホームズの名前が書かれていたことから容疑者として逮捕されてしまいます。
 
 
  
  

 

容疑者としてシャーロックホームズは逮捕されてしまいます

警部がコンサルティングをお願いしに来たと思いきや違った

警部がコンサルティングをお願いしに来たと思いきや違った

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

シャーロックホームズが家賃を払うことができなかったのは、コンサルティングをやっていて事件が起きないと収入がないからです。そこでパブに警部がやってきたので出番と思いはりきるのですが、シャーロックホームズが容疑者として警部に連れていかれてしまいます。二人も心配になってついていきます。犯行時間にはアリバイがあるので犯人ではないのですが、嫌われている警部補からは犯人に仕立てあげられようとします。
 
 
  
  

 

シャーロックホームズがピンチになります

 

現場検証をして犯人の特徴を推理していく

現場検証をして犯人の特徴を推理していく

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

容疑者として捕まっているシャーロックホームズは現場検証をすることによって犯人がどんな人物なのかを推理していきます。ワトソンは元軍医ということもあり死体の確認をスムーズに行うことができます。ワトソンによると犯人は即死だったそうなので、即死の犯人がダイイングメッセージを残すのは難しいのと、文字が犯人の指よりも太いことから、犯人は殺害された伯爵よりも大柄であること、そして殺しは素人であるところまで絞ります。
 
 
  
  

 

さっそくワトソンとのナイスコンビネーションですね

 

シャーロックホームズの観察直に感心するワトソン君

シャーロックホームズの観察直に感心するワトソン君

出典:「憂国のモリアーティ」公式ページ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました