スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】リゼロ1期(新編集版)の16話ネタバレ感想 | 理解を得られないスバルの苦悩

【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の16話あらすじ・ネタバレ感想 | 理解を得られないスバルの苦悩 Re:ゼロから始める異世界生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の16話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の16話を振り返ってみましょう。

自分たちの前に立ちふさがる魔女教の存在を目の当たりにしたスバル。既に二度の死を与えられた彼の胸中には、ペテルギウスへの怒りが渦巻いていた。
 
 
  
  

 

魔女教について知ったスバルは、三度目のリスタートでどんな行動をとるのでしょうか

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第15話のあらすじと振り返り

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第15話のあらすじと振り返り

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

一人で屋敷へ戻ったスバルの眼前に広がる、信じがたい光景。絶望を感じる中でエミリアを探しますが、辿り着いた先は氷漬けの場所でした。遅すぎた、と響く誰かの声を耳にしながら凍り付くスバル。気付けば、ルグニカの果物屋の前に立っていました。心の壊れたスバルを案じて、レムがに連れられ二人で屋敷へ戻り始めます。しかし道中、謎の集団に襲撃されました。

その集団の正体は、レムにとっても因縁深い魔女教の信徒たち。彼らの手でスバルは連れ去られます。目を覚ましたスバルの前には、怠惰の大罪司教ペテルギウスと名乗る男がいました。そこに、傷だらけになりながらもスバルを助けにやって来たレムが現れます。襲い掛かる教徒と戦いますが、ペテルギウスの不可視の攻撃によってとどめを刺されました。

その場から魔女教徒たちは去り、スバルだけが残されます。とどめを刺されたと思われたレムが、最後の力を振り絞ってスバルに掛けらた拘束を解きました。彼女をかかえ屋敷へ向かったスバルでしたが、時すでに遅く、エミリアを失ったパックによって再び命を散らされます。再度死に戻りしたスバルの瞳には、ペテルギウスの怒りの炎が燃えていました。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の第15話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第16話ネタバレ・あらすじ・感想

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第16話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

再びルグニカの果物屋の前で目を覚ましたスバル。八方塞がりのような状況をどうにか打破しようとスバルはクルシュに助けを求めるが、にべもなく断られてしまう。プリシラやアナスタシアも同様の反応を示し、ただ助けて欲しいと求めるばかりのスバルの願いを聞き入れてくれる者は誰もおらず、ただ時間だけが過ぎていく。せめて事が起きる前にエミリアたちを連れ出すことができればと、スバルはレムと共に竜車でロズワールの屋敷へ向かう。

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

死に戻ったスバルはクルシュの邸宅へ戻り、彼女に自らが見たものを伝え協力を頼みます。しかし願いは受け入れられず、スバルは他の協力者を探すため、レムとともにクルシュのもとを離れます。スバルは一縷の望みに賭けプリシラのもとを訪ねますが、彼女も望みを聞き届けることはしませんでした。

苛立つスバルの前に現れたのは、これまた王候補の一人であるアナスタシア。スバルは彼女にも同様の依頼をします。交渉を通して、自分が利用されたことにスバルは気付きました。腹を立てるスバルでしたが気持ちを切り替え、魔女教の襲撃よりも前にエミリアたちを避難させるべく、レムとともに屋敷へ戻ることにしました。

屋敷へ急ぐ二人の前に、野営をする御者の集団が現れます。その中の一人、オットーの言葉で竜車を使って村人を避難させることをスバルは考えつきました。彼らに依頼してメイザース領へ向かいます。道中で突然、一台の竜車が消え去って疑問を抱くスバル。オットーの何事もなかったような態度を訝しんでいると霧が濃くなり、光を照らしたスバルの目には、隣にある巨大な瞳が映りました。

 
   
  

 

王選候補者のみなさん、シビアな態度ですね!

助力を求めて

助力を求めて

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

再度死に戻りしたスバルは、レムとともにクルシュの邸宅へ戻ります。スバルの顔を見てヴィルヘルムは何かを感じ、クルシュとの会談の場を設けました。自分の見たものを正直にクルシュに伝え、助力を求めるスバルでしたが、クルシュは提案を承諾しませんでした。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました