スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】リゼロ1期(新編集版)の20話ネタバレ感想 | 巨大魔獣・白鯨との戦い、開戦

【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の20話あらすじ・ネタバレ感想 | 巨大魔獣・白鯨との戦い、開戦 Re:ゼロから始める異世界生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の20話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の20話を振り返ってみましょう。

スバルの情報通りに、討伐隊の前に出現した白鯨。四百年もの間人々を苦しめてきた魔獣との戦いが、幕を開けました。

 
   
  

 

先代剣聖の命を奪ったという白鯨。どれほどの強さなんでしょうか。

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第19話のあらすじと振り返り

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第19話のあらすじと振り返り

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

レムによって立ち上がったスバルは、クルシュに同盟を申し込みます。死に戻りで掴んだ情報を基にして、白鯨の出現日時を軸に交渉をするスバル。事前にアナスタシアとラッセルの協力を取り付けていたこともあって、クルシュはスバルの提案をのみ交渉は成功しました。

白鯨の討伐へ向けて、同盟は準備を進めます。アナスタシアお抱えの鉄の牙に、白鯨に縁のある老兵なども参加し、戦いに向け士気の高まる同盟。一晩で用意を整え、同盟成立の翌朝、その夜フリューゲルの大樹に出現する白鯨を目指して、部隊は進み始めました。

白鯨の出現前に大樹のもとへ到着し、同盟は戦いに備えます。陣形を組んだ討伐隊はその出現時刻に、スバルの携帯から流れる音楽を聞きました。音が響く中、満月に照らされる空に白鯨が出現します。躊躇なく飛び出して一撃を加えたスバルとレム。クルシュが号令をかけ、戦いの幕が上がりました。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の第19話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第20話ネタバレ・あらすじ・感想

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第20話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

自らの持てる全てを注ぎ込み、自らができる限りを尽くしたスバル。その思いはクルシュの心を捉え、クルシュとの同盟を勝ち取ることに成功する。さらにアナスタシアの協力も得て、白鯨との戦いに臨むスバルたち。大気が震えるほどの咆哮を轟かせ、その巨躯を上空に現す白鯨。そんな白鯨を真っ直ぐ見据えるヴィルヘルムは、白鯨との間にある因縁を思い返し、白鯨と相対するこの日をただひたすらに夢に見ていたと剣を構える。

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨が姿を現し、始まったその討伐戦。ヴィルヘルムは、白鯨によって命を落とした妻、先代剣聖のことを思い返しながら戦いに臨みました。レムの攻撃を皮切りに、討伐隊は先制攻撃を仕掛けます。多彩な攻撃をぶつけるも、第一波ではその巨体を地に引きずりおろすことは叶いませんでした。

攻撃の手を緩めない討伐隊でしたが、白鯨が突如その眼を変色させます。叫びとともに体から霧を吹き出され、再び周囲が霧に包まれました。攻撃を受けたものの存在を抹消する、消滅の霧を放つ白鯨。討伐隊はその霧によって、一個小隊分の被害を被りました。さらに白鯨は、精神に被害を及ぼす叫びで部隊を混乱に陥れます。スバルは白鯨の注意を逸らすべく、魔女の残り香を強めて地竜を走らせました。

匂いに反応し執拗にスバルを追う白鯨を、ヴィルヘルムや鉄の牙が攻撃します。それでも止まらない白鯨でしたが、突然上空へ舞い上がりました。様子を見るスバルたちに落ちてくる消滅の霧を、それぞれ辛うじて回避します。回避の隙をついた白鯨はヴィルヘルムを飲み込み、スバルを庇ったリカードに傷を負わせます。スバルとレムが空を見上げると、そこには何故か三体の白鯨の姿がありました。

 
   
  

 

めちゃくちゃ攻撃されてるのに怯まない白鯨!頑丈すぎませんか!

攻撃、第一陣

攻撃、第一陣

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨を前にして、ヴィルヘルムは自らの過去を思い出していました。剣の鍛錬をするため訪れた人気のない場所で、赤髪の女性と出会います。手招きされ、彼女のもとへ歩み寄るヴィルヘルム。女性は彼に、花は好きか、と問いかけました。

追想を終え、白鯨との戦いが始まります。先陣を切ったスバルたちに続き、討伐隊は攻撃を始めます。夜払いによって辺りから夜闇は消え去り、白鯨はその姿を白日の下に晒しました。改めてその姿を目の当たりにしたスバルは恐怖を感じつつも、囮の役割を果たすため動き始めます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました