スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】リゼロ1期(新編集版)の5話ネタバレ感想 | 約束した朝を求めて

【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の5話あらすじ・ネタバレ感想 | 約束した朝を求めて Re:ゼロから始める異世界生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の5話を振り返ってみましょう。

ロズワールの屋敷で使用人として働き始めたスバルでしたが、五度の夜を超えた朝、目を覚ますと死に戻りで初日に戻ってしまっていました。一体何が起こったのか分からないまま、初日からのスタートとなるスバルでした。

 
   
  

 

眠っている間に死んでしまうなんて、恐ろしいですね……

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第4話のあらすじと振り返り

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

エルザとの戦いを終えて、見知らぬ部屋でスバルは目を覚まします。部屋を出て無事を喜びつつ廊下を歩き、金髪の少女が佇む部屋へと入ります。問答の末気絶させられたスバルは、もう一度先ほどの部屋で目を覚ましました。

部屋にいた二人のメイド、青髪のレム、赤髪のラムと言葉を交わし、訪ねてきたエミリアとともに屋敷の庭で交流します。当主ロズワールが帰ってきて話を聞かされ、エミリアがルグニカの王候補の一人であることを知ります。彼女を救った褒美に、スバルは使用人として雇われることとなりました。

屋敷での生活を始めて五日目の夜、スバルはエミリアと遊びに行く約束を取り付けます。しかし、翌朝目を覚ますと、呼び方がお客様に戻っているレムとラムがいて、自らの手の仕事中に負った傷が無くなっていることに気付きました。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の第4話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第5話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々仕事をこなし、ついにはエミリアとのデートの約束を取り付ける。しかし約束の日が訪れることはなく、スバルは屋敷にやってきた初日に戻ってきてしまう。命を奪われるようなことなど何も起きていないのにも関わらず、いつの間にか死に戻ってしまったことに混乱するスバルだったが、エミリアとのデートの約束を果たすため、前回をなぞるように再び行動を始める。

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

なぜか起こってしまった死に戻りに、動揺を隠せないスバル。部屋を飛び出してベアトリスのもとを訪れます。気持ちを切り替えて、行動を開始することにしました。エミリアと話して、さらに気合を入れます。前回と同じ流れを辿ろうとしましたが、初日から流れは変わっていました。

ラムによる読み書きの指導を受けつつ、使用人としての生活を再び始めるスバルでしたが、何故かレムの視線を感じます。しかし、特に大きな問題があるわけではありませんでした。レムとラムと仲を深めつつ、ついに問題の五日目の夜を迎えました。

ラムたちの代わりにスバルの読み書きの指導に来ていたエミリアと、スバルは再びデートの約束をします。エミリアが部屋を去った後は前回の反省を生かして、眠らずに朝を迎えようとします。しかし、突然の吐き気に助けを求め廊下を彷徨うと、謎の音が聞こえてきました。突如吹き飛ばされ大けがをしたスバルは、そのまま攻撃を受け命を落としてしまいました。

 
   
  

 

最後のワンカットは、既視聴勢も未見視聴も衝撃必至ですね……

タイムリープのお約束攻略!とはいかず

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

不可解な死を訝しむスバルに、レムとラムはあくまで客人として接してきます。二人のもとを離れて、ベアトリスのもとを訪ねたスバルは彼女との会話で、ベアトリスの部屋を一度訪れたあとに巻き戻っていることに気付きます。何が起きたのかは分かりませんでしたが、謎を解明するために動き始めました。

ベアトリスのもとを離れ庭へ出たスバルは、そこでエミリアと出会います。彼女との会話で、気合を入れなおすスバル。前回と同じ流れをなぞって、再び使用人としての生活を始めるスバルでしたが、そこからは流れが変わっていました。
 
 
  
  

 

前回とは変わってしまった流れ。謎は深まるばかりです。

前回とは違う流れの中で

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました