【アニメ】キングダム 3期の4話あらすじ・ネタバレ感想 | 信に本能型の武将の才が現れ始める!

【アニメ】キングダム 3期の4話あらすじ・ネタバレ感想 | 信に本能型の武将の才が現れ始める! キングダム
出典:「キングダム 3期」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「キングダム 3期」の4話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「キングダム 3期」の4話を振り返ってみましょう。

今回はアツかったですね。

合従軍と秦軍の戦いが本格的に始まりましたが、麃公軍を上手くあしらう趙軍の慶舎は麃公と同じタイプだったとは思いませんでした。

信も力をつけていて麃公軍を救います。

そして函谷関に届く高さの井闌車が登場するなど、見どころ満載でした。

アメリア
アメリア

信の力が目覚め始めました

スポンサーリンク

『キングダム 3期』前回の第3話のあらすじと振り返り

【アニメ】キングダム 3期の3話あらすじ・ネタバレ感想 | ついに始まる!函谷関防衛戦

出典:「キングダム 3期」公式ページ

合従軍をとめる術はないとして、函谷関で全軍で迎え撃つと発表する昌平君。秦軍は函谷関へと集まります。

初めて見る函谷関の大きさに驚く飛信隊や秦軍の兵士たちですが、信は李牧のことを考え警戒していました。李牧は落とす自信があるから来るのだと。

確かに落とす術もなく来るはずありませんが、この巨大な函谷関をどうやって落とすのか想像できませんね。

そして全軍が配置につき突撃の合図を楚軍の将軍がしようとした瞬間に、麃公軍が突撃を開始。飛信隊もそれに続きついに戦が始まりました。

 

前回の話 ⇒   【アニメ】キングダム 3期の第3話あらすじ・ネタバレ感想

 

『キングダム 3期』の第4話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「キングダム 3期」公式ページ

開戦の号令とともに始まった函谷関攻防戦。麃公将軍の下に配属された飛信隊は、隊長・信に率いられ、将軍直属の“麃公兵(ひょうこうへい)”とともに対する趙軍(ちょうぐん)を次々と撃破してゆく。
ところが勢いに乗っていたはずの麃公軍の動きが突然止まる。実は麃公軍は、趙軍総大将・李牧(りぼく)が全幅の信頼を寄せる副将・慶舎(けいしゃ)が張り巡らした罠にいつの間にか絡めとられていたのだ。一転、追い詰められる立場となった麃公軍だが、そのとき、この窮地を救う者が現れる。

出典:「キングダム 3期」公式ページ

一番に突撃していった麃公軍ですが対する趙軍の副将・慶舎の策略により勢いをなくします。

一見本能型っぽくない慶舎ですが、まさか麃公のことを理解していて止められるとは思いませんでした。しかし信も本能型として覚醒しはじめ、後方の麃公軍を率いていくシーンはかなり良かったですね。

そしてもう一方の戦場では、合従軍が函谷関の高さに攻めあぐねていましたが呉鳳明が開発したという井闌車が登場し、なんと函谷関のてっぺんに届きました。

ここから一気に登ってこられるのでしょうか?

アメリア
アメリア

届いたとはいえ一台しかない井闌車で攻めきれるのでしょうか

本能型VS本能型!麃公を理解できる男

出典:「キングダム 3期」公式ページ

戦の口火を切って突撃する麃公軍は、ものすごい勢いで趙軍のなかを突破していきますが途中で勢いを緩めます。

麃公は自ら突っ込むことによって引っかかりを作っていたようですが、それに気づいていた慶舎はわざと何もせずに引っかかりとなる部分を作らないことで、麃公に付け入るスキを与えません。

何もしないことで麃公を封じられるとは驚きました。本能型に見えない慶舎が麃公のことをわかっているというのも面白いです。

本能型でも種類が違うんですね。

アメリア
アメリア

李牧でも読みづらいという麃公を理解しているとは驚きです

武将として目覚め始める信

出典:「キングダム 3期」公式ページ

勢いが止まったことで後方がピンチになっていましたが、そこに信が現れました。信も感で動くタイプでかなり早く行動していたようで、そのまま後方を率いて戦います。

信が本能型の武将として目覚めはじめるアツいシーンでした。千人将ですが一万率いることになるのが良いですね。

攻めるキッカケを作らせなかった慶舎ですが、信の行動が戦場を動かしたおかげで麃公がまた攻めに出るキッカケとなりました。

麃公も相手が同じ本能型だと気づいて、後方は信に任せて前に出るところがカッコいいです。

ここまでは動きを見せない慶舎ですが、いったいどんな戦い方をするのでしょうか。

アメリア
アメリア

信に武将としての才がではじめました

百年以上落とされたことがない函谷関!だがついに…

出典:「キングダム 3期」公式ページ

梯子が函谷関の半分しか届かず攻めることができない合従軍。この高さを登って攻めるのはできる気がしません。

桓騎軍は恐ろしい人間ばかりかと思っていましたが、オギコという面白キャラもいたんですね。しかも面白いから千人将というのも桓騎軍の意外なところでした。

合従軍はかなり大きい井闌車を持ってきていましたがそれでも届いていません。こんな大きさの井闌車よく作れるなと驚くほど巨大です。

しかしこれは呉鳳明が開発した特別製で、井闌車から橋を渡して函谷関に届いてしまいました。

まさかこんな仕組みで函谷関に届くようになるとは思わなかったのでかなり驚きましたね。すごい技術力です。

百余年落とされたことがないという函谷関に、ついに登れる可能性が出てきました。

合従軍はここからどう攻めるのでしょうか。

アメリア
アメリア

ものすごい井闌車が出てきました

『キングダム 3期』第4話のTwitterでの評判・口コミ

 

#キングダム 3期

 

『キングダム 3期』第4話を見た感想まとめ

今回は信が武将としての力を目覚めさせたり、函谷関に井闌車が届いたりとアツくなるところが多く、かなり続きが気になる展開でした。

ここから合従軍はどう攻めていくのでしょうか。麃公と慶舎の戦いも楽しみです。

アメリア
アメリア

わくわくする展開で目が離せません

 

 

→ 次の話 【アニメ】キングダム 3期の第5話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】キングダム 3期の第3話あらすじ・ネタバレ感想

コメント