恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~のハクが主人公へ送った手紙の内容は?

恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~
出典:「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~」公式HP
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~ハクが送った手紙について

恋とプロデューサーでは主人公を取り囲むイケメン4人の人間関係が気になるポイントの1つですが、アニメの中で主人公とハクのかなり気になる描写が描かれていましたので、今回はそちらをピックアップして考察していきます!

本編のネタバレを含みますので、ご覧になる際にはくれぐれもご注意下さい~!

アメリア
アメリア

クールなイケメン・ハクの手紙の謎を見ていこう~!

そもそも手紙って何の事?

そもそもハクの送った手紙って何の事?なんて疑問に思われているそこのあなた!

こちらはアニメ2話で初めてハクが登場した際に描かれたエピソードで、主人公とハクの出逢いのエピソードが描かれています。

もともと二人は同じ高校に通っていた先輩後輩の関係で、学生時代、かなりやんちゃをしていた先輩を遠くから眺めていたのが主人公でした。

ハクがヤンキーに暴力を振るうシーンが描かれていましたが、それはあくまで相手が悪いこと。

とはいえ高校時代の主人公はやはり怖いところがあったようで、出来るだけ関わり合いを持たないように平凡に暮らしていました。

そんなある日、何故かそこまで面識のないハクから呼び出しの手紙を受け、怖くなった主人公は手紙を無視してそのまま先輩と会うことが無くなります。

そして時は経ち現在、まさかの再開を果たした物の、特に手紙に触れてくることはないハクに対して、昔のことだからきっと忘れているだろうと安心しきっている主人公は、番組作成の為に捜査情報を教えてもらいたいと協力を願い出るのです。

こうしてみると主人公もかなり良い度胸をしているなぁと思いますが、果たしてこの血がついた手紙は、一体全体何が書かれていたんでしょうか…?

ケンカの呼び出し?

主人公が勘違いをしたのがこちらの理由です。

「もしかして自分が何かしでかしたのかも…」と思い、呼び出しを無視してしまいます。

ですが主人公が何かをしでかした所か、そこまで深く接点を持っているわけでも無かったため、アニメを見ている視聴者からしたらこの節はほとんど無さそうです。

アメリア
アメリア

さすがに女の子に手はあげないでしょう!

告白が濃厚

やはり手紙での呼び出しと言えば告白が濃厚です。

現在のハクと主人公の関係性を見ていると特に、ハクはさり気なく主人公を助けようとしているだけではなく、主人公を守るためにイボルバーの能力者であることも明かしてしまいます。

大切な人が相手だからこそ隠しておかないといけない事実もさらけ出し、主人公の為に奮闘する姿は、やはり主人公のことが好きである説が濃厚です。

学生時代の手紙も実は告白で、その呼び出しに応じなかったとは言え、今でも主人公のことを大切に思っている気持ちは変わらないと思われます。

高校時代から全く合っていないにもかかわらず、ハクは主人公を一目見ただけで主人公と認識。

対して主人公はハクのことはすっかり忘れている(というか過去の暴力的な性格を見ているのでまさか警察で働いているとは思わなかった)ほどなので、お互いの思いの強さにちょっと差があるみたいですね…。

アメリア
アメリア

主人公の天然が凄くてハクがちょっと可哀想…

当時から特殊能力者だったハク

そんなハクですが、現在は特殊警察に勤める警察官として信頼が厚く、かなり上のポジションに着いていることが伺えます。

イボルバーとしての能力があることもそうですが、もともと運動能力も高く頭も切れるタイプだからこそ、仕事でめきめきとその才覚を現したんでしょうね。

イボルバーとしての能力が目覚めたのは大人になってからではなく、主人公と出会っていた学生時代から、すでに能力を使いこなしていたようです。

風を操り空を飛ぶ

風を操ることが出来る能力を持っており、空を飛ぶことも出来るのもハクの特殊能力です。

自分が飛ぶだけでは無く人一人抱えた状態でも楽々飛んでいましたので、とんでもない力の強さであることが伺えます。

主人公がピンチに陥った時にも颯爽と登場し、主人公を抱き締めながら一緒に空を飛ぶ姿が素敵すぎましたね…!

能力が無くともかなり強いでしょうに、能力があるともう他とは比べものにならないほどの強さを誇ります!

アメリア
アメリア

空を飛べるなんてすごい!

学生時代に主人公が引くピアノに惹かれた?

そんなハクですがアニメ内では学生時代に主人公がピアノを弾いているシーンを、キラキラとしたまなざしで見つめている姿が描かれています。

この時空を飛ぶ能力を使って外からこっそりと除いていましたので、当然ながら主人公自体はまったく気が付いていません。

あくまでピアノを弾いていたのは一人の時と思っていますので、この思い出を今後共有するかどうかはさておき、ハクは主人公のピアノの音色がきっかけで主人公に興味を持った、もしくは一目惚れをしたのではないかと思われます。

今とは違って学生時代はポニーテールに髪を結んでおりアクティブな印象の主人公でしたが、そのギャップも相まってたしかにかなり可愛らしかったんですよね…。

学生時代のまだまだ若い男の子であれば、そのギャップに惹かれて一目惚れしちゃう可能性も全然あると思います。

主人公へ渡したGPS

2話の事件解決後、主人公にGPS付きのアクセサリーを渡したハク。

「よほど好きなんだね~」「警察がGPS渡すってどうなの?」「ストーカーかな?」なんて意見もありましたが、主人公は特に何の抵抗も無くアクセサリーを受け取っています。

アニメ内でもGPSがついている事を全く隠す気配がなく、渡すときに本人に伝えてしまっていましたが、主人公が意外と天然だったから良かったものの、一歩間違えたらかなり怖がられていたのでは…?

まぁ結果としてそのおかげで命拾いするようなシーンもあるでしょうし、主人公は何故か命を狙われていますから、できるだけ安全策は取っておくに超した事は無いですね(汗)

アクセサリーそのものは可愛らしかったですし、ついつい受け取ってしまう気持ちもわからないでもないかも…?

主人公はハクのことを好き?

確かに学生時代は恐れおののいていた主人公でしたが、現在ではハクが警察官になっていることはもちろん、自分の命を助けてくれたこともあり、少なくとも嫌いではないといえるでしょう。

物事をはっきり言えるタイプの性格をしていますから、もしもハクのことが嫌いだったらさすがにGPS付きのアクセサリーは受け取らないと思います。

恋愛感情があるかどうかはまた別問題になりますが、協力を仰ぐほどの信頼関係は出来ており、何かあったときには助けてもらえる、先輩として尊敬していることに変りはないでしょう。

ハクの手紙は告白である可能性が濃厚

こうしたことからハクが学生時代に主人公に送った手紙は、告白に関する呼び出しの手紙、もしくは手紙本体に告白の言葉が書いてあった可能性が濃厚であるといえます。

手紙に血がついていたことから主人公はかなりテンパってしまっていましたので、中をきちんと読んでいない可能性もありますからね…。

でももしも告白の手紙だとしたらさすがに血がついてしまった物はかき直して欲しいと願いたい所ですが…汗

ハクもしっかり者に見えてちょっと天然そうな所や、無口で物事がなかなか上手く伝わっていないような所もあるのが、すれ違いの原因だったかもしれませんね…。

ですがもしもまだ主人公のことを思っているのであれば、今後そのことについてまた触れられる機会が出てくるかも?

手紙のことは話題に出していないだけで実際は忘れていない可能性が高いと思いますので、主人公と二人のやりとりの時に果たして話題に上がってくるかどうかをチェックしたい所ですね!

コメント