【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

ログ・ホライズンシリーズの見る順番 | 時系列や各作品のあらすじ・見どころを解説

ログ・ホライズン

 

当然平和のために作られた存在がなくなることで、再び争いが始まる予感が…。

そして、ホネスティが「大地人と冒険者が一緒に暮らしていく」という指針をもとに、独立宣言をしたことでみんなの考え方も変わってきます。

 

そんな『ログ・ホライズン 円卓崩壊』の見どころを3つに分けて紹介します。

アメリア
アメリア

正しいリーダーの在り方を新しい円卓会議という形でしめしたよね

【見どころ①】円卓崩壊
【見どころ①】円卓崩壊

出典:Twiter

『ログ・ホライズン 円卓崩壊』はタイトル通り、平和のために作った円卓会議が崩壊するところは欠かせません。

また、「大地人と冒険者が一緒に暮らしていく」が達成できないと、ホネスティのリーダーであるアインスが謳ったことで、賛同者が集まります。

 

特に円卓会議で、ホネスティのリーダーであるアインスがアキバ公爵になり独立するシーンに関して、何故このタイミングでと思ってしまいました。

そして、同時にレイネシアの縁談が進むなど、裏で何かが動いているのではと思ってしまうシーンが…。

 

いきなり、いままで治安を維持してきた「円卓会議」が崩壊して、これからのアキバの大地人の在り方を考えるところは見どころです。

 

円卓崩壊については以下で詳しくまとめていますので是非参考にしてください。

ログ・ホライズンの「エルダー・テイル」の世界 | 円卓会議の仕組みについても解説
ログ・ホライズンの世界「エルダー・テイル」の世界を紹介。そして街の治安を維持する円卓会議についても解説
【見どころ②】新生円卓会議

アキバ公爵となったホネスティのリーダーアインスは、「アキバ統治府」を設立します。

そして、シロエはアインスと話し合ってなんとか円卓会議を維持しようと話しますが、崩壊したままでどうにもなりません。

 

そこで、アインスが提案したのは、「シロエ殿がリーダーになればいい」という内容でした。

アインスは、「リーダーであるクラスティがいないのならば、その代わりに起案者であるシロエ殿がリーダーになれば全て解決する」と考えたようです。

 

さまざまな想いのもと生まれたのが、新円卓会議「ガーディアン・ヴァルキュリー」。

シロエの助言もあり、レイネシアが自分の今までやってきたことを無駄にしないように、自身の意思で作った新たな円卓会議です。

 

確かに円卓会議は崩壊しましたが、新円卓会議が生まれるという是非見て欲しいシーンです。

【見どころ③】アインスとレイネシアの投票決戦

アインスが設立した「アキバ統治府」と、レイネシアが新たに作った円卓会議「ガーディアン・ヴァルキュリー」のどちらが統治者としてふさわしいか投票が始まります。

 

レイネシアは戦乙女の姿で、パレードを行い全てを新しくすることを表明します。アキバに問題あっても、ヤマトに不幸が迫っていても、関係なくみんなすごいという事を改めて認識させることで、みんなの気持ちが1つになります。

 

結果的にアインスは「アキバ統治府」の考えをすて、選挙を辞退しますが彼は今の円卓会議の在り方を変えるために、あえて独立を宣言して悪者になったのかもしれません。

 

これで、『ログ・ホライズン 円卓崩壊』は終了となりますが、リーダーの在り方を考えさせられる重要なシーンです。

 

まとめ

ログ・ホライズンシリーズのアニメを見る順番をまとめてみました。

結論としては時系列順(=公開順)で見るのがオススメです。

  1. ログ・ホライズン 第1シリーズ
  2. ログ・ホライズン 第2シリーズ
  3. ログ・ホライズン 円卓崩壊

ログ・ホライズンはログ・ホライズン 第1シリーズとログ・ホライズン 第2シリーズはキャラクターの物語、ログ・ホライズン 円卓崩壊は政治関係の物語となっていて、すごく面白いです。

特に、驚いたのはログ・ホライズン 円卓崩壊から、現実世界に戻ることをみんな忘れているように過ごしていることです。

 

ログ・ホライズンは1期から見るとより面白くなるので、ぜひ見てください。

 

以下各キャラクターの相関図をまとめていますので是非参考にしてください。

ログ・ホライズンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
ログ・ホライズンに登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
ログ・ホライズン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント