【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】メジャーセカンド 2期の23話ネタバレ感想 | 打倒・マリオ!

メジャーセカンド 2期 23話 メジャーセカンド

アニメ「メジャーセカンド 2期」の23話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて23話を振り返ってみましょう。

千代をメンバーに入れ、試合に臨む風林野球部。

ハンデとして10点を先に得ながらも、更に追加点を入れる事に成功しました。

ですが、それでも即席メンバーを入れたチームである事には変わりません。

大吾たちは、この試合で何かを得ることが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

『メジャーセカンド 2期』前回の第22話のあらすじと振り返り

メジャーセカンド 2期 22話

出典:アニメ「メジャーセカンド」Twitter

マネージャーとして入部した千代に外野として入ってもらい、練習試合に臨む風林中野球部。

対戦相手である辻堂中は、風林中に10点のハンデを与えながら試合をスタートさせます。

舐められたままではいけないと感じていた風林中野球部は、ヒットを重ねて追加点を入れる事に成功。

妹の千里に負けていると感じていた千代も、周りからの言葉で自信を取り戻します。

ですが、辻堂中もこのままではいけないと感じ、ピッチャーを交代。

マウンドに立ったマリオはなかなかの強敵の様で……。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】メジャーセカンド 2期の第22話ネタバレ感想

 

『メジャーセカンド 2期』の第23話ネタバレ・あらすじ・感想

メジャーセカンド 2期 23話

出典:アニメ「メジャーセカンド」Twitter

アニータのホームランや、この日がデビューの千代にもヒットが生まれ、強豪の辻堂中を一気に引き離した風林中。しかし、辻堂の二番手に登板した1年生投手・マリオの豪速球と大きく変化する「マリオボール」に追撃を封じられる。先発の睦子は、このままリードを守ってコールド勝ちに持ち込むことを狙うが、3回裏、辻堂中はマリオのツーベースをきっかけに攻勢に出る。さらにレフトを守る千代の前にも打球が飛んできて…!?

出典:「メジャーセカンド」公式ページ

ストレートを思わせる速さに、変化に加えるマリオボール。

マリオからは点数を取れないかもしれないと感じた大吾たちは、コールド勝ちを狙うため1つずつ丁寧にアウトを取っていこうと考えます。

打席に立ったマリオは、女子が大半を占める野球部でありながらしっかりと試合が出来る風林中野球部に敬意を示します。

彼は今戦っている相手が控えと1年生中心であることを明かします。

そしてマリオをきっかけに相手打線に勢いがつき……。

流れは相手チームに

メジャーセカンド 2期 23話

出典:アニメ「メジャーセカンド」Twitter

マリオをきっかけにヒットを重ね始める辻堂中。

千代が守るレフトに飛んだ打球は、凡打と思われましたが上手く取ることが出来ず、マリオをホームベースに返してしまいます。

睦子の球が捕らえられ始め、慣れないファーストを守っていたアニータがミスをしてしまい2点の追加点を入れられてしまいます。

そんな最中、相手チームのコーチが試合を中止にしてほしいと言い始めます。

実は、監督からAチームの試合が早く終わり、グラウンドを空けておくように指示が出ていたのでした。

Aチームの帰還

メジャーセカンド 2期 23話

出典:アニメ「メジャーセカンド」Twitter

大吾は練習試合を中止にするのは良いが、次の練習試合の予定を立ててほしいと言います。

無下にしようとするコーチでしたが、そこにボスと呼ばれる国友監督がやってきます。

実は、国友監督は風林中野球部に来る予定であった人物。

練習試合を組んでくれたのも、国友監督が来る前に教えていた仁科の存在が大きかったようです。

Aチームの圧倒的な能力の高さに圧倒される睦子、しかも打球が軸足に直撃してしてしまうというピンチに陥ってしまいます。

エースとして、仁科に肩を作らせていない状況ではマウンドを降りるわけにはいかないと投球を続ける睦子でしたが、その姿を見た仁科は自分に投げさせてほしいと言い出し、マウンドに立ちます。

仁科の投球

メジャーセカンド 2期 23話

出典:アニメ「メジャーセカンド」Twitter

仁科がマウンドに立った理由は、睦子が苦しんでいるということ以外にもあるようです。

元々、自分の中学に来る予定だった国友監督が相手チームにいること、そしてその息子らしきマリオを率いて素知らぬ顔で練習試合を組んだことが気に食わない様子。

気合のピッチングをする仁科、2ストライクまで追い込みましたがレフトにボールを飛ばされてしまいます。

ファインプレー気味でしたが、取ることに成功してピンチを脱出します。

マリオはイラつきを隠せず、しかもキャッチャーを信頼できずにマリオボールを投げることが出来ないために風林中は更に点数を重ねることに成功。

2アウト満塁のチャンスで大吾に打順が回ってきますが、辻堂中はキャッチャーを交代させてきます。

マスクを被ったキャッチャーは、なんと大吾と睦子が共に少年野球をしていた時のメンバー、光でした。

元はピッチャーだった彼ですが、以前の怪我でキャッチャーに転身した様子。

キャッチャーが変わったことによって、試合はどう変わっていくのでしょうか……。

『メジャーセカンド 2期』第23話のTwitterでの評判・口コミ

 

#メジャーセカンド

 

『メジャーセカンド 2期』第23話を見た感想まとめ

旧友が現れたとこで今回の話は終わりましたね。

マリオが大吾に頭を下げたり、仁科が格好良いところを見せたりと様々な事があった回でした。

キャッチャーが変わったことによって、ピッチャー以外はAチームとなった辻堂中。

風林中は太刀打ちできるのでしょうか……。

 

→ 次の話 【アニメ】メジャーセカンド 2期の第24話ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】メジャーセカンド 2期の第22話ネタバレ感想

 

『メジャーセカンド 2期』各回のネタバレ感想記事の一覧

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
takumi.h

アニメ、漫画を愛する新潟県民。
音楽も好きでバンドマン。
熱い作品が好きですが、分け隔てなく作品に触れていきたいと思っています。
一番影響を受けたのは天元突破グレンラガン。
日々、精進していきます。

Follow Me!
メジャーセカンド
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました