【決定版】おすすめアニメ120選

【無能なナナ】飯島モグオ子分3人の本名と能力・衝撃の真実と今後の展開

無能なナナ

2020年秋の新作アニメとして放送開始中である「無能なナナ」も最終話まであと少しとなりましたね!
そこで今回は飯島モグオにつき従う子分3人の本名と能力を紹介しながら、アニメ本編の中でも明かされる衝撃的な真実と今後の展開にも迫りたいと思います。

 

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

飯島モグオの子分とは?

教室内で寮の中でもクラスの番長的存在となっている飯島モグオに、いつもついて従いながら行動を共にしている男子生徒3人組です。
他のキャラクターたちに比べると影が薄い印象は否定できませんが、彼らも能力者が集まる学校に通っている故に、もちろん1人1人が異なる能力を持っているのです。

飯島モグオの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】飯島モグオのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

飯島モグオ子分3人の本名を紹介

まずは、いつも飯島モグオにつき従っている子分3人の本名から表形式で簡単に紹介していきます。

子分A 小堺ショウイチ
子分B 斎藤ソウタ
子分C 鶴見川レンタロウ

公式サイトの方では第10話まで放送された現在でもアルファベットの形式で分けられている上に具体的なキャラクター性や能力についての説明も表記されてはおりません。

第10話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

munounanana-10

しかし彼らの能力だけについては第10話ラストでクラスメイトの男子・石井リュウジ殺害事件をキッカケに小野寺キョウヤからの尋問中に明かされていく展開となります。

小野寺キョウヤの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】小野寺キョウヤのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

飯島モグオ子分3人のキャラ性と能力

子分たちの本名が判明したところで、ここからは彼らのキャラクター性と第11話でついに判明した彼らの能力について紹介していきます。

第11話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

munounanana-11

 

小堺ショウイチ(子分A)

【無能なナナ】飯島モグオ子分3人の本名と能力・衝撃の真実と今後の展開

出典:テレビアニメ「無能なナナ」公式サイト

黒髪のボサボサヘアで3人の中では最も悪巧みを起こしそうな顔つきをしている能力者です。

そんなショウイチの能力は「自分の全身磁石と同じ性質に変えられること」です。

ショウイチ「目覚めよ、磁力!」

周りに置かれている物に対して叫ぶように命じた途端、金属の性質を持つ物(原作コミック版では目覚まし時計)がショウイチ自身に引き寄せられるかのように飛んでくっついてくるのです!
一見は画期的な能力に見えそうですが、彼の能力には“欠点”もいくつかあります。

  1. 自分の全身に引き寄せられるのは、あくまでも近くに置かれている物だけ(寮の中で皆の前で初披露した時では自分のいる部屋の中に置かれている物だけに限られます)
  2. 一度くっついた物は1時間ほど経過してからでないと外せなくなってしまう。

そして、更なる能力アップのために特訓中の性能もあります。

  1. 遠くにある金属製品も引き寄せられるようになること。
  2. 実際の磁石でも出来るような「物を反発させて飛ばす」技術。

確かにこれまでに柊ナナと関わってきた能力者たちとは大きく違う能力を持ってはいるものの”人類の敵”と実際に戦うことになった時の使いようが少し難しいかもしれませんね。

 

斎藤ソウタ(子分B)

【無能なナナ】飯島モグオ子分3人の本名と能力・衝撃の真実と今後の展開

出典:テレビアニメ「無能なナナ」公式サイト

茶髪のナチュラルヘアで子分たちの中では最も良いガタイをしている能力者です。

そんなソウタの能力とは、ズバリ「声マネ」です。

ソウタ「わたし柊ナナ!モグオさんって素敵!」
飯島モグオ「おい!恥ずかしいじゃねぇか」

柊ナナを含め、大勢の生徒たちがいる中で本当に彼女と同じ声質に変えて台詞を発することが可能なのです。

 

鶴見川レンタロウ(子分C)

【無能なナナ】飯島モグオ子分3人の本名と能力・衝撃の真実と今後の展開

出典:テレビアニメ「無能なナナ」公式サイト

金髪ヘアで子分の中では最もチャラ男くん風なレンタロウですが、小野寺キョウヤから受けさせられる尋問の中では最もオドオドして震えておりました。
しかし持っている能力は実は3人の中では1番レベルが高いかもしれません。

レンタロウ「俺っすか?すいません。あんな死体(石井リュウジが殺害された後の状態)見たせいか、さっきからお腹痛いんスけど・・・」
小野寺キョウヤ「いいから、やれ!」

彼からの鋭い目つきと威圧感を前にして膝をついて座り込み何も喋らなくなってしまいますが、そんな最中に誰も入っていないはずのトイレから水を流す音が聞こえてきます。

レンタロウ「すいません、今の自分っス!」
飯島モグオ「コイツはなぁ、“幽体離脱”できるんだよ!」

この時のレンタロウは小野寺キョウヤへのあまりの恐怖感により腹痛を感じ出して慌てたことによって魂が抜けてしまっていたそうです。
それでもトイレだけは先に済まそうと考えて”幽体離脱”したものの・・・やはり幽体だけの状態で済ませても生身の実体の方ではまだ用を足せていないことに変わりありません。

そして親分である飯島モグオからもフォローされる形で「胃腸が弱い」ことも判明します。
こうして見ていると、このレンタロウが最も”殺人とは縁遠い能力者”のように見えますが・・・実は彼こそが石井リュウジ殺害においての恐ろしく衝撃的な真実を隠し持っていたのです!

 

「モグオリサイタル」の内容とは?

飯島モグオの子分3人の本名や能力も紹介してきましたが、彼らによって寮の中で開かれてきている「モグオリサイタル」の内容について気になっている人も多いのではないでしょうか。
せっかくなので、その辺の内容についても簡単に紹介していきます。

「モグオリサイタル」とは・・・
ズバリ、飯島モグオが寮の部屋の中で子分3人に対して演説お説教を聞かせる会です。

石井リュウジが自室で殺害された時にも、その「モグオリサイタル」を開催していたそうですが、彼らの部屋は隣同士なのです。
それによって小野寺キョウヤから真っ先に疑われて事情聴取されたのが飯島モグオだったわけですが、子分たちが割って入って必死にフォローを始めます!

子分3人揃って・・・
「俺ら、モグオさんに気合入れてもらってました!」

彼から出た「気合」という言葉に対して小野寺キョウヤが疑問を抱きますが、いわゆるリサイタルを開いて「親分からのお説教」を長時間にもわたって聞かせていたというわけですね・・・。

ショウイチ「葬式が終わってから5時間くらい、ずっと・・・」
ソウタ「『ナナちゃんは頑張ってる』とか『人類の敵を倒せ』とか・・・」
レンタロウ「全員、正座で聞いてました!」

5時間もお説教を聞かされるとは気が遠くなりそうなお話ですが、他の能力者たちの間でも「モグオリサイタル」に関する噂も少なからず広まっておりました。

犬飼ミチル「夜中に大声でお話ししているから、周りからの苦情が絶えないとか・・・」

長時間にもわたる上、夜中に大声で話し続けるなんて・・・完全に「ドラえもん」の中でジャイアンが開いているコンサートと変わらないですよね。

犬飼ミチルの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】犬飼ミチルのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

飯島モグオ子分の衝撃的な真実!

小野寺キョウヤからの事情聴取の中では至って普通の学生たち(能力を除いては)に見えた子分たちですが、実はその中の1人に“凶悪な殺人者”が混ざっておりました!

 

石井リュウジ殺害の真犯人は鶴見川レンタロウだった!

殺人とは無縁のように思えた子分たちですが、石井リュウジを殺害した真犯人はその中の1人である鶴見川レンタロウであることが判明します!

 

レンタロウの次なる標的は犬飼ミチル?

自分の持つ“幽体離脱”能力を巧みに使うことで殺害を実行に移したレンタロウですが、彼はこれまでも野良猫を始めとした“人に非る生き物”の殺害を続けて楽しんでおりました。
しかし自分が痛めつけたはずの野良猫が元気に歩いている姿を見たことで犬飼ミチルの治癒能力で回復したのだろうと悟り、これが引き金となって今度は彼女を標的に選んで人気のない場所に呼び出してはナイフで襲いかかりながら痛ぶり始めるのです!

 

飯島モグオの子分3人が迎える今後の展開

ここからは石井リュウジ殺害の真犯人であることが発覚した鶴見川レンタロウも含めた子分3人が迎える今後の展開にも迫りたいと思います。

 

柊ナナにも刃を向けるレンタロウ

必死に逃げ続ける犬飼ミチルを楽しく痛ぶり続けるレンタロウは逃げ場すら奪い、完全に追い詰めてしまいます。
それでも犬飼ミチルの方は柊ナナが絶対に助けに来てくれることを信じながら叫ぶ形で必死に抵抗してきますが、それさえも軽く否定します。

レンタロウ「来ないと思いますけどね。彼女、どこか薄汚いものを感じるんです・・・ずっとをついているようにね!」

普段の学校や寮の中では親分の手前もあって自分の気持ちをなかなか出せずにいたレンタロウでしたが、ここに来て本音を打ち明けます。
彼自身も本当は柊ナナに対する“不信感”を抱き続けていたことが解りますね。

もはや逃げる力すら失った犬飼ミチルに対して容赦なくトドメを刺そうとした瞬間、間一髪のところで間に合って彼女を庇うかのように守ろうとする柊ナナの背中にナイフを刺してしまうのです!
そして柊ナナの方もこの時点でレンタロウこそが真犯人であることを突き止めておりました。

柊ナナ「違うか?鶴見川レンタロウ!」
レンタロウ「どうでも良いですけど・・・心読めるのに、どうして何も言わないんだろうって薄汚いものを感じていたんですよね!」

2人の前に“幽体離脱”している状態のレンタロウがついに姿を見せますが・・・この時の彼は普段や小野寺キョウヤから尋問されてオドオドしている時とはまるで正反対であるかのようにドス黒い本性を表しては持っているナイフで、今度は柊ナナの方に容赦なく襲いかかってくるのです!

柊ナナの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】柊ナナのキャラクター性と過去・能力と今後の展開
...

このレンタロウに関しては、その後にも壮絶な行動や結末が待っているものの全て説明していてはあまりにも長くなってしまうため、また別の機会に彼だけに絞る形で記事を書いていこうと思います。

 

親分と一緒に本土に帰還!

今後は委員会が島に訪問すると同時に柊ナナにとって直属の上司である鶴岡タツミも訪れてきます。
彼は学校の能力者たちを集合させて全生徒たちを島から撤退させると共に本土に移住させてくれるのです。
それによりショウイチとソウタは親分と一緒に本土に戻れる展開となり、大いに喜ぶのです。
そう、石井リュウジ殺害の真犯人であるレンタロウを除いては・・・。

 

まとめ

今回はこれまで影が薄かった飯島モグオの子分3人の本名や能力を紹介すると共に、彼らにまつわる衝撃的な真実や今後の展開にも迫ってみました。

  1. “子分A”とされている小堺ショウイチは「全身を磁石化できる」能力を持つ。
  2. “子分B”とされている斎藤ソウタは「声マネ」能力を持つ。
  3. “子分C”とされている鶴見川レンタロウは「幽体離脱」の能力を持つ。
  4. 問題点も多い親分でありながらも飯島モグオに対しては絶対的な忠誠心を持っている。
  5. 石井リュウジ殺害の真犯人は子分の1人である鶴見川レンタロウであることが判明する。

石井リュウジ殺害の調査が始まった第11話の中で子分3人の能力がやっと判明しましたが、肝心の本名の方が公表されるのはもう少し後の展開に入ってからなんですよね・・・。

本作品のアニメ動画や見逃し配信の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

無能なナナ | 全話ネタバレ感想まとめ
無能なナナの全話ネタバレ・感想・あらすじ・キャスト(声優)・スタッフ・OPED・作品の口コミ評判を掲載。無能なナナの各話ネタバレ感想・あらすじを詳しく知りたい時は是非参考にしてください。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無能なナナ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました