【アニメ】波よ聞いてくれ第1話あらすじ・ネタバレ感想 |開幕のヒグマ、初めてのオンエアー!

【アニメ】波よ聞いてくれ第1話あらすじ・ネタバレ感想!開幕のヒグマ、初めてのオンエアー! 波よ聞いてくれ
出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「波よ聞いてくれ」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「波よ聞いてくれ」の1話を振り返ってみましょう。

「波よ聞いてくれ」というタイトルの語感の良さに惹かれ、興味本位で見始めましたが、

原作は読んでいなかったので怒涛の内容に翻弄され気が付いた1話を観終えていました。

アメリア
アメリア

主人公鼓田ミナレ役の杉山里穂さんの声がサバサバとしたキャラクターにマッチしていて

違和感無く楽しめました、一切噛まずに長ゼリフを放つミナレに某弁護士を思い起しました。1話ながらすっかりこのアニメのファンになってしまいました!!

 

スポンサーリンク

『波よ聞いてくれ』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想

波よ聞いてくれあらすじ

出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ

舞台は北海道、札幌。スープカレー屋の店員・鼓田ミナレは、酒場で隣り合った男・麻藤に失恋話を打ち明けていた。翌日、仕事中にミナレが耳にしたのは、ラジオから流れる自分の声…!? 実はラジオ局のディレクターである麻藤は失恋話を密録し、生放送で流していたのだ。ラジオ局に駆けつけたミナレに麻藤は悪びれもなく告げる。「無音が3秒続けば放送事故だ。止めるからにはアンタが間を持たせるんだぜ?」──ぶっつけ本番、ミナレはマイクの前に立つ。

出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ

放送中にヒグマと遭遇!ぶっ飛んだ架空実況!

波よ聞いてくれ

出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ

「波よ聞いてくれ」は深夜3時半の札幌岳で主人公ミナレが自身のラジオ収録をしている場面から始まります。番組がスタートし、オープニングトークを進めるミナレの前になんとヒグマが。ヒグマを刺激しない様に番組を進行するミナレ、しかし番組終了5分前に痺れを切らしたヒグマがとうとうミナレに襲い掛かる、、、。 と、想像していた内容とあまりに違うカオスな展開に思わず驚きましたがここまでの出来事は全て「架空実況」であり、この突拍子の無さが波よ聞いてくれの魅力です。

アメリア
アメリア

それにしてもこのぶっ飛んだ設定をアドリブ込みで熱演するミナレの適応力に舌を巻きますね。

ディレクター麻藤さんの周到さが凄い

ミナレの登場に笑みを浮かべる麻藤

出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ

初対面の酔っぱらいの愚痴を録音し、勝手にラジオに流すという半ば法に触れそうな行為をやってのてる麻藤さん。怒鳴りこみに来たミナレを見て、平然と「放送を止めるのなら、替わりにアンタが喋れ」と言ってのける麻藤さんの態度に思わず笑ってしまいました。

しかし飲み屋で1度話しただけの女が怒鳴り込みにスタジオに現れる、そんな場面まで予想して録音を流してたのかと思うと麻藤さんの計算に驚かされます。

 

アメリア
アメリア

悪びれもせずいたずらっぽく笑う麻藤さん、イケオジ好きとしてかなりツボです!

ミナレのアドリブ力、ぶっつけ本番でオンエアー!

ぶっつけ本番で喋らされるミナレ

出典:「波よ聞いてくれ」公式ページ

自分の録音を放送させない為にオンエアーで喋れ、という本末転倒気味な麻藤さんの無茶ぶりに戸惑うミナレ。台本無し、準備時間も経験も無い中で1分間ノンストップで喋り続け自分を騙した元カレ「ミツオ」への、地の果てまでも追い詰めて殺すという言葉で締めくくったミナレ。 完全アウェーな状況で喋り倒すミナレのアドリブ力に驚かされるばかりでした。

アメリア
アメリア

どんな経験をすればミナレの様に舌が回る様になるのか、とても気になります!

『波よ聞いてくれ』第1話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

 

#波よ聞いてくれ

 

『波よ聞いてくれ』第1話を見た感想まとめ

 

開幕の架空実況のインパクトも凄かったので次回も架空実況がある事を期待したいところです。「殺す」という物騒なワードで終った物語がどう続いていくのかも気になる所です。今までのアニメとは一味違った面白みがあるので、最終回までワクワクして放送を待てそうです!

アメリア
アメリア

次回2話のミナレの暴れっぷりも楽しみにしてます。

 

→ 次の話 【アニメ】波よ聞いてくれの第2話あらすじ・ネタバレ感想

コメント