俺ガイルの聖地はどこ?実はあのシーンはここだった!聖地巡礼おすすめスポット

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
出典:「俺ガイル(3期)」公式HP
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

俺ガイルは千葉市立総武高校を舞台に巻き起こるラブコメストーリーですが、総武高校という学校は実際にはないものの、実はアニメでは実際にあるお店やある場所などが至る所に登場しています!

具体的にはどこが登場しているのか、俺ガイルに出てきた聖地巡礼スポットや、どんなシーンで出てきたかなども合わせてご紹介します!

アメリア
アメリア

千葉と京都の2箇所を紹介!

こちらの記事もおすすめ

【俺ガイル】八幡への思いの強さランキングTOP10!最強キャラは誰?
俺ガイルの登場キャラクターの強さについてランキング形式で紹介します!各キャラの能力など強さの理由を解説した最強キャラクターランキング。

 

 

俺ガイル・千葉の聖地はこちら

やはりまずは舞台となっている千葉県内の聖地巡礼スポットです。

各所に出てきますので挙げ出すとキリがないのですが、有名スポットを巡りたいということであればこちらがおすすめです!

アメリア
アメリア

色んな場所があって楽しみ!

千葉市立稲毛高等学校

総武高校自体はないものの、アングル的にこの高校が明らかに聖地だろうとされているのが千葉市立稲毛高等学校です。

稲毛海岸の手前側にある高校なのですが、オープニング映像などにもちょこちょこ登場するアングルが随所にちりばめられていますので、八幡たちがどんな学校に通っているのか、周辺を巡ってみたいなんて時におすすめのスポットです。

稻毛海岸駅&千葉みなと駅

千葉みなと駅、稲毛海岸駅、どちらの駅も俺ガイルでは有名な聖地巡礼スポットです。

特に印象的だった1期の花火大会シーンでは稻毛海岸駅で待ち合わせをした二人が見られましたが、再現度抜群。

花火大会に向う途中に千葉みなと駅も登場しましたけど、駅ビルやレストラン、道路や標識の描かれ方まで非常に細かく、女性なら、浴衣を着て歩いたら結衣の気分になれちゃうかもしれませんね!

アメリア
アメリア

公共交通機関を利用するならこのあたりが最寄りになります!

千葉ポートタワー

花火大会編と言えば千葉のポートタワーも聖地巡礼スポットの1つ!

どうどうとそびえ立つポートタワーの手前に綺麗に打ち上がる花火を見上げていた結衣と八幡の姿を思い返すと、何だか感動してしまうこと間違いありません。

周辺には二人が信号待ちをしていた信号の場所なんかもリアルに描かれていますから、駅から二人が歩いていったルートを巡ってみるのも楽しめますね。

美浜大橋

俺ガイルの聖地でも忘れてはいけない場所の1つが美浜大橋です。

八幡と先生の会話で出てきたこちらの美浜橋も実際にある場所で、なんと細かい書き込みまで完全再現されています!
夜に訪れたらまたアニメの雰囲気を堪能できるかと思うのですが、海沿いで夜は冷え込む他、かなり暗くなりますので訪れる際にはできれば昼の方がいいかもしれませんね。

サンマルクカフェ 千葉中央銀座通り店

アニメでもたびたび登場する聖地巡礼スポット、サンマルクカフェも忘れてはいけません。

作中ではヨンマルクカフェとなっていますけど、サンマルクカフェだとすぐに気が付いた人も多いかも知れませんね(笑)

ちなみに3期1話で登場したサンマルクカフェは、マリンピア(作中ではワリンピア)1階にあるマリンピア稲毛海岸店という説も!
川崎姉妹と出会ったカフェでお茶をしたいということであれば、マリンピアの方に向かってみて比較するのもおすすめです。
アニメと同じように外から中がしっかり見られるようにガラス張りになっていますので、同じ席に座ったら、川崎さんの気持ちがちょっとわかるかも…?

葛西臨海公園と夢の王国

2期の13話で八幡、雪乃、結衣3人がやってきた水族館のある公園は、葛西臨海公園です。

大きな観覧者が特徴的な観光スポットで、作中でも綺麗な観覧者が描かれていましたね。

遊びにきた系の場所と言えばもう一つ、千葉県舞浜のかの有名な夢と魔法の国、ディ●ニーランドも忘れちゃいけません!(一応伏せ字)

この場所はもう言わずもがな、いろんなアニメにモチーフとして登場してますから、聖地巡礼に行くというよりも遊びに

行ったついでに聖地として思いを馳せる方がいいかもしれません(笑)

ららぽーとTOKYOBAY

1期の6話で結衣の誕生日プレゼントを買いに来た八幡と雪乃と小町が来たのがららぽーとTOKYOBAYです。

大型ショッピングモールとして有名な観光スポットで、平日も休日も人々で賑わっていますから、聖地巡礼で写真を撮るにはちょっと大変かもしれません(汗)

3人が訪れたお店を巡ってみたり、アニメに登場した場所を訪れるだけでも雰囲気を味わえます!

マリンピア

ショッピングモール繋がりでこちらもおすすめなのが、1期の5話で初登場したワリンピアの聖地、マリンピアです。

稲毛海岸駅前にある大型ショッピングモールで、限定グッズが販売されていることもしばしば!

聖地巡礼スポットとしてだけではなく、限定のおみやげを買うために訪れるのもいいかもしれません!

アメリア
アメリア

俺ガイルの聖地だからか、

本屋さんでもピックアップされてます!

なりたけ

お腹が空いたら是非ココへ!

こってりらーめんなりたけ(アニメではなるたけになってましたね!)も有名な聖地巡礼スポットの1つで、八幡といろはが一緒にらーめん食べてました。

津田沼駅から歩いて5分程度の所にあるので行きやすいんですが、お店の名前の通りかなりのこってりらーめんですから、食べに行くときには、他の聖地巡礼スポットを巡ってから行ってみたりなど、お腹を空かせて行った方がいいかもしれません!

京都の聖地

俺ガイル2期のスタートとなった修学旅行編で訪れた京都にも聖地巡礼スポットがたくさんあります!

八幡や雪乃、結衣たちが歩いた場所や、再現度がかなり高めのおすすめスポットはこちらです。

アメリア
アメリア

観光と合わせて巡りたいね!

京都駅ビル大階段

修学旅行でクラスメイトが集合写真を撮った京都駅ビル大階段ですが、かなりの再現度の高さに驚くファンが多数!

アングルが完璧なことはもちろんですが、階段の角度や周囲の建物まで細かく再現されていて、ついつい写真を撮りたくなってしまうスポットですね!

人の出歩きが多いので時間帯によっては写真が撮りにくいかもですが、場所に立つだけでも雰囲気を味わえます!

清水寺

京都の有名観光スポットで世界遺産にも登録されている清水寺も、八幡達が訪れた聖地巡礼スポットです。

縁結びの神様がいるという音羽の滝の水もありますから、作中と同じく水を飲むのもおすすめ!

平塚先生みたいに豪快にボトルで飲んではダメですけど、マナーを守って楽しむ分にはOKです(笑)

嵐山・天龍寺の竹林

嵐山周辺は八幡達がブラブラしながら食べ歩きをしたりしていましたが、中でも八幡、雪乃、結衣の三人が歩いていた竹林は天龍寺に実際にある竹林です。

奉仕部として戸部が姫菜にフラれないようにするため、八幡が姫菜に告白するというまさかの切り口で解決した場所もこちらになります(笑)

実はこの場所、他のアニメでも登場する事が多く有名な聖地巡礼スポットとして知られていますが、その美しさは息を飲むほど。

季節によっても色合いが変わってきますし、気軽に訪れられる聖地の1つですので、修学旅行で訪れる学生さんや、京都旅行にプライベートで訪れる社会人の方にぴったりです!

ホテル平安の森京都

八幡や雪乃達が宿泊したホテルも聖地があります!

作中ではホテル平安の林京都になっていましたが、ちょっと名前を変えただけなのでこちらも一目瞭然ですね(笑)

外観はそっくりそのまま、ただし内装はアニメの時と違って改装されている部分もあるみたいなので、完全一致ではないみたいです。

ですが実際に止まった場所だと思うと楽しくなっちゃいますし、京都へ聖地巡礼旅行に訪れた時にはこちらに宿泊したいですね!

隣には岡崎神社という神社もありますが、こちらも作中で八幡と雪乃がホテルへ向っている帰り道にちらっと登場していますので、外観を楽しむにはちょうど良さそうです!

東映太奉映画村

江戸時代の街並を再現した人気観光スポットで、八幡達も訪れています。

パーク内の再現率の高さはもちろんですが、作中に登場した史上最強のお化け屋敷は実際にあるアトラクションなので、八幡達の気分を体験したい方は是非是非訪れてみて下さい!

アメリア
アメリア

お化け屋敷怖そう…!

どういうルートで巡るべき?

千葉の聖地巡礼巡りの場合、一個一個の場所が意外と離れていたりしますから、電車やバスの公共交通機関だけではなく、車やバイクなどがあると便利かもしれません。

特にこの順番で!というのもないのですが、もし1日で巡りきれないようであれば、まずは駅周辺を巡ってみたり、別の日に高校近辺を訪れてもいいかもしれませんね。

京都の聖地巡礼に関しても同じく場所が一つ一つ離れてますから、1日で巡るとなると難しいと思います…。

せっかくならば修学旅行気分で2泊3日など連日時間をとってのんびり巡るのがおすすめです!

アメリア
アメリア

時間が許す限りじっくり巡りたいね

俺ガイルは聖地巡礼スポットがたくさん!

俺ガイルは聖地巡礼スポットがたくさんありますから、全部を巡るとなるとそれなりに時間がかかります。

どこのスポットも再現度が高くて、作中のシーンと比べると感動してしまうかも…。

行ける所から少しずつ、時間があるときに巡ってみてはいかがでしょうか?

 

コメント