【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

とある科学の超電磁砲の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

とあるシリーズ

まさかのドラゴンが右腕から出てきたのにはびっくり!

美琴とのダンスシーン、素敵だったよ!

アニメガホン
アニメガホンはメガホンの様に大きく広く沢山のアニメ好き人にアニメ情報をお届けするアニメ総合Webメディア

 

スポンサーリンク

削板軍覇(cv.河西 健吾)

削板軍覇(cv.河西 健吾)
学園都市第七位の『超能力者レベル5』にして、『原石』と呼ばれる天然の異能者。その能力については非常に繊細かつ複雑なもので、原理や発現の仕方など詳細がまるでつかめていない稀有な存在でもある。『すごいパンチ』と自称する必殺技を持つが、これまたよくわからない力で離れた対象を攻撃できること以外は不明なもので、本人も自分の能力を大雑把にしか把握できていない様子。口ぐせのように「根性」を持ち出す熱血漢で、普段は街中で人助けをしているらしい。たいていのことは根性でどうにかなると考えている節がある。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

削板は見た目通りの性格で、考えるよりまず行動の考えを持ち裏表のない人間です。
今回は上条と一緒に美琴救出をサポートしてくれていましたが、とにかく熱さを感じる人間でしたね…。
熱血、とはまさに彼の為にあるような言葉と言っても過言ではなく、今後の登場も楽しみな人物です。

 

スポンサーリンク

御坂妹(cv.ささき のぞみ)

御坂妹(cv.ささき のぞみ)
とある実験--『量産型能力者レディオノイズ』計画、および『絶対能力進化レベル6シフト』計画のため、第三位の『超能力者レベル5』御坂美琴のDNAマップ(=遺伝子情報)をもとに作られた軍用クローン。能力は『異能力
レベル2』~『強能力レベル3』程度の発電系能力『欠陥電気レディオノイズ』。美琴とは対照的に表情は乏しく特徴的な口調で話すが、ガサツな言動やカワイイもの好きなど、その面影を残す部分も。現在、第七学区のとある病院をはじめ、世界各地の学園都市関連施設で治療中。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

基本は無表情なのですが、黒猫と行動を共にする動物好きな一面や駄々っ子な一面も。
「ミサカは~」など自身の名前を一人称としてつかい、どことなく淡々とした口調が人気のキャラクターです。
クローンとは思えないような人間らしさを兼ね備え始めていて、美琴に変わって大覇星祭に参加するシーンが可愛すぎました!
多数のクローンと繋がるネットワークを保有しており、今回木原にそのネットワークを悪用されてしまいましたが、無事で良かったです…。

 

スポンサーリンク

帆風潤子(cv.津田 美波)

帆風潤子(cv.津田 美波)
常盤台中学三年生で、食蜂『派閥』のナンバー2。能力は体細胞中の電気信号を操作して身体能力を向上させる発電系能力『天衣装着ランペイジドレス』で、強度レベル
は『大能力レベル4』。食蜂に心酔しており、彼女に代わって『派閥』の実質的な管理運営をしている。生真面目で細やかな気配りができるタイプのようで、なにかと自由すぎる食蜂にお小言をいうことも。立派な縦ロールは常盤台御用達の美容院でセットされたもので、とある理由でお気に入りらしい。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

誰に対してもにこやかに接し、とても穏やかかつ素直な性格でほかの主人公たちと比べるとやや物足りない気もしますが、戦いではものすごい怒りを持って動くなどやさしさと強さを兼ねそろえています。
今回は美琴の監視役として少しだけ登場シーンがありましたが、決して悪い人間ではありません。

 

スポンサーリンク

ショチトル(cv.大和田 仁美)

ショチトル(cv.大和田 仁美)
学園都市の暗部組織『メンバー』に所属している少女。『魔術師』と呼ばれている。その正体はアステカ系魔術結社『翼ある者の帰還』の魔術師で、死者に関する魔術を得意としていることから『死体職人』の名を持つ。エツァリとは師弟関係にあったが、組織を裏切った彼を粛清するために学園都市に潜入している。海外で起きたとある事件で佐天と出会っている。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

木原サイドのメンバーの一人。
本当は褐色肌にショートの黒髪という見た目ですが、今回の話では能力により見た目を変えていますが、どちらの容姿も同じくらいの人気があります。
佐天さんがピンチの時に助けてくれたりして、気が強い一面はあるものの心優しい人物ですね。

 

スポンサーリンク

馬場芳郎(cv.林 大地)

馬場芳郎(cv.林 大地)
学園都市の暗部組織『メンバー』に所属する小太り体型の男子高校生。 情報収集と作戦立案に長けており、チームでは主に作戦指揮を担当。他人を信頼しておらず、なにかと見下す傾向があり、ためらうことなく駒として利用する。常に安全地帯から指揮することを心がけており、各種ロボットを駆使して作戦を実行、必要に応じて戦闘も行う。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

今回圧倒的に嫌な奴だった馬場!
木原サイドのメンバーの一人で、頭は回る方なんでしょうがとにかく卑怯者。
卑怯な手を使って婚后さんに乱暴を働いている姿はとにかく怒りしかありませんでした。
でも最終的に美琴にけちょんけちょんにされていたのでスッキリ!
余談ですが、クールによって容姿が微妙に異なるためライザップをしたなどネタにされることもしばしばあります。

 

スポンサーリンク

警策看取(富田 美憂)

警策看取(富田 美憂)
身分を偽って『メンバー』に接触し、偽の指令を与えて操っていた少女。かつて霧ヶ丘付属中学に在学していた。能力は比重20以上の液体を自在に操る『大能力レベル4
』の『液化人影リキッドシャドウ』。操る液体は聴覚と触覚しか持たず、自分と同じ形でなければ精密な操作が難しいという制限があるものの、数百キロ先でも自在に操れる高い遠隔操作性を誇る。その能力のため、幼少期に『才人工房クローンドリー』という機関で被験者となっていた。現在は木原幻生ともつながりがあるらしい。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

食蜂と同じ「才人工房(クローンドリー)」という研究所の出身者です。
陽気な性格で目的のためなら残忍な行為もできる人間ですが、家族のように大切にしていたドリーと呼ばれるクローンの少女を殺されるなど重い過去を背負っています。
元々は素直で実直な性格の持ち主だったんでしょうけど、クローンドリーでの出来事をきっかけに歪み初めてしまったんでしょうね…。
黒子に倒され、食蜂のおかげでドリーと再会しましたし、素直な心を取り戻してくれると信じています。

コメント