とある科学の超電磁砲Tの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

とある科学の超電磁砲T
出典 :「とある科学の超電磁砲T」公式HP
この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓

「とある科学の超電磁砲T」(通称レールガンT)の人物相関図を作成しました。

各登場人物についてもキャラクター同士の関係性など一人ずつ解説しています。

とある科学の超電磁砲Tの人物相関図

とある科学の超電磁砲Tの人物相関図

出典 :「とある科学の超電磁砲T」公式HP

こうして人物相関図だけみても分かるようにいくつかの派閥があり、18人もの個性あるキャラクターが登場します。
主人公の御坂美琴はとある魔術の禁書目録の主要キャラクターでもあり、本作品は禁書目録の外伝作品です。
しかし、超電磁砲シリーズだけを見ても物語を見るうえでの説明はされているので、他シリーズを見ずとも楽しめるのが嬉しいポイント!

アメリア
アメリア

前のシリーズに出てきた人もたくさんいるね!

とある科学の超電磁砲Tの登場人物・キャラクターの一覧を解説

ここからはとある科学のレールガンTに出てくる主要な登場人物達の紹介と解説をしていきます。

御坂美琴(cv.佐藤 莉奈)

御坂美琴(cv.佐藤 莉奈)

学園都市でも五指に入る名門お嬢様学校・常盤台中学に通う14歳。 学園都市に7人しかいない「超能力者レベル5」の第三位で、電気を自在に操る『電撃使いエレクトロマスター』。 電磁力の応用により、音速の3倍でコインを打ち出す能力から『超電磁砲レールガン』の異名を持つ。 とある事件で知り合った上条とは、会うたび食って掛かる腐れ縁。 竹を割ったような性格で、お嬢様らしくない行動が目立つ一方で、ファンシーグッズやかわいい服に目がない少女趣味な一面をのぞかせることも。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

非常に正義感が強く、努力家でだれに対しても飾らない言動が魅力的なキャラクターです!
とある科学の禁書目録シリーズでその人気に火がつき、上条当麻を超える(?)ほどの人気を獲得。
いわゆるツンデレというタイプで、見た目が可愛いだけでは無い、芯のある強い子です。
能力の強さを鼻にかけたりせず、人間関係も良好。
仲間思いの熱い一面もあり、心優しい性格の持ち主です。
さすが主人公と言える程のスペックの持ち主ですが、上条当麻に密かに好意を持つ少女らしい一面も。
しっかり者に見えますけど実はまだ14歳ですからね…
これだけ頭の回転も良くて優秀な中学二年生って、よくよく考えたら凄いことです。

アメリア
アメリア

レールガンシリーズの主人公!

可愛くて強くて優しい、最高の主人公です!

白井黒子(cv.新井 里美)

白井黒子(cv.新井 里美)
常盤台中学1年生で、美琴の後輩にして学生寮のルームメイト。 能力は「大能力レベル4」、常盤台唯一の『空間移動テレポート』能力者でもある。憧れの「お姉様」である美琴を必要以上に慕っており、ことあるごとにスキンシップを図るほど。正義感と責任感が強く、『風紀委員ジャッジメント』に所属して学校内の治安維持活動に努めている。栗色の髪をツインテールにまとめており、語尾が「~ですの」など、丁寧なお嬢言葉を使う。ちなみに胸は大変慎ましやか。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

おしとやかで可愛らしい少女に見えますが、フタを空けてみればお姉様(美琴)大好きガール!
美琴に対しては変態のような一面も兼ね備えており、隙有れば美琴にくっついて離れません。
美琴と親しくなった人に対して嫉妬する面もある一方で、「演算を使ったフェイント」を即興で編み出し実践レベルで使いこなすという天性の格闘センスを持ち合わせています。
ジャッジメント所属という事もあり優秀さはもちろんですが、テレポート能力の使い方が半端じゃない。
今回の物語では前回のストーリーで入院していたところからの続きからスタートしますが、看取との戦闘時にはケガをしているとは思えない程の戦闘力を見せつけてくれました。
食蜂に記憶を奪われても美琴に心惹かれる姿は、さすがという一言に尽きましたね…。

アメリア
アメリア

美琴への変態行為は相変わらず…

記憶が無事に戻って良かった!

初春飾利(cv.豊崎 愛生)

初春飾利(cv.豊崎 愛生)
『風紀委員ジャッジメント』第一七七支部に所属する、黒子のバックアップ担当。 「歩く花瓶」のような髪飾りに、甘ったるい声とのんびりした性格。 甘いもの好きで、お嬢さまに極度の憧れを抱くなど意外とミーハーな面も。 『風紀委員ジャッジメント』として、身体能力は決して高くはないが、意思の強さと集中力、観察力は高く、特に情報処理を得意としている。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

「サーマルハンド」という触れているものの温度を一定に保つという作中ではあんまり役に立たない能力を持っていますが、ファンの間ではそこがかわいいと人気です!
今回の物語では以前黒子にケガを負わせてしまった原因を作り出してしまったと思い悩んでいたシーンもありましたが、見事悩みを克服して黒子VS看取戦で大活躍!
ほんわかした天然系少女に見られがちですが、頭の回転が速く情報処理能力はピカイチで、ジャッジメントにおいても欠かせない存在です。
佐天にスカートをよくめくられがちですが、恥じらう姿もまた可愛らしい。

佐天涙子(cv.伊藤 かな恵)

佐天涙子(cv.伊藤 かな恵)
初春のクラスメートで「無能力者レベル0」。 初春をいじるのが日課のようで、挨拶はいつも「スカートめくり」というセクハラ中学生。 天真爛漫を絵に描いたような性格だが、能力開発が進まないことに少々悩んでいる。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

見た目は黒髪の正統派美少女、中身はスカートめくり大好きなセクハラ中学生というギャップを持つ人気キャラクターです。
美琴や黒子、佐天とは違い無能力であることにコンプレックスを持っていますが、能力に関係なく4人は仲良し。
佐天さんの愛称で親しまれており、美琴に次いで人気が高いキャラクターとして知られています。
今回のアニメでも天真爛漫さが可愛らしかった佐天でしたが、VS看取戦でのちょっとした発見で見事黒子をサポート。
自由奔放に動き回って敵陣に乗り込んだ末危ない目に合ったりはしましたけど、そこもまた魅力ですね(笑)

食蜂操祈(cv.浅倉 杏美)

食蜂操祈(cv.浅倉 杏美)
常盤台中学二年生。学園都市第五位の『超能力者』で、能力は記憶操作から読心まで精神操作なら何でもござれな『心理掌握メンタルアウト』。 中学生らしからぬ抜群のプロポーションのみならず、常盤台最大勢力を誇る『派閥』の長として大きな影響力を持っており、構成員からは「女王」と呼ばれることも。 美琴に対しては牽制のためか、からかうように絡むことが多く、その能力を含めて警戒心を抱いている。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

キラキラした瞳に長い金髪と可憐な見た目とは裏腹に、性格は陰湿で常識に欠けているところがありますがそのギャップが面白いキャラクターです。
しかし根は悪い人ではないらしく、派閥メンバーから慕われています。
美琴とは反りが合わない所が多く、ちょっとした犬猿の仲っぽいです。
黒子達から美琴に関する記憶を消したりととんでも無いことをしでかしてくれましたけど、それもまた理由があったからこそと分かって一安心。
意図せず御坂妹をかくまってくれていたりもしましたし、ドリーとの話を見てもなんだかんだで悪い子じゃないんだろうなぁ。
VS木原戦での頭の回転の早さが凄まじすぎて、あの木原を出し抜くことに成功した時にはついこちらまでガッツポーズしちゃいました(笑)

婚后光子(cv.寿 美菜子)

婚后光子(cv.寿 美菜子)
常盤台中学二年生。能力は空気の流れを操る『空力使いエアロハンド』で、強度レベルは『大能力レベル4』。婚后航空のひとり娘として、並々ならぬ努力の末に常盤台中学に編入。周囲の名立たるお嬢さま方に後れを取るまいと必要以上に強がることも多く、当初は『派閥』形成に躍起になっていた。自信過剰で高慢に見えることもあるが、基本的に友達想いの素直な娘。純粋培養のお嬢様ゆえに世情に疎い部分もあり、勘違いが重なってトンデモな行動をとることも。現在はかつて父から授かったアドバイスの本当の意味に気付き、友人との関係構築を大事にしている。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

最初は美琴の引き立て役のような存在でしたが、1期の最終話、最後の決戦でも登場しヒロイン級の活躍へと昇格していった人気メンバーの一人です。
美琴との二人三脚では息ピッタリのシーンを見せつけ、華麗なるゴールを決めていましたね!
初登場シーンのことを思いだすと、今の性格の良さを見て成長を感じます。
今回なんて、黒猫ちゃんをかばって馬場にボコボコにされるシーンを見たときには、いつの間にこんなに心優しい女の子になったのかとつい感動しちゃいました。
美琴がボロボロになった婚后さんの姿を見て激怒したのもよく分かります。

湾内絹保(cv.戸松 遥)

湾内絹保(cv.戸松 遥)
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。水の流れを操る『水流操作ハイドロハンド』系の能力で、強度レベルは『強能力レベル3』。以前、繁華街で絡まれていたところを美琴に助けられたことがあり、陰ながら彼女を慕っていた。常盤台純正のお嬢さまらしく素直でおおらかな一方、多少のことでは動じない肝の太さも持っている。裏表のない性格ゆえか思ったことは素直に口に出すようで、ときに大胆発言が飛び出す天然さんな一面も。現在は自分を『派閥』に誘ってくれた婚后と良好な友人関係を築いている。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

お嬢様、のはずですがどこか抜けていて、派閥入りした理由も馴染めずに婚后に誘われたからというネガティブなものでした。
ですが今では本当に婚后さんのことを慕っていて、今回婚后さんが馬場にやられた時には、見事馬場を撃退。
泡浮との相性がばっちりで共闘するシーンが素敵でした。

泡浮万彬(cv.南条 愛乃)

泡浮万彬(cv.南条 愛乃)
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。能力は対象の周囲の浮力を操る『流体反発フロートダイアル
』で、強度レベルは『強能力レベル3』。同じ部の湾内と行動することが多く、偶然、転入してきたばかりの婚后に誘われた『派閥』に興味を持ったことから友人となる。湾内同様、包み込むような温かさで婚后に接しており、よい友人関係を継続中。慎ましやかで穏やかな常盤台の一般的な生徒だが、婚后や美琴との交流を通して影響を受けているようで、たくましさを身に付けつつある様子。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

ケンカしたことがなく温厚な性格ですが、婚后のために怒りを露わにするなど友達思いのシーンが印象的です。
湾内と同じ水泳部に所属しており、能力は浮力を操る力。

上条当麻(cv.阿部 敦)

上条当麻(cv.阿部 敦)
第七学区のとある高校に通う高校一年生。成績は赤点レベルの補習常連、『無能力者レベル0』で能力は不明だが、どんな異能の力も打ち消す『幻想殺しイマジンブレイカー
』という力を右手に宿している。困っている人を見過ごせない性格で、美琴と知り合うきっかけもお節介から。その際に右手で電撃を防いでしまったことで目を付けられ、何かにつけて美琴に勝負を挑まれている。極度の不幸体質で大小さまざまなトラブルに巻き込まれまくる。例外的に女性との出会いに恵まれているが、女心の機微に疎く、幸運を享受できていない。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

とある魔術の禁書目録シリーズにおける主人公。
無能力のレベル0とされていますが、実はどんな能力も打ち消すことができる能力を右手に宿しており、とあるシリーズではこの能力が炸裂しています。
超電磁砲シリーズでは美琴を助けるために登場する事が多く、成敗するときは男女を問わず顔面パンチを食らわすなど、男女平等主義者といえますね。
温厚な性格の持ち主でのほほんとしてる印象がありますが、かなりの不幸体質でトラブルに巻き込まれることが多々。
美琴をはじめ女性に好かれる事が多いですが、その辺りはかなり天然で鈍感で、今回も美琴と大覇星祭後のダンスシーンでもときめきな展開には至らず…。
黒子に邪魔されなかったらもしかしていい感じになってたのかもですが、まだまだ先は長そうです(汗)

アメリア
アメリア

まさかのドラゴンが右腕から出てきたのにはびっくり!

美琴とのダンスシーン、素敵だったよ!

削板軍覇(cv.河西 健吾)

削板軍覇(cv.河西 健吾)
学園都市第七位の『超能力者レベル5』にして、『原石』と呼ばれる天然の異能者。その能力については非常に繊細かつ複雑なもので、原理や発現の仕方など詳細がまるでつかめていない稀有な存在でもある。『すごいパンチ』と自称する必殺技を持つが、これまたよくわからない力で離れた対象を攻撃できること以外は不明なもので、本人も自分の能力を大雑把にしか把握できていない様子。口ぐせのように「根性」を持ち出す熱血漢で、普段は街中で人助けをしているらしい。たいていのことは根性でどうにかなると考えている節がある。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

削板は見た目通りの性格で、考えるよりまず行動の考えを持ち裏表のない人間です。
今回は上条と一緒に美琴救出をサポートしてくれていましたが、とにかく熱さを感じる人間でしたね…。
熱血、とはまさに彼の為にあるような言葉と言っても過言ではなく、今後の登場も楽しみな人物です。

御坂妹(cv.ささき のぞみ)

御坂妹(cv.ささき のぞみ)
とある実験--『量産型能力者レディオノイズ』計画、および『絶対能力進化レベル6シフト』計画のため、第三位の『超能力者レベル5』御坂美琴のDNAマップ(=遺伝子情報)をもとに作られた軍用クローン。能力は『異能力
レベル2』~『強能力レベル3』程度の発電系能力『欠陥電気レディオノイズ』。美琴とは対照的に表情は乏しく特徴的な口調で話すが、ガサツな言動やカワイイもの好きなど、その面影を残す部分も。現在、第七学区のとある病院をはじめ、世界各地の学園都市関連施設で治療中。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

基本は無表情なのですが、黒猫と行動を共にする動物好きな一面や駄々っ子な一面も。
「ミサカは~」など自身の名前を一人称としてつかい、どことなく淡々とした口調が人気のキャラクターです。
クローンとは思えないような人間らしさを兼ね備え始めていて、美琴に変わって大覇星祭に参加するシーンが可愛すぎました!
多数のクローンと繋がるネットワークを保有しており、今回木原にそのネットワークを悪用されてしまいましたが、無事で良かったです…。

帆風潤子(cv.津田 美波)

帆風潤子(cv.津田 美波)
常盤台中学三年生で、食蜂『派閥』のナンバー2。能力は体細胞中の電気信号を操作して身体能力を向上させる発電系能力『天衣装着ランペイジドレス』で、強度レベル
は『大能力レベル4』。食蜂に心酔しており、彼女に代わって『派閥』の実質的な管理運営をしている。生真面目で細やかな気配りができるタイプのようで、なにかと自由すぎる食蜂にお小言をいうことも。立派な縦ロールは常盤台御用達の美容院でセットされたもので、とある理由でお気に入りらしい。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

誰に対してもにこやかに接し、とても穏やかかつ素直な性格でほかの主人公たちと比べるとやや物足りない気もしますが、戦いではものすごい怒りを持って動くなどやさしさと強さを兼ねそろえています。
今回は美琴の監視役として少しだけ登場シーンがありましたが、決して悪い人間ではありません。

ショチトル(cv.大和田 仁美)

ショチトル(cv.大和田 仁美)
学園都市の暗部組織『メンバー』に所属している少女。『魔術師』と呼ばれている。その正体はアステカ系魔術結社『翼ある者の帰還』の魔術師で、死者に関する魔術を得意としていることから『死体職人』の名を持つ。エツァリとは師弟関係にあったが、組織を裏切った彼を粛清するために学園都市に潜入している。海外で起きたとある事件で佐天と出会っている。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

木原サイドのメンバーの一人。
本当は褐色肌にショートの黒髪という見た目ですが、今回の話では能力により見た目を変えていますが、どちらの容姿も同じくらいの人気があります。
佐天さんがピンチの時に助けてくれたりして、気が強い一面はあるものの心優しい人物ですね。

馬場芳郎(cv.林 大地)

馬場芳郎(cv.林 大地)
学園都市の暗部組織『メンバー』に所属する小太り体型の男子高校生。 情報収集と作戦立案に長けており、チームでは主に作戦指揮を担当。他人を信頼しておらず、なにかと見下す傾向があり、ためらうことなく駒として利用する。常に安全地帯から指揮することを心がけており、各種ロボットを駆使して作戦を実行、必要に応じて戦闘も行う。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

今回圧倒的に嫌な奴だった馬場!
木原サイドのメンバーの一人で、頭は回る方なんでしょうがとにかく卑怯者。
卑怯な手を使って婚后さんに乱暴を働いている姿はとにかく怒りしかありませんでした。
でも最終的に美琴にけちょんけちょんにされていたのでスッキリ!
余談ですが、クールによって容姿が微妙に異なるためライザップをしたなどネタにされることもしばしばあります。

警策看取(富田 美憂)

警策看取(富田 美憂)
身分を偽って『メンバー』に接触し、偽の指令を与えて操っていた少女。かつて霧ヶ丘付属中学に在学していた。能力は比重20以上の液体を自在に操る『大能力レベル4
』の『液化人影リキッドシャドウ』。操る液体は聴覚と触覚しか持たず、自分と同じ形でなければ精密な操作が難しいという制限があるものの、数百キロ先でも自在に操れる高い遠隔操作性を誇る。その能力のため、幼少期に『才人工房クローンドリー』という機関で被験者となっていた。現在は木原幻生ともつながりがあるらしい。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

食蜂と同じ「才人工房(クローンドリー)」という研究所の出身者です。
陽気な性格で目的のためなら残忍な行為もできる人間ですが、家族のように大切にしていたドリーと呼ばれるクローンの少女を殺されるなど重い過去を背負っています。
元々は素直で実直な性格の持ち主だったんでしょうけど、クローンドリーでの出来事をきっかけに歪み初めてしまったんでしょうね…。
黒子に倒され、食蜂のおかげでドリーと再会しましたし、素直な心を取り戻してくれると信じています。

カイツ=ノックレーベン(cv.林 和良)

カイツ=ノックレーベン(cv.林 和良)
『知的傭兵アドバイザー』を自称する警備、情報戦関係のコンサルタント。『絶対能力進化レベル6シフト』計画では警備部門統括者として参画しており、度重なる関連研究施設への襲撃に際しては、暗部組織である『アイテム』を手配している。学園都市の裏側に通じており、現在は食蜂操祈とも接触を持っているらしい。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

口調が~です、ますの丁寧語でジェントルマンで有能な人に見えますが、最初はこの人も嫌な奴かと思いました…。
フタを空けてみれば食蜂と協力して御坂妹を守ってくれましたし、自分の身が危なくなってもしっかり御坂妹を連れて逃げ出してくれてましたし、良い人でしたね!

ドリー(cv.小原 好美)

ドリー(cv.小原 好美)
『才人工房クローンドリー』という研究機関の被験者のひとり。とある研究のために統括理事会から機関に預けられた被験者で、身体機能維持のために身体に機械が埋め込まれている。『才人工房』で警策と友人となるが、とある事件を機に疎遠になった経験を持つ。

出典 「とある科学の超電磁砲T」公式HP

最初は元気のいいおバカキャラのように感じていましたが、実はものすごく切ない運命を抱えていて、それを隠すように明るくふるまっています。
食蜂や看取とも関わりがあり、今回のキーパーソンの一人でしたね!

木原幻生(cv.高岡 瓶々)

木原幻生(cv.高岡 瓶々)
『木原』一族のひとりで、『神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの(SYSTEM)』研究の第一人者。先進教育局木原研究所所長、特殊学問法人RFO会長など、多くの肩書を持つ。『絶対能力レベル6』の実現に向けた合法非合法を問わない研究に手を染めており、人体実験も厭わないマッドサイエンティストとして知られている。『絶対能力進化レベル6シフト』計画の提唱者であり、『能力体結晶』の研究、『置き去りチャイルドエラー』を使った暴走能力の法則解析用誘爆実験も彼の主導で行われている。

出典 「とある科学の超超電磁砲T」公式HP

圧倒的な老獪なラスボス感のあるキャラクターで、食蜂との戦いのシーンが印象的です。
色々な能力を使いこなすとんでもないマッドサイエンティストで、人の命を何とも思わないような一面がある恐ろしい存在でした。

アメリア
アメリア

まさかの黒幕にびっくり。

食峰戦の手に汗握る戦いが印象的だったね!

まとめ

とある科学の超電磁砲の相関図および登場人物同士の関係をまとめてみました。
今回紹介した超電磁砲の話は禁書目録と平行線で進んでいるので、ほかのシリーズも知ることによって更に楽しめること間違いなしです。

#レールガンT

Twitterでも、とある科学の超電磁砲Tは、本編よりも話の構造が丁寧で見やすいという意見が多くよせられていますが、その人気理由の一つとして魅力的なキャラクターたちが挙げられるでしょう。

これから始まる16話以降もキャラクター達と合わせて要チェックです!

コメント