【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】新サクラ大戦の原作は4巻まで?新サクラ大戦 the Animationは原作から続くアニメの世界

新サクラ大戦 the Animation
出典「新サクラ大戦 the Animation」公式HP
スポンサーリンク

【アニメ】新サクラ大戦の原作で2巻まで?新サクラ大戦 the Animationは原作から続くアニメの世界

新サクラ大戦はアフタヌーンで連載中のアニメで、現在コミックは2巻まで。

主にこの2巻で天宮さくらが帝国歌劇団に就任して、二都作戦の真実までが語られます。

ゲームで行くと中盤くらいでしょうか?

作画を担当している人も違うので、新たな新サクラ大戦ワールドを楽しむことが出来ます。

新サクラ大戦 コミック1巻目

概要

時は太正二十九年。「真宮寺さくら」に憧れる天宮さくらは、その夢を追う為に帝国華撃団に入隊するが、そこにはかつての面影もなく弱体化した帝国華撃団の姿があった。帝都の平和を守る為、さくらは新生・花組のメンバーと共に栄光ある帝国華撃団の復活を誓う──!!

出典:「新サクラ大戦 the Comic 1 」amazon

一巻目になるのですが、新サクラ大戦を彩るはじめとなります。

10年前の存在した花組の真宮寺さくらも同じように初めて帝国劇場を訪れ、様々な事件に巻き込まれていきます。

新サクラ大戦 コミック2巻目

概要

帝国華撃団の存続を賭け、世界華撃団大戦に挑む天宮さくら達。しかしその開会式には、「真宮寺さくら」にそっくりな上級降魔・夜叉が現れる──…。そして神崎すみれから明かされる二都作戦の真実。十年前、全華撃団が消滅した理由とは──!?

出典:「新サクラ大戦 the Comic 2」amazon

こちらはゲームでいうと中盤あたりで、華撃団大戦の途中で夜叉(真宮寺さくら似の降魔人間)が帝劇を襲います。

ここで天宮さくらの乗る光武三式が壊され、乗る機体を失うという話になります。

そして、二都作戦の真実もこの時に明かされ、自分たちが10年前に存在した3つの華撃団、帝国華撃団、巴里華撃団、紐育華撃団の犠牲のもと平和な日々を送っていたと知らされます。

この時に神崎すみれが何故二都作戦に参加しながらも他の隊員と同様に魔都に取り残されなかったかも語られます。

ヤングジャンプに掲載されている新サクラ大戦

現在ゲームから遅れての出発となりますが、ゲームと同じように語られていきます。

絵が違うのでなんとなく新しい物語として受け入れやすいですよね。

コミック2巻までで、夜叉の登場、二都作戦の真実が語られているので、これから最終話に向けて進んでいきます。

もしこのままいくなら今回の新サクラ大戦 the Animationの世界も語られるのではと私は思っています。

何故ならヤングジャンプで語られている新サクラ大戦の世界は後追いのようにきちんと新サクラ大戦の初めから語られているからです。

何故原作が後追いになったのか

通常アニメ化の経路は、小説→コミック→アニメ→ゲームの順番が定番で。

今回の新サクラ大戦のように全てが並行で動いたものは初めて見ました。

ですが逆に新鮮さを覚えました。

何故ならゲームやアニメを先に見たりプレイしたりしていると、原作の先がわかってしまうからです。

ではなぜ原作も見てしまうかというと、絵も違いますし、若干ゲームやアニメと違う所があるからです。

これには驚かされました。

コミックの数はおそらく今のままだと4巻が妥当

新サクラ大戦の世界は30話で最終話を描いているようです。

そのため、この流れで行くとコミックは4巻で終わるのではと思われます。

2巻で二都作戦の真実が語られていますからね・・

もう中盤まで言っている以上、4巻が妥当という考えです。

ちなみに30話がゲームの最終話とされているのは以下の情報から語っています。

北斗七星は源庵葬徹を倒すために、神崎すみれの指揮のもと作られた対魔式術で、ゲームではこの陣を作るために各名仲間の元を神山誠十郎で回っていました…

この後の物語が新サクラ大戦 the Animationとなるわけですね・・

小説版もコミック1巻と同時に発売されていた

実は新サクラ大戦ですが小説版も出ていました。

『新サクラ大戦』本編の過去が小説で描かれる!!
太正二十七年。帝都・東京。まるで花を思わせる、美しい女性が人々の目を集めている。神崎すみれ、帝国華撃団・花組の元トップスタァである。
降魔との戦いから、数多の犠牲を経て訪れた平和な世に、彼女は再び乱の兆しを感じ取っていた。彼女は探す、再び帝都を守るために、新たな華撃団の歴史を紡ぐ少女たちを。
キャラクターデザイン設定を担当するアニメーター・工藤昌史による描きおろしカバーイラストと『新サクラ大戦theComic』の野口こゆりによる挿画で彩る本格ノベライズ!!

出典:「新サクラ大戦 the Novel」amazon

こちらは新サクラ大戦、新サクラ大戦 the Animationに続く前の物語が語られている小説になります。

アナスタシアや初穂やさくらやあざみやクラリスの過去がびっしり書いてあります。

そのため、ゲームやアニメをプレイしたり見たりする前に呼んだほうがいい前日譚ですね。

小説から考えられる新サクラ大戦 the Animationの世界

小説はコミックの1巻と同時に発売されているのですが、小説の世界を体験しておくと、これからのさくらの世界がわかります。

新サクラ大戦の世界は最初の前日譚が語られていないので、小説で確認しておくことで、より新サクラ大戦 the Animationに登場するキャラクターの特徴がわかります。

例えばアニメで初穂が実家に帰るという書置きを残して、実家に帰った際に、さくらとクラーラがついていきます。

該当シーンは以下になります。

あらすじ

さくらは東雲初穂の様子が気になり部屋を訪れるが、扉には「実家に帰る」との張り紙が。花組一同が心配するが「お祭りの手伝いで帰ったのでは」と話し、さくらも手伝いに行くことにした。一緒に行きたいと言うクラーラと共に、さくらは初穂の実家である東雲神社に向かう。

出典「新サクラ大戦 the Animation」公式HP

このシーンですが、アニメーションオリジナルの話になりますが、そもそも何故天宮さくらは東雲初穂の事を昔から知っているかというのはこの話を聞いても詳しくはわかりません。

しかし、小説を読んでいるとさくらと初穂の繋がりが凄くわかります。

新サクラ大戦のコミックの感想は様々

やはり思った通り、かわいいという感想がありました。

コミック版の作画担当は野口こゆり先生でゲーム版とアニメ版とは全く関係のない人になります。

そのため、独特な絵が使われており、その絵に対して可愛いという感想が多いですね。

そして要望もありましたね・・

確かに内容がゲームのネタバレだけに、前日譚を書いて欲しいという要望もありましたね。

小説で語られてはいるのですが…

漫画で語られるとさらに読みやすいですよね・・

まとめ

今回コミックや小説について紹介しました。

ただコミックはゲーム版の内容、小説は前日譚なため、アニメ版の話はありませんでした。

しかし、ゲーム版を描いているコミックと前日譚を描いている小説を読むことで、よりアニメ版を楽しめるのは確かでしょう。

今回の新サクラ大戦は前作であるサクラ大戦からの歴史中に主人公や隊員が生まれているため、アニメ版の前の話をしっかり把握することで、よりつっ込みどころが増えるでしょう。

しかし、小説とコミックを同時発売にするなんて・・

何か考えがありそうですよね…

 

新サクラ大戦 the Animationの世界はサクラ大戦からある程度今後を予想してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました