【決定版】おすすめアニメ120選

新サクラ大戦 the Animationの最後の結末はどうなる?ラストのその後もネタバレ

新サクラ大戦 the Animation
出典:「新サクラ大戦 the Animation」公式ページ
スポンサーリンク

新サクラ大戦 the Animationの最後の結末はどうなる?ラストのその後もネタバレ

新サクラ大戦 the animationの最終話は12話。

正直言うと13話で終わるかなと思っていました。

しかし、やっぱりハッピーエンドでしたね。

特に最後、倫敦華撃団、伯林華撃団、上海華撃団がピンチに駆け付けてくれたシーンは胸が熱くなりました・・

じつはゲーム版でも北斗七星の陣を作るために、各3つの華撃団が力をかしてくれただけに、アニメもこうなるなとか思っていました・・

さくらとクラーラの関係がさらに深くなるだけに最後が凄く物足りないです。

やはり暴走したクラーラ!

クラーラは姉のレイラと違って理性を保ち、人の姿で降魔の力をふるうことができ、11話でも降魔の力を主に手出しつつも理性だけは失わずにいました。

ただ、最後は暴走しましたね。

確かにあれだけカミンスキーからいろいろ言われた暴走したくもなると思う。

設定は降魔の力を完全に発動しても理性を失わないとなっていただけにちょっと残念。

レイラの想いが届いた?

クラーラの姉であるレイラは11話までしか登場しないのですが、もともとクラーラへの愛情が強く、カミンスキーがクラーラに興味を持たなかったらもっと別の道があったかもと思いました…

特にカミンスキーのために忠誠を誓い、色々なことをしてきたレイラは凄く報われない気がします。

本人はどう思っているかわからないのですが…

ただやはりしまいですね・・

レイラは最後までクラーラの事を想って、クラーラの事を考えて、さくら達にクラーラの事を託したんでしょうね。

出来ればクラーラとレイラの幼いころの物語を番外編にして欲しいです。

きっとさくらと初穂のように仲がいい感じで、いつも遊んでいたんでしょうね。

やっと出てきた神山誠十郎

新サクラ大戦の主人公の神山誠十郎ですが、とにかくアニメーションでは戦闘に出ない。

いつ出るんだと思いつつ見ていても、いつまでも登場しない。

話は花組とクラーラの話で進んでばかりで全く出てくる気配がない。

それもそうだ。

アニメーションはゲームの1年後の世界となっていて、神山は欧州に出ているという設定。

時たま通信のシーンでしか出なかったのですが、最後は出てくれましたね。

きちんと無限に乗って二刀流で。

しかも白仮面も背負って・・

てか何故白仮面に拘るんだろう。

伯林華撃団、上海華撃団、倫敦華撃団登場

今回ゲームから1年後の世界という事もあり、華撃団大会で帝国華撃団が優勝したとなっており、且つカミンスキーが再度設けた華撃団大会でも3つの華撃団は中継を見ているだけでした。

なので、今回のアニメーションでは見ているだけかなと思っていたら、最後に帝国華撃団のピンチに駆けつけます。

やはりこうでないとと思いました。

前回は各華撃団の母艦で登場しましたが、今回はとにかく乗り込む形で各華撃団が参上しました。

大会では優勝しなかったですが、やはり各華撃団の実力は高いですね。

ゲームから入っている人はこのシーンで凄く興奮したと思います。

ただ注目したいのはゲームでは華撃団協技会、アニメ版では華撃団大会と違いがあることです。

これは驚きましたね。

きちんと区別をしている所さすがですね…

白仮面を捨てない村雨白秋

驚いたのは村雨白秋が最後まで仮面を捨てないことです。

そもそもゲーム版では仮面なしで堂々と帝国劇場のカフェでくつろいでいたのに、最後まで仮面を捨てることなく帝国華撃団と共闘したのはちょっと疑問でした。

正体を隠すために仮面をしているのか、ただ白仮面として最後まで活躍するプライドだったのか・・

今となっては不明な部分が多いです…

ただ何故誰も気づかないのかという点は誰もが思ったでしょう。

しかしアニメの中で、さくらに対して助言をするなど…

師匠を思わせるシーンはいくらかあっただけに不思議ですね…

ゲーム版との大きな違いは戦闘シーン

ゲーム版はアクションゲームとなっていて、3Dモデルとなった無限や光武や桜武で戦っていくのですが、アニメーションはとにかく細かい。

自身で操作するのではなく決められた動きで戦うのですが、実際に操作して戦うより綺麗な戦闘が見れますね。

特にラストバトルはアニメーションならではのなめらかな動きをした戦闘が見どころで、最後まで見てても飽きません。

特にさくらの最後の叫びはアニメーションだからこそ得られる臨場感がありましたね。

神山の機体無限を最後まで出さなかったのは隊員視点だから

通常新サクラ大戦の主人公である神山誠十郎が出ないのは不思議で、最後に機体と共に登場するのですが、実はこれはゲーム版と違ってアニメ版はそれぞれの隊員を主人公にしたかったという意思があるようです。

またゲーム版の1年後の世界という事も伝わるようにしたかったようですね・・

ただですね…

アニメ版はゲーム版と違って好感度が存在しないのも神山を登場させなかった理由でしょう。

しかし、それがあったせいかさくらとクラーラの関係は凄くよい形になっていて、何気ない日常が凄く語られていました。

やはり強い桜武

花組隊員が登場しているのは無限。

さくらが最初から乗っていたのは光武3式。

古い型の後部に乗っていたさくらですが…

11話より出てきましたね桜武。

しかしつよいつよい。

設定は真宮寺さくらも乗りこなせないほどのじゃじゃ馬で、とにかく霊力を食うとか・・

天宮さくらが登場した桜武は一騎当千がふさわしいでしょう。

とにかく敵をバッタバッタなぎ倒していきます。

最後は天宮さくら自身の剣技で倒していくので、やはりメインヒロインだけありますね。

私だけなのか・・

真宮寺さくらをどうしても重ねてしまう・・

ラスボスはやはりカミンスキーだった

カミンスキー自体ずば抜けた力を持っているわけではないので、ラスボスになるとは思いませんでした。

しかも降魔の力を取り入れて暴走です。

なんかありきたりなラスボスっぽいですが…

実際いままでサクラ大戦が同じように終わっているので、いつの間にか自然に受け入れていました。

ただ相変わらず最後は巨大化していますね。

さくらとクラーラの家族愛が最後を飾る

今回のメインキャラクターはクラーラ。

アニメの中でクラーラとさくらは仲が良く、まるで姉妹のような感じで話が進んでいきます。

特にクラーラが旧・莫斯科華撃団の一員と知った後も態度を変えることなく面倒を見ていきます。

しかし最後はクラーラが暴走するのですが、さくらは最後まで家族として接していましたね。

アニメーションならではのラストだけに得した気分です。

家族っていいですね。

まとめ

今回は新サクラ大戦 the animationの最後の結末を纏めてみました。

最後だけに結末はさくらとクラーラのハッピーエンドでしたが、何か物足りない気がします。

後1話サクラとクラーラの関係が描かれたOVAが出たら、最高の終わり方になると思ったのですが…

しかし、ラストは本当に感動しました。

家族愛で決めるアニメはサクラ大戦では初めてです。

今までは隊員どうしや隊長との話がメインだったので…

 

見方としては全てが新しくなっているだけにゲーム版をやりこんでから、アニメを見た方がいいかも…

やっぱり一年ごとという事もあり、今回の主人公である5人の隊員の事がよくわからないので、見ている人は混乱しそうな気がします…

もしゲームが難しいという人は、各話を纏めてある情報を見るだけでも違うかも…

コメント

タイトルとURLをコピーしました