【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

曽志崎緑のサッカースキルや性格 ・声優 | 人間関係についても紹介

さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

曽志崎緑は、蕨青南高校の守備ミッドフィルダーのポジションを担っていて、サッカーセンスも判断力もかなり高いキャラです。

そんな彼女がなぜ弱小高校である蕨青南高校に入学したのか、またどれくらいサッカーが上手いのか等について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

曽志崎緑とは

曽志崎緑とは

出典:「さよなら私のクラマー」公式HP

本名 曽志崎 緑
学校名 蕨青南高校
学年 1年
ポジション 守備ミッドフィルダー(ボランチ)
背番号 4

曽志崎緑は、周防にとってライバルであり、良き理解者である存在です。
中学時代に雑誌で紹介されたり、全国3位を獲ったりと名前を轟かせており、代表選手に選ばれたこともあります。

ボケが多い1年生の中でツッコミを入れる明るいキャラクターですが、冷静な判断をすることもできるため、ワラビーズのカウンターの要になる存在です。

女子サッカーの環境面や意識の面について考えていることが多いので、曽志崎も過去になにか悩んだことがあるのでは…と推察できます。

アメリア
アメリア

中学時代からすごいよね

周防すみれを高くかっている

周防とは中学時代、敵として競い合う関係でした。
自分なら周防のプレーをもっと生かせると思い、同じチームでプレーしようと持ちかけます。
その結果、桐島からの浦和邦成への勧誘を断り、弱小高校の蕨青南高校に入学することを決意

実際にワラビーズ入部後に同じチームでプレーして彼女を選んでよかった、と改めて実感します。
環境のせいで周防の才能がつぶれてほしくないと思っていたため、自分がもっと周防にチャンスを与えたいと思ったのでしょう。

入学前に「惨敗させたのは私だから」と笑いながら周防に伝えるシーンで冗談のようにいってるように感じますが、半分本音も混じっているんじゃないかなと感じます。

「突出した才能があるのに周りがついてこれず諦めてしまうのではないか、もっと活躍できていれば注目を浴びたのでは」と心のどこかで思っていたのかもしれません。

だからこそ、周防の才能をもっと周りに見せたいという気持ちが強い
敵チームのときから周防の強さを認めている点から同じチームとなって、さらに周防の才能をきらめき始めると感じます。

アメリア
アメリア

周防に合わせるように高校を選んだよね

アニメオタク

曽志崎はテレビアニメ「きゅんこく」にハマっており、たまにキャラクターの使うセリフを引用したり、「~ぜよ」「何をしちゅうがじゃ!」という口癖を真似したりする場面があります。

ブルーレイ発売得点のリストバンドをつけていることもあり、相当なファンであることがわかります。

その周りには「きゅんこく」ポスターを貼っていたり、誠と背中に入った羽織を着ていたり、けっこうなオタクであることを差していますね。

また、パソコンを巧みに扱い分析するために瓶底メガネをつけて調べものをするなど、誰か頭のキレるキャラクターの真似をしているのではと考えられます。

オタクはある作品のファンであり、のめり込むという才能を思わせてくれますね。
アニメオタクですが、個人的にはサッカーに関してもオタクで、サッカー関連の動画や情報を調べて勉強していたのではないかと思います。

アメリア
アメリア

サッカーもアニメも一生懸命だね

1度決めたら絶対に譲らない

周防といっしょにプレーしたいと決めたら、他から反対されても弱小高校に入学します。
尊敬している桐島からの勧誘があっても断らないほど、譲りませんでした。
それほど、自分の決めたことを貫きます。

そして、曽志崎は自分で決めた選択を貫くだけじゃなく後悔することもあまりないように感じます。

「弱小高校に入ったけど大丈夫かな」と一瞬悩むこともありますが、周防のプレーを見て自分は間違ってなかったと実感しており、もしあまりにも酷い部だったら別の方法で周防といっしょにプレーしようと考えるほどです。

あのときにああしておけばよかったという気持ちがほとんどないことから、自分で自分の道を決める意志の強さも持っていると感じます。

そして、もし間違った道を進んでいると感じたら、別の手段を考える力を持ったポジティブな性格であると考えられます。

アメリア
アメリア

考え方がポジティブっていいよね

スポンサーリンク

曽志崎緑の性格

曽志崎緑の性格

出典:ゲキサカ

曽志崎は、1年生の中ではかなり常識人の部類でボケが多い1年生(特に白鳥)に的確なツッコミをします。
そのツッコミが周りの緊張を緩ませることもあり、試合の雰囲気も調整できる存在。

また、反対に気が緩んでしまっているときは叱咤激励するように周りの雰囲気を読み取る性格もあります。

なかなか怒って叫んでいるシーンが多いですが、試合中は意外に冷静な判断ができるため、ワラビーズのブレインとして活躍できるような性格を持ち合わせています。

アメリア
アメリア

癖があるけどチームのことを一番に考えてくれてるイメージがあるよね

冷静に状況を判断する

曽志崎は、おしゃべりなところが多いですが、意外にも試合中は冷静に状況を把握できます。
周防のように自分へのボールをカットされても、メラメラと対抗心を燃やすタイプではなく、冷静に判断しゴールされる可能性を減らすための思考を巡らせてるとか。

また、本気を出さない周防に対してムッとする場面があります。
ですが、周防が戦略的撤退のためだと説明すると今後を考えると撤退する方が得策か、と冷静に考えられていることがわかります。

ワラビーズのとくに1年生は前線に出たがり、守りを少し疎かにしがちのメンバーが多いです。
ですがそれは、曽志崎というボランチがいてくれるからこそ、ワラビーズも安心して攻めあがれているのだと感じます。

こういった部分から、曽志崎はワラビーズにとって関門のような存在ですね。

アメリア
アメリア

面白いキャラに思わせて実は冷静沈着!?

好戦的で相手の強さを逆に糧にする

冷静な判断ができる一方で、曽志崎は好戦的になる場面も多々あります。
久乃木学園にやられっぱなしの状態になったことから「もうやめたほうがいいんじゃ」と思っていましたが、恩田の「やられっぱなしは性に合わない」という言葉に「ぐう正論!」と恩田に同意します。

また、久乃木学園の佃のバカにしたような発言に絶対に1点とってやる!という意気込みを見せます。

そして、散々相手チームに邪魔をされた曽志崎は、お返しとばかりにゴールのチャンスにつながるパスを前線に繋げています。

基本的には冷静に相手との力量差を見てパスを出すか否かを判断。

仲間のことを想って一番得意とする絶好のパスを出すなど、チャンスを作り上げることにも長けていますね。

その好戦的な部分は、仲間を信頼してるからこそ発揮されるように感じます。

そしてもうひとつ、曽志崎は相手の強さを踏まえたうえで空いたスペースにパスを出すと判断。
粘って粘って、相手が油断した瞬間ミスした瞬間に噛みつくという我慢強い部分もあるんじゃないかなと感じます。

アメリア
アメリア

相手が強ければ強いほど燃えるタイプなんだね

スポンサーリンク

中学時代の曽志崎緑

中学時代の曽志崎は、環境に恵まれていて、先輩には浦和邦成の桐島がいてダブルボランチを務めていた経験もあります。

また、U-15の代表選手として選ばれたこともあり、かなりサッカースキルを磨くためのいい経験ができたと考えられるでしょう。

このような恵まれた環境にいたため、周防のような才能が溢れる選手をほうっておけないと感じ、同じチームでプレーしようと誘ったのだと思います。

これが、周防にとっても曽志崎にとっても大きなターニングポイントになるのが注目ポイントです。

アメリア
アメリア

周防との出会いが一番印象的だね

周防すみれと中学3年間競い合う

曽志崎は、中学時代から周防と敵同士で何度も競い合っていました。
仲間にも恵まれていたためか、曽志崎の圧勝でした。
ですが、曽志崎にとっては勝ったことよりも周防の才能がチームで生かされていないことの方が気になっていたようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク