【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

曽志崎緑のサッカースキルや性格 ・声優 | 人間関係についても紹介

さよなら私のクラマー

ボランチという位置から長短パスを多彩に使い分けることもあり、ゲームメイカ―と呼んでも過言ではないでしょう

そして、曽志崎のパスはただゴールに入れるために出すパスだけではなく、味方の才能を相手に見せつけるために出すパスもあり、味方を信頼しているパスということがわかります。

曽志崎のパスが打開のきっかけになったり、チャンスを生み出すきっかけを作ったり、チーム全体の士気をあげる力があると感じます。

また、前線に攻めがちなメンバーが多いため、カウンターを受けてDFが苦労する場面が多くなりがちです。

その中で、曽志崎はボランチという守備MFというポジションを意識して仕事を行うため、DFにとってもかなり強力なストッパーだと信頼されているように感じます。

アメリア
アメリア

チームの勝敗の流れを変えてくれる貴重な人物だね

シュート力でゴールを攻めていく

曽志崎は、ストッパーでありながらシュート力でさらに相手にプレッシャーを与えることができる選手です。
自分のシュートが決まる可能性があれば、ボールをキープし自らシュートに持っていくシーンもあります。

ゲームメイクができる彼女の存在で相手のチームは否が応でも曽志崎を意識せざるをえず、人数有利で曽志崎を抑えようとしますが、そこで恩田や周防らが前線をあげるため、攻めのチャンスを作ることができます。

ボランチでありながら攻撃にも参加できる、まさにマルチプレイヤー的存在です。
パスやシュートでも注目を集める選手のため、他メンバーへのチェックを減らすスキルも持っているように感じます。

彼女がゲーム全体の要になっているシーンも多いので、ぜひ着目してみてください。

アメリア
アメリア

シュート力もあって作戦も立てているなんて万能プレイヤーだよね

スポンサーリンク

曽志崎緑の人間関係

曽志崎緑の人間関係

出典:ゲキサカ

曾志崎は、全国3位を獲り雑誌でも取り上げられるほど有名な選手です。
そのため、顔も広く女子サッカー選手の知り合いが何人もいます。

彼女が誰とでも親しく話せる能力だけでなく、敵味方のそれぞれの長所や短所を把握できることから、尊敬されている部分も多いと思います。

彼女がワラビーズにとっての貴重な情報源でもあることが、節々で感じられるでしょう。

白鳥 綾とはボケとツッコミの仲

FWの白鳥は、よく自信過剰な発言をして周りを困惑させることが多いのですが、曽志崎だけは律儀にちゃんとツッコミを入れます。

技名を叫びながらシュートをしているときもたまたま体に当たってゴールした「ごっつぁんゴール」で自画自賛しているときも、冷静にツッコミを入れます。

白鳥のボケと曽志崎のツッコミはチーム内に流れる空気を和らげていると思います。
チームの雰囲気が落ち込んでしまったときに2人の掛け合いを見て、チームの士気が戻ってくれば…と思います。

アメリア
アメリア

ボケとツッコミのコンビって結構愛称いいよね

周防すみれとは腐れ縁

周防すみれとは腐れ縁

出典:football-zone

周防とは、中学時代はライバル、高校になるとチームメイトになります。
前述にも記載していますが、周防のプレーを眠らせたままにするのはもったいないと思って周防に同じチームに入ることを約束し、ワラビーズへ。

曽志崎の長短自在のパスと周防の圧倒的スピードで相手にプレッシャーを与える姿は、曽志崎の予想どおりだったようです。

2人のコンビネーションで、女子高校サッカー界に風穴をあけてほしいところです。

 

周防すみれに関しては以下でも詳しくまとめていますのであわせてお読みください。

 

周防すみれのサッカースキルや性格・声優 | 人間関係についても紹介
周防すみれのサッカースキルや性格 、声優について詳しくまとめています。そして、気になる人間関係についても解説

 

アメリア
アメリア

なんだかすごく運命感じる出会いだよね

佃 真央とは知り合い

佃とは、U-15女子日本代表でいっしょで「ソッシー」と呼んでいるのをみると、比較的に仲が良かったようです。
お互いにどれくらい実力があるのか理解しており、警戒しなければいけない存在と意識しています。

21点差もつけられた私たちとまた対戦できると思ってんの?と佃から煽られて、やってやる!と活き込んでいるところから、知り合いだった2人がライバルへと意識が変わったような感じが、劇中からとらえられるでしょう。

お互いが良いカンフル剤になっていくのではないかと思います。

アメリア
アメリア

2人はお互いに刺激し合っている関係だね

安達太良 アリスとはアニメ繋がり

浦和邦成の安達太良とは、2人ともハマっているアニメ「きゅんこく」をきっかけにオタク友だちになります。
曽志崎の手甲(リストバンド)やキャラの名言を使っているのを聞いて、安達太良は曽志崎に話しかけるチャンスをうかがいます。

結果缶バッジの交換をするまで仲良くなれたようで、やっぱり共通の話題があると話すきっかけになりますし、オタクは仲良くなりやすいんだなと感じました。

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク