【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【戦闘員派遣します】キサラギ=アリスがかわいいと人気!強さや能力・戦闘員六号との関係性も紹介

戦闘員、派遣します!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「戦闘員、派遣します!」は2021年春の新作アニメとして4月から放送中の人気テレビアニメ作品です。

本記事では戦闘員六号と共に惑星へと転送された、キサラギ=アリスのキャラクター性や強さ・能力を紹介。
記事の後半では戦闘員六号や、創造主(リリス)との関係性にも迫ります。

本作品の「人物相関図」に関しては以下の記事をご覧ください。

【戦闘員派遣します】人物相関図!アニメ版の登場人物・キャラクターの一覧を解説
...
スポンサーリンク

キサラギ=アリスとは?

まずは、キサラギ=アリス(以下は「アリス」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

キサラギ社製の美少女型アンドロイド

キサラギ=アリスは、最高幹部の1人であると同時に”天才科学者”であるリリスによって作られた、キサラギ社製の「美少女型アンドロイド」です。

戦闘員六号「なんすか、このガキ?俺、子供は嫌いなんですけど…」
アリス「下っ端戦闘員が、調子に乗るなよ!

一見は可愛らしい金髪の美少女ですが、そのお淑やかそうな外見に反して、口はかなり悪い方です。
あくまでも”戦闘員六号のサポート役”のために作られたにも関わらず、その六号に対しても出会った瞬間に“毒舌”を吐いてきます!

口は悪いけど、性格は大人びている

アリスの持つ「口の悪さ」は出会った瞬間から始まり、六号と一緒に惑星に転送されてからも容赦なく続いていきます。

その一方で性格の方はかなり大人びており、惑星の中でどんな窮地に立たされても冷静さを決して失わず、あくまでも落ち着いたまま対処していきます。

アメリア
アメリア

“六号の性格”をベースに作られていたから、口が悪いんだね!

“魔法”や”オカルト”の類を嫌って信じない!

アリス自身が”科学至上主義者”であり、転送された惑星で当たり前のように使われている“魔法”強く嫌っています。

さらに、第2話でロゼと一緒に遊撃隊に入隊してきたグリムが専門的に扱う“オカルト”の類も全く信じていません

第7話でグリムの”降霊術”で呼び出された“大悪魔”を前にしても「安っぽいホログラム」と貶しながら、軽くあしらってしまう始末です…。

アメリア
アメリア

アリスと”大悪魔”との絡みは、コミック版の第4巻で見らるよ!

ロゼの詳細は以下の記事をご覧ください。

【戦闘員派遣します】ロゼの強さや能力 | かわいい点や戦闘員六号との関係性・声優情報を紹介
...

六号からセクハラの”対象外”に

ティリス王女の配下となり、遊撃隊を結成してから魔王軍との戦いも順調に進んできてはいるものの、女性関係の展開に恵まれない六号は部屋で愚痴ばかりこぼすようになります。

そんな欲求不満な六号と同室のアリスが彼の手を持って自分の胸を触らせてくれますが、喜ばれるどころか逆に顰蹙を買ってしまうのでした。

アリス「良かったな!美少女の胸に触れて…」
戦闘員六号「ロボットのシリコン揉んで、何が楽しいんだー!

六号の好みの女性は、あくまでも「グラマーな大人の女性」であり、子供は完全に”対象外”です。
さらに、アリスの場合は完全に”機械”で作られたアンドロイドです。

「子供の上にアンドロイド」…この2つの要素を両方とも持っているアリスは、六号からは「完全に好みの“対象外”とされているのです。

アメリア
アメリア

逆の考え方をすれば、スノウやハイネとは違って「六号からの”セクハラ被害”に遭わずに済む」という利点があるかも!

スポンサーリンク

キサラギ=アリスが「かわいい」と人気が高い!

ここからは、キサラギ=アリスが「かわいい」人気の理由に迫りたいと思います。

【魅力①】”外見だけ”は間違いなく、上級の美少女!

本編で初登場した時点で、その可愛らしいルックスに惚れ込んだファンも多いように“外見だけ”上級の美少女と言えます。

さらにアニメ版では、そのルックスに加えて”金髪のロングヘア”も綺麗に描かれているため、アリス自身の”かわいさ”がさらに上がったと言っても過言ではありません!

そうした可愛さを凝縮したかのような“立体フィギュア”の発売も発表されました!

アメリア
アメリア

アリス好きにはたまらない…!

【魅力②】時おり見せる”不敵な笑み”も魅力的!

アリスの魅力を語るうえで、時おり見せてくる“不敵な笑み”も外せません!

ファンや視聴者の中には「怖い!」と感じている人もいるとは思いますが、こうした予想外な表情もまた「アリスの”魅力”の1つ」になっているようにも感じます。
私的には、この”不敵な笑み”がなければ「アリスじゃない!」と感じられてしまう位に外せない魅力となっていますね。

アメリア
アメリア

アニメ版では、OP映像の中でも少しだけ見られるよ!

【魅力③】六号たちに吐く”毒舌”も魅力の1つ!

元から”口が悪い性格”のアリスですが、ストーリー進行に比例していくかのように、六号やスノウに対する“毒舌”が増えると同時に、その内容にも磨きがかかっていきます。

実際に言われてしまっている六号たちにとっては辛い面もあるでしょうが、個人的にはこの”毒舌”もまた、大きな魅力の1つになっているように感じられます。

“ツンデレ”という言葉がさほど一般化している現代ですが、アリスの毒舌には他のアニメヒロインとはまた違う”ツンデレ要素”があるようにも見えます。

ある意味で、これまでのアニメヒロインには無い、少し斬新“ツンデレぶり”を発揮しているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

キサラギ=アリスの強さ・能力

ここからは、アリスの強さや能力に迫りたいと思います。

頭脳や特技・システムを駆使して、危機を乗り切る!

戦闘員六号の“サポート役”として作られたアリスも、自身に与えられた役割をしっかり理解しています。

アリス「お前はアホだと聞いてるからな。“頭を使う仕事”は任せとけ!」

言い方に少し棘はあるものの、確かに戦闘員六号やスノウたちがこれまでの戦闘や窮地を乗り越えられたのには「アリスの頭脳や能力」のおかげでもあります。

そこで、アリスの頭脳や能力が活かされた展開を簡単に振り返ってみましょう。

①状況把握による”演技力”で乗り切る!

転送されてきたばかりの惑星で自分たちに襲いかかってきた魔物たちを倒したのも束の間…その直後にグレイス王国の近衛騎士団の隊長・スノウが現れます。
そんな状況の中でもアリスの方が状況に即座に対応するかのように、自身の「演技力」を駆使しては、これまでとはまる別人に変わったかのように“可憐な少女”のフリをして乗り切ろうとします。

アリス「アホなお前じゃ、絶対に“ボロ”が出る!だが、この設定なら問題ない!

自分たちに突っかかってくるスノウに対して「心まで壊してしまった旅人(六号)の保護者です」などという、普通では思いつかないような“設定”まで加えては、彼女を納得させようとします。

六号の方からは納得されないものの、こうして咄嗟に思いついた発想や演技力で乗り切った上、スノウが案内してくれる形で、グレイス王国まで案内してもらえることになりました!

②機械の修理でアーティファクトを修理

アンドロイドであるアリスは、自身の“メンテナンス”も自分で行っています。
そのため、機械の扱いもお手の物です!

グレイス城に置かれている「アーティファクト」の内部も機械製であるため、アリスが持参している工具を使って颯爽と修理してしまったのです。

③”コネクト”を使えば、車の運転も可能!

アリスの身体には「コネクト」と呼ばれるシステムも導入されています。
簡単に説明すると、アリスにつけられている“配線”機械につないでしまうだけで、多くの機械を起動させることが可能です。

本編の時に特に役立ったのが、やはり「テザン砂漠に向かう時の“車の運転”でしょう。
隣の助手席に座っている六号からは「足がアクセルに届いているのか?」と心配されてしまいますが、アリスにとっては”コネクト”の配線さえ届いていれば、何の問題もありません。

アリス曰く、「機械の類なら、コネクトさえ刺せれば“自分の支配下”」なのです!

身体能力は”人間の少女”と変わらない

優秀なサポート役かつ、アンドロイドという特殊な立ち位置のアリスですが、根本的な“身体能力”並の人間の少女と変わりません。
それゆえに、スノウロゼとは違って剣術や打撃による攻撃には完全に”不向き”なわけです。

そんなアリスが戦闘面で活躍するには、六号の持つ”悪行ポイント”を使って、キサラギから“遠距離用の武器”を転送してきてもらう必要があります。

第1話で魔物たちに放った“ショットガン”を始め、第4話でのゴーレム戦で「C4」と呼ばれる、リモート爆弾を転送させて仕掛けるなどの「遠距離攻撃」が専門となります。
(ちなみにアニメ版のOP映像の中では”ロケットランチャー”を使って倒しています)

アメリア
アメリア

アリスと六号による”ゴーレム戦”は、コミック版の第2巻で見られるよ!

「”心臓”がないこと」も強みの1つ!

魔法やオカルトの類を一切信じないことで、グリムから変な対抗心を燃やされます。
その結果、第7話で六号も同行させる形で街から遠く離れた場所で「グリムによる”降霊術”」を見せられます。

アリスからは「安っぽい”ホログラム”」と貶されたりイジられたことで、怒った大悪魔からの攻撃を受けてしまい、”心臓”を貫かれてしまいました!
普通の人間であれば、これだけで”死”に至らしめられてしまうところです。
しかし、アンドロイドのアリスに対しては完全に「無意味な攻撃」でしか、ありません。

大悪魔「バカなっ?“心臓”を貫いたはずなのに!」
アリス「アンドロイドに“んなモン”無ぇよ!」

アンドロイドだから心臓がない…当たり前なことですが、この辺もまた、生身の人間である六号たちでは持ち得ない”強み”と言って良いでしょうね。

グリムの詳細は以下の記事をご覧ください。

【戦闘員派遣します】かわいいグリムの能力や過去・戦闘員六号との関係性も紹介
...

圧倒的な”威圧感”で、大悪魔をもビビらせる!

大悪魔から「どんな願い事でも叶えてやろう」と告げられたものの、アリスの願いは叶えられませんでした。

さすがの大悪魔でも、一瞬で新たな惑星を一度に2個や3個作り上げるのは無理だったようです。
仕方なく願い事の内容を変えるものの、またしても無茶な内容です。

アリス「それなら、この惑星の”敵性生物”を滅ぼしてくれ!魔王に魔族に蛮族に…」
大悪魔「大虐殺では、ないか!」

自分の願い事をことごとく拒絶されてしまうことで、アリスの方から怖い睨みを効かせていきますが…これだけで充分すぎる程の「威圧感」を放っては、大悪魔さえもビビらせて萎縮させてしまうのでした!

内臓されている”動力源”で、タダではくたばらない!

アリスの体内には、「動力源」と呼ばれる“爆弾”が仕込まれています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
戦闘員、派遣します!
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク