【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【ネタバレ】エレン・イェーガーの正体・強さ・巨人能力について

【ネタバレ】エレン・イェーガーの正体・強さ・巨人能力について 進撃の巨人

 

前置きが長くなりましたが、グリシャが息子・エレンに託した想いというのは彼の壮絶な過去と切っても切れない深い関係があったことがわかります。しかし、グリシャがエレンに託したのはこれだけではありません。

 

壁の内側で生活を始めたグリシャは妻のカルラとエレン、養子のミカサの4人で暮らしていました。そこに、巨人が壁を壊して内側まで侵入、エレンの目の前でカルラが巨人に捕食されてしまいます。エレンから妻の死を聞いたグリシャは、愛する妻の仇をエレンに取らせる覚悟を決め、注射を打つ場面へとつながります。

 

ここまで聞くと、わざわざ息子に巨人の能力を継承せずともグリシャ自身の手で巨人たちを一掃してもよさそうなものです。ところが、そうはできない理由が。巨人化の能力を得た者は、その力を得てから13年で死亡することが決まっていたからです。残された時間がもうないグリシャはエレンに巨人化の能力と悲願であったエルディア帝国の復活、そしてカルラの敵討ちを託すのでした。

 

 

スポンサーリンク

地鳴らしで壁の外の人間の皆殺しを選んだ理由

巨人化したエレンはパラディ島以外の地域にいる人々を「地鳴らし」で滅ぼします。大虐殺者として捉える見方もありますが、そこにはエレンが最後まで貫いた信念があると考えています。

エレンの住むパラディ島は平和を大事にし、軍隊に頼らない生活を長く続けてきました。一方、壁の外側にいる人々はパラディ島に住むエルディア人たちを憎み、万全な軍事力を持ってパラディ島のエルディア人を滅ぼそうとしていました。

 

いざ本当に攻め込まれた場合、脆弱な軍事力しか持たないパラディ島の人々が敵うわけもありません。それを悟ったエレンは、自分の持つ地鳴らしの能力を使って外側の人類を全滅させ、パラディ島の人々を守ったのです。

また、別の考えではエレンは自由のために地鳴らしを発動したのではないかとも考えられています。子どものころから、エレンは壁の外の世界を憧れていました。見たことのない景色がきっと広がっている、そんな少年時代のピュアな心を持ったまま成長したエレン。

 

しかし実際は壁の外には自分たち以外の人類が生き残っており、しかも彼らは自分やその仲間の命を狙っている。このことにショックを受けたエレンは、少年時代に思いをはせた

 

「自由な世界=自分たち以外の人類が存在しない世界」

 

を実現させるために地鳴らしで巨人たちに人間を襲わせたのではないでしょうか。

 

 

エレンの人間関係

アメリア
アメリア

エレン・イェーガーは大人になると風貌が凄く変わるよね

スポンサーリンク

エレンと巨人の関係

巨人化するとエレンの理性は消え去り、ほかの巨人と同じく激しく暴れまわります。厄介なのは、巨人化しているときの記憶がエレンには残らないということ。エレンの巨人化は希望か、それとも絶望か。物語の結末に大きくつながる要素です。

エレンは母親を目の前で巨人に捕食されたことがきっかけで、巨人に強い憎しみを抱くようになります。

 

「駆逐してやる!!」

 

今や知らない人がいないこのセリフは、母親を殺した巨人を一掃するというエレンの生きる目的が生まれたシーンで発された言葉です。

 

スポンサーリンク

エレンとジークの関係

ずばり、この2人の関係は腹違いの兄弟!ジークはグリシャが壁の外のレベリオ収容区にいたときの子です。王家の血を引くダイナとの子どもなので、ジークは王家の血統ということになります。

 

スポンサーリンク

エレンとミカサの関係

エレンとミカサの関係

出典:game.watch

ミカサはイェーガー家に養子として迎えられ、エレンとは幼少期から一緒に生活してきました。養子となったきっかけは、父、母と3人で暮らすミカサたち一家に強盗が押し入り、両親が殺害された事件でした。

 

強盗に捕られたミカサを助けたのがエレンです。こうしてミカサはイェーガー家に住むことになるのでした。この2人、ただの家族という関係だけで終わるのでしょうか。命の恩人としてエレンを慕うミカサには、それ以上の感情があるようにも見られます。

 

エレン・イェーガーの能力など詳しくはキャラ紹介・相関図の記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい!

進撃の巨人の相関図・勢力図!登場人物・キャラクターの一覧も
進撃の巨人の人物相関図・勢力図を作成し整理してみました。あわせて登場人物・キャラクター一覧も解説し、物語全体をこの記事のみで把握できるようまとめています。

 

声優は梶裕貴さん

声優は梶裕貴さん

出典:VIMS

エレンの声を担当するのは、どの作品にも引っ張りだこの梶裕貴さん。最近では『鬼滅の刃』の錆兎を演じられていました。
そんな梶さん、エレン役はオーディションで勝ち取ったそうです。

 

しかし、エレン役のオーディションの話を受けたとき、梶さん自身少々びっくりしたとのこと。もともと進撃の巨人を漫画で読んでいた梶さんとしては、エレンよりアルミンの方が自分っぽいのになあ、と思ったそうです。

 

また、梶さんは今作の監督である荒木哲郎氏の別の作品でも主演を務めており、さすがに2作連続で主演となると周囲の風当たりもきつくなるのでは、と心配していたようです。

 

そのことを監督に直接打ち明けると、さんの演じるエレンが最高であるならば周囲の陰口のようなものなどに左右されず梶さんを選ぶ、というような力強い言葉を監督がくれたそうです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
進撃の巨人
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. 坂本亮太 より:

    とても面白かったです。