【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの3話あらすじ・ネタバレ感想 | 白と黒の接点。物語の流れが大きくなる。

白猫プロジェクト
出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」の3話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて3話を振り返ってみましょう。

今まではなかなかストーリーが展開しなかった白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEですが、今回大きく動きました!

前半は白の王国、後半は黒の王国とそれぞれで王となる者たちに変化が起きます。

アイリスは戦い抜くことを決意し、少年もついに闇の王の継承者として認められることになりましたね!

白の王国と黒の王国も接点を持つことになりそうです。

アメリア
アメリア

いよいよ白と黒のぶつかりだね!

スポンサーリンク

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』前回の第2話のあらすじと振り返り

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』前回の第2話のあらすじと振り返り

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

↑ 前記事のアイキャッチ画像を使う

白の王国の守護神であるアイリスが光と闇の均衡が闇の王によって破られてしまうのではないかと懸念していたところにバールが出現します。

街では非常事態の知らせが出て人々が逃げまどいます。

均衡を乱す存在であるバールを倒すため、エルフの長であるアランティアがタイム飼いますが全く及びません。

そこにアイリスが登場し最大の力を使って倒そうとするも、エルフに攻撃の手を止められます。

バールはその様子に白けたとその場を立ち去ってしまうのでした。

その頃闇の王の後継者の少年は灰緑の魔障グローザを助けます。

後継者に一目ぼれしたグローザはほかの候補者との手合わせを申し出ます。

アメリア
アメリア

早速一目ぼれ!

前回の話 ⇒ 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第2話あらすじ・ネタバレ感想

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』の第3話ネタバレ・あらすじ・感想

【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第2話あらすじ・ネタバレ感想

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

白の王国に特使として派遣されたアデルと闇の王子。ファイオスに警戒されながらも、光の王アイリスと初めて対面する。
バールと戦うための、両王国の共闘の盟約を届けるアデルと闇の王子。
すぐには受け入れられないアイリスは、返答をためらうが――

出典:「猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

アイリスは光の王になる前にシーマと修業をしていたころのことを思い出していました。

王として孤独と向き合って戦い抜くことを決意したのでした。

その頃、グローザに連れられて闇の王子は闘技場に向かいます。

スキアーズ家の代表として王位継承者決定戦に挑むことになったのです。

そこで同じく候補者であるアデルと対決することになります。

アメリア
アメリア

序盤から対決が多い!

思い出される過去の記憶

思い出される過去の記憶

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

シーマと共に光の王の後継者候補だったアイリス。

どちらが選ばれても恨みっこなしだというシーマ。

一緒にご飯を食べることを楽しみに話していると、シーマは兄のファイオスが楽しみにしていると意味深な言い方をするがアイリスにはその意味は分からないようです。

帰り道、ファイオスが見送りながらアイリスの採ってきた山菜を絶賛してくれます。

帰り道、ファイオスに光の王について尋ねたアイリス。

ファイオスの答えを聞いて自分でもしっかりと考える決意をしたのでした。

回想シーンのアイリスも幼くてかわいかったですね!

一人でいるときに闇の攻撃が起こり挑むアイリスはかっこよかったです。

闇を祓ったことで戦い抜くことに決意を固めるのですね。

アメリア
アメリア

またまたアイリス大活躍~

ついに始まる後継者決定戦

ついに始まる後継者決定戦

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

グローサの開会の言葉で闇の王の後継者決定戦が始まります。

まずはルール説明。

魔獣と戦い最終的に残った2名で決着を付けることになります。

さすが、集まった候補者は皆なかなかの腕前です。

最終的に赤い髪に角のあるアデルと闇の王子だけが残り、2人での最終決戦へと進むのです。

アメリア
アメリア

後継者決めはわかるけど争わないで~

アデルとの最終決戦

アデルとの最終決戦

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

技量は五分といったところですが、最終的に闇の王子が勝利します。

しかし、アデルを殺すことはありませんでした。

彼にはアデルに理想が見え、命を燃やす義務があるというのです。

ついに王位継承者として闇の王子は認められ、特別な剣を渡されるのでした。

ラストではアデルと闇の王子が王位継承者の1位と2位として白の王国に書状を届けるように言われます。

ついに白の王国のアイリスとのやり取りが始まるのです!

アデルも他人を見捨てるといったことを言っていましたが悪いヤツではなさそうです。

これから闇の王子の大切なパートナーになってくれそうですよね。

アメリア
アメリア

大切なパートナー大事にしないとね♪

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』第3話のTwitterでの評判・口コミ

 

#白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE

 

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』第3話を見た感想まとめ

公式Twitterの次回の告知ツイート、先行カットツイート、白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE話のご視聴ありがとうございましたツイート、があれば貼る。

白と黒の均衡を保つために戦い抜こうと誓うアイリス、闇の王の後継者と決まった少年、2人のこれからが大きく動くお話でした。

そして白の王国に書状を持っていくことでついに2人が出会うことになります。

それにしても闇の王の後継者となった少年はなぜ名前がないんでしょうね。

これもこの先の展開に関わってくるのかもしれません。

今回もグローザがかわいくて、闇の王の後継者に頬を赤らめるところにきゅんとしましたね!

ついに白の王国と黒の王国が接点を持つ次回がとても楽しみです。

 

→ 次の話 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第4話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第2話あらすじ・ネタバレ感想

コメント